ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

東京オートサロン2022 「TOPSECRET」「WRC」ブースの足元を支えるオーゼットホイール

世界中
うんうんする
25


 2022年1月14日~16日に千葉県の幕張メッセで開催された、「東京オートサロン2022」には世界中からパーツメーカーやケミカルブランドがブースを出展。数あるブースの中から今回は「TOPSECRET (トップシークレット)」を中心にオーゼットホイールを装着した車両を紹介する。

DSC00377.jpg


 

  
TOPSECRETは1993年から東京オートサロンへ出展を続け、様々な賞を受賞している名門ブランド。
最高速チャレンジなどのスピードトライアルに参戦していることでも有名でイギリスでは公道で340km/hを記録したこともあるスモーキー永田こと、永田和彦氏が率いるTOPSECRETからは、「TOP SECRET GOLD GTR」の2022年バージョンがお披露目された。

DSC00381.jpg
 

TOP SECRET FULL BODY KITはもちろん、T.Sダンプトロニック車高調キット、35 M17 パドルシフターなど、TOPSECRETが誇る様々なパーツが装着されている。

そして、注目は何といっても足元で輝くホイールだ。
オーゼットとTOPSECRETが共同開発した、『OZ35GT-R NEW FUTURA TOP SECRET』が装着されている。
このホイールは90年代に大ブレイクしたFUTURA(フッツーラ)をデザインモチーフとし、往年のテイストを放ちつつあらゆる角度から最新の技術や魅せ技を注入した鍛造1ピースモデルとなる。
R35 GTRのためだけに製作されたまさにスペシャルなホイールだ。
TOPSECRETのワイドフェンダー装着車はもちろん、ノーマルフェンダー装着車用サイズも用意されているのは嬉しいポイントである。

DSC00378.jpg

DSC00379.jpg

DSC00380.jpg

DSC00382.jpg
  

更に、Collection Car Auction - TOKYO AUTO SALON 2022- にて、TOPSECRET SUPER GT-R が出品された。
ダクトを備えたフロントフェンダーは片側20mmワイド化。純正のリアタイヤ(サイズ11J+30)がフロントにも収まるようになっているTOPSECRETが手掛けたコンプリートカーだ。
こちらのGTRのホイールも「O・Z 35 GT-R SF TOPSECRET」と、オーゼット製の鍛造ホイールが究極の走りを支える。
オークションは終了したが、現在も事後商談を受付中だ。是非、手に入れてみてはいかがだろうか。

DSC00499.jpg

DSC00501.jpg

 
そして、会場には2022年11月10~13日に開催されるWRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』をPRするブースも出展された。

過去の名車の足元を支えていたホイールもオーゼットである。
四半世紀続いたWRカーの最終年でチャンピオンとなったホイールもオーゼットである。

IMG_1724.jpg
 
 IMG_1725.jpg
 

そして、2022年シーズンより採用される全く新しいトップカテゴリーのラリー1規定の車両の足元も全車オーゼットである。
是非、オーゼットホイールの信頼性、強さをその目で見て頂きたい。
reported by カーくる編集部

January 24,2022 Mon   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

昭和でSHOW

世界中
うんうんする
2


あるときはイラストレーター、あるときはヘンタイクルママニア、そしてまたあるときは嶋田智之氏のおもちゃと、いろいろな顔をもつきもだこよし画伯

Showa01.jpg

そんな画伯が、この度「昭和でSHOW」という展示会に出展しているとのことで、見学に行ってまいりました。
展示をしているギャラリーは、東京都江東区の清澄白河界隈。清澄白河というと、近くには清澄庭園や東京都現代美術館があり、また最近はお洒落なカフェが増えており、新たな文化の発信エリアになりつつあります。

Showa02.jpg

さて、展示されている画伯の作品は、昭和の時代の輸入車のイラスト。

Showa03.jpg

Showa04.jpg

実は、もうひとつの展示会場では、国産車のイラストを展示されていたようです。

Showa05.jpg


ギャラリー内を拝見すると、昭和という漠然としたテーマにもかかわらず、昭和の時代が残した文化にフォーカスした作品が目につきます。

Showa06.jpg

なぜこの映画を?というようなマニアックな作品を自らイラストでパンフレットにした作品や・・・

Showa07.jpg

昭和を代表する有名人の似顔絵を集めたイラスト・・・

Showa08.jpg

そして、昭和の街角のイラスト、などなど。

Showa11.jpg

Showa09.jpg


イラストの他には、懐かしい雑誌やグッズなども展示されていました。

Showa10.jpg

Showa12.jpg

そのような中、画伯のイチ推しはこちら。
日産自動車の販促品のようです。
ダットサン1号が描かれたグラスで、色が変わるようです。
が、どうやら推しは、箱の松坂慶子のようでした。

Showa13.jpg

今回、昭和というテーマの作品を拝見し、その時代を想い出しながら画伯と話をしていて感じたことは、昭和という時代には自動車というアイテムが色濃く影響を与えていたことです。

旧車といわれる自動車が、いまでも人気があるのは、昭和という文化の代表的作品であるからなのかもしれません。

Showa14.jpg
reported by ハクナマタタ

November 7,2021 Sun   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

ニキトウミーティング2 in 蓼科 女神湖音 楽堂野外ホール

世界中
うんうんする
3


  2021年10月3日 晴天の中、長野県蓼科町にあります女神湖音 楽堂野外ホールにて
武まことさん(
https://twitter.com/prince_kaguya)主催による「ニキトウミーティング2」が開催されました!

top.jpg


こちらのミーティングは「ニキトウ」とあるように、
2気筒エンジン搭載車をメインとした非常にマニアックな集まりとなっておりますが、
2気筒エンジン車以外の車両も申し込めば参加オッケーの緩さも魅力です。

多国籍な2気筒車が大集合です。

2021-10-03_11-07-20_390.jpeg

2021-10-03_11-13-19_320.jpeg






そして、今回出展していた企業さんを一部とはなりますが、紹介します。

 MT-DRACO(エムティ・ドラコ)さん。
クルマを趣味とらえるオーナー様に向けて
本当の本物を提供するショップです。

日頃なかなか手に取って見ることのできない
アイテムをずらりと並べており圧巻です。
 
ちなみにセザムテックさん謹製の500シリーズ用ルーフラック。
ユーロプレート装着モデルはMT-DRACO専売だそうです。
 
 

2021-10-03_12-01-20_190.jpeg
2021-10-03_11-12-30_540.jpeg

2021-10-03_15-46-59_310.jpeg

2021-10-03_11-11-41_990.jpeg

2021-10-03_11-12-05_900.jpeg


そして、木製シフトノブでおなじみのラフィータさんも様々なシフトノブを展示していました。
シフトノブ以外にもフィラーキャップもオシャレにカスタマイズできます。

2021-10-03_11-15-27_000.jpeg

2021-10-03_11-16-43_240.jpeg

2021-10-03_11-16-30_800.jpeg

そしてフランスのアフターマーケットシェアNo.1オイルのUnil opal(ユニルオパール)さんも2CVで参加です。
 
ユニ2.jpg

ユニ1.jpg
 

2気筒車サイコー!という武まことさんが始めた twocylinderclub というSNS内での交流が次第に盛り上がり、
同じ気持ちを共有できる仲間が画面の中だけではなく、現実世界での交流へと発展しました。
リアルで繋がることの醍醐味を存分に感じることのできるミーティングでした。


ギャラリー
2021-10-03_11-09-41_880.jpeg

2021-10-03_11-11-56_580.jpeg

2021-10-03_11-07-55_910.jpeg

2021-10-03_11-05-11_030.jpeg

2021-10-03_11-03-54_620.jpeg

2021-10-03_10-41-41_690.jpeg
 
2021-10-04_10-49-36_173.jpeg

2021-10-03_15-51-11_870.jpeg

2021-10-03_15-50-14_770.jpeg

2021-10-03_15-49-28_920.jpeg

2021-10-03_15-49-09_930.jpeg

2021-10-03_11-59-14_370.jpeg

2021-10-03_11-57-09_160.jpeg

2021-10-03_11-20-09_070.jpeg

2021-10-03_11-19-21_710.jpeg

2021-10-03_11-18-48_360.jpeg

2021-10-03_11-17-42_880.jpeg

2021-10-03_11-14-43_130.jpeg

2021-10-03_11-14-21_060.jpeg
reported by カーくる編集部

October 7,2021 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

浅岡紀子展 ~心蜜~

世界中
うんうんする
2


東京でマニアックなクルマを扱っているアウトレーヴ
そのオーナーである浅岡紀子さんの個展が開催されました。

Noriko21-01.jpg

銀座一丁目の路地に入ると、タイムスリップしたような感覚になる奥野ビルがあります。
このビルは昭和7年に竣工され、それから今まで変わらない姿で銀座の地を見守ってきました。

Noriko21-02.jpg

エレベーターは、なんと手動式。自分でドアの開閉をします。

Noriko21-03.jpg

そのビルの6階に今回の会場である、サロン ドゥ ラー/ギャラリー ラー があります。

Noriko21-04.jpg

浅岡紀子さんは、日替わりのドレスでお出迎え。

Noriko21-05.jpg

レトロな雰囲気のギャラリーの床は、竣工当時のままの木の温もりがあります。

Noriko21-06.jpg

浅岡さんはもともと絵を描くのが好きで、アウトレーヴの店舗の隅っこで描いていた作品を観たお客様が背中を押してくれて、本格的に絵を描く決意をされたとのこと。

Noriko21-07.jpg

浅岡さんはご自身の心の声を聴いて、それを絵として表現しているそうです。
なので、どんな作品に仕上がるかはご自身でもわからないらしいです。

Noriko21-08.jpg

そして作品には、漢字一文字のタイトルが付けられています。これは、ご自身ではなく第三者が作品を観て付けるとのこと。
作品が出来上がるプロセスも面白いです。

Noriko21-09.jpg

もうひとつの会場は、カフェとして過ごすこともできます。

Noriko21-10.jpg

Noriko21-11.jpg

今回はビールをいただき、ゆったりと過ごしました。

Noriko21-12.jpg

Noriko21-13.jpg

Noriko21-14.jpg


レトロな建造物の中で開催された、浅岡紀子さんの個展。
そこには、古き良きものを大切にして、その価値を発信し続けるアウトレーヴのビジョンが見えたような気がしました。

Noriko21-15.jpg

古いものを壊して新しいものを造り続けるわが国への、アンチテーゼを感じたひとときでした。

reported by ハクナマタタ

June 2,2021 Wed   CATEGORY:イベント取材  

新しい交通安全の検定を考えてみよう by Japan Smart Driver

世界中
うんうんする
2


 2021328日に、久々のスマートドライバーのミーティングが開催されました。もちろん、このご時世を反映してのオンラインミーティングです。 

今回は、「新しい交通安全の検定を考えてみよう」ということで、日本自動車ジャーナリスト協会会長の菰田潔さん、副会長の竹岡圭さんを迎え、くるまマイスター検定事務局やスマートドライバーに賛同している皆さんが参加しました。

SmartDriver2103-1.jpg

ミーティングでは、菰田さんから、コロナの影響で教習場が盛況であることなどの最近の動向や安全運転のノウハウなどのご指南、竹岡さんからはご自身のラリープロジェクトのことなど、参加者が興味津々な話がテンコ盛りでした。 

そして、菰田さんが監修したスマートドライブテクニックの話も。

SmartDriver2103-2.jpg

こちらは、ペーパードライバーの方が、路上再デビューするまでの安全運転のためのテクニックをご紹介しているもので、既に運転免許証をお持ちの方にも「なるほど」と納得できるものです。ベテランドライバーも一見の価値ありです。
 



そして最後に、菰田さんから「同乗者からモテる運転術」、竹岡さんからは「安全第一の運転はモテる」との話が出て、参加者の食いつきが凄かったです(笑)。でも、この視点は安全運転を広める上で重要なキーワードになりそうです。

 現在、「スマートドライバー検定」はスマートドライバーとくるまマイスター検定で詰めを行っているところ。いろいろと特典もあるとのことなので、機会がありましたら是非受験をしてみてください。

SmartDriver2103-3.jpg

reported by ハクナマタタ

March 31,2021 Wed   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

バナー1
PIAA

RG レーシングギア









新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2022年04月 (1)
2022年02月 (1)
2022年01月 (4)
2021年12月 (1)
2021年11月 (2)
2021年10月 (1)
2021年09月 (1)
2021年06月 (1)
2021年05月 (1)
2021年04月 (2)
2021年03月 (1)
2021年02月 (1)
2020年12月 (1)
2020年11月 (2)
2020年07月 (1)
2020年03月 (2)
2020年02月 (4)
2020年01月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
2019年09月 (1)
2019年08月 (2)
2019年07月 (2)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
バナー2

6wheels

沖縄旅行の旅予約ドットコム



TUKTUK

DMCshampoo







ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る