ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

Motorimoda名古屋 NEWアイテムインフォメーション

世界中
うんうんする
1


Motorimoda名古屋 NEWアイテムインフォメーション

DSC_0027.JPG

 「UBIKE/ユーバイク/メッセンジャーパック
DSC_0004.JPG
 
「UBIKE」は1980年代にWGPやSBKで活躍したフランス人ライダー、レイモン・ロッシュ氏が南フランス・マルセイユで代表を務める「MILESDRIVER/マイルズドライバー」が展開するブランドです。
 
 DSC_0005.JPG DSC_0020.JPG

そのバッグにはターポリン素材が使用され、高い防水性が約束されています。

ライディング時に使用することを前提とした機能的なディテールと相まって、アウトドアシーンでの人気も高まっています。


デザインもカラフル且つオシャレなのは言うまでもなく、タウンユースやビジネスユースにもGOOD!

「UBIKE」の取り扱いアイテムはメッセンジャーパック以外に、容量30リットルと50リットルの2種が用意されたバックパックとしても使えるドラムバッグや、小型のタンクバッグもラインナップ。

あなたのツーリングやアウトドアライフを、しっかりとサポートします。


 「MomoDesign /モモデザインMomoDesign Bike
DSC_0010.JPG

イタリア・ミラノにあるMomoDesign が細部にまで拘ってフルオリジナルで製作した自転車を紹介しましょう。

DSC_0011.JPG

その特徴は、なんと言ってもそのフレーム。独特なフォルムを持つカーボンモノコックフレームが採用されています。

 DSC_0007.JPG DSC_0012.JPG

味気無いバイクパーツではなく、ドライカーボンのパーツがその全てに奢られたそのフォルムは細部にまでわたって
MomoDesignの拘りが感じられます。
 DSC_0009.JPG DSC_0013.JPG
駆動部にはシマノ製コンポーネントが装着されており、パーツの信頼度は折り紙付き。

グリップシフト・8速ハブギア・ベルト駆動など、通勤快速としても威力を発揮します。

世界限定100台のこちらのバイク、人とは違う自転車を手に入れたいと願っている人は要チェックです。


「JACK RUSSELL/ジャックラッセル24H LE MANS LINE(LMS)」
DSC_0047.JPG

Motorimodaにまた新しく魅力的な取り扱いブランドが増えました。

2008年に創業したJACK RUSSELL(ジャックラッセル)は、パリに拠点を置くバッグブランドで、19世紀のカバンメーカーの意志を受け継いだ、モダンで誇り高いブランドです。

イタリアンレザーを使用し、工房から生み出される高品質のアイテムたちはファッション性と実用性を兼ね備えています。

 DSC_0048.JPG DSC_0052.JPG

2009年からは航空会社
Air France(エールフランス)社、2011年からはルマン24時間レースのオフィシャルライセンスブランドとなる “24H LE MANS LINE(LMS)”、2014年からはアメリカのオーディオメーカー“HARMAN/KARDON(ハーマン/カードン)”社とコレボレーションモデルをリリースしています。

さまざまなレザーアイテムが展開されており、
Motorimodaの取り扱いとなっていますので、一見の価値ありです。

DSC_0056.JPG

そしてMotorimoda名古屋の広い店舗内には、ご紹介したアイテム以外にも多くの拘りのアイテムがディスプレイされています。

DSC_0037.JPG DSC_0055.JPG
 DSC_0057.JPG DSC_0035.JPG  

2014-15のウィンタードライブシーンに新しいアイテムと共に出かけませんか?

是非、皆さんもステキなアイテムを探しにMotorimoda名古屋へ行ってみては如何でしょうか。

きっとお気に入りの逸品を見つけることが出来ると思いますよ。


Motorimoda NAGOYA
モトーリモーダ名古屋

〒468-0046
名古屋市天白区古川町86-1F
PHONE:052-891-7700
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜日、第二・第三火曜日、年末年始
アクセス:地下鉄桜通線「野並」駅(4番出口)徒歩3分
東海橋線道路沿い
店舗MAPその他は
こちら
駐車場:店舗前に4台有り
モトーリモーダHP:
http://www.motorimoda.com/
 
DSC_0058.JPG
reported by いーさん

November 27,2014 Thu   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

MASERATI Quattroporte Ermenegildo Zegna Limited Editon

世界中
うんうんする
9


 
マセラティ ジャパン株式会社(代表取締役:ファブリッツィオ・カッツォーリ)は、マセラティとエルメネジルド ゼニアのパートナーシップから生まれた限定生産モデル「マセラティ クアトロポルテ エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」を発表しました。

この「エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」は、「クアトロポルテGT S」をベースに世界限定100台の生産となり、そのうち日本へは12台が割り当てられます。車両本体価格は、21,060,000円(税込)です。

主な諸元は「クアトロポルテGT S」と同一で、3,799cc V8エンジンを搭載し、最高出力530ps(390kW)、最大トルク710Nm(72.4kgm)のエンジン性能からは、最高速度307km/h、0-100 km/h 加速4.7 秒という動力性能を誇ります。

 Maserati141119-01.JPG

ボディカラーには、特別に開発された「プタチナム・シルク・ペイント」を採用し、プラチナメタルカラーの仕上げがボディ全体のしなやかで流れるようなラインを強調しています。
Maserati141119-02.JPG

ホイールにもボディと同色が施され、大型アルミ製ブレーキキャリパーは鏡のように磨きあげられ、他のモデルとの違いが一目でわかります。
Maserati141119-03.JPG

インテリアは、モカ系カラーとグレージュで統一し、フォーマルで洗練された雰囲気を醸し出しています。
Maserati141119-04.JPG

また、エルメネジルド ゼニア製のファブリックとのコンビネーションは、フォーマルなメンズウェアのような雰囲気も持ち合わせています。
Maserati141119-05.JPG

その上、特別オーナーズキットとして、エルメネジルド ゼニア製の18種類の限定グッズとゼニア店舗で使用可能なクーポンがキットとして用意されています。
インテリアと同一の特別なオーナーズキットは、このモデルを購入した方だけのスペシャルなプレゼントです。
Maserati141119-06.JPG

さて、「エルメネジルド ゼニア リミテッド・エディション」の発表に先立ち、ファブリッツィ・カッツォーリ代表取締役からマセラティのビジネス・プレゼンテーションがありました。
Maserati141119-07.JPG

2014年はご存じマセラティの100周年に当たる年であり、イタリアはもちろん日本でも記念すべきイベントが開催されました。
Maserati141119-08.JPG

これからは、レヴァンテ、アルフィエーリといった新しいプロダクトの投入により、ラグジュアリーマーケットを全てカバーするとのことです。

ここで代表の口からは、ディーゼルモデルの投入も考えているとの話がありました。
ガソリンエンジンには無い、マセラティならではのサウンドをお届けするとのこと。日本導入を楽しみに待ちたいです。
Maserati141119-09.JPG

この発表会が開催されたのは、解散総選挙で揺れている永田町にあるホテル。
消費税率が焦点になっていますが、今年の消費税率アップなど何処吹く風の様相のマセラティの躍進です。
その裏には、ぶれない戦略と徹底したマーケティングがあったに違いありません。
Maserati141119-10.JPG

会場のエントランスには、マセラティDNAを持ったブランド品も展示されていました。
Maserati141119-11.JPG

Maserati141119-12.JPG

クルマとカーライフを同時にデザインするマセラティ。
これからも目が離せません。

マセラティ ジャパン株式会社 公式ホームページはこちらから。

reported by ハクナマタタ

November 20,2014 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

フェラーリ名古屋カリフォルニアT試乗会&CACAZANドライビンググローブ受注会

世界中
うんうんする
1


コーンズフェラーリ名古屋さんのカリフォルニアTの試乗会が先日名古屋市内で行われました。

IMG_1994.jpg

それにあわせてCACAZANさんのドライビンググローブ受注会を開催させていただく調整をカーくるでさせていただきました。

IMG_2006.jpgIMG_2004.jpg

会場は名古屋の老舗料亭「河文」さん。

歴史ある建造物と、最新のイタリアンプロダクトのコラボレーションは溜め息が出るほど相性が良く、写真を撮っても非常に様になります。

IMG_1998.jpg

河文の前に佇むロッソのカリフォルニアT。平日の昼間とはいえこの老舗料亭は名古屋の中心街にあるので、多くの人々がこの光景を見てハッと立ち止まっていました。

IMG_2002.jpg

道行く女性の「あら素敵ねぇ」という感想は、車好きの私たち編集部員だけがこの光景を良しとしていたわけではないことを物語っており、少し嬉しくなりました。

IMG_2000.jpg

建物の内部に移ると、そこには重厚感のある内装と豪華なカウンターが目に飛び込んで来ます。

IMG_2009.jpgIMG_2010.jpg

そして中へと進むと、、。

IMG_2014.jpg

その中庭にはビアンコのカリフォルニアTが置かれていました。すっかりロケーションの妙に魅了されてしまいました。

1416352936166.jpg

IMG_2012.jpg

1Fのラウンジを試乗受付とウェイティングコーナーとして使い、その一角にCACAZANさんのドライビンググローブの受注会の会場として使わせていただきました。

IMG_2017.jpg

今回のドライビンググローブ受注会は試乗される方限定ということで、事前予約制にてグローブの受注会を行ったのですが、当日の会場では予想以上に注目度が高く、事前の予約よりも多くのオーダーをいただきました。

1416352933558.jpg1416352934385.jpg1416352935217.jpgIMG_2038.jpg

そしてまた建物の外へ目をやると、硝子越しに鮮やかな青色のカリフォルニアTが。

IMG_2030.jpgIMG_2033.jpg

試乗は赤と青の、展示は白のカリフォルニアTということで、通常はなかなか一度に多くの色を見ることは出来ませんので、色の比較も楽しむことが出来、オーダーを検討する方にはとっても良かったのではないでしょうか。

IMG_2034.jpgIMG_2035.jpgIMG_2037.jpg

特別な非日常の空間での新型フェラーリの試乗会。
2日間に渡り開催され、好評のうちに終了致しました。

本物を見極める目を持ったフェラーリオーナーさん達に評価されたCACAZANさんのドライビンググローブの受注会、今後も他の地域のコーンズさんで実施して行きたいとカーくるは考えています。

INFORMATION

コーンズ フェラーリ名古屋
http://www.cornesmotor.com/showrooms/sakae

CACAZAN
http://www.caca-zan.net

reported by カーくる編集部

November 19,2014 Wed   CATEGORY:未分類  

FIAT & ABARTH 500 全国ミーティング 2014

世界中
うんうんする
3


10月26日(日)浜名湖ガーデンパーク西側駐車場にてFIAT & ABARTH 500 全国ミーティング 2014が開催されました。
DSC_1761.jpg

今回で4回目を迎えるというこのイベント、FIAT&ABARTH500ユーザの有志で企画した営利を目的としない、500ユーザによる500ユーザのための手作りミーティングとのことですが、毎回多くの参加台数を誇る一大イベントに成長しつつあります。

DSC_1764.jpg

今回も368台と、見渡す限りのFIAT500で埋め尽くされた会場は壮観の一言で、見てるだけでも楽しくなってしまいます

DSC_1766.jpg

イベントはまったり系で、主にオーナー同士が語り合うこと、そして協賛各社からの提供品の抽選会と言った内容です。
会場のロケーションが素晴らしく、皆さん芝生で机とイスを置いてまったりと過ごしているのが印象的でした。

DSC_1751.jpg

抽選会には多くの協賛品が集まり、熱気ムンムンでした

そして毎回出店者も増えていてイベントの注目度の高さが伺えます。気になったお店をピックアップ

今回カーくるは賃貸ガレージハウスのジースタイルを展開する太陽ハウジングリースさんのお手伝いと取材を兼ねて行きました。

カーくるでブログをされている会社さまも多数出店されていましたよ
DSC_1710.jpg
賃貸ガレージハウス「ジースタイル」を展開の太陽ハウジングリースさん
http://g-styleclub.com
カーくるブログ
https://carcle.jp/blog/gstyle/

DSC_1706.jpg
カーくるブログも好調なウイングオートさん。4Cが大注目でした。
http://www.wingauto.co.jp/
カーくるブログ
https://carcle.jp/blog/wingauto/

DSC_1738.jpg
こちらもカーくるブログをやっていただいている木村自動車商会さんのSCUD紹介コーナー
http://scud.jp/
カーくるブログ
https://carcle.jp/blog/scud/

DSC_1745.jpg
クルマ交換サイトのカエルナラさん。こちらもカーくるブログをされています&カーくる号もプジョーからPANDA4×4にカエルナラを使って交換しました。その節はお世話になりました。
DSC_1753.jpg
当日は輪投げコーナーを設けて来場者を楽しませていました。僕もやりましたが、面白い!意外といいですね、こういうの。
https://caerunara.com/
カーくるブログ
https://carcle.jp/blog/caerunara/

その隣には浜松に本社を置くOZJAPANさんも昨年に引き続きブースを出されていました。アウトレット品など、かなりお安いものもあってとっても魅力的でした。
O・Z イタリアのアルミホイールメーカー【オーゼットレーシング】
http://www.oz-japan.com/


DSC_1740.jpg
現在滋賀県で個展を開催中。ミラフィオーリなどでも常連さんのイラストレーター馬場和美さんのお店にはチンクエチェントの新しい作品が展示してありました。


cabana.jpg

シートカバーのCABANAさん(↓写真奥)
http://www.top-selection.co.jp/
DSC_1702.jpg
シートカバーのエルディーネさん(↑写真手前)
http://www.eldine.co.jp/


DSC_1767.jpg
フランスのオイル「UniOpal」さん
http://www.unilopal.jp/


DSC_1717.jpg
レースチップジャパンさん
http://www.racechip-japan.com/

DSC_1708.jpg
ASSOさん
http://www.asso.co.jp/

ロメオーフェラーリスJAPANさん
http://romeoferraris.jp/

DSC_1774.jpg
TEZZOさん
http://www.tezzo.jp/

他にも紹介しきれないくらいのショップさんが出店されていました。





DSC_1723.jpg

DSC_1769.jpg

毎年続く素晴らしいイベントになりそうですね

来年もまた参加したいと思いますので皆様どうぞよろしくお願いいたします



reported by カーくる編集部

November 18,2014 Feb   CATEGORY:未分類  
「うんうん」した人

新城ラリー2014

世界中
うんうんする
6


DSC_5590.JPG

11月1日・2日の二日間、愛知県新城市で新城ラリー2014が開催されました。

全日本ラリー選手権の第九戦にJAF中部・近畿ラリー選手権第5戦/TRDラリーチャレンジも同時開催という事で、会場には多くの参加者・観客が集まりました。

新城ラリーはSS間を競技車両が公道を移動するために地元新城警察の協力も欠かせません。

この日もパトカー・白バイを会場で多く見かける事が出来ました。

DSC_5628.JPG

あいにくの天候となった初日は最悪のコンディションでのラリースタート。

それでもスタート風景を一目見ようと、大変な人数の観客がスタート地点に押し寄せました。

DSC_5645.JPG

ラリースタジアムから走り出していくカラフルな三菱ランサーエボリューション

DSC_5674.JPG

ラリーの参加車両はほとんどが国産車ですが、中にはロータス エリーゼ フェイズ2のような欧州車も参戦しています。
 DSC_5702.JPG DSC_5708.JPG
そのほかにも、ランチア デルタインテグラーレやポルシェ 911
 DSC_5718.JPG DSC_5721.JPG
アルファロメオ 145やMINIもオープンクラスにはエントリーしていました。

速い・遅いは関係なく、こういう欧州車を見るとワクワクするのは自分だけでしょうか?

カーくる的にはナイスな出場車両ですね!

 DSC_5732.JPG DSC_5728.JPG

そしてそんなラリー会場には多くのメーカー、ショップが出店したエリアがあり、多くのデモカーが並びました。

その中に輸入車メーカーで唯一ブース出展していたのがABARTHです。

DSC_5727.JPG

mCrt の眞貝選手もアバルト500ラリーR3Tでのデモランの為に来場していました。

DSC_5946.JPG

雨の中、ABARTHのテントではABARTHのラリークイーンが撮影に応じてくれていました!

カメラマンの皆さんからも大変な人気でしたね!

DSC_5797.JPG

そして眞貝選手のデモランが始まりました。

ラリースタジアム内は雨天で最悪のコンディションになっているにもかかわらず、R3TはSタイヤを履いてのデモラン&パフォーマンス!

DSC_6033.JPG

ぬかるんだデモランエリアを右に左にR3Tをコントロールし、

素晴らしいパフォーマンスを見せて観客を魅了した眞貝選手にはたくさんの拍手が送られました。

DSC_6081.JPG

またこの日は抽選で決定した来場者の同乗走行も実施されており、

同乗走行体験者は日頃乗ることの出来ない貴重なラリー車両の驚くべきパフォーマンスを大変楽しまれたようでした。

DSC_5897.JPG

デモランはパイクスピーク・インターナショナルヒルクライムでも有名なモンスター田嶋選手のモンスター86や

DSC_6062.JPG

全日本ダートトライアルチャンピオンを7度も獲得された炭山選手もエキサイティングな走りを見せてくれました。

日常では見る事の出来ない動きを見せるラリー車両のデモランは会場を大いに沸かせました。

そしてそんなラリー会場には往年の貴重なラリー車両や貴重なレース車両も一堂に会して来場者を楽しませていました。

DSC_5609.JPG

ランチアラリー037

ランチアが87年に送り出したMRのグループBラリーカーで、今でもこのスタイリングにはグッと来ます!

 DSC_5601.JPG DSC_5619.JPG
トヨタ セリカGT-FOUR   アルピーヌ ・ルノーA110
 DSC_5622.JPG DSC_5624.JPG
 日産 ブルーバード1600SSS  レクサス  LF-A  トヨタ GRMN SPORTS FR CONCEPT PLATINUM

どの車たちも大変珍しい物ばかりで、多くの人がカメラを向けて写真を撮られていました。

そして忘れてならないのは会場を華やかにするラリークイーンの皆さんです。

この日も天候が悪く、肌寒く感じる気温の中で頑張って会場を盛り上げて頂きました!

DSC_6121.JPG

ヨコハマタイヤのラリークイーンの皆さん

DSC_6128.JPG

新城ラリーのラリークイーンのお二人は、なんと姉妹との事!

 DSC_6135.JPG DSC_6134.JPG
 DSC_6136.JPG DSC_6070.jpg
 
ラリーに加え、デモランなどのイベントやメーカーの出店、そして多くの飲食の出店もあり大変な規模のイベントとなっている新城ラリー。

開催期間の2日間の来場者数は4万人を超えていたそうです。

DSC_5651.JPG

時折激しく降る雨の中、会場のスタッフも車両の誘導に忙しく動いていたのが大変印象的でした。

こちらのイベントも多くのボランティアの力に支えられています。

愛知県の東、新城市で二日間にわたって行われた新城ラリーですが、ラリーや車に興味の無い人でも、会場で楽しむ事が出来るように考えられたイベントです。

カーくる編集部としても、来年は晴天に恵まれたラリーを是非取材させて頂きたいと思います。

reported by いーさん

November 5,2014 Wed   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る