ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

福島コットンプロジェクト~FIAT cafe X'mas party にて~

世界中
うんうんする
5



ご存じ、東京・青山のFIAT cafe 。
Xmas01.jpg

Xmas02.jpg

Xmas03.jpg
今年もここで、特別なクリスマスパーティが開催されました。
Xmas04.jpg

何が特別かと言うと・・・
Xmas05.jpg
可愛いDJ?キティちゃん?
Xmas06.jpg
それとも、フィアット クライスラー ジャパン・マーケティング本部長のフェイスペイント?
Xmas07.JPG

全てYESです。

でもそれ以上に特別なのは、昨年に続いて東北のグランマたちがやってきたこと。

昨年は震災に遭い、その話になると涙を流していたグランマたち。

でも今年は涙はありませんでした。
昨年より少しだけ笑顔になった気がします。
なぜなら、グランマたちの仕事ができたからです。

その笑顔の後押しをしてきたのが、オーガニックコットン製品を扱っている株式会社アバンティ(代表取締役:渡邊智惠子)です。
そして、フィアット クライスラー ジャパンも全面的にバックアップしてきました。

ことしは、更に福島コットンプロジェクトを発足させました。
風評被害などで野菜や米の栽培が困難になった土地を、綿花栽培で再生を図ろうという計画です。
Xmas08.jpg

実は日本は、コットンの自給率は0%なんです。
それを福島から、少しずつ自給率を上げていこう、という思いも詰まっています。

このマスコットは、その綿花を元に心を込めて作られました。
触ってみると、今まで出会ったことのない優しい手触りです。
Xmas10.JPG

実はこのマスコットの中には、綿花の種が入っています。

このマスコットがサンタクロースになって、福島の綿花を全国に広げてくれことでしょう。
reported by ハクナマタタ

December 13,2012 Thu   CATEGORY:イベント取材  

PEUGEOT208 試乗会

世界中
うんうんする
12



東京、お台場にて行われたプジョーの新型車208の試乗会に参加してきました。
会場はプジョーのイメージカラーのブルーを基調に、クリスマスの飾り付けがされたオシャレな空間を演出。
クールだけどどこか安らぎのある新型208のイメージにもピッタリ。
IMG_3405.jpg
IMG_3406.jpg  IMG_3435.jpg  IMG_3436.jpg
最初に208の全体的なコンセプトの説明があり、プジョーがこの車にかける意気込みが感じられました。
IMG_3439.jpg  IMG_3443.jpg

新型208は、エンジン、ドア数等の違いにより”Premium”、”Cielo”、”Allure”、”GT”と4つのモデルが用意されていますが、今回試乗できたのは”Cielo”と”Allure”の2モデル。

まず先に試乗したのは4気筒1.6LのNAエンジン(120ps)に4ATを組合せた5ドアモデルの”Cielo”。
エクステリアは先代の207よりダウンサイズしたボディによって軽快な走りを予感させます。
IMG_3470.jpg

IMG_3498.jpg  IMG_3503.jpg
ちなみに207と比較すると、全長-85mm、全幅-10mm、全高+-0mm。
全長に関してはホイールベースは変えずに前後オーバーハングをそれぞれ-75mm、-10mm短縮。
そして車両重量も207から100kgほど軽量化し1180kgとなっています。

インテリアは強烈な個性を感じるデザインではないけれど、全体的にセンス良くデザインされた空間が心地良さと安心感を与えてくれます。
IMG_3509.jpg
特徴的な小径ステアリングとその上から望むメーターは、一見違和感がありますがメータの視野性も全く問題なく、すぐになじみました。
またシートの出来が素晴らしく、大きく張り出したサイドサポートが体をしっかり支える一方で、素材はしっとりとソフトなものを使い非常に疲れにくく快適です。
IMG_3515.jpg  IMG_3517.jpg  IMG_3512.jpg
走り出し一番はじめに感じたことはボディ剛性の高さとサスペンションのセッティングが素晴らしさ。
腰のあるサスペンションをしっかり支えるボディから感じる走りの質感の高さは”コンパクトカー=チープカー”という一昔前の価値観がまったく当てはまらないことをまず実感します。
IMG_3472.jpg
IMG_3522.jpg  IMG_3521.jpg  IMG_3519.jpg
1.6Lエンジンは普段は存在感を感じさせないものの、必要なときには必要な分だけきっちり仕事をしてくれる印象でした。実際、高速道路においてもまったく不満無く巡航できる性能を発揮しておりました。
ただ4ATというトランスミッションに関しては制御こそ洗練されていましたが、カタログの燃費(13.4km/L)を見てもやはり少し不利な印象をうけます。次期改良時には多段化するのではないかと思われます。
ブレーキに関しても唐突なところもなく非常に扱いやすく、かつ良く効きます。

ユーティリティの面でもぬかりはなく、ラゲッジスペースは207比で+15L、また後席も170cm超の男性が座っても十分な広さがありました。
IMG_3513.jpg  IMG_3481.jpg

全体的な印象としては、とにかく全ての操作に軽快感が感じられ、そこから来る楽しさ、快適さ、安心感が非常に印象的でした。208のコンセプトに一切のブレがなく、それをハイレベルで実現できていることが伺えます。
まさに新世代のプジョーを代表する一台に仕上がっていることが体感できました。
今回、同じエンジンにターボチャージャーを追加したハイパフォーマンスグレード”GT”には試乗できませんでしたが、この出来から想像すると相当楽しい車に仕上がっていることが予想されます。

次に試乗したのは”allure”。
IMG_3538.jpg
新世代の新開発3気筒1.2LのNAエンジン(82ps)に5MTを組み合わせた3ドアモデル。
車両重量は1070kgと”Cielo”と比べてもさらに100kg以上軽くなり、また価格も199万円とかなり戦略的なモデルです。
個人的には新開発のエンジンとマニュアルミッションを搭載したこのモデルに興味津々。

こちらは3ドアということで外観上ではメッキモールやドアのプレスラインが特徴的です。
IMG_3594.jpg
IMG_3585.jpg  IMG_3581.jpg  IMG_3591.jpg  IMG_3592.jpg
インテリアに関しては”Cielo”と大きな違いは無いものの5MTのシフトノブが存在感を示します。

走りの印象としては1.2Lということで出だしに多少気を使うことがあったり、3気筒特有のノイズが少し気になったりと、1.6Lモデルと比較すると”やはりベースグレードだな”と意識する面がありましたが、それと引き替えにマニュアルミッションを駆使した運転する楽しさと、19km/Lという環境性によって気兼ねなくドライビングを楽しめることがこのモデルの最大の魅力だと感じました。
IMG_3539.jpg
しかしこの1.2Lの5MTモデル、販売的には少し厳しいのではないか?と訪ねたところ、『”操る”という自動車が本来持っている魅力を備えた車が少なくなった昨今、このモデルを通し少しでもその文化を掘り起こせる活動ができればよいと考えています』とのことでした。
車好きにはなんとも嬉しいお言葉。
プジョーが新しい価値を創造し続けていく一方で、従来からの愛好家からも愛され続ける理由が少し分かったような気がしました。

来年には待望の”GTi”や1.2Lモデルに5速セミオートマチックを組合せたモデルも投入されるということで、暫くはこの新型208から目の離せなくなりそうです。


【 PEUGEOT 208 Cielo (Allure) 】
全長×全幅×全高=3960mm×1740mm×1470mm
ホイールベース=2540mm
最低地上高=120mm
車両重量=1180(1070)kg
乗車定員=5
エンジン=直列4気筒DOHC(直列3気筒DOHC)
総排気量=1,598(1,199)cc
最高出力(kw〔ps〕/rpm)=88〔120〕/6,000 (60〔82〕/5,750)
最大トルク(Nm〔kgm〕/rpm)=160〔16.3〕/4,250 (118〔12.0〕/2,750)
燃料及びタンク容量(ℓ)=無煙プレミアムガソリン・50
燃料消費率(km/ℓ)=13.4(19.0)


取材協力:プジョー・シトロエン・ジャポン
HP:http://peugeot208.jp/

IMG_3424.jpg  IMG_3409.jpg  IMG_3417.jpg
IMG_3549.jpg  IMG_3571.jpg  IMG_3448.jpg
IMG_3464.jpg  IMG_3456.jpg  IMG_3492.jpg
reported by 美あんこ

December 8,2012 Sat   CATEGORY:試乗インプレッション  

東京スマートドライバー・パートナーミーティング

世界中
うんうんする
5



5周年ロゴ

先日、東京スマートドライバーの今年最後のパートナーミーティングが開催されました。

東京スマートドライバーって何?
っていう人もいると思いますので、ここで簡単におさらいを。

東京スマートドライバーは、コミュニケーションの力で首都高の事故を減らそうというコンセプトのもと、2007年8月にキックオフされました。
なので今年は5周年になります。

ピンクのチェッカーフラグは、「安全に目的地に辿りつくこと」を我々のゴールとすることでデザインされました。
なかなかステキでしょ?

今は東京のみならず、ご当地スマートドライバーというかたちで、全国にその活動が広がりつつあります。

さて、パートナーミーティングは、首都高速道路株式会社本社の秘密基地(笑)で開催されました。

まずは、10月にお台場で開催されました、東京着ぐるまコレクションの報告です。
これは段ボールで車を作って、着ぐるみではなく着ぐるまとして車の素晴らしさをアピールするというものでした。
首都高速道路株式会社の社長も参加され、みんなに大ウケでした。
スマートドライバーミーティング20121128-01
次のお題は、助手席スマートドライバー計画の報告です。
渋滞などでドライバーが疲れた顔をしていることに気付いたら、一声かけてみようというものです。
家族、恋人などからの一声で、元気を取り戻せるかもしれませんね。

また渋滞では追突事故の発生割合が高いので、年末年始の帰省などで助手席スマートドラーバーを実践してみてはいかがでしょう?
スマートドライバーミーティング20121128-02
その次は、ちょっとお堅い議題です。
国際標準規格のISOシリーズは耳にしたことがあるかと思いますが、これはISO39001という道路交通安全マネジメントシステムのご紹介です。
このようなマネジメントシステムを導入することにより、事故が減ればすばらしいですね。
スマートドライバーミーティング20121128-03
この他、里帰りスマートドライバーなど、いろいろな企画の報告がありました。

さて最後は、来年度計画案です。
スマートドライバーでは、「ホメパト」という褒めるパトカー活動を推進しています。
スマートなドライバーを褒めるというパトカーです。
これを来年度は更に推進しようということで、いろいろなアイデア出しをしました。
さて、どんな計画になるでしょうか?
スマートドライバーミーティング20121128-04

こんな感じで、今年最後のパートナーミーティングが開催されました。
車好きのみなさん、やっぱり事故は嫌ですよね。
皆さんも、スマートドライバーを意識してハンドルを握ってみませんか?
reported by ハクナマタタ

December 5,2012 Wed   CATEGORY:コラム  

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年03月 (2)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る