ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

Motorimoda名古屋 NEWアイテムインフォメーション

世界中
うんうんする
5


DSC_1677-2.jpg

先日、カーくる編集部はまたもやMotorimoda(モトーリモーダ)名古屋さんに遊びに・・・取材に伺ってきました。

すると、このGWに合わせて注目のアイテムがラインナップに加わっていたので是非こちらでご紹介させて頂きたいと思います。


皆さんには 『Gulf/ガルフ』 がアメリカのガソリン&オイルブランドだという事はすでに知って頂けていると思います。

そしてやはりガルフと言えばレースシーン。

1968年・69年にガルフカラーのFord GT40がル・マン24時間レースで2年連続総合優勝を果たすなど、現在に至るまで常にレースシーンに素晴らしい記録を残し続け、今も精力的にレース活動を繰り広げています。

そんなガルフはレース参戦車両に鮮やかなスカイブルーとオレンジのカラーリングを採用しており、そのカラーリングに憧れるライダーやドライバー、モータースポーツファンは少なくありません。

世界中に熱狂的なファンを多く擁しています。

そして今回、モトーリモーダ名古屋のアイテムラインナップに新たに並んだのは、Gulf のロゴもまぶしいアイテムたちです。


DSC_1672.JPG

ラムスキンにパンチング加工があしらわれたレーシングジャケットに腕を通せば、気分はジャッキー・イクスに

【商品名】レジュール・キュイール



DSC_1662.JPG

胸元のレーシングストライプがレーシーなナイロンジャケットはツーリング中のちょっとした雨でも着られるように襟にはフードも内蔵されています

【商品名】ジミージャケット



DSC_1667.JPG

ガルフのロゴ入りベースボールキャップはコットン100%でかぶり心地も最高

【商品名】ヴィンテージ ベースキャップ


どれもガルフのレースシーンを思い起こさせるようなスポーティでスタイリッシュな逸品ばかり。

なかなか見かけることの無いガルフのアイテムがここには揃っています。


そしてガルフばかりではありません。

銀座本店にはピレリの日本法人関係者もわざわざ購入に訪れるというピレリのシューズもラインナップが増えていました。

DSC_1664.JPG

このシンプルかつスポーティなフォルム、光沢感のある仕上げがデザインの秀逸さを感じさせます。

イタリア本国でもなかなか見かけることはできないというこちらのスニーカー、ピレリだけにアウトソール部分のトレッドパターンには拘りが。


こうしたレアなアイテムが多く揃うゆえ、取材に訪れたこの日も多くの方々が拘りの逸品を求めに訪れています。


そんなMotorimoda名古屋の取材記は下記よりご覧ください。

 6 Wheels Lifeをもっと豊かに Motorimoda名古屋


是非、皆さんもゴールデンウィークのモトーリモーダ名古屋でお気に入りの逸品を見つけて下さい。


DSC_1673-1234-2.jpg


Motorimoda NAGOYA
モトーリモーダ名古屋

〒468-0046
名古屋市天白区古川町86-1F
PHONE:052-891-7700
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日、第二・第三火曜日、年末年始
アクセス:地下鉄桜通線「野並」駅(4番出口)徒歩3分
      東海橋線道路沿い
店舗MAPその他は
こちら
駐車場:店舗前に4台有り
モトーリモーダHP:
http://www.motorimoda.com/

reported by いーさん

April 29,2014 Feb   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

隠れ家的趣味空間を提供する「ガレント」

世界中
うんうんする
2



今日は、隠れ家的趣味空間を提供している「ガレント」の取材報告です。

車が大好きなみなさんにとって、ガレージライフは憧れのライフスタイルだと思いますが、実現するにはハードルが高く夢のまた夢と思われている方も沢山いると思います。

そんな中、賃貸ガレージハウスを提供して、夢のガレージライフのお手伝いをしてくれるのが「ガレント」です。


先日、ガレントの新しい物件の公開があり、カーくる編集部でも早速取材に行ってまいりました。

場所は埼玉県桶川市。
JR桶川駅は湘南新宿ラインが直接乗り入れているので、乗換えなしで池袋、新宿、渋谷といった都心のターミナル駅まで行くことができます。
アクセスは文句なし!
JR桶川駅

桶川駅から3分も歩けば、閑静な住宅街が広がっています。
Garent02.JPG

その一角に、ガレント桶川part.Ⅱがありました。
まずびっくりしたのが、駅から近さと、外観のお洒落さです。
Garent03.JPG

特にこの赤いシャッターは目を引くばかりか、自分の大切な空間がこの中にあるということを主張しているようです。
Garent04.JPG

早速赤い電動シャッターを開けていただき、この空間を見せていただきました。

最初に目に留まるのが、約15帖の広さのガレージです。
これなら、車+αの空間を考えるのに必要十分です。
Garent05.JPG

ここに愛車を置いて、あとはあれとこれと・・・
壁には何を飾ろうかな?
そうそう、ここでお酒を呑みながら、今月のツーリングの計画を立てるのもいいな。

妄想はどんどん広がります(笑)。
Garent06.JPG

シャッターを閉めてみました。

天井の照明が、愛車を更に魅力的に演出すべく待ち構えています。
Garent07.JPG

さて、今度は居住空間を見せてもらいます。

玄関口は、ガレージ横のドアを開けても、ガレージからもアクセス可能で、左側には結構容量の大きな下駄箱が備えてありました。
Garent08.JPG

2階へ上がると、約8帖のフローリングの空間があります。
Garent09.JPG

もちろん、キッチンやクローゼットなど、生活に必要な空間も装備されています。
キッチンの奥には、冷蔵庫を置く空間があり、男の手料理を造るという楽しみもできますね。
Garent10.JPG

こちらは、洗面所とバスです。
写真には写っていませんが、手前にはトイレも備えており、生活する環境としても文句のつけようがありません。
Garent11.JPG


ざっとこのガレージハウスをご紹介しましたが、隠れ家として愛車と生活するために、痒い所に手が届く設備を備えています。

やはり電力の供給は、何をするにも必要です。
エアコン用200Vコンセントはもちろん、壁コンセントに加えTVアンテナ端子、屋外コンセントなどが既に装備されているのは嬉しいです。

そしてシャッター部分には小さな段差を設け、水捌けへの配慮もされています。
Garent12.JPGGarent13.JPGGarent14.JPGGarent15.JPG


そしてもうひとつ。
ここには貸しガレージも装備されています。(賃料は別)
Garent16.JPG

複数台車を所有する場合、絶好の装備ですね。
Garent17.JPG
Garent18.JPG

取材を終えて帰る途中、「こんな隠れ家を持てたら、ああしてこうして・・・」と妄想は広がるのでした。


こちらは、ガレントの事務所を構えるガレンターナ浜田山です。
杉並区にこんなお洒落な空間があったなんでびっくりです。
ガレンターナ浜田山

もちろんガレージは、愛車に加えステキなディスプレイが施されていました。
Garent20.JPG


いかがでしたか?ガレントの賃貸ガレージハウス。

今回取材して感じたのは、ガレントが提供している空間は、車とくるま好きに対するおもてなし空間ではないかということです。
愛車をより魅力的に演出し、くるま好きにはワクワク感を与えてくれます。

その背景には、ガレントの「ガレージはリビングだ!」というコンセプトが息づいているからでしょう。


【ガレント公式ホームページ】
http://www.garent.jp/index.html

reported by ハクナマタタ

April 25,2014 Fri   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

6 Wheels Lifeをもっと豊かに Motorimoda名古屋

世界中
うんうんする
4


名古屋市内 のベッドタウン天白区 地下鉄野並駅近くにカーくるユーザーにとって注目すべきShopがこの春にOPENした。

DSC_1415.jpg


Motorimoda名古屋 我々の 6 Wheels Life(四輪+二輪)をより豊かにしてくれるアイテムを多数取り揃えたショップだ。

Motorimoda(以下モトーリモーダ)という名前は「Motor」+「Mode」の融合から作られた造語で、そこから想像できるのはバイク や車をエレガントに楽しむ大人の姿だ。

モトーリモーダ代表の岡林氏は自らを
「私は皆様と同じバイクとクルマを愛する一人の少年です。」と語り、
「我々の商品は全ての方々を満足させるこ とはできませんが、特別な方には必ず満足して頂ける逸品だと自負しております。」と取り扱うアイテムを紹介している。

そして、銀座、神戸に直営店を構え、多くのユーザーの心をつかんできたモトーリモーダが満を持して名古屋店をOPENさせた。

DSC_1260.JPG

名古屋店は既存店舗のどの店舗よりも広くゆったりとしたレイアウトとなっており、
モトーリモーダでも今までにない作りとなっている。

その広い店舗には様々なアイテムが並べられているのだが、まず目に飛び込んでくるのはビンテージの雰囲気を醸し出すBMWのバイク、1966年製 R50/2だ。

バイクの知識が乏しくとも、この歴史あるバイクが発するオーラは感じることが出来る。

そしてそのバイクの奥、フロアの一番奥に並ぶヘルメットの棚には様々なメーカーのハイセンスなヘルメットが鎮座し、どうしても目がそちらに惹き付けられてしまう。

DSC_1361.JPG

MOMODESIGN、Ruby、ROOF、HARISSONといった、デザインと品質にこだわった逸品ばかりが並んでおり、見ているだけでも興奮してしまう。

そんなヘルメット達の中で、モトーリモーダ名古屋店の一押しのヘルメットはこれだ。

DSC_1286.JPG

国内ではモトーリモーダが唯一の正規販売店となっているRuby(ルビー)のBelvedere(ベルデベーレ)。

レトロモダンなデザインとシールドを止めるピボットの造型の相性がこの上なくバランスが良く、所有欲を刺激する。

DSC_1285.JPGDSC_1290.JPG
表面の仕上げなどは非常に上質で、都会的ハイセンスな美しさだ。

またそれは見た目だけではなく、インナーもナッパレザーと拘りぬかれた素材が採用されているのがさすがといえる。
 
内側の頭頂部には女神のマークと「BON VOYAGE」の文字が描かれているところも憎い演出だ。

DSC_1283.JPG

お値段は12万円とちょっと高いが、人とは違うヘルメットでスタイリッシュに駆け抜けたいライダーには是非おすすめだ。


個人的にはこちらのHARISSON(ハリソン)のCorsair(コルセア)も大変気になる。

DSC_1272.JPG

映画:トップガンで主役のトム・クルーズがF‐14トムキャットを操縦するのに被っていたヘルメットを思い出させてくれる。

ミリタリーエッセンスを強く感じるこの風貌、カーボン調のチンガードも勇ましく、純粋にカッコ良い。

DSC_1278.JPG

帽体はファイバーグラス製で軽量且つ高い強度を有しており、まさに機能と美を兼ね備えている。


さて、冒頭からヘルメットばかり取り上げてしまったが、店舗内をぐるッと一回りしてみよう。

DSC_1364.JPG

空間的に余裕のある配置の棚やハンガーにはセンス良く洋服やパンツ、小物が配されている。

DSC_1440.JPG DSC_1375.JPG
DSC_1426.JPG DSC_1455.JPG
DSC_1443.JPG DSC_1438.JPG
DSC_1428.JPG DSC_1411.JPG
DSC_1445.JPG DSC_1320.JPG


これだけユッタリしていれば、ゆっくりとお気に入りの一品探す事が出来そうだ。


魅力的なアイテムが多くそろっている中から、カーくる編集部が注目したアイテムをいくつかご紹介したいと思う。

DSC_1333.JPG

まず最初はニューヨーク発の「AUTODROMO/アウトドローモ」のドライビンググローブ、腕時計、サングラスだ。

インダストリアルデザイナーであるBradley Price/ブラッドリー・プライス氏が手掛けるこちらのラインは、最新のモードと懐かしさを感じさせるデザインに仕上げられている。
DSC_1346.JPGDSC_1337.JPG
DSC_1355.JPG


特に腕時計はデザイン自体が潔くまとめられており、ドライビング中でも視認性が高いのもポイントだ。

グローブと組み合わせれば、グローブのボタン部分から文字盤がちょうど顔を出すようにデザインされている。

編集部の勝手な想像だが、これらのアイテムを身につけ、1954年製 ポルシェ・356スピードスターのステアリングを握ったらどんなに絵になる事だろう。


そして、どんなにカッコイイ車やバイクに乗り、どんなに仕立てのいいジャケットやパンツを履いていても、足元がヨレて汚れたシューズでは興醒めしてしまう。

ハイセンスなドライビングファッションにはそれなりのシューズも必要だ。

DSC_1328.JPG

皆さんはこれがどこのメーカーのシューズか分かられるだろうか?

国内ではなかなか見ることの出来ないピレリのドライビングシューズだ。

色合いも形も申し分ない。

DSC_1330.JPGDSC_1332.JPG

さりげないPの型押しがピレリのラインである事を主張するこの逸品をサラッと履きこなせるようになりたい。


そして最後はレザージャケットを紹介しよう。

DSC_1304.JPG

Motorimoda+SHINICHIRO ARAKAWAによるコラボレーションジャケット "Rendez-vous II”


滑らかで質感の高い馬革で仕立てられており、エレガントさ、そして大人のエロティックさも漂う。

ただ、こうして見ると普通のレザージャケットだが、フロントジッパーを上げればライダースジャケットにもなるというギミックを備えている。

バイクを降り、ジッパーを下げて襟元を調えればそのままパーティに参加することが出来るという、まさにモトーリモーダがリリースするオリジナルアイテムの真骨頂と言えるジャケットではないだろうか。


これらの魅力的なアイテムをモトーリモーダ名古屋で紹介頂ける火ノ川さんに色々とお話を伺ってみた。

DSC_1459.JPG

モトーリモーダ名古屋のオープンおめでとうございます。名古屋店がオープンしましたが感想等教えて下さい。

ありがとうございます。
モトーリモーダ名古屋は他の店舗と比べて一番大きい店舗となっています。
今までの店舗、銀座などは限られたスペースにアイテムをぎゅうぎゅう詰めでし たが、ユッタリとひとつひとつ手にとって見て頂けるのが嬉しいです。
駐車場も車5台とバイクを止める事が出来るスペースがありますので、多くの方々に気軽に来て頂きたいと思います。


名古屋では珍しい、ジャンルのセレクトショップとなりますが、ショップのコンセプトを教えて下さい。

二輪と四輪を合わせて六輪、6 Wheels Life(6ホイールズライフ)を彩るアーバンスタイル・アイテムを提案させて頂きます。
バイクなどを降りてもオシャレで、そのままパーティに参加できるようなアイテムですね。


モトーリモーダ名古屋で今、一押しのアイテムを教えて下さい。

やはり2013年から取り扱いを始めたRuby(ルビー)のヘルメットです。
ヘルメット自体の美しさと、作りの良さを感じて頂きたいです。
また、モ トーリモーダ名古屋ではBMWモトラッド90周年にちなんでRubyが製作したヘルメットも展示させて頂いています。
こちらは今年9月までの限定品となっておりますが、国内で 展示しているのは当店だけだと思います。是非見て頂きたいですね。


今後の店舗作り等、皆さんに見て・知っていただきたいポイントは

モトーリモーダでは、今まではバイクのお客様が9対1か8対2の割合で多くいらっしゃいましたが、名古屋は車文化がとても強いので、車好きの方に喜んで頂けるラインナップを充実させていきたいと考えています。ご期待下さい。
また、皆様に喜んで頂ける物をユッタリとした店内で見て頂きたいと考えています。



名古屋のバイク・車好きの皆さんへのメッセージをお願いします

駐車場も店舗前に完備しておりますので、気軽に来て、見て頂ければ分かって頂ける物を取り揃えております。
敷居は高くないので是非一度遊びに来て下さい。



オートバイが大好きで、さらにスーパーカーブームにも影響を受けたと言われる火ノ川さにお話を伺いました。

火ノ川さん自身も気に入ったお店のアイテムを多数購入されてプライベートで使用されているとの事。

是非、皆さんも モトーリモーダ名古屋を訪れて見ては如何でしょうか。


Motorimoda名古屋で、きっとあなたの6 Wheels Lifeを豊かにしてくれる逸品が見つかるはずです。

編集部も、次回はプライベートでお店に伺いたいと思います。

DSC_1384.JPG

Motorimoda NAGOYA
モトーリモーダ名古屋

〒468-0046
名古屋市天白区古川町86-1F
PHONE:052-891-7700
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日、第二・第三火曜日、年末年始
アクセス:地下鉄桜通線「野並」駅(4番出口)徒歩3分
      東海橋線道路沿い
店舗MAPその他は
こちら
駐車場:店舗前に4台有り
モトーリモーダHP:
http://www.motorimoda.com/

DSC_1410.jpg
reported by いーさん

April 14,2014 Mon   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年03月 (2)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る