ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

第26回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル開催

世界中
うんうんする
6


5月24日 愛知県長久手町にある愛・地球博記念公園にて第26回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルが開催されました。

このクラシックカーイベントはトヨタ自動車(株)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)が主催し、自動車文化の醸造と継承を目的として、地域に根ざしたイベントとして毎年春に開催されています。

tcf150524 (82).JPG

今回も1985年以前に生産された日米欧のクラシックカーによる公道パレード、イベント会場内ではクラシックレーシングカーなどのトヨタ博物館所蔵の貴重な車両の展示・走行披露が行われました。

イベントのタイムテーブルのトップは公道パレードで、貴重なクラシックカーやネオクラシックカーが愛・地球博記念公園の大芝生広場へ入ってきました。

tcf150524 (1).JPG

1958年製 メルセデスベンツ 220S

tcf150524 (4).JPG

1966年製 ジャガー Eタイプ

tcf150524 (10).JPG

1970年製 デトマソ マングスタ

tcf150524 (14).JPG

1973年製 ニッサン スカイライン 2000GT-R

tcf150524 (19).JPG

1975年製 ニッサン フェアレディZ 2+2 など、貴重な車両をオーナー自らがハンドルを握って長久手の街を走り抜け、沿道に集まった多くのギャラリーを楽しませました。

tcf150524 (7).JPGtcf150524 (8).JPGtcf150524 (3).JPG
tcf150524 (15).JPGtcf150524 (16).JPGtcf150524 (18).JPG

晴れ舞台のクラシックカー・フェスティバルに向けて磨き上げられた参加車両たちはどれもピカピカでした。

tcf150524 (35).JPG

パレードから帰ってきた参加車両はそのまま芝生広場に展示され、ギャラリーは側に寄ってじっくりと眺めることが出来ます。

tcf150524 (60).JPG

幅広い年齢層のギャラリーがそれぞれの視点でクラシックカーを眺め、若かりし頃の夢の車や懐かしい車たちを眺めて楽しんでいました。

懐かしい国産クラシックカーの参加も多く、年配の方々には大人気です。

tcf150524 (53).JPG

車を降りたオーナーの皆さんが愛車の周りでそれぞれにイベントを楽しまれている様子も印象的なイベントです。

個人的にもこうしたイベントに参加するような機会があれば、こうして車を眺めながらのんびりするのもイイですね!

tcf150524 (34).JPG

オーナーさんによっては、ギャラリーの皆さんと気軽に談笑される方も。

やはり珍しい車に興味津々でいろいろと質問されるギャラリーの方も多いのですが、拘りの愛車達を説明するのにも熱が入ってしまうようです。

tcf150524 (38).JPG

こうして展示車両を見て楽しむ以外にも様々なアトラクションが会場には用意されており、来場者は色々と楽しむ事が出来ます。

tcf150524 (21).JPG

車両に乗り込んで記念撮影が出来るように用意された1961年製 ジャガー XK150S 

大変な人気で撮影待ちの長蛇の列が出来ていました。

tcf150524 (27).JPG

会場に来たお子様向けにペダルカーの乗車コーナーも設けられ、こちらも人気アトラクションとなっていました。

出来ればこのペダルカーもクラシックカーだったらよかったですね!・・・というのは高望みしすぎでしょうか(笑)

また、公園内の園路を使って大変貴重な車の同乗試乗会も行われていました。

tcf150524 (29).JPG

こちらの同乗試乗会では、100年以上前に作られた1914年式 フォード モデルTデポヘック(写真最前列)等に乗る事が出来る貴重なチャンスという事で、マニア受けしていたように感じます。

そしてメインの芝生広場では貴重な参加車両達の走行披露も!

tcf150524 (44).JPG

1930年製 アルファロメオ 6C 1750グランスポルト

公道レースのミッレ・ミリアにおいて、ライバル達よりもはるかに小さなエンジンで史上初めて平均時速100km以上で走破し見事優勝した歴史を持ちます。

tcf150524 (48).JPG

1939年製 ドラージュ タイプD8-120

フランスの自動車メーカー ドラージュはたいへん美しい車を世に送り出していました。フランスらしい容姿のD8-120はドラージュの中でも最も美しいモデルのひとつで、まるでオートクチュールのドレスを思わせます。

走る姿もたいへん優雅です。

tcf150524 (77).JPG

1965年製 ASA 1000GT

こちらのASA 1000GTはベルトーネに在籍したジウジアーロがデザインしたスモールGTでフェラーリが生産した4気筒エンジンを積んでいます。

今回、走行披露の際に若きオーナーもインタビューされ、愛車との出会いのエピソードやその素晴らしさを話していました。

tcf150524 (30).JPG

多くの来場者がつめかけた会場は天気も相まって大変な熱気となりました。

このイベントに来ると毎回思いますが、クラシックカーは年齢や性別に制限無く人気があるなぁ。と感じます。

tcf150524 (65).JPG

クラシックカーが好きだ!という気持ちだけでクラシックカーを所有して楽しむ事はなかなか難しいですが、多くの方がこうしたイベントでクラシックカーを見て楽しみ、少しでもその輝かしい自動車の歴史や秀逸なデザイン、テクノロジーを身近に感じる機会があれば、今後も日本のクラシックカー市場、そして広く自動車市場にも良い影響が出ることでしょう。

tcf150524 (33).JPG

現代の車とは全く異なる姿かたちの自動車たちも、すべてが自動車の歴史の証人です。

tcf150524 (37).JPG

性能的には現代の自動車にはかなわない。でも、心に訴えかける何かをボディにまとい、内から発しているクラシックカーを愛する人が後を絶つことはなく、愛好者は増え続けています。

tcf150524 (84).JPG

そんなクラシックカーの愛好者が集まり、それを見るギャラリーが多く集まるこうしたイベントは、是非今後とも長く続いていって欲しいと思います。

トヨタ自動車という国産の単一メーカーが運営する博物館が主催するイベントで、これだけ多くのメーカーの車両に門戸を広げて開催しているイベントは、その企業姿勢に敬服します。


トヨタ博物館ホームページ
http://www.toyota.co.jp/Museum/

第26回 トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル
http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/ccf_2015/

tcf150524 (39).JPGtcf150524 (45).JPGtcf150524 (81).JPG
tcf150524 (46).JPGtcf150524 (61).JPGtcf150524 (58).JPG
tcf150524 (49).JPGtcf150524 (71).JPGtcf150524 (43).JPG
tcf150524 (59).JPGtcf150524 (6).JPGtcf150524 (80).JPG
reported by い~さん

May 29,2015 Fri   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

人とくるまのテクノロジー展2015

世界中
うんうんする
14


先週、パシフィコ横浜にて開催された『人とくるまのテクノロジー展2015』を見学してきました。
IMG_9225.jpg
基本的に完成された自動車よりも、車を取り巻く最新技術や部品を展示する場とあって関連企業の営業や技術者の方々が多く来場しており、モーターショーのような華やかな雰囲気とは異なるビジネス色の強い展示会でした。
IMG_9408.jpg
IMG_9374.jpg
会場には様々な先端技術が展示されていましたが、今回はトヨタが満を持して送り出した燃料電池車「MIRAI」が話題ということで、燃料電池を含むクリーンエネルギー技術が多く出展されておりました。
IMG_9421.jpg
IMG_9383.jpgIMG_9385.jpg
IMG_9386.jpgIMG_9397.jpg
また今では一般的になりつつあるコンピュータをつかったバーチャルシミュレーターも数多く出展されておりました。動力性能はもちろんのこと車の”乗り味”といった部分でもシミュレーター上で開発出来るようになるとか。
IMG_9430.jpg
IMG_9433.jpgIMG_9437.jpg
展示ブースには開発に携わった技術者が説明員を務めていることも多く、より深い意見交換や質疑応答ができるのも、この展示会の特徴ですね。
IMG_9448.jpg
IMG_9368.jpg

会場裏では、実際に最新の自動車に触れるべく試乗会が開催されており、自動車好きには密かな人気となっておりました。
IMG_9238.jpg
IMG_9239.jpg
編集部でも、トヨタの燃料電池車『MIRAI』を始め、奇しくも同時期の登場となったオープン2シーター3台、マツダ『ロードスター』、ホンダ『S660』、ダイハツ『コペン』、話題のダウンサイジングターボエンジンを搭載したホンダ『ステップワゴン』を試乗しました。

MIRAIは特徴的な外環とは裏腹に、内装や乗り味は一般的なハイブリッドカーや電気自動車と大差なく、運転も普通にできます。
最先端の車が普通に乗れてしまうのは、一見すると物足りないと感じるかもしれませんが、そこには今後の燃料電池車普及への試金石としての狙いとトヨタの技術力の高さが見え隠れしています。
IMG_9281.jpg
IMG_9278.jpg
IMG_9287.jpg

IMG_9280.jpgIMG_9276.jpg
IMG_9252.jpgIMG_9258.jpg
オープン2シーターの3台は駆動方式もFR、MR、FFと異なり、それぞれ似て非なる車に仕上がっておりました。

ロードスターはライトウェイトスポーツカーとしての基本性能をとことん磨き上げ、タウンスピードでも笑顔がこぼれるような楽しい車となっています。また美しいボディラインも魅力的です。
IMG_9291.jpg
IMG_9302.jpg

IMG_9303.jpgIMG_9295.jpg
IMG_9301.jpgIMG_9314.jpg

S660は「よくぞ軽規格でここまで実現した!」と驚くエクステリアデザインとミドシップならではの走りを両立した。開発責任者が非常に若手ということもあって、車自体も若々しくてはじけた楽しさを持ち合わせていました。久しぶりにホンダらしい元気のあるスポーツカーの登場ですね。
IMG_9360.jpg
IMG_9349.jpg

コペンは電動ハードトップなどを採用し普段使いでも肩肘張らずに楽しめる気軽さに、外装を交換できるなどの遊び心をプラスした、ダイハツならではのコンセプトで特徴的な車。しかしそれも車自体がしっかりと作られているからこその楽しさです。
IMG_9338.jpg

ステップワゴンは話題の1.5Lダウンサイジングターボエンジンを搭載して、従来の2LのNAと同等の動力性能と燃費を実現。1700kgという決して軽くない車重にこのエンジンはどうか?と思いましたが、必要十分な動力性能を確保したうえで、従来の小排気量ターボにありがちだった唐突なトルク変動も無く、非常に乗りやすくなっていました。”わくわくゲート”と名付けられたリアドアも様々なシーンで活躍しそうです。
IMG_9357.jpg
IMG_9330.jpg
IMG_9400.jpg

これからの自動車業界を占う最先端技術から、町工場のネジ一本に掛ける巧みの世界まで様々な技術に触れ、改めて自動車産業の裾野の広さを実感すると共に、日本のものづくりと自動車社会のこれからを想像できる展示会でした。
IMG_9454.jpg

reported by 美あんこ

May 27,2015 Wed   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

新型マツダロードスター発売記念 Be a driver. Celebration

世界中
うんうんする
5


ついに発売が開始された4代目となる新型マツダロードスター。
その発売前夜、都内で開催されたマツダファンのためのイベント『新型マツダロードスター発売記念 Be a driver. Celebration』に参加してきました。
IMG_9462.jpg

会場には新型ロードスターを始め、CX-5から始まった新世代のマツダ車を一堂に展示。
いまやマツダのイメージカラーとなった『ソウルレッドプレミアムメタリック』で統一された展示車はイベントに花を添えておりました。
IMG_9471.jpg

冒頭では現行マツダ車の開発責任者がずらり登壇し、新型ロードスターの山本主査が代表して挨拶を行いました。マツダ社内でもこれだけの責任者が集まることはなかなかないとか。
IMG_9490.jpg
IMG_9493.jpg

ロードスターオーナーやマツダファン向けのイベントということで、普段はお目にかかれない開発陣とも気軽に語り合えるような和やかな雰囲気。
IMG_9535.jpg
IMG_9505.jpgIMG_9556.jpg
IMG_9469.jpgIMG_9534.jpg
IMG_9533.jpgIMG_9559.jpg
ステージでは自動車評論家の竹岡圭さんを招き、各主査&デザイナーとのトークショーが行われました。
昨年9月にお披露目され、ようやく発売まで漕ぎつけた開発陣ですが、その裏には時に涙を流すほどの熱い思いがあったことが語られ、集まったファンもその情熱に頷きながら聞き入っておりました。
IMG_9519.jpg
IMG_9525.jpgIMG_9522.jpg
サプライズイベントとして、新型ロードスターのチーフデザイナー中山氏による即興デザイン画スケッチが行われ、なんと今月が誕生日のオーナーにプレゼントされました。羨まし~!(;´Д`)
IMG_9545.jpg
IMG_9550.jpgIMG_9554.jpg
イベント最後は、CMでお馴染みとなったポーズをとりつつ参加者全員で記念撮影。
皆さん、愛車に乗ってドライブを楽しんでいる時のような最高の笑顔が印象的でした。
IMG_9562.jpg
IMG_9573.jpg

退場時も各主査やデザイナーの皆様が、一人一人に記念品を渡しつつ握手でお見送りをしてくれました。IMG_9579.jpg
IMG_9585.jpg

マツダはファンの心を引きつけるのが本当に上手ですね。
これもマツダらしい魅力的な車を作れているからこそだとは思いますが、これからも大きな潮流に飲み込まれることなく”オンリーワン”の車作りを目指してほしいですね!

ちなみに頂いたお土産には、山本主査と中山チーフデザイナー直筆サインが入ったイベントのリーフレットでした(涙)。いつかNDオーナーになるまで大切にします。(;´∀`)
 IMG_9588.jpg
reported by 美あんこ

May 22,2015 Fri   CATEGORY:未分類  
「うんうん」した人

ALFAROMEO DAY 2015

世界中
うんうんする
3


2015年5月9日・10日の2日間、アルファロメオデイが今年も開催されました。
カーくるも昨年に引き続き前夜祭からの参加させていただきましたのでレポートをお届けします。

P4650159.jpg

もう27回目にもなるんですね。歴史のあるイベントです。継続は力なり、ですね。

P4650169.jpg

前夜祭の参加は約50台ほど。前夜祭の会場はホテルリゾリックス車山高原。とっても素敵なホテルです。

P4650162.jpg

新カーくる号のヌヴォラSpiderの隣に並ぶのは左MTの綺麗な深い紺色の非常にレアな166です。

P4650175.jpg
ウェルカムドリンクの後、お楽しみの前夜祭が始まりました。

P4650176.jpg
P4650180.jpg
P4650181.jpgP4650183.jpgP4650184.jpgP4650185.jpgP4650187.jpg

料理長が思う存分腕を振るった料理の数々、飾りつけも大変素晴らしく、本当に美味しかったです。

P4650196.jpg

参加者全員の自己紹介や抽選会、そしてオリンパスさんの撮影サービスで記念撮影を楽しみました。

その後はホテルの人による解説付きの星空観賞会やビデオ上映会など、2次会にもおもてなしの趣向が凝らされていました。





翌日のアルファロメオデイイベント当日はこれ以上ないというくらいの快晴に恵まれました。

P4650243.jpg

イベントの朝、天気が良いと本当にワクワクしますね

P4650255.jpg

朝露に包まれる愛車を拭き上げ・・・

P4650272.jpg

準備完了!

P4650262.jpg

車に乗りこみ、会場までの小一時間のドライブを楽しみます

P4650287.jpg

もちろん新カーくる号はオープンにして 信州の清々しい空気の下でのオープンエアー。その気持ち良いことと言ったら語り尽くせません やっぱりオープンカーってイイですね 

会場に到着すると、もう既に当日参加車両を含めた200台以上のアルファロメオが集結していました

P4650454.jpg
P4650437.jpg
P4650438.jpg
P4650440.jpg
P4650364.jpg
壮観ですねー

P4650425.jpgP4650426.jpgP4650431.jpg

今回は916系の参加も多かったです。皆さん大切に乗られていますね。新カーくる号にも沢山お声掛けいただき嬉しかったです

P4650368.jpg

今年は4Cをフューチャーしたとあって、特別エリアには4Cが複数台展示されていました。
その中にはカーグラフィックの4Cも。特別ゲストとして加藤社長がいらしていました。

P4650339.jpg

4Cはまだまだ珍しいとあって会場内で大人気 

P4650323.jpg

最新のアルファロメオはもちろん、先輩アルファロメオも参加されています。
しかしこの一台は最近登録した新車だそうです。確かにピッカピカ オーナーさんの愛の深さを感じます。
色がまた良いですねー 


P4650343.jpg

会場内は出店も幾つかありました。こちらはazzu mijasさん。カーくる編集部もキーケースとドリンクホルダーをオーダーで制作中です

P4650348.jpg

石窯ピザの移動販売や、

P4650360.jpg

ガレイタさんの出店やパーツ屋さんなども出ていました。

P4650351.jpg

こちらはカーくるのイベントでもおなじみのELSE DESIGNさんのブース。
実は以前からカーくるパンダ号のオーダーイラストを頼んでいたところで、ようやくこの日、受け取ることが出来ました。
どうです!?めっちゃカワイイでしょう

そして忘れてはいけないのが我らがカフェジュリアさん。

P4650404.jpg

ランチはカーくるメンバーと一緒にカフェジュリア特製の豚ばら肉のトマト煮、シーフードマリネ、米粉パンがセットになったワンプレートランチ。煮込んでホロホロになった豚ばら肉にパンとマリネがベストマッチ。超絶美味しくって大満足でした

P4650381.jpg

こちらはオリンパスメモリーワークスさんによる撮影サービス。カーくるからご紹介したご縁で、昨年から実施しており、2年目の今年は認知度も上がってか、かなり撮影に引っ張りダコでした。カーくるも勿論撮影してもらいました。仕上がりが楽しみです。

P4650410.jpg

カーグラフィック加藤社長を囲み、4Cのオーナー達によるトークショー。皆さんそれぞれの4Cのインプレッション、入手経緯などを語り、楽しいひと時でした。

P4650416.jpg

そして抽選で加藤社長のドライブによる4Cの同乗走行も。

P4650418.jpg

当たった人、うらやましい-!そして走る4C、カッコいいーーー めちゃめちゃ良い音を奏でていましたよ

■集合写真2.jpg

最後は集合写真を撮って解散 今年も楽しく過ごせました 参加の皆様、事務局の皆様、ありがとうございました。
また来年お会いしましょうー


P4650580.jpg


そしてイベントの詳細の様子は、オリンパスメモリーワークスのプロカメラマンにより隈なく撮影されております。

OLYMPUS02.JPG

OLYMPUS03.png


その写真は、記念写真販売サイトで閲覧・販売を開始しましたので、まずは以下のURLにアクセスいただき、アクセスコードを入力して閲覧してみてはいかがでしょう。

https://www.satsuei.biz/information2/index.php

アウセスコードは、ALFAROMEO DAY 2015 にご参加いただいた皆さんに配布したチラシに記載してあります。

なお、万が一チラシを紛失してしまった方は、以下までお問い合わせください。

カーくる編集部も勿論買いましたよ!10枚以上買ってしまった 出来上がりが楽しみです♪

■お問合せ先
オリンパスメモリーワークス株式会社
[ib on the net] カスタマーセンター
   ibonthenet.support@ish.olympus.co.jp

まずは写真を閲覧して楽しかったあの日を想い出し、気に入った写真があればポチっとしちゃいましょう!
OLYMPUS04.png

AlfaDay15-14.JPG

販売期間は、2015年6月22日(月)までです。

楽しかった想い出を残すためにも、記念に購入することをお勧めいたします。




INFORMATION

アルファロメオデイ事務局
http://www.alfaday.com/

カフェジュリア
https://carcle.jp/blog/alfa33

オリンパスメモリーワークス
http://www.ibonthenet.com/ns/

エルスデザイン
http://else.shop-pro.jp/



reported by カーくる編集部

May 21,2015 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

交通事故ゼロを目指して・・・TOKYO MIRAI JUNCTION

世界中
うんうんする
4



交通事故ゼロを目指してつながる史上最大の社会実験・・・東京スマートドライバープレゼンツ TOKYO MIRAI JUNCTION はゴールデンウィークの55日に開催されました。

「交通事故ゼロ」なんていう大風呂敷を広げて大丈夫?という気持ちと裏腹になぜかワクワク感が大きかったりします。

bnr_tmj.gif


まずはここ、早朝の首都高速・大橋ジャンクションから始まります。

Mirai01.JPG

ドーナツ型の大橋ジャンクションの穴の部分で、三代目ホメパト(褒めるパトカー)のお披露目です。

このホメパトのデザインは、BSフジの番組「東京会議」で公募したもの。そして見事採用されたのが、相川崇史さんのデザインです。

この日は審査員の松任谷正隆さんも駆けつけ、審査の経緯やポイントなどを説明してくれました。

「今回のホメパトのデザインは、シンプル・イズ・ザ・ベスト。本物のパトカーの黒の部分をピンクにしただけだけど、それがかえってインパクトがある。」

Mirai02.JPG

そして、何故かいつもより凛々しく見える東京スマートドライバー事務局から諸々のご説明。

「ホメパトの文字が ”HOMÉPATO” となっているのは、ホメを ”HOME” と書くとホームになっちゃうから」だそうな。でもフランス語っぽくて逆にいい感じ。

Mirai03.JPG

裏フォトセッションです。

このお二人は、トヨタとメルセデスの関係者です。このメーカーとインポーターの協力があったからこそ誕生した三代目ホメパトです。

Mirai04.JPG

さあ、出陣です!

Mirai05.JPG


こちらの秘密基地では、ホメパトを大量生産中。

このホメパトはこの後大活躍をします。

MIrai06.JPG

東京スマートドライバーのリーダーの鶴の一声で、みんな自己紹介。

この秘密基地に集まった方々は、東京スマートドライバーに賛同し、この日のために手弁当で全国から駆け付けてくれました。

Mirai07.JPG

チームでの参加もいます。こちらは早めのライト点灯で事故を減らそうという運動「おもいやりライト」

Mirai08.JPG

こちらは、女性ライダーチーム。スマートライダーですね。

Mirai09.JPG

いよいよ出陣です。

Mirai10.JPG


はい、ここは西銀座通り、銀座柳まつりの会場です。

Mirai11.JPG

騎馬隊もいますね。これからパレードです。

Mirai12.JPG

この日は、FM放送J-WAVEでもゴールデンウィークスペシャル番組として TOKYO MIRAI JUNCTION を一日生放送します。なんて大胆不敵!でも史上最大の社会実験ですからね。

そんな番組のレポーターとして、鈴木あきえさんが生中継にやってきました。携帯電話は中継のための放送機材です。

Mirai13.JPG

はっぴが似合う鈴木あきえさんと、「スマート・・・」

Mirai14.JPG

「ゴーーーーー!!!!」

Mirai15.JPG


なんと、ピーポくんが先導してくれます?ついに警視庁公認か?

Mirai16.JPG

拍子木で音頭を取り、みんなで掛け声「事故用心!」

Mirai17.JPG

ホメパトの着ぐるみ ぐるまを着て、横断幕とノボリを持ちながら、銀座の街を練り歩きました。

Mirai18.JPG

沿道からも一緒に「事故用心」の掛け声もかかりました。嬉しいですね。

Mirai19.JPG

さぁ、いよいよゴールです。

Mirai20.JPG

パレードが終わって、秘密基地へ戻る図。

Mirai21.JPG


一仕事終えて腹ごしらえ。

Mirai22.JPG


さて午後の部の大きなイベントは、首都高ドライブツアー。

普段何気に走っている首都高、東京へは来たことはあるけど首都高は走ったことがない、って人のための特別企画です。

Mirai23.JPG

箱崎JCTで裏ルートUターンをして首都高速にある信号機を見学したり、首都高のマニアックな説明を聞きながらドライブ。

Mirai24.JPG

そんな中、J-WAVEからは、首都高速お勧めベスト10が流れてきました。

これを選んだのは、大乗フェラーリ教でお馴染み清水草一さん。この日は首都高研究家という肩書でした。

ちなみに1位レインボーブリッジ、2位は中央環状品川線山手トンネル、3位は新富町ランプ先の幻の首都高用地でした。

 Mirai25.JPG

そんなこんなで大黒PAへ向かうと、偶然ホメパトに遭遇。

このトヨタ86ホメパトは、このあと日産グローバル本社へ乱入したとか。

Mirai26.JPG

首都高ドライブツアーを終えて、満足げなみなさん。

「はとバスより面白い」「お金払ってもいいです」

これいい商売になるかも?

 Mirai27.JPG


さて西銀座通りの、東京スマートドライバー・ブースでは、

Mirai28.JPG

「あなたのホメたい人・モノ・コト」ということでメッセージを書いていただきました。

みんな心の中には感謝の気持ちをもっているんですね。そうそう、その気持ちを文字で表したり言葉に出してみることで、もっともっと素敵な世の中になるはずです。

Mirai29.JPG

高知県の室戸出身のギターデュオIGOSSOの路上ライブも敢行。

集まった人々の心に、土佐弁の己の信念を貫くといった精神「いごっそう」がしみ渡ったひと時でした。

Mirai30.JPG


そして今度は、ギターをジョッキに持ち替え・・・

Mirai31.JPG

かんぱーい!

いやぁ、いい仕事をした後のビールは格別!

Mirai32.JPG

途中で、J-WAVEで放送をしていた東京スマートドライバー発起人の小山薫堂さんからビデオレターが。

なんと、こんなアニメを制作中とか。


心地よい疲労感とともに、一本〆でお開きとなりました。

 Mirai34.JPG

 

大風呂敷を広げた史上最大の社会実験中、首都高速の事故発生は8件でした。

なんだゼロなんて無理だよな、というご指摘も聞こえてきそうですが、首都高の1日の平均事故件数は30件ですので、この活動の効果はきっとあったはず。根拠はないけど参加した人はみんなそう思ったはずです。

 

ジャンクション・・・車が合流したり分岐したり、ややもすると事故が発生し易いところですが、人のこころとこころが触れ合う場所になれば、未来はそんな悪くないはず。

 

それではジャンクションでお会いしましょう!

 logo.gif


reported by ハクナマタタ

May 9,2015 Sat   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
愛知県西尾市に国内最大級のガレージタウンが12月完成予定!好きな車・バイクと共に暮らそう!
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る