ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

HOT EUROCAR SHOWDOWN

世界中
うんうんする
5


IMG_47660910.jpg

9月7日、8日と2日間にわたり、横浜のパシフィコ横浜にてHOT EUROCAR SHOWDOWNが開催されました。


DSC_00260910.JPG

初開催となったこちらのイベントは、D-1の発起人であり、最高速チャレンジなどに挑戦された事で有名な稲田大二郎氏が発起人です。

2日間開催でしたが、会場も超一流ということで初開催の今回から大変な盛り上がりを見せる結果となりました。

さすがは稲田さんです!

IMG_46240910.jpg

カーくるとしても初のイベント出展という事でブース作りから何から何まで手探り状態でしたが、多くのカーくるメンバーの皆さんと、協賛各社様のご協力でカーくるにとって実りあるイベント出展となりました。

それでは、そのイベントの一部始終をレポートさせて頂きます!

さて、今回のイベントはABCDセグメントのHOTなEUROCARがフィーチャーされています。

IMG_51840910.jpg

会場には多くの小型サイズの欧州車を中心に、セダン、スーパーカーまで98台を35の企業・団体等が出展し、会場を華やかに彩りました。

IMG_51880910.jpg

多くの出展者がカスタマイズパーツ・ホイール・コンプリートカーの展示をなか、カーくるはメンバーの皆さんにご協力頂いてALFAROMEO GTVやFIATのグランデプントなど、魅力的な欧州車を展示。

IMG_48840910.jpg

また、カーくるに協賛頂いている、錦糸堂様、アクセル様、J-WOLF様、木村自動車様、浜谷金属工業所様の商品やデモカーを展示させて頂き、来場された皆さんにご紹介をさせて頂きました。

IMG_47800910.jpg

カーくるとしては、ブースを訪れて頂いた皆さんに、色々なお話やご提案、商品のご紹介をさせて頂けた事、
そして何よりもカーくる自体のご紹介を出来た事で大成功の出展となりました!

IMG_48730910.jpgIMG_49070910.jpg

多くのお客様がブースに来場され、思い思いに展示車両や商品を観察され、写真を撮られていたのは嬉しい限り。
リアルに生活に近く、手に入れやすい身近な車両を展示したのも功を奏して、多くの方に好評頂けました!

編集部員も、車両やオーナーのブログでの活動状況について出来る限り説明させて頂きました。

IMG_51040910.jpg

C3ピカソは正規に日本に導入されていない車両のために思いがけず大人気!

DSC_00420910.JPG

J-WOLFさんのポルシェは会場内唯一のポルシェだった為に、常に人だかりが出来ていました。

DSC_00660910.JPG

また、以前より告知させて頂いていた「カーくる新規会員登録キャンペーン」もブースで実施しました。

開場でご登録頂きました皆さん、これから宜しくお願いします!


さて、それではここからはお待ちかねの会場の模様をレポートさせて頂きたいと思います!

IMG_50520910.jpg

朝の開場と同時に行われるCAR RUNWAY!

出展車両が会場のメインストリートをパレード入場します。

IMG_50880910.jpg

なんとっ!

EUROCAR SHOWDOWNのイメージガールコンテストの出場者を乗せての入場するので、盛り上がらないわけありません。

IMG_51000910.jpg

無論、入場後のフォトセッションも有りなのが嬉しい演出でしたね!

IMG_47670910.jpg

日本自動車大学(NATS)はワイルドミニ四駆(ミニクーパーベース)を出展!

こんなに面白い車を作る学生さんに車の設計・企画をして欲しいですね(笑)

IMG_47710910.jpg

ドイツ勢もMINIやVWが多数展示されました。

MINIは次々とNEWラインナップを投入し、国内でも人気が衰えませんね!

DSC_01220910.JPG

WORKさんから出展のMINIには、すごくステキなホイールが!

これはMINIのイメージにも合致していてすごくカッコ良いですね!

IMG_47730910.jpg

名古屋から出展のK-ONEさんは新旧ロータス エリーゼのレースカーを展示、カッコ良いですね~!

編集部個人的には、初期型エリーゼが好みです。

IMG_47680910.jpg

雑誌、EURO LIGHTSからは、ユニークなMOKEとNEWビートルのカスタマイズ作業真っ最中の車両が!

IMG_47690910.jpg

こんなMOKEでミラフィオーリに遊びに来て欲し~い!

IMG_48950910.jpg

チンクエチェント博物館さんからは、アバルト 00 アセットコルセが展示されました。

IMG_48970910.jpg

小技の効いた展示物は子供達にも大人気!

DSC_0111.JPG

山形のROSSOさんが持ち込んだABARTH 500ベースの romeoferraris Cinquone!

DSC_01070910.JPGDSC_0117.JPG

ワイドフェンダーにビッグホイール、特注のボディカラーにトリコローレのストライプ!

日本にたった1台、ナンバーの付いたストラダーレという事で、これは本当にグサッと来る一台でした!

IMG_52170910.jpg

こちらのやたら低い車高のABARTH500は、G-TECH JAPANさんの持ち込まれたデモカーです!

最近は各種自動車雑誌等に紹介されて認知度も高まっており、大変な人気でした!

IMG_47640910.jpgIMG_47990910.jpg

ジャーマンカーのカスタムは本当に元気ですね!

IMG_48020910.jpgIMG_48230910.jpg


ホイールやサスペンションなどもカッコ良く展示され、来場者はそれぞれにお目当ての品を探していました。

IMG_48460910.jpgDSC_00480910.JPG

会場のステージでは、トークショーやプロカメラマンによる写真の撮り方教室などが開催されて来場者を楽しませました。

DSC_00520910.JPGDSC_00540910.JPG

IDEALさんからは、BMWとAUDIのデモカー、ブレーキキャリパー等のカスタムパーツ!

そして、会場でもひときわ人気を集めていたIDEALさんのイメージガールの彼女!

DSC_00820910.JPG

やっぱりこういうショーにはこうした女の子達の存在が欠かせませんね。

DSC_00840910.JPGDSC_00870910.JPG

常に10人ぐらいのカメラマンに囲まれていました(笑)

IMG_49100910.jpg

開場の中心部で異彩を放つスーパーカー達、ベストカーさんってこんなイメージでしたっけ???

IMG_46650910.jpg

そして、EUROCAR SHOWDOWNのイメージガールコンテスト!

IMG_46810910.jpgIMG_46320910.jpg
DSC_04270910TT.JPGIMG_46620910.jpg


こちらも多くの応募者の中から書類選考された美女達がその美貌とキャラクターを会場で競いました。

IMG_51150910.jpg

会場でのパフォーマンスの合間にカーくるブースにも訪れて頂き、写真撮影会。

IMG_51160910.jpg

カーくるのロゴを持って~、はいっ!ポーズッ!

IMG_51130910.jpg

もひとつ、はいっ!ポーズッ!

IMG_51110910.jpg


いや~、是非カーくるもこうしたイメージガールをブースに自前で呼べるように早くなりたいですね(笑)

IMG_51280910.jpg

そして、こちらがイメージガールコンテストで入賞された女の子達です!

おめでとうございます!

IMG_51540910.jpg

開催中には、こんな雑誌掲載用の撮影も受けました。

雑誌 EURO LIGHTSの次号あたりで掲載の予定です!

DSC_01370910.JPG

2日間にわたって参加したこちらのイベントも無事に終了。

初開催という事で色々な課題は残りましたが、カーくるにとっても大きな一歩を踏み出す事が出来ました。

この一歩はカーくるにとって大変大きな意味を持ちます。

HOT EUROCAR SHOWDOWNが来年も開催され、カーくるも今年以上の規模で参加させて頂けることを期待しています。

DSC_00760910.JPG
reported by いーさん

September 10,2013 Feb   CATEGORY:未分類  
「うんうん」した人

コーンズ フェラーリ名古屋サービスセンターに潜入!

世界中
うんうんする
5


8月のとある日、コーンズのフェラーリ名古屋サービスセンターに潜入取材を敢行しました。
_DSC3603.JPG
跳ね馬とコーンズのロゴが掲げられた、一見ここがサービス工場だとは思えないくらいの素敵な外観のビルです。


_DSC3554.JPG
1Fには612スカリエッティ、そしてカリフォルニアがメンテナンス中でした。2~3Fもサービス工場になっているとのことで特別に見せていただきましたが、ヴィンテージから最新モデル、スペチアーレと新旧様々なフェラーリが入庫しており、さすがはフェラーリ専門のサービス工場です。

_DSC3533.JPG
コーンズのラベルが貼られた阿蘇の天然水。ホルダーまでコーンズラベル!

_DSC3538.JPG
定期点検で入庫のカリフォルニア。
メンテナンスをする光景をガラス越しに見ることができました。
フェラーリの整備なんてなかなか見られるものではありませんので貴重です。

_DSC3593.JPG
殆どのオーナーさんはあまり乗らずに保管し、いつもぴかぴかに綺麗にされているそうです。
サービスとしてはもっと乗ってもらって、フェラーリは機械としても素晴らしいんだよ、ってことを知ってほしいとのお話もされていました。

_DSC3616.JPG
作業はあくまでも丁寧。傷が付かないよう、このようにシートを貼っての作業が基本となります。こういった細やかなところはさすがですね。スーパーカーのオーナーも安心して預けられます。

_DSC3567.JPG
点検・車検で入庫していただいたオーナーさんにはコーンズオリジナルタオルをプレゼントしているそうです。
意外と知られていないこの特典、とってもいいですね。しかもこのタオル、かなり拘って作られており、丁度フェラーリのダッシュボードに敷いたらジャストサイズになるように、いくつものフェラーリのダッシュボードの寸法を計算してサイズを調整したのだそうです。通常のバスタオルより横幅が広く、エンドにイタリアのトリコローレがポイントになっていて、お洒落なタオルに仕上がっていました。うーん、欲しい。

_DSC3541.JPG
サービスセンターでは点検・整備だけでなく、アフターパーツやグッズの購入が可能です。

_DSC3549.JPG
_DSC3552.JPG
_DSC3595.jpg
ホイール、カーボンパーツなどのパーツや、Tシャツなどのアパレルやキーホルダーなどのグッズ等、様々なものが揃います。

_DSC3613.JPG
そして紹介いただいたのはフェラーリのメンテナンスプログラム「クラシケ」。製造から20年以上経過したフェラーリのメンテナンス、レストアをイタリア本国で行うというもの。

また、オリジナルの状態で保存されているフェラーリにはイタリア本社より鑑定証の発行も行っています。(詳しくは下記のINFORMATIONのリンクからご覧ください)

これはメーカーからデリバリーされた時と相違ないかを確認し、認められた車両にのみ鑑定証を発行するというもので、改造が無く、現状オリジナルの状態であるかどうか。ボディ外観はもちろんのこと、エンジン、ステアリンング、ホイール、ショック、マフラーなど、細部に亘るまでコーンズのサービスでチェックを行い、イタリア本国に調査結果と写真を送り、本国による認定を行うのだそうです。

いわば「血統書」付きになり、愛車のフェラーリの価値が高まります。愛車を大切にされるフェラーリオーナーならではの嬉しい制度ですね。

初めてのサービスセンター訪問でしたが、単に整備をするだけではない、アフターパーツやグッズ、そして鑑定書の発行申請と、ざまざま役割をもつサービスの拠点、それがフェラーリのサービスセンターでした。


INFORMATION
コーンズ フェラーリ名古屋サービスセンター
http://www.cornesmotor.com/showrooms/nagoya?brand=ferrari


フェラーリクラシケについて
http://www.ferrari.com/Japanese/Services/Ferrari_Classiche_dept/Pages/Ferrari_Classiche_dep.aspx

 
reported by カーくる編集部

September 10,2013 Feb   CATEGORY:未分類  
「うんうん」した人

迷えるイタリア車たちの救世主!?「アルファマジック」

世界中
うんうんする
14


「アルファマジックってお店知ってる?」

今から半年前ほどのこと。車好きの仲間で話題になったことがありました。

なんでもアルファロメオ用のパーツを展開しているショップさんだという。しかも、かなり多くの車種・パーツ数の取扱いがあるらしい。

確かに最近FaceBookで繋がっている人たちがやたらアルファマジックのページに「いいね!」をしているのを知っていたので、興味を持って調べてみると、、、なんとカーくる編集部と同じ名古屋の会社ではないですか!しかもFacebbokのタイムラインを見ると、ミラフィオーリに遊びに来ていたとのこと。

これは一度取材を申し込まねば!と連絡を取ってみると、すぐに快諾のお返事をいただき、早速お話を伺ってきました。


アルファマジックに関して

【経緯】
アルファマジックはドイツのAlfa-Service社のパーツストックを日本で供給することを目的に2012年6月に設立。

CIMG0171.JPG
ドルトムント郊外 Alfa-Service社

IMG_1025.JPG
Alfa-Service社のオフイス外観


以前より個人レベルでの商品の取引はAlfa-Service社とは行っていたそうで、Alfa-Service社の日本市場拡大の意図とアルファマジックの、日本におけるパーツビジネス展開の意図が一致し、正式に契約を締結。

IMG_0996.JPG
パーツのストックヤード1

Alfa-Service社とはほぼ独占的契約であり、使用しているコンテンツ(主にはウェブコンテンツ)をそのまま譲り受け日本向けにアレンジすることで、よりスピーディーに日本での商品提供を可能にしています。
 
IMG_0997.JPG
パーツノストックヤード2
 
日本における顧客サービス

日本国内でのパーツ調達が高額であることは欧州車に乗る方ならどなたでも共通の認識です。

ヨーロッパやアメリカから個人的にパーツを輸入してる人も一部にはいらっしゃっると思います。ただ、アルファロメオなどのイタリア車にかかわらずやはり自動車のパーツは適合判断が難しい場合が多いのが個人輸入のネックです。当然ながら言葉の壁によるトラブルもあります。

IMG_1013.JPG
パーツのストックヤード3(主に純正・OEMパーツ)

また旧車に関しては年代とパーツ形状・色などのマッチングが非常に困難であり、欠品があった場合、1つの海外の会社だけでなく今まで取引の無かった多くの会社に問い合わせなければならないというリスクもあります。さらには輸送時の様々なトラブルも同様にリスクとして存在しています。
 
それらの問題をワンストップで解決するため、アルファサービスは誕生しました。
 
パーツに関してウェブから指定できる場合はオーダー・決済いただければ欠品がない限り5~6日でお渡しできるシステムが確立されています。

IMG_1010.JPG
パーツのストックヤード4(リビルトのエンジンブロック群)

自分の車との適合性などの不安がある場合はあらかじめ問合せをしていただければ、日本国内のエキスパートが的確にアドバイスをさせていただき、目当ての部品に辿りつくことが可能です。

しかもAlfa-Service社は自社製品だけではなくヨーロッパの複数の会社と契約しているため、取れないパーツはごく限られているということ。またウェブ掲載のパーツは90%以上を在庫しているとのこと。

IMG_1023.JPG
Alfa-Service社のオフィス内風景

各商品の金額に関しても国内で調達した場合よりかなり安価に購入できる価格帯を設定しているのが嬉しいところですね。

また、商品はアルファロメオに関するものが中心ですが、フィアット、ランチアなどの新旧車種に関してもリクエストにより対応してくれるそうです。

旧車はもちろんのこと、比較的最近のアルファロメオのパーツなども正規のパーツリストから落ちてきているものがありますので、正にアルファマジックさんはオーナーさんにとっての救世主と言えるでしょう。
 

INFORMATION
アルファマジック
alfamagic.gif
WEB http://alfa-magic.jp/
Facebookはこちらから

取扱車種
ジュリアスーパー/ジュリエッタ/アルファ145/ジュリアスプリント/GTジュニア/アルファ33
アルファGTV/スパイダー/アルファ75/アルファ156/アルファスッド
アルファ164/アルファ166/アルフェッタ/アルファRZ・SZ/アルファ147
アルファGTV/アルファ155/アルファ156/アルファGT/アルファ159/ブレラ 他
alfamagic2.gif


alfamagic3.gif
WEBでは図面とともに詳細な情報とパーツNo.が表示されていて、自分である程度マッチングができるようになっています。
カーくる編集部のGTVもディーラーではASSY交換と言われたドライブシャフトブーツがパーツ単位で入手可能でした。これは嬉しいですね。

reported by カーくる編集部

September 6,2013 Fri   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年03月 (2)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る