ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


REPSOL_HONDA_Team2019_AA_JOCMarquez Lorenzo01.jpg
レプソル・ホンダチームのライダーは、来週カタールでのオフィシャルテストに戻るが、2019年シーズンの前にバイクと共にポーズをとった。

レプソル・ホンダチームのライダー、マルク・マルケスとホルヘ・ロレンソは、2019年シーズン公式フォトの撮影のためにレーシング・スーツを着用した。二人は3月10日に始まる世界選手権前の伝統的なイベントでバイクに並んでいた。

先週マレーシアでは、マルク・マルケスが2019年式ホンダに乗った。2月23日金曜日のカタールでは、レプソル・ホンダチームのチームメイト、ホルヘ・ロレンソが第2回の公式テストに参加する予定。彼がコースで新しいチームの色を着るのを見るのは初めてになる。

2019年の世界選手権のスタートまで1ヶ月を切り、2019年の新しいレプソル・ホンダチームの新しいペアの画像を発表している。

2019年2月14日 22:27  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


00Malasia19TestREPSOL_ba_TIN5994.jpg
通常の3日目のテストを何周も周回することができなかったが、マルク・マルケスとレプソル・ホンダチームは進捗を喜びマレーシアを離れる。

ついにセパン・テストは終了した。マルク・マルケスは、トータル105周を周回し、その間に2019年ホンダRC213Vのいくつかの新しいパーツと自身の肩を評価した。肩の手術からの回復にはまだかかり、3日目周回を制限したが、7度のチャンピオンを誇るマルケスは、争えるタイムを残し、テスト・プログラムを完了した。

毎日早くスタートし、マルケスはホンダによって冬の間に供給された最も重要なパーツの評価をこつこつとした。0.5秒改善し、マルケスは1’59.170のタイムでセパンのテストを終了した。総合11位ではあるが、マルケスとレプソル・ホンダチームは3日間での進捗に満足している。

マルク・マルケスとレプソル・ホンダチームは次は2月23日から25日のカタール・テストに参加する予定で、そこではホルヘ・ロレンソがケガから復帰する予定になっている。


 

マルク・マルケス 11th

「3日間は特に自分の体力的コンディションにとてもポジティブに捉えている。感覚はとても良い。昨日は今日のライディングについて少し心配だったけど、起きると良くなっていた。ホンダにとって多くのことを試すことができたし、バイクは本当に良い感じだ。快適で一貫していた。テストをすべて計画通りにできた。もちろんもっと走りたかったけど、少し落ち着かなければならなかった。それでも僕は自分のライディングスタイルではなく簡単に乗っていたけど、もっと乗ることはできた。クラッシュしなかったし、レプソル・ホンダチームにとって最も重要なことを試した。このことが良かった。」

2019年2月9日 00:02  | 未分類
世界中
うんうんする
0


Marquez_Day2_Sepang Test_2019-11112.jpg
ドライ・コンディションが続くセパンでのテストで、マルク・マルケスとレプソル・ホンダチームはムダなくテストを続けた。マルク・マルケスとレプソル・ホンダチームは、完璧なトラックコンディションに近い状態で、3日間のテストのうちの2日目を迎えた。40度前半の高い午前中の路面温度は急速に20度以上上昇するだろうが、仕事が続いた。マルケスはテスト計画を進めて2019年のRC213Vの様々な部分を評価しながら、その日の前半に彼のライディングをまた制限した。

37周目に記録した1’59.790が、2日目の自身のファステスト・ラップになり、全体の8位で終わった。チャンピオンの1’59.621は、2日間の合計時間で6位に位置する。

明日2月8日、2月23日~25日までのカタール・テストの前のセパンでのテストの最終日を迎える。

 


マルク・マルケス 8th

「今日は昨日と同じく、ホンダにとって重要ないくつかの新しいことを試した。良い一日が始まったけど、肩の状態が少し悪くなってきたので、また明日良く走ることができるように止めた。自分が望むように正確に乗れていない。普通は僕はブレーキがとても遅くて強いけど、それができなくて、早くスムーズにブレーキをしなければならかなった。バイクに関しては、コーナーでの出口でほとんど働いていたけど、時々このサーキットではグリップが大きく変わることがある。」

2019年2月8日 02:24  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


_TIX5541.jpg
量より質を重視して、マルク・マルケスはすぐに一日のうちの最も早い時間にセパンでスピードを取り戻した。セパン国際サーキットでコースはドライで始まった。コースのコンディションが良かったので、マルケスはホンダRC213Vの2019年に新しい部品を追加し、修正をし、左肩の状態を評価した。

現地時間14;00前にしか乗らなかったにもかかわらず、マルケスは1’59.621を記録し、タイムシートのトップに浮上した。早く終わってマルケスは左肩の治療を受けて、2日目に向けて休むことができた。最終的にマルケスは、2位のリンスと0.259秒差でファステスト・ライダーとして初日を終えた。

 


マルク・マルケス 1位 1’59.621

「長い冬を経て、また走れたことがとてもうれしいけど、自身の状態がもっと良いことを期待していた。まだフルパワーではない。1・2ラップは良かったけど、パワーを補うのにライディング・スタイルを変えなければならなかった。テストの残りのためにセーブして早く止めた。まだ二日あるし、どんな感覚が見てみる。ホンダはこの冬本当に良く働いて、僕らはいくつか新しい事を試したけど、項目が本当に多い。初めに最も重要なことから試している。バイクはすでに良いレベルにあるけど、カタールの前にもっと試したいことがある。」


2019年2月7日 01:30  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのトニ・ボウは、バルセロナで行われたXトライアル世界選手権第2戦で2位だった。藤波は8位でレースを終えた。

ボウは、第1ラウンドでわずか3ポイントのペナルティだけでリードし、セミ・ファイナルでも4ゾーンで激しいクラッシュをしたがリードした。最終ラウンドでボウは1ゾーンでミスをして、最終ゾーンで1点差で敗れることになった。

チームメイトの藤波貴久は、ブダペストでのパフォーマンスから上向きだったが、セミ・ファイナルには進出できなかった。

第3戦は、2月16日、スペイン・ビルバオで行われる。
IMG_2177.jpg


 

トニ・ボウ 2位

「今日は優勝にかなり近い2位で終わったので前向きにとらえたい。セミ・ファイナルでは激しいクラッシュに苦しんだ。でも、去年何が起こったのかを考えて怖がっていたけど、それは恐ろしいことであり、重大なケガはないと思う。最後にミスをしたけど、難しいゾーンをパスして、最後の瞬間まで争えたことは重要なこと。優勝したアダム・ラガを祝福したい。また僕のホームレースでバルセロナに集まってくれた全てのファンに感謝したい。」

 IMG_2144.jpg

藤波貴久 7位

「今日はブダペストのラウンドより良かったけど、第2ラウンドに進むにはまだまだだった。(前回より)前の順位で終わったけど、するべきではないミスで2ゾーンを失敗、セミ・ファイナルに進出できなかった。感覚は良くなってきているけど、この結果に満足ではない。第二の故郷のようなバルセロナにまた来れて良かったのに残念。大勢の前で争うことはいつも特別なこと。」

IMG_1912.jpg

2019年2月5日 01:14  | トライアル2019
記事検索
検索語句
2019年2月
1
友引
2
先負
3
仏滅
4
大安
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
仏滅
27
大安
28
赤口
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る