ログイン
 
WEBマガジン形式で読む、カーくるマガジンが創刊しました。
毎回旬な話題や、取材記事をお届けいたします。
車の話題だけではなく、CAR&LIFEを今よりさらに豊かにするような雑誌にしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
35



晴天の10月23日(日)、さいたまイタフラミーティング(SIFM が開催されました。
場所は、埼玉スタジアム2002の駐車場。
天気に加え、東北道の浦和ICからもアクセスがいいことから、570台ものイタフラ車が集結しました。
この台数は、レコードとか。

早朝から、埼玉スタジアムを目指すイタリア車、フランス車の行列に、否応無しにテンションは上がります。

SIFM11.JPG

10月の日曜日といえば、あちらこちらで車のイベントが開催され、なお且つ行楽シーズンである中、このさいたまイタフラミーティングをチョイスして参加された方々は、このイベントの魅力をよくご存知なのかもしれません。

スタジアムの下の広大な駐車場がイタフラ車で埋め尽くされている姿は、ここが首都圏とは思えない光景です。

SIFM12.JPG

別の角度から俯瞰しますと、こんな感じです。いやぁ、広いですねぇ。
首都圏で、これだけのエリアを車のために確保しているイベントは、他に無いのではないでしょうか?
このあたりも、このイベントが人気である秘訣なのかもしれません。

SIFM13.JPG


まずは、出展者を見て回ります。

まずはご存知、カエルナラ・イタリアのブース。
関東エリアでは初めての出展ですが、輪投げで商品がゲットできるということで、来場者の目を引いていました。
もちろんイタリア車の買い替えやパーツ入手などが手軽にできるということで、みなさん興味津々でした。

SIFM14.JPG

こちらは、アルファロメオをはじめとするイタリア車のチューニングパーツで有名な、アッソ・インターナショナル
イタ車乗りには外せないブースです。

SIFM15.JPG

エンジンオイルのユニルオパール
日本総代理店である日本ユニバイトがブースを構えました。
ユニルオパール取扱い店でオイル交換をしたという証明を持参すると、素敵なアンブレラをプレゼント!
事前の情報収集が、グッズをゲットするポイントですね~。

SIFM17.JPG

こちらは、リチウムイオンバッテリーを展示していた、RSウーノのブースです。
鉛の蓄電池に比べ、重量が大幅に軽量化されているところが大きなメリットです。
みなさん気になるようで、足を止めて説明を聞く方が沢山いました。

SIFM16.JPG

アルファロメオ専門店のフラミンゴ クゥオーレ
お買い得中古車が、実車の他にも写真で紹介。
じっくり悩んでおられる方も。

SIFM18.JPG

オート ポワ ルージュからは、主にミニカーの販売が。
ミニカーファンって多いんですよね~。

SIFM19.JPG

オリジナル・ドリンクホルダーで有名な、アッズ ミハス
センスのいいキーカバーって、なかなか無いんですよね。

SIFM21.JPG

こんな展示&試乗体験もありました。
トライクの体験試乗のトドロキジャパンです。
普通免許で運転でき、かつ排気量も250ccのため維持費も安くバイク感覚を楽しめる。
試乗した方は、「欲しいなぁ~」

SIFM22.JPG

このテージス、びっくりのプライスでした。
後ろにもう一台は、シトロエンC6!こちらもお買い得価格。
イタフラ両国のフラグシップを持ち込んだのは、シトロエン所沢
みんな、「欲しいなぁ~、でも、でも・・・・」

SIFM23.JPG

ノスタルジックガレージからは、びっくりプライスのシューズが。
とりあえず1足購入、ってなりそうです。

SIFM24.JPG


フリーマーケットも沢山出展されていました。
そしてこのフリーマーケット出展費は、交通遺児育英会へ寄付されました。
SIFM20.JPGSIFM25.JPGSIFM26.JPGSIFM27.JPGSIFM28.JPGPA232623.JPG

特に、この鶏皮旨煮丼は美味しかった!
SIFM29.JPGSIFM30.JPG


この様子は、出展者のPRタイム。
この後、恒例のジャンケンタイムに突入するのでした。

SIFM31.JPG

さてここからは、カーくる編集部が気になった参加車の一部です。
かなりバラエティーに富んだ車種が集まったと思います。
PA232499.JPGPA232501.JPGPA232502.JPGPA232503.JPGPA232505.JPGPA232508.JPGPA232512.JPGPA232519.JPGPA232520.JPGPA232527.JPGPA232530.JPGPA232535.JPGPA232537.JPGPA232540.JPGPA232595.JPGPA232541.JPGPA232542.JPGPA232549.JPGPA232552.JPGPA232555.JPGPA232573.JPGPA232576.JPGPA232589.JPGPA232592.JPGPA232597.JPGPA232598.JPGPA232606.JPGPA232612.JPGPA232607.JPGPA232609.JPGPA232626.JPGPA232636.JPG
PA232638.JPGPA232614.JPG


いかがでしたか?
昨今の車離れは何処吹く風。老いも若きも、あんな、こんなヘンタイ車に乗ってやってくる。
そして、ふつうにここで声を掛け合って、車談義が始まる。

これって、いわゆるライブ感がもたらすエモーションなのかもしれません。

そうそう話は飛びますが、ちょっと似ているようなことでプロ野球があります。
プロ野球人気が落ちていると言われているけど、球場へ足を運ぶ人は増えているとか。
やはりライブの魅力がそこにあるんでしょうね。

車が1台あれば、好きなときに好きなところへ行ける。
そして、ここへ来れば仲間に会える。

SIFM32.JPG

そんな場を提供してくれる、SIMF さいたまイタフラミーティング。
またここでお会いしたいですね。

  
reported by ハクナマタタ

October 27,2016 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
21


やっと秋らしく気温が下がり、バイクや愛車でお出かけするには最高の季節になってきた。

10月22日(土)、秋晴れとなった最高の休日。

カーくる編集部は名古屋市内にあるスパイスレンタカーさんからPTクルーザー・カブリオをお借りして、テストドライブに出かける機会を得た。

161021MMTPTC (2).JPG

“日本一楽しいレンタカー”と公言するスパイスレンタカーさんのPTクルーザー・カブリオは、デザインコンシャスこの上なく、見た目に楽しい車であることは皆さんもご存知の通りだ。

さて、どこへ行こうか?山へ?海へ?はたまたグルメドライブか?と考えた末に思いついたのが、ただのドライブではなく、このPTクルーザー・カブリオでイベントに参加してしまおう!という企画だった。

いや待て、車がPTクルーザー、しかもカブリオであれば、これまた普通のイベントでは面白くない。

そして目立ちすぎる(笑)

では、バイクやクルマをエレガントに楽しむ、「大人のためのモータースタイル」を提案し続けているMotorimoda/モトーリモーダの初の全店合同イベントであるMotorimoda DAYSに参加しようではないか!

このファニーなフェイスを持つPTクルーザー・カブリオの試乗記と共にイベントのレポートもしてしまおう!という、カーくる編集部としては一度で二度美味しいツーリングのレポートをお送りしたい。

161021MMTPTC (21).JPG

まずは、今回の試乗車であるPTクルーザー・カブリオ(以下:カブリオ)という車のことを簡単に説明させていただくと、この個性的なフェイスのセダンモデルは2000年に日本国内で販売開始された。

続いて2004年にコンバーチブルモデルが追加されると、その個性的なスタイリングがさらに際立ち、瞬く間に人気を得る事となった。

コンバーチブルにはセダンよりも大きな2.4リッター直列4気筒エンジン・4速ATが搭載されている。

最高出力143ps/5200rpm、最大トルク21.8kgm/4000rpmの実力を持つだけあって、1500kgを超えるボディに対しても十分なパワーだ。ただ、4速ATはCVT・6段・7段が当たり前の今となってはどうしても段数不足を感じてしまう。

このPTクルーザーは個性的なスタイリングゆえファンも多かったが、惜しまれながらも2010年には生産終了と共に販売を終了している。

161021MMTPTC (22).JPG 161021MMTPTC (23).JPG 161021MMTPTC (24).JPG

さすがに最近では街中で見る機会を失いつつあるが、いやいやどうして。このデザインは販売当時からかなり目立っていた為に、今でも日本人の脳裏に焼きついている。

そう。PTクルーザーを見れば、「おっ!PTクルーザーじゃん!」と思ってしまうのだ。無論、今回のツーリング中でも、すれ違う車の皆さんから熱い視線を浴びたのは言うまでもない。

是非、このPTクルーザーをお洒落に乗りこなしてくれる人、気軽にオープンエアドライブを楽しみたい方に是非レンタルしてほしい。

さて、そんなファニーなフェイスを持つカブリオで早朝から向かったのは中央道 恵那峡SAだ。

161021MMTPTC (3).JPG

10月に入り、朝夕の気温が下がってきた。高速でオープンにするとちょっと寒さを感じるが、サイドのウィンドウを上げれば室内への風の巻き込みも最小限で、ヒーターを入れればそれほど気にはならない。

朝:7時半、恵那峡SAに到着するとモトーリモーダのユーザーと思われるバイクや車のオーナーが続々と到着してきていた。

161021MMTPTC (5).JPG

今回のモトーリモーダのイベントの開催地は長野県 八ヶ岳自然文化園だ。

ツーリングには最高の季節に、各地からオーナーが一堂に会し、八ヶ岳の自然の中でコミュニケーションを図るという最高のイベント内容となっている。

161021MMTPTC (8).JPG

161021MMTPTC (11).JPG

まずは、モトーリモーダ名古屋店の顧客を中心とした参加者のツーリング(バイク約25台、自動車4台程)がこの恵那峡SAから始まる。カーくる編集部もこちらの仲間に入れていただいた。

161021MMTPTC (16).JPG

161021MMTPTC (15).JPG

目的地に向けて登坂区間の多い中央道だが、動力性能ではとてもかなわないフェラーリはともかく、バイクの皆さんとはカブリオで楽しいツーリングとなった。

161021MMTPTC (17).JPG

アクセルを踏み込めばカブリオはグイグイと加速していく。登りの追い越しの場面などではもう少しパワーが欲しいと思うが、それ以外の場面で力不足を感じることは無かった。

走りは?というと、腰高なボディの為にどうしてもロールは大きめ。シートのサポートも十分ではないが、そこはそれ、車のキャラクターから言えばサポートがもっと必要と思える走りは似合わないのだ。

高速道路では左レーンキープで、鼻歌交じりにゆったり流すのがカブリオには似合う。

161021MMTPTC (31).JPG

カーくる編集部もバイクと一緒のツーリングは初めての経験だ。

今までは自動車ばかりのツーリングであったが、バイクと車のミックスツーリングもこれはこれで楽しい!

161021MMTPTC (35).JPG 161021MMTPTC (37).JPG 161021MMTPTC (38).JPG
161021MMTPTC (29).JPG 161021MMTPTC (30).JPG 161021MMTPTC (34).jpg

途中、駒ケ岳SAでも休憩をいれ、中央道を諏訪南ICまでゆっくりと流して北上。

ドゥカティやノートン、MVアグスタ、ハーレーダビッドソンなど、様々なバイクとのツーリングは新鮮な感覚だ。

161021MMTPTC (18).JPG

161021MMTPTC (25).JPG 161021MMTPTC (20).JPG 161021MMTPTC (26).JPG

今回はモトーリモーダ名古屋店のツーリングのお仲間に入れていただいたが、やはり顔見知りの参加者が多く、皆さん和やかな雰囲気。

161021MMTPTC (28).JPG

高速道路から見える景色は秋の様相で山々は徐々に色付きつつあり、今月末から来月には紅葉狩りのハイシーズンになるだろう。

諏訪南ICで高速から下り、イベント会場まで八ヶ岳の斜面を登ってゆく。すがすがしい空気と澄み渡った空。高原特有のヒヤッとした空気に迎えられ、最高に気持ちがいい!

これほどカブリオレをお借りしてよかったと思えるタイミングはない。

161021MMTPTC (40).JPG 161021MMTPTC (41).JPG 161021MMTPTC (43).JPG

白樺の木の林を抜けてイベントの会場に到着すると、広い芝生の広場に多くのバイクと車が集まっていた。

目に飛び込んできた会場の様子・風景は、編集部メンバーの心躍らせるに十分なものだった。

161021MMTPTC (70).JPG

色とりどりのビンテージバイクから最新の輸入・国産バイク。コブラやケーターハム、ポルシェといった拘りの希少車まで!

木々の梢の間から差し込む日差しにキラキラと輝くバイクや車たちは本当に美しい。

161021MMTPTC (68).JPG

161021MMTPTC (49).JPG 161021MMTPTC (46).JPG 161021MMTPTC (69).JPG
161021MMTPTC (50).JPG 161021MMTPTC (51).JPG 161021MMTPTC (71).JPG
161021MMTPTC (100).JPG 161021MMTPTC (72).JPG 161021MMTPTC (73).JPG
161021MMTPTC (78).JPG 161021MMTPTC (91).JPG 161021MMTPTC (94).JPG
161021MMTPTC (95).JPG 161021MMTPTC (96).JPG 161021MMTPTC (97).JPG
161021MMTPTC (74).JPG 161021MMTPTC (77).JPG 161021MMTPTC (109).JPG
161021MMTPTC (99).JPG 161021MMTPTC (101).JPG 161021MMTPTC (106).JPG

いち早く会場入りしたオーナーは、モトーリモーダスタッフの淹れる温かなコーヒーや軽食のドーナツをほおばりながらオーナー同士歓談を楽しんでいた。

161021MMTPTC (52).JPG 161021MMTPTC (76).JPG 161021MMTPTC (45).jpg
もちろん、他の参加者の愛車にも興味津々で、気になるバイクや車を眺めてはオーナー同士の情報交換を楽しんでいる。

バイクや車好きにとってはこうした時間がなによりも重要なのだ。

161021MMTPTC (48).JPG

今回のイベントでは、モトーリモーダ代表の岡林氏とバイク女子タレントの桜井未来さんによるトークショーやプレゼント抽選会が行われた。

161021MMTPTC (59).JPG

161021MMTPTC (64).JPG

161021MMTPTC (90).JPG

プレゼント抽選会にはモトーリモーダで取り扱いのアイテムがたくさん用意された。

ゲストの桜井さんが引くクジに参加者が一喜一憂し、運の良い参加者は様々な拘りのアイテムを持って帰ることとなった。

161021MMTPTC (79).JPG

最近話題になっているヘルメットと頭部のクリアランスをとるairhead/エアーヘッド や MOMO DESIGN/モモデザインのヘルメットなどなど、購入すれば高額なアイテムも多く、当選された皆さんは大喜びだ。

161021MMTPTC (80).JPG 161021MMTPTC (84).JPG 161021MMTPTC (85).JPG
161021MMTPTC (86).JPG 161021MMTPTC (88).JPG 161021MMTPTC (89).JPG

ハイセンスで拘りのあるライディングアイテム、ドライビングアイテムを身につけた参加者が多かったモトーリモーダのイベント会場は大変華やかで、ファッショナブルだった。

バイクや自動車のオーナーが集まるイベントは数あれど、Motorimoda DAYSほどお洒落なイベントはそれほど多くはないだろう。

161021MMTPTC (92).JPG

抽選会後、集合写真を撮影してイベントは終了。各自のタイミングで会場を後にすることとなった。

161021MMTPTC (113).JPG 161021MMTPTC (98).JPG 161021MMTPTC (104).JPG

また、イベント参加者の一部はモトーリモーダが用意したイベントのアフターツーリングとして清里の清泉寮へ向かうことに。

161021MMTPTC (114).JPG

バイクのメーカーや車種も様々、そしてライダーの皆さんのいでたちも様々で本当に華やか!

またそれぞれにキマッていて本当にカッコいい!

161021MMTPTC (132).JPG

そしてカーくる編集部も清泉寮まで同行させて頂き、無論、ミルクの香りと濃厚な舌触り、優しい甘さが広がるソフトクリームを堪能することに。

161021MMTPTC (125).JPG

やはりツーリングにはこうした美味しいグルメが欠かせない! 
 
そして編集部は清泉寮でモトーリモーダのイベント参加者の皆さんとはお別れし、名古屋に向かって岐路に着く。ここからは単独ツーリングだ。

ただ、せっかくここまで来たのだからまだまだ寄らねばならないグルメスポットがある!

中央自動車道 諏訪インターを出てすぐ右手にある おぎのや諏訪インター店だ。

161021MMTPTC (133).JPG

約60年前に駅弁として「峠の釜めし」を販売しはじめ、今では多くの観光客がこの「峠の釜めし」を目当てにここに立ち寄る。

しっかりと味のしみた鶏肉やごぼう、しいたけ、筍とご飯を一緒にかき込めば・・・これがもう絶品!

長年の歴史の中で完成された釜めしの味は侮れない美味しさだ。

161021MMTPTC (134).JPG

おぎのやの店内ではイートインも可能で、お持ち帰りと選ぶことが出来る。

是非、諏訪湖方面へツーリングの際にはおぎのやの釜めしを試すことを編集部はお勧めしたい。

信州といえば蕎麦が有名だが、釜めしもGOODだ!


【ツーリング後記】

今回はPTクルーザー・カブリオという個性的な車をお借りしてモトーリモーダのイベントに参加した。

PTクルーザーという車自体が大変に個性的なデザインで心躍る。しかもオープンボディということで非日常感はかなりのものだ。

高速とワインディングを中心にドライブしたが、スポーツ走行ではなく、観光プラスアルファで走るには十分は性能だった。しかも、車室内はよく設計されておりゆったりとした設計になっている。後部座席の足元も十分確保されていて、大人4人の乗車もまったく問題ない。

たまの休日には、ワンボックスやセダン、エコカーではなく、PTクルーザー・カブリオをレンタルして出かけてみてはどうだろうか。きっといつもとは違う家族の笑顔が見られるはず。

モトーリモーダのイベントは、強力な晴れ男が運営サイドにいるに違いない。

もともとの予報は下り気味だったにもかかわらず、イベント当日は暑すぎもせず、寒すぎもしない最高のイベント日和となった。ある意味ウラヤマしすぎる。

各地に直営店、フランチャイズ加盟店を持つモトーリモーダ。
今後も多くのバイク好き、車好きの心を掴んで放さないアイテムを紹介し続けて欲しいと思う。

無論、カーくる編集部としても、そのアイテムをいち早く皆さんに紹介し続けていくことをお約束したい。


【取材協力】
Motorimoda : http://www.motorimoda.com/index.html
スパイスレンタカー : 
http://spice123.jp/CarRental/application/index/index/2/1


PTクルーザー・カブリオ:PHOTO

161021MMTPTC (111).JPG
161021MMTPTC (116).JPG 161021MMTPTC (117).JPG 161021MMTPTC (118).JPG
161021MMTPTC (122).JPG 161021MMTPTC (129).JPG 161021MMTPTC (131).JPG
reported by い~さん

October 25,2016 Feb   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
4


1都7県を股に掛け、1000km以上の道のりを4日間かけて巡るクラシックカーレース。
先日、明治神宮で行われたスタートの様子をお伝えしましたが、3日目の箱根・仙石原、4日目の藤沢・湘南T-Siteでも見学できましたので、お伝えします。

見頃を迎えた仙石原のすすきヶ原を駆け抜ける参加車両たち。
この日は早朝、軽井沢を出発し、山梨を抜け、富士山、箱根へと至るコース。
天気に恵まれ絶好のレース日和でしたが、3日目の終盤ともなると疲労の様子がうかがえるエントラントの方々も多かったです。
IMG_7446-2.jpg
IMG_6960.jpgIMG_6967.jpg
IMG_6980.jpgIMG_6997.jpgIMG_7006-2.jpg
IMG_7027.jpg
IMG_7032.jpgIMG_7039.jpg
IMG_7073.jpgIMG_7087.jpgIMG_7139.jpg
IMG_7166-2.jpgIMG_7187-2.jpgIMG_7203.jpg
IMG_7206.jpgIMG_7241.jpg
IMG_7245-2.jpgIMG_7255-2.jpgIMG_7307.jpg
IMG_7327.jpg
IMG_7371.jpgIMG_7377.jpg
IMG_7443.jpg
IMG_7465.jpgIMG_7485.jpg
そんな中でも、沿道で声援を送る人々に笑顔で手を振ってくれる方もおられ、こちらもまた手を振り返す。
この一瞬のコミュニケーションが”La Festa Mille Miglia”の魅力の一つですね。
IMG_7387.jpg
IMG_7355-2.jpgIMG_7098-2.jpg
IMG_7113.jpgIMG_7062.jpgIMG_7080.jpg
IMG_7094.jpgIMG_7175.jpg
IMG_7415.jpgIMG_7431.jpgIMG_7474.jpg


最終日となる4日目は、箱根から伊豆、熱海、海沿いを走り湘南、横浜を経て、ゴールの明治神宮へと至るコース。
この日は神奈川県藤沢市にある湘南T-Siteで見学。ここはチェックポイントとなっており、特設ステージも用意されていて、大勢の観覧者が見守っていた。
しかし朝から生憎の雨で、ここまで頑張ってきた車とエントラントには最後の試練。
IMG_7490.jpgIMG_7497.jpg

特に屋根の無い車両の苦労は想像に難くない…皆さんさぞ疲れていると思いきや、この雨を楽しむかの如く笑顔の方が多かった。
何度も参加している方々は、この天候でもレースを楽しむ工夫とタフな心を持っているに違いない。初参加でも楽しんでいる若者がいましたが…(;´∀`)
IMG_7492.jpgIMG_7495.jpgIMG_7502.jpgIMG_7506.jpg
IMG_7509.jpgIMG_7512.jpgIMG_7516.jpgIMG_7518.jpg
IMG_7521.jpgIMG_7523.jpgIMG_7524.jpgIMG_7529.jpg
IMG_7530.jpgIMG_7533.jpgIMG_7535.jpgIMG_7536.jpg
IMG_7539.jpgIMG_7541.jpgIMG_7546.jpgIMG_7548.jpg
IMG_7549.jpgIMG_7551.jpgIMG_7554.jpgIMG_7558.jpg
IMG_7560.jpgIMG_7564.jpgIMG_7570.jpgIMG_7572.jpg
IMG_7574.jpgIMG_7577.jpgIMG_7579.jpgIMG_7582.jpg
IMG_7586.jpgIMG_7591.jpgIMG_7595.jpgIMG_7598.jpg
IMG_7601.jpgIMG_7603.jpgIMG_7609.jpgIMG_7612.jpg
IMG_7613.jpg
IMG_7621.jpgIMG_7622.jpgIMG_7624.jpg
IMG_7626.jpg
IMG_7629.jpgIMG_7630.jpgIMG_7632.jpg
IMG_7633.jpg
IMG_7634.jpgIMG_7635.jpgIMG_7637.jpg
IMG_7638.jpg
IMG_7639.jpgIMG_7642.jpgIMG_7645.jpg
IMG_7647.jpg
IMG_7649.jpgIMG_7653.jpgIMG_7655.jpg
IMG_7659.jpg
IMG_7660.jpgIMG_7665.jpgIMG_7670.jpg
IMG_7672.jpg
IMG_7675.jpgIMG_7676.jpgIMG_7678.jpg
IMG_7681.jpg
IMG_7687.jpgIMG_7692.jpgIMG_7695.jpg
IMG_7708.jpgIMG_7719.jpgIMG_7723.jpgIMG_7734.jpg
IMG_7736.jpg
IMG_7738.jpgIMG_7740.jpgIMG_7743.jpg
IMG_7748.jpgIMG_7750.jpgIMG_7751.jpgIMG_7754.jpg
IMG_7755.jpgIMG_7757.jpgIMG_7759.jpgIMG_7763.jpg
IMG_7766.jpgIMG_7768.jpgIMG_7770.jpgIMG_7772.jpg
IMG_7775.jpg
IMG_7780.jpgIMG_7785.jpgIMG_7789.jpg
IMG_7790.jpgIMG_7793.jpgIMG_7800.jpgIMG_7802.jpg
IMG_7806.jpgIMG_7808.jpgIMG_7811.jpgIMG_7815.jpg

車好きな著名な方々も多く参加していました。
IMG_7619.jpgIMG_7700.jpgIMG_7712.jpg
IMG_7745.jpg
IMG_7727.jpgIMG_7732.jpg
皆さん、無事にゴールできたかな?

環境性能や安全性が大きな要素として取り入れられている現代の車とは違った、自由で純粋な時代のクラシックカーたち。
沿道で実際に聞くエキゾーストノートやオイルの匂いで、その時代を少しだけ垣間見ることができました。
また来年も元気に疾ってきてほしいですね!
reported by 美あんこ

October 18,2016 Feb   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
6



今年で20回を数える La Festa Mille Miglia 2016 が、10月14日に東京・明治神宮からスタートしました。
10月17日までの4日間、東京都をスタートして、群馬県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県、神奈川県の各チェックポイントを通過しながらクラシックカーラリーの熱戦を繰り広げます。

今回は、明治神宮のスタートまでの様子をお届けしたいと思います。

早朝から参加車両が集まるのは、神宮会館の駐車場。

100miglia2016-01.JPG

100miglia2016-02.JPG


既に車検を終え、出発までの時間を思い思いのかたちで過ごします。

100miglia2016-03.JPG

100miglia2016-04.JPG


100台を超える参加車を眺めて回ったり、談笑する姿にも独特の空気が漂っています。

100miglia2016-05.JPG


もちろん、明治神宮という緑の多い環境もありますが、なんていっても今もなお可動状態にあるいにしえの車たちが醸し出す雰囲気に圧倒されるところがあります。

100miglia2016-06.JPG

100miglia2016-07.JPG

100miglia2016-08.JPG


こちらは、参加者に配られるバッグです。

100miglia2016-09.JPG


このゼッケンも参加者だけに配られる価値あるものです。

でも、「このピーポーくんはちょっと・・・」という声もちらほら。
ま、公道を走行できる許可証みないなものということで(苦笑)。

100miglia2016-10.JPG


さて、スタートを前にしての安全祈願です。

100miglia2016-11.JPG


スタッフからの合図により、スタートの準備に入る面々。

100miglia2016-12.JPG


常連さんたちは、スムーズにエンジンをかけ、スタッフの誘導を待ちます。

100miglia2016-13.JPG

100miglia2016-14.JPG


先導車が出発ゲートに到着。
エントリーナンバーの若い順に出ていきます。

100miglia2016-15.JPG


こちらは、いろいろな想いを乗せて参加する、1949年製FIAT SIGHINOLF。
事情により、コドライバーなしでの参加です。 
メカニックが最後のアドバイス。

100miglia2016-16.JPG


「あ、女性だ!」
「かっこいい~」
との声が飛びます。

100miglia2016-17.JPG


こちらは、参加者の最年少記録を作ったメンバー。
クラシックカーに乗る前にも、スマホを操作。

100miglia2016-18.JPG


「よし、行くぞ!」

100miglia2016-19.JPG

100miglia2016-20.JPG


有名どころも参加することで有名ですが、一番人気があったのが横山剣氏。

100miglia2016-21.JPG


こちらは往年のファンらしき方々の「きゃっこいい~」という声援が。

100miglia2016-22.JPG


こちらは、先ほどのゲートから、本当のスタートゲートへ向かう様子です。
実は先ほどのスタートは車検場からの出発で、参加台数が多いこともあり、この沿道がバッファーになっています。

100miglia2016-23.JPG


そんな横を、イタリア大使館の車が抜き去っていきます。
この開催は日伊友好というミッションもあり今回は20周年記念大会ということから、名誉総裁であられる彬子女王殿下とイタリア大使も臨席しました。 

100miglia2016-24.JPG


本当のスタート前の待機場。

100miglia2016-25.JPG


さきほどの女性ドライバーに近づく怪しい人影。

はい、ご存じ嶋田さんでした(笑)。
アドバイスしていると思いきや、興味津々で覗きこんでいました。

「今度飲みに行こう」
こんなところでのお誘いも、緊張感をほぐしてあげているようです。

100miglia2016-26.JPG


いよいよ本当のスタートです。
4Cスパイダーが先導して公道へ飛び出していきます。

100miglia2016-27.JPG


1台ずつタイミングを見てスタートします。

100miglia2016-28.JPG


沿道は人だかり。
もちろん沢山のメディアの方々も。

100miglia2016-29.JPG


最年少チームのポルシェ356の番がやってきました。

100miglia2016-30.JPG


初参加というものの緊張感は全くなく、今から楽しみまくっているようです。

100miglia2016-31.JPG


いってらっしゃーい!

100miglia2016-32.JPG

これから楽しい4日間を過ごしてください。

reported by ハクナマタタ

October 15,2016 Sat   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
4


Motorimoda 名古屋 AUTUMNアイテムインフォメーション

DSC_0027.JPG

Motorimoda(モトーリモーダ)の秋・冬アイテムが充実してきました。

本格的に寒くなる前に是非、今年のアウターを揃えておきたいところですね。

160925DY (11).JPG

今日は、モトーリモーダの秋・冬アイテムの中から

カーくる編集部チョイスのアウターを中心としたアイテムをご紹介させて頂きたいと思います。


160925DY (15).JPG

まずはモトーリモーダと「SHINICHIRO ARKAWA(シンイチロウ・アラカワ)」によるコラボレーションジャケット

まさにモトーリモーダの掲げる都会的6輪生活(クルマ+バイク)の要素を形にしたかのようなレザージャケットです。
OPEN(テーラード)とCLOSED(ブルゾン)で正反対の表情が現れるのでTPOに合わせて着こなすことが出来ます。

編集部の一押しアウターアイテムです。

160925DY (7).JPG160925DY (6).JPG160925DY (12).JPG

モトーリモーダが今シーズン、新たに取り扱いを始めたフランスのブランド「FERNAND BACHMANN(フェルナンド・バックマン)」のドライバーズジャケット、ダブルブルゾン。

そしてモトーリモーダでは定番ラインの「 Warson Motors (ワーソンモータース)」のシフェールトラックジャケット。

どれもモーターシーンにバッチリですね!

160925DY (13).JPG

「CHRISTOPHE FENWICK/クリストフ・フェンウィック」のハンドメイドレザーグローブ。

1960年代のモーターシーンにインスパイアされたフランスのレザーグローブブランドであるクリストフ・フェンウィックのグローブのスタイルは、バイクでもクルマでもシーンを選ばない、オリジナリティ溢れる雰囲気が特徴的です。
インナーにカシミヤに使用した贅沢なウィンターシーズン用のグローブです。

この深いグリーンのグローブは他では診られない色使いでとてもお洒落です。

160524mmn (10).JPG

そしてMotorimoda名古屋の広い店舗内には、ご紹介したアイテム以外にも多くの拘りのアイテムがディスプレイされています。

秋・冬が近づいてきたといっても、まだまだ日中は暑い日もあるので、ポロシャツやTシャツも充実。

160925DY (14).JPG

これから始まる2016 秋のドライブシーズンにお気に入りの逸品を身につけて出かけませんか?

是非、皆さんもステキなアイテムを探しにMotorimoda名古屋へ、そしてMotorimoda 各店へ行ってみては如何でしょうか。

きっとお気に入りの逸品を見つけることが出来るはずです。


160925DY (16).JPG

また、カーくるのトップページに設置されているモトーリモーダのバナーデザインも変更になりました。

カーくるユーザーであればグッと来るデザインになっていますので、是非、クリックしてモトーリモーダのサイトの扉を開いてみてください。

carkuru_mm1.jpg
carkuru_mm2.jpg
carkuru_mm3.jpg

きっとそこには皆さんのセンス・欲求にかなうアイテムがずらりと並んでいるはずです。

Motorimoda NAGOYA
モトーリモーダ名古屋
〒468-0046
名古屋市天白区古川町86-1F
PHONE:052-891-7700
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日、第二・第三火曜日、年末年始
アクセス:地下鉄桜通線「野並」駅(4番出口)徒歩3分
東海橋線道路沿い
店舗MAPその他は
こちら
駐車場:店舗前に4台有り
モトーリモーダHP:
http://www.motorimoda.com/

160403CC (18).JPG
reported by い~さん

October 6,2016 Thu   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

AD2
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る