ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

未来への贈りもの~あの日の記憶~ " 3.11 忘れないPHOTO PROJECT"

世界中
うんうんする
5



311PhotoProject.jpg


3.11 忘れないPHOTO PROJECT(巡回写真展)」 が名古屋で開催されています。

東日本大震災直後の被災地の状況から現在に至るまでの写真です。

カーくるで素敵な写真を提供してくれている、とーやさんの写真も展示されています。

入場は無料ですので、お時間のある方はぜひ足をお運びいただき、何かを感じ取っていただけると幸いです。



311PhotoProject2.jpg


『未来への贈りもの~あの日の記憶~ in 名古屋 』
  (3.11忘れないPHOTO PROJECT 巡回写真展)

○開催期間: 3月26日(火)〜4月7日(日) 11:00〜19:00
○開催場所: ギャラリー名芳洞
  愛知県名古屋市中区錦1-20-12
  伏見ビルB1F(1Fは横浜銀行)
  地下鉄伏見駅9番出口を出てすぐ左側
  TEL:052-222-2588
reported by ハクナマタタ

March 29,2013 Fri   CATEGORY:イベント告知  
「うんうん」した人

車育 1st!

世界中
うんうんする
4



皆さんは「食育」という言葉をご存知ですか?

そう、食育とは

「食育は、国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。2005年に成立した食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化、食ができるまでの一次産品および二次産品の生産についての総合的な教育のことである。この言葉を造語した石塚左玄は、食品の与える影響に関する独自の説によって、子どもに食べさせる食品の影響によって子どもの心身を養うという意味で用いた。」というのがごく一般的に知られている「食育」です。

では、「車育」って知ってますか?

えっ?「車育(しゃいく)」?

聞きなれない言葉ですが、そんな名前のイベントが始まります!

2013年5月12日 車育 1st

豊田スタジアム 南駐車場にて、第一回開催です!

無題.jpg


車育の詳細はこちら

reported by いーさん

March 27,2013 Wed   CATEGORY:未分類  
「うんうん」した人

アルファロメオ ジュリエッタ プレゼント!~ドムス デザイン カーザ~

世界中
うんうんする
4



生活シーンをデザインする


このコンセプトのもとに、ケイアイスター不動産株式会社が関東圏で展開しているデザイン住宅・注文住宅、ドムス デザイン カーザ(Domus Design CASA)は、この度アルファロメオとのコラボレーションキャンペーンで、なんと!

アルファロメオ ジュリエッタ
※プレゼントの車両は写真とは異なります

アルファロメオ ジュリエッタ(1名)
アルファロメオ オリジナル ノートブック(20名)

をプレゼントします。

このプレゼントは、ドムス デザイン カーザのホームページの応募フォーム、もしくはドムス デザイン カーザ各展示場設置のアンケート付き応募用紙よりご応募いただいた方からの抽選になります。

期限は3月31日(日)までですので、急いで応募しましょう!

なおカーくる的には、このガレージハウスにも注目!

ガレージハウス

こんな家に住んでみたいですね~。
reported by ハクナマタタ

March 26,2013 Feb   CATEGORY:キャンペーン  
「うんうん」した人

クライスラー・イプシロン パープル発表

世界中
うんうんする
9



例年より早く桜の花が咲き揃った3月22日の東京、お洒落な表参道の一角が紫色に染まりました。

CHRYSLER PURPLE NIGHT の開催です。

purple01.JPG

会場内には、エレガントな紫色の蝶がたくさん舞い降りました。
purple02.JPG

purple03.JPG

purple04.JPG

purple05.JPG

舞踏家で書道家でもある、張屹(Chang Yi):中西舞さんの書道パフォーマンス。
purple06.JPG

purple08.JPG

料理も紫色にこだわったものでした。
purple07.JPG

purple09.JPG

purple10.JPG

purple11.JPG

purple12.JPG

限定車、クライスラー・イプシロン パープルは、エレガントなデザインを更に強調する落ち着いた深みのある紫色の専用ボディカラー「パープル オーロラ」に加え、インテリアにはベージュとブラックのツートーンカラーを採用することで、洗練された仕上がりを演出しています。

purple13.JPG

purple14.JPG

purple15.JPG

フィアット クライスラー ジャパンのポンタス ヘグストロム社長から、この限定車の説明がありました。
限定車専用のボディカラー、インテリアカラーに加え、上級グレード「プラチナ」に標準設定されている16 インチアルミホイールとバイキセノンヘッドライトを標準装備としながらも、価格はベースモデルの「ゴールド」と同価格に設定されています。

2013 年4 月6 日(土)より、全国のクライスラー正規ディーラーを通じて100 台限定で販売されます。

purple18.JPG

クライスラー ブランド・アンバサダーの浅野忠信さんも駆け付け、トークショーにてクライスラーに対する熱い思いを語ってくれました。
purple19.JPG

「300Cは乗り易く楽しい。見た目は男らしいが乗るとソフトで、オーディオも充実しており、独りの時間を心地よく演出してくれる。」

クライスラーの紫は?という質問には、
「遊び心があっていい。紫色はけっこう好き。紫のパンツも持っている(笑)。」
と。
purple20.JPG

そして、このように締め括りました。

「STAY DRIVEN!というテーマは、自分自身に合っている。焦っても仕方がないので、のんびり行きたい。」
「でも、『正直であること』が重要。そうであれば自ずと道は開ける!」
purple21.JPG

このパーティーは、「紫色のアイテムを身に付けてくる」というドレスコードがあり、来場者の中からベストドレッサーとして浅野忠信さんが選んだのは、素敵なパープルのドレスを身にまとった原田絵里子さん。

とても素敵な方で、カーくる編集部が予め目を付けていた方でした(笑)。
purple22.JPG

あなたも紫色のアイアテムを身にまとい、新しい春の訪れを感じてみませんか?

purple23.JPG


【クライスラー・イプシロン パープル主要諸元】

全長×全幅×全高:3,835mm×1,675mm×1,520mm
ホイールベース:2,390mm
車両重量:1,090kg
乗車定員:5名
総排気量:875cc
最高出力:63kW(85ps)/5,500rpm
最大トルク:145Nm(14.8kg-m)/1,900rpm
トランスミッション:ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション
仕様燃料・タンク容量:無鉛プレミアムガソリン・40L
JC08モード燃料消費率:19.3km/L
メーカー希望小売価格:2,350,000円(消費税込み)

クライスラー公式ホームページ:
http://www.chrysler.co.jp/index.html


reported by ハクナマタタ

March 24,2013 Sun   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

CARCLE MAGAZINE VOL.1 創刊号

reported by カーくる編集部

March 23,2013 Sat   CATEGORY:CarcleMagazine  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年03月 (2)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る