ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

JAIA輸入車試乗会2017 ~ ルノー トゥインゴ ゼン(MT) ~

世界中
うんうんする
5


JAIA輸入車試乗会2017  ~ ルノー トゥインゴ ゼン(MT) ~
 
JAIA輸入車試乗会で、ルノー トゥインゴ ゼン(MT)に乗りましたので、試乗記をお送りします。

P1000293 - コピー.JPG
 
トゥインゴのメインは、0.9リッターターボ+EDC(ツインクラッチ)で、MTモデルは発売時にサンクSという名の50台限定モデルが用意されてたのみでした。 限定の50台は発売即完売したとの事で、今回、晴れてカタログモデルとして設定されたとの事のようです。
EDCモデルの0.9リッターターボの90ps, 13.8kgmに対して、MTモデルは1リッターNAで71ps, 9.3kgm と結構スペックが違います。

P1000295 - コピー.JPG
 
乗った第一印象は、とっても懐かしい感じがしました。

IMG_2803 - コピー.JPG
 
軽量とはいえ、車重は960キロですので、パワーウェイトレシオは13.5kg/psと、たいしたことありません。 その分、一昔前のフランス車のようにMTでエンジンをぶん回し、パワーを使いきって走る楽しみが有るクルマだなと。 

P1000264 - コピー.JPG
最近のしっかりしたスモールハッチとは違って、ちょっと90年~00年代のクルマのようなアナログ的な感覚が残っているクルマという印象です。 ちょっと惜しいのはシフトストロークがやや長いのと、タコメーターが装備されてないことでしょうか。 とはいえ、シフトフィーリング自体は悪くないですし、タコメーターが無いのもエンジン音である程度は分かりますので、大した問題ではありません。 足元は左足の置き場が無いのが少々気になりました。 まあ、その分積極的にシフトして楽しんでくださいという事でしょうね。
 
P1000299 - コピー.JPG
P1000281 - コピー.JPG
P1000274 - コピー.JPG
 
乗り心地もサイズの割には比較的良いと感じました。 勿論、高速の継ぎ目ではやや強い上下動が来ますが、それほど不快とは感じませんでした。
タイヤは165/65R15という控えめなサイズで好感が持てます。 ルノーの伝統でシートも車のサイズの割には比較的たっぷりしており、この点も乗り心地の良さに寄与してる気がします。

P1000273 - コピー.JPG
あと、感動的なのがRRによる取り回しの良さで、これは感動的でした。
試乗コースは、一般的な市街地+高速道のみだったのですが、ワインディングとかだと楽しいこと間違いなしだと思います。
ユーティリティは、2名+α程度の使い方では十分ではないでしょうか。 前述の通り、フロントシートはAセグメントとしては比較的たっぷりとしてますし、後部席も短時間であれば問題無いレベルです。

P1000306 - コピー.JPG
P1000276 - コピー.JPG
P1000269 - コピー.JPG
一方、フロントシートのシートバックが結構高いので、後部席からの視界は今一つの気がします。
リアトランクはエンジンがトランク下にあるのであまり広くないですが、フラットで使いやすいです。

P1000280 - コピー.JPG
ちなみに、エンジンはこのように直接は見えません。

P1000282 - コピー.JPG
その他、室内にはちょっとした物置等も多く、とても便利な感じです。

P1000300 - コピー.JPG
 
あと、トゥインゴの大きな魅力はポップで個性的な内外装でしょうね。
先代はやや落ち着いたテイストでしたが、この3代目は至るところに初代のような遊び心がある気がします。 コンセプトはモノスペースを目指した初代、ややホットハッチ的な2代目、そして今回のRRでポップな3代目とそれぞれテイストはちょっとずつ違う気がしますが、ディテールも色々と凝ったところが見られ、眺めてるだけでも楽しい気分になりますね。
 
P1000303 - コピー.JPG
P1000272 - コピー.JPG

 
ライバルは輸入車では、シャシーを共用するスマートフォーツー、BMWミニ、フォルクスワーゲンUP!  フィアット500/パンダといったところだと思いますが、前述の通り軽やかな走り、RRベースの回頭性の良さ、ポップな内外装といったところがトゥインゴの特徴かと思います。
後は、ルノーお得意の限定車や、RSといったモデルが出てくると、より魅力的に感じるのでしょうね。

P1000277 - コピー.JPG
 
輸入車好きの方は勿論ですが、例えば国産のヴィツツやフィットやノート、あるいは軽の上級車種とかを検討されてるような方は、ちょっと視点を変えてトゥインゴも選択肢に入れてみられたらいかがでしょうか?(この場合、EDCモデルのほうが敷居は低いですが)
確かにユーティリティに関しては正直国産のコンパクトカーには及ばないですが、走りの楽しさ、乗り心地、そしてお洒落な雰囲気等、所有された時の満足度は高いのではないかと思います。
ひょっとして、新しい世界が開けてくるかも・・・

IMG_2810 - コピー.JPG
 
ご興味を持たれた方、一度お近くのディーラーに足を運ばれては如何でしょうか。
 
 主要諸元
全長X全幅X全高: 3,620X1,650X1,545mm
ホイールベース: 2,490mm
 車両重量: 960kg
エンジン種類: 直列3気筒DOHC12バルブ
排気量: 998cc
最高出力: 52kW(71ps) /6,000rpm
最大トルク: 91Nm/9.3kgm/ 2,850rpm
トランスミッション: 5速MT
駆動方式: 前輪駆動
燃料消費率(JC08モード走行): -
メーカー希望小売価格: 171万円(消費税込)
試乗車は189.3万円 (フロアマット、スマートフォンクレドール、ボディデカール、キッキングプレート、Fグリルバッジセット、シリコンキーカバー、エマージェンシーセット)
公式サイト: http//www.renault.jp
 
 
 
 


reported by はるぱ

February 12,2017 Sun   CATEGORY:未分類  
 

うんうんする
5


「うんうん」した人
コメントの投稿
お名前

URL

メール(※公開されません。コメントに返信があった時に通知します。)

パスワード(※コメントを修正・削除する時に必要です)

このコメントの公開レベル
 答え=
※セッションが切れて計算結果が違うことがあります。その際は再度計算してご入力ください。

「うんうん」した人
youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
愛知県西尾市に国内最大級のガレージタウンが12月完成予定!好きな車・バイクと共に暮らそう!
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る