ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

JAIA輸入車試乗会2020 ~キャデラック CT6~

世界中
うんうんする
10


キャデラック、で皆さんがイメージするのはどのようなクルマでしょうか?
輸入車を外車と呼んでいた頃の代表格でしょうか。
あるいは、ビーストと呼ばれるアメリカ大統領専用車でしょうか。

いずれにしても、アメリカという大国を感じさせるガタイの大きな、押しの強いイメージが先行すると思います。

筆者もそのような先入観を持ちながら、試乗車を眺めてみると・・・

Cadillac01.jpg

Cadillac02.jpg


「長いけど、ごっつく無い」
というのが最初のイメージでした。

Cadillac03.jpg

むしろ、スタイリッシュなフラグシップというほうがよいかもしれません。

Cadillac04.jpg


なので、アメ車のイメージを覆されたキャデラックCT6を、同じクラスと考えられるアウディA8、メルセデス・ベンツSクラスとスペックの比較をしてみました。
この3台に共通するのは、全長5mを超えるFセグメントであり、エンジンの最高出力は340ps、四輪駆動、そして価格帯は1千万円ちょっとというところです。

特筆すべきところは、CT6の全長は5,230mmと他の2台より50~75mm長く、ホイールベースも3,110mmと75~110mm長い。にもかかわらず、全幅は1,885mmと30~60mm狭い。
つまり、最初見たとき感じたスタイリッシュさは、車体のディメンジョンにも表れていました。

Cadillac05.png

そういうスペックを頭に入れて再度眺めてみると、今までのアメ車、その中でもキャデラックの固定概念は捨てなければならないと感じました。

Cadillac06.jpg

フロントグリルも、全体のデザインに合わせてスタイリッシュになっており、そこにはキャデラックのアイデンティティは存在するも、新世代のキャデラックであることを主張しているようです。

Cadillac07.jpg


インテリアに目を向けてみると、無理に右ハンドルにせず左のままのコックピット。
(今考えると、GMがオーストラリアやニュージーランドから撤退するため、無理して右ハンドルを作る必要はなかったのかもしれませんが)

Cadillac08.jpg

オールレザーシートの高級感に加え、クアッドゾーンオートエアコンディショナーは、車内空間を4つのゾーンに分けて好みの空調に仕立てることができます。そのうえ、イオン化や除菌機能も備えています。

Cadillac09.jpg

このようなクルマは後部座席は、更に重要です。
じゅうぶんな居住空間に加え、34個のBOSEスピーカーが心地よい音楽を奏でてくれます。

Cadillac10.jpg

Cadillac11.jpg


実際にハンドルを握ってみると、驚くほど静かで、滑らかな加速をします。
それもそのはず、心臓部は自然吸気のV6、3.6Lエンジン。
小排気量にしてターボで加給することが当たり前の時代に、リニアな自然吸気を採用しているところに「高級車とはこうあるべき」というポリシーも感じられます。

Cadillac12.jpg

そんな中、ルームミラーはリアカメラ・ミラー。
最初はどうも違和感を感じましたが、死角を減らすという意味では良い方法なのかもしれません。

Cadillac13.jpg

そしてこの滑らかな走りは、採用されている10速ATによるところも大きいかもしれません。
MTモードもありますが、10速から適切なギアを選ぶのは困難。むしろ、エンジンブレーキや追い越し加速の時のものでしょう。

Cadillac14.jpg

ここで再度、上記のスペック比較表のエンジンスペックをご覧いただきたいのですが、この3台は全て最高出力が340psですが、他の2台はターボを装着していることもあり最大トルクはキャデラックの比ではありません。
ガツン!とくる大トルクはインパクトがあり運転して気持ちはいいのですが、はたして後部座席の人はどう感じるのでしょうか。
ビジネスの資料に目を通しているときであれば、やはり静かなほうがいいに決まっています。

Cadillac15.jpg

そのようなスタイリッシュなキャデラックCT6ですが、課題が無いわけではありません。

Cadillac16.jpg


クルマ自身というより、そのセールスプロモーションでしょうか。
これはキャデラックというブランドの販売台数にも表れています。
キャデラックの2019年日本国内新車登録台数は、469台(前年比75.3%)で輸入車全体の24位。ちなみにベントレーは、526台(前年比120.4%)で22位。(出典:JAIA)

いいクルマなのに、筆者のようにアメ車の先入観を拭い去ることができない人もたくさんいると思います。
輸入車では圧倒的にドイツ車が多いわが国で、まずは選択肢に入れてもらうためにどうすべきかを考えることが重要かもしれません。

Cadillac17.jpg


【主要諸元】 Cadillac CT6 Platinum
全長:5,230mm
全幅:1,885mm
全高:1,495mm
ホイールベース:3,110mm
車両重量:1,950kg
エンジン種類:V型6気筒DOHC
排気量:3,649cc
最高出力:250kW(340ps)/6,900rpm
最大トルク:386Nm(39.4kgm)/5,300rpm
駆動方式:全輪駆動
トランスミッション:10速AT
メーカー希望小売価格:10,450,000円(税込)

キャデラックCT6公式ホームページ: https://www.cadillacjapan.com/ct6/model-overview.html


reported by ハクナマタタ

February 19,2020 Wed   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2020  
 

うんうんする
10


コメントの投稿
お名前

URL

メール(※公開されません。コメントに返信があった時に通知します。)

パスワード(※コメントを修正・削除する時に必要です)

このコメントの公開レベル
 答え=
※セッションが切れて計算結果が違うことがあります。その際は再度計算してご入力ください。

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2020年07月 (1)
2020年03月 (2)
2020年02月 (4)
2020年01月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
2019年09月 (1)
2019年08月 (2)
2019年07月 (2)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る