ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

「ミニは自分を奮い立たせる存在」株式会社LOOP 代表 野村さん

世界中
うんうんする
12


IMG_6576.jpg

カーくるでもおなじみのMINI一宮さんから、「新旧ミニ好きのオーナーさんが経営する、カーくるさん向きなとっても”映える”素敵な会社がある」という情報をいただいたので、早速取材に行ってみました。

IMG_6673.jpgIMG_6676.jpg

訪問先は一見、というか、外からみたら倉庫。でもこの倉庫、塗り壁の下に覗くレンガや、鉄扉のリアルなエイジング、、、なにやら只者じゃない。ともすると海外の香りが漂う外観です。

恐る恐る中に入ってみると、、

IMG_6642.jpg

おお。

IMG_6641.jpg

倉庫を改造した広大なガレージにMINIとGクラス。いいなあ。ガレージライフ。もうあと2台は入りそうな広さでした。

でも本当にすごいのは、この奥でした。

IMG_6646.jpg

映像でお見せした方が分かると思うので、動画を撮って来ました。



とても倉庫の中とは思えない、カフェやBARのようなリノベーションが施されたオフィスは、まさにお洒落の一言。

そこにミニが配置されているあたりが、車好きのインテリアとしての「極み」に到達されています。

IMG_6647.jpg
IMG_6577.jpgIMG_6580.jpgIMG_6585.jpgIMG_6602.jpgIMG_6605.jpgIMG_6614.jpgIMG_6622.jpg

DJブース、カウンターBAR、水槽、観葉植物、ライティング、バルセロナチェアなどのデザイナーズ家具、、そしてクルマ。

カーくるもこんなオフィスにしたいものです。ああ、好きなものに囲まれて、愛車を眺めながら仕事したい、、








株式会社LOOP 代表の野村さんに話を聞きました。

あくまで控え目で穏やか。好きな事を仕事にする人特有のポジティブなオーラを感じます。

IMG_6696.jpg

学生の頃に旧ミニを購入し虜に。それ以来、新旧ミニをこれまでに複数台所有してきたとのこと。
代表を務めるエクステリア会社「LOOP」を始める時に、資金繰りが厳しい中も旧ミニ(このインテリアになっている個体)を購入して、自分を追い込み、奮い立たせたという。
 
IMG_6662.jpg

このミニは決してインテリアでは無く、今も仕事で使われており、遠くの場所までこのミニで行くとのこと。営業車としてこんなキュートな車が来たら掴みはOK。アイスブレイクにもなってイメージアップにもなる、オシャレなクルマは最強の営業マンですよね。

IMG_6612.jpg

塗装、グリル、フェンダー、シート、メーターなどの拘りポイントや、クーラーやオーディオなどの快適装備。

IMG_6610.jpg

アルカンターラに張り替えた特注のコブラシート。カスタムした箇所は数知れず。愛情を注いでこの良いコンディションを保たれています。






IMG_6639.jpg

今はMINI一宮さんから購入した現行のMINIやゲレンデも所有するとのことで、色々なタイプの車でカーライフを愉しまれています。


 

また野村さんはエクステリア会社LOOPの傍ら、SOUND NINEというギターショップとギター教室も経営されている、マルチな才能の持ち主でした。

IMG_6668.jpg
 
最後はスタッフの皆さんと記念写真。

 
人生の中で仕事の選択肢は数あれど、どんな仕事で、限りある人生の時間をどう過ごすか。ここに至るまでには様々なご苦労もあったと思いますが、自分の好みに近いことを生業に出来るのは本当に幸せなことだと思います。

取材協力
株式会社 LOOP

SOUND NINE
http://www.sound-9.com/

 



 



reported by tog

February 18,2021 Thu   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

アメリカで大人気のケミカル グリオズガレージ

世界中
うんうんする
0


 カーくる公式オンラインショップ「カウくる」で絶賛取り扱い中の「GRIOT'S GARAGE」グリオズガレージ
今回は輸入元のアメリカでの人気ぶりを紹介します。

グリオ.png

その前に「GRIOT'S GARAGE」グリオズガレージとは何かを簡単にご説明します。

1988年の設立以来、グリオズ・ガレージのカーケア製品はシアトルにある本社工場でリチャード・グリオ氏自らの手によって実際に試され、仕上がり具合や作業性などあらゆる視点から入念なテストが行われた上で製品化されます。
カーケア本来の目的は「大切な愛車の価値を長く維持する」こと。
見かけだけの綺麗ではなく、愛車への攻撃性や作業性等、あらゆる面まで気を配り、美しさの本質を追求するアメリカのケミカルブランドです。


さて、現在ディスカバリーチャンネルで放送中の「オーバーホール 改造車の世界 (原題:Overhaulin' )」という番組はご存じでしょうか?
仕掛け人がターゲットを騙してボロボロの車両を盗み、チップフース 率いるAチームがたったの1週間で再生させて驚かすという内容の番組です。
ターゲットとクルマの絆はもとより、仕掛け人とターゲットの強い絆が生み出す感動の物語となっています。

そのオーバーホール司会者でドッキリも担当するクリスジェイコブスも「GRIOT'S GARAGE」のケミカルを愛用しているそうです。
彼は生粋のクライスラーのハイパフォーマンスパーツブランドモパー好きでもあります。

IMG_2653.jpeg

本場、アメリカの著名人も好んで愛用するグリオズガレージの商品を是非あなたの愛車でもお試しください。
手に取って一度使うだけで他とは違うことに気づくはずです。


商品ページはコチラ


カウくる 楽天市場店:【楽天市場】GRIOT'S GARAGE / グリオズガレージ:カウくる楽天市場支店 (rakuten.co.jp)

カウくる ヤフーショッピング店:6wheels LIFE - グリオズガレージ|Yahoo!ショッピング
 



reported by カーくる編集部

December 18,2020 Fri   CATEGORY:ニュース  

OZ Racing Montecarlo-HLT with VOLVO V60 |オーゼットホイール取材

世界中
うんうんする
0


カーくるでプロモーションのお手伝いをさせていただいております OZ Japan さんの新しいデモカー Volvo V60 Cross Country を取材しました。
IMG_0492pp.jpg

IMG_0478p.jpg

Volvo V60 Cross Country の足元を飾るのはOZ Montecarlo-HLTオーゼット モンテカルロ-HLTです。


Montecarlo-HLTは上級SUV&ラグジュアリーカーをターゲットとしており、タフかつ、エレガントなスタイルの Volvo V60 Cross Country にも気後れすることなく履きこなせるドレスアップホイールとしての圧倒的な存在感を見せます。

IMG_0499p.jpg

今回装着しているカラーは2020年より新しく追加となったグロスブラックです。
既にラインナップされているマットダークグラファイトポリッシュ、マットブラック、グロスブラックポリッシュの3色と合わせて全4色の展開となり、より幅の広い選択ができるようになりました



製造はHLT(インナーリムのアルミ組織を薄く引き伸ばすフローフォーミング製法)を採用し、鋳造でありながら鍛造並みのインナーリム強度、高剛性・軽量化を実現しています。
HLTについてはイタリアのOZ本社ツアーでの工場見学のレポートも併せてご覧ください。
https://carcle.jp/UserBlogComment?UserID=1837&ArticleNo=457

ホイールデザインはオリジナル・ローレット加工金属に細かい凹凸状の加工を施す加工方法によりスポーク1本1本に入った細かいスリットと、ホイールセンターに向かってなだらかに湾曲したコンケーブ形状によりスポークの立体感が増して、よりダイナミックでスタイリッシュに仕上がっています。
ボルトは小径ボルトを採用することでホイールのデザインを崩さず、ホイールセンターがすっきりコンパクトになり上品な仕上がりにも寄与しています。

IMG_0469p.jpg

安全基準ではヨーロッパ基準であるドイツのTUVと日本で販売するための基準JWLの規格をクリアするなど、重量級SUVの大荷重にも耐えられる剛性が確保されており、安心して愛車のパートナーとして選ぶことができます。

Montecarlo-HLT のメインサイズは20インチで、BMW Xシリーズ、アウディ Qシリーズ、ポルシェ マカン などに対応します。その他、19インチと22インチの設定があり、ヨーロッパ系のSUVのみならず、Eセグメントのセダンや国産ミニバンなど幅広くフィッティングが可能となっています。


IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg


【取材車両装着ホイール】
Montecarlo-HLT
サイズ:8.5x20(タイヤ:ミシュランパイロットスポーツ4S  235/40 20インチ)
インセット:45
PCD:5-108
カラー:グロスブラック(2020新色)
ボルト:小径
ハブ:ハブリング付属
定価:¥88,000(税別)


OZ JAPAN 公式サイト:https://www.ozracing.com/jp/
OZ JAPANカーくるブログ:http://carcle.jp/blog/ozjapan/

reported by カーくる編集部

November 21,2020 Sat   CATEGORY:取材レポート  

ABARTH124SPIDER ABARTH595 REDPOINT Original OZ SUPERTURISMO-LM|レッドポイント取材

世界中
うんうんする
0


カーくるブログでもお馴染みのイタフラ車メンテナンスファクトリー「レッドポイント」さんのデモカーがバージョンアップされたとのお話を聞き、取材に訪れました。

IMG_0253p.jpg

全国からイタリア車、フランス車のオーナーが集まるこちらの老舗ファクトリー、カーくるをご覧の皆様もお世話になっている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

今回取材させていただいたデモカーはアバルト124スパイダーとアバルト595です。
アバルト595の足元を飾るのはレッドポイントさんがオリジナルでオーダーした特別な「OZ Racing SUPERTURISMO-LM Redpoint SPEC」です。

IMG_0357p.jpg

IMG_0367p.jpg

IMG_0360p.jpg

カラーはグロスブラックでサイズはアバルト500、595、695専用設計のオリジナルサイズです。
光輝ブラックにOZロゴのレッドレタリングが設定色とは一線を画すデザインです。

SUPERTURISMO-LM(レッドポイント オリジナルスペック)
サイズ:7.5x17
インセット:35
PCD:4-98
カラー:グロスブラック※オリジナルカラー
ボルト:純正ボルト使用
ハブ:アバルト ハブ専用
定価:50,000(税別)

ル・マン(LM)の名を持つSUPERTURISMO-LMはルマン24時間レースをはじめ、世界のGTレースで培ったOZのレーシングテクノロジーで生み出され、世界最高峰の剛性を持ちながらSUPERTURISMO-GTより約10%の軽量化を実現したモデルです。
2010年の発売から10年が経った今でもOZファンの支持を集めるロングランのモデルです。
OZ伝統の端麗なマルチスポークデザインは装着する車を選びません。

IMG_0364p.jpg

アバルト595のマル秘パーツがたくさん装着されたエンジンルームを拝見させていただきました。
赤丸の部分にレッドポイントチューニングが施されています。
詳しくはレッドポイントさんまでお問い合わせください。

IMG_0391pp.jpg

トランクにも気になるパーツを発見しました。

IMG_0373p.jpg

こちらはアイシン精機株式会社と共同開発されたABARTH用のモーションコントロールビーム(MCB)です。
ボディ前後に装着することで車両運動性能と乗り心地を共に向上し、高速での安定性から、街中での運転のしやすさにも貢献するアイテムなのだとか。

アバルト用のモーションコントロールビームはレッドポイントさんのブログでも紹介されております。
https://www.redpoint.co.jp/blog/43488
こちらも詳しくはレッドポイントさんまでお問い合わせください。

マフラーはtubi製にドレスアップされています。
迫力のある排気音、音色はノーマルとは別格の存在感です。
テールパイプが太くなり後ろ姿の迫力も増しています。

IMG_0310p.jpg

IMG_0330p.jpg

IMG_0366p.jpg

IMG_0329p.jpg


アバルト124スパイダーの足元を飾るのはOZ Rally Racing。

IMG_0244p.jpg

IMG_0212p.jpg

1988年のWRCでデビューを飾り、トヨタ・セリカやランチア・デルタに装着されたRally Racingはファンの絶大な支持によりレプリカホイールとして現在に復活しました。
レプリカホイールとしては第2世代のモデルで、スポーク裏のアンダーカット処理、スポーク先端がリムに乗るデザインとなるなど、第2世代らしく今風で立体的なデザインとなっています。

IMG_0217p.jpg

IMG_0277p.jpg

Rally Racing
サイズ:7.0×17
インセット:35
PCD:4-98
カラー:ダークグラファイト
定価:47,000(税別)

足元からルーフに目線を移すと、ルーフには最近到着したばかりという新しいパーツが装着されていました。

IMG_0275p.jpg

本国で設定されている124GTに装着されている「カーボン・ハードトップ」です。
ハードトップにするだけで格好良さと高級感がアップし、印象がガラッと変わります。
カーボン素材のため非常に軽く、また幌を格納状態でハードトップの装着が可能なため、2人で簡単に装着、取り外しが可能なのも嬉しいポイントです。
それに伴いリアのエンブレムも124スパイダーから124GTに付け替えがされている点も拘りを感じます。

IMG_0269.jpg

こちらの124スパイダー用のハードトップは既にたくさんのお問い合わせがあるそうです。
気になった方はレッドポイントさんまでお問い合わせください。

IMG_0235p.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpg


INFORMATION
イタリア車とフランス車のメンテナンス・ファクトリー
RED POINT/レッドポイント
http://www.redpoint.co.jp/
所在地:〒509-0104 岐阜県各務原市各務おがせ町5丁目239-3
電話:058-370-5064
RED POINT 公式サイト:https://www.redpoint.co.jp/
RED POINT カーくるブログ:http://carcle.jp/blog/redpoint/

IMG_0302p.jpg


 

reported by カーくる編集部

November 17,2020 Feb   CATEGORY:取材レポート  

バナー1
PIAA

RG レーシングギア









新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2021年06月 (1)
2021年05月 (1)
2021年04月 (2)
2021年03月 (1)
2021年02月 (1)
2020年12月 (1)
2020年11月 (2)
2020年07月 (1)
2020年03月 (2)
2020年02月 (4)
2020年01月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
2019年09月 (1)
2019年08月 (2)
2019年07月 (2)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
バナー2

6wheels

沖縄旅行の旅予約ドットコム



TUKTUK

DMCshampoo







ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る