ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


ホンダのホームで、レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスが7回目のワールドチャンピオンを数字上確定させる最初のチャンスがある。
15Motegi17MgpREPSOL-0383.jpg

マルク・マルケスはアンドレア・ドビツィオーソと77ポイント差、バレンティーノ・ロッシとは99ポイント差で日本GPに辿り着いた。日本GP終了後、少なくても2位と75ポイント以上の差があればチャンピオンが決定する。マルケスはツインリンクもてぎで2回チャンピオンを確定させている(2014年、2016年)。

ダニ・ペドロサはもてぎで5回優勝している。ペドロサは日本GPで最も優勝しているライダーである(モトGP:2011年、2012年、2015年、 250cc:2004年、 125cc:2002年)。
15Motegi17MgpREPSOL-9293.jpg


 

マルク・マルケス

「ホンダのホームでのレースで最初のマッチボールになるし、目標に向かってとても重要なレースになる。もちろんホンダの人々や地元ファンの前でベストな結果を出すようにがんばるけど、もてぎはストップ・アンド・ゴーのコースで、強い加速力が鍵になるので、ドゥカティと争いたいならしっかり働いて少しずつ改良していかなくてはならない。集中力を残し、落ち着いて状況をできるだけうまく取り扱いたい。重要なことは最終的にいくつかのポイントで僕らのゴールを達成すること。」

 

ダニ・ペドロサ

「過去にもてぎでは良い結果を多く残してきた。とてもコースを楽しんできたけど、何度もチャレンジする瞬間にも苦しんできた。それで待って見なければならないけど、もちろん今年は良くなることを願っていて、ペースとバイクのセットアップの点で、最後のレースでの前進を続けることができるだろう。日本のファンはいつも僕を歓迎してサポートしてくれる。日本のファンにまた会えることを楽しみにしている。」


2018年10月17日 19:07  | 2018 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


15Tailandia18MgpREPSOL_GV7R4634.jpg
モトGPポイントリーダーのマルク・マルケスが激しいレースを制し、日本GPでタイトルを獲得する初めのチャンスが訪れる。ダニ・ペドロサは5位を走行中にクラッシュに見舞われた。

激しい終盤はマルク・マルケスとアンドレア・ドビツィオーソが始めた。残り4周、彼らはオーバーテイクを繰り返すファンを興奮させた。最後はレプソル・ホンダチームのマルク・マルケスが優勝した。総合77ポイント差とし、マルケスは日本GPでドビツィオーソより前でフィニッシュすればタイトルが決定する。初開催のタイGPでの優勝でマルケスの最高峰クラスで42勝目、選手権通算68勝目になる。

ダニ・ペドロサは5位でトップグループを追っている最中、残り8周のターン5で不運なクラッシュに見舞われた。

15Tailandia18MgpREPSOL_GV7R4947.jpg 


マルク・マルケス 1st 39’55.722

「このようにドビを打ち負かしたのは初めてだったので、もちろんとてもうれしい。僕らはほとんど同等で、僕らの戦略は差を広げるためにトライ&アタックし、ファイナルラップまで落ちないようにすることだったけど、ドビがとても良いペースで、僕らはフロントタイヤに苦しんで、戦略通りにできなかった。代わりになんとかしてタイヤを温存し、付いていくようにした。正直、ファイナルラップまで行ける自信がまったくなかった。過去に何度か彼とトップを争うレースを失っているから。でも今回は役割が変わった。僕がドビのスタイルになり、彼がマルケスのスタイルになって、コーナーの出口で彼を抜いた。タイのファンの前でのレースは良い気分だった。彼らはライダーに平等に声援を送ってくれて、スポーツとして本当に楽しんでくれたし、週末を通して気分を良くさせてくれた。本当にタイのファンに感謝している。日本でタイトル確定への最初のレースになる。日本はホンダにとって唯一のホームグランプリで最も重要なレース。もちろんベストを尽くすけど、もしできなくても目標はこれからのGPでタイトル獲得を達成すること。」

 

ダニ・ペドロサ DNF

「表彰台を獲得できるチャンスが本当にあったので、今日の結果はとても残念だった。激しくプッシュして前と近づいていた時にフロントグリップを失ってしまった。バンプにヒットして、立て直せなかった。決定的な瞬間はスタートだった。初めはクラッチに問題があった。その後、ミラーがとても速くコーナーでイン側をとって、両方とも広がってしまい転倒してしまった。僕らはすべてハードリアタイヤを使うことを強いられたので、初めの3周はタイヤを温めるのに苦労したし、良いグリップがなかった。速いリズムになるのに少し時間がかかった。良かった点は、その後良いペースで走れて、前のグループを捕らえたこと。良いチャンスがあったのに、それをつかめなかった。次のレースではもっと良くなることを願っている。」


2018年10月8日 09:47  | 2018 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのライダーは、タイ・ブリラムから重大なモトGPの最後のステージに突入した。マルケスは2位と72ポイント差のトップでこの第15戦タイGPに挑む。2月に行われた3日間のテストでは、レプソル・ホンダのライダーはペドロサがトップ、マルケスが3位と、ポジティブな結果を残している。

 MGP_TEST_SURIRAM_2018-9924.jpg
 


マルク・マルケス

「初めてタイでレースをすることに興奮している。グランドスタンドには、多くのファンがいることを確信している。それはすばらしいこと。僕らは今までしてきたことをきちんとして、なお集中して、落ち着いて、良い週末を過ごさなければならない。2月のテストは良いテストになったけど、金曜日の朝に細かい部分ごとに再チェックする必要がある。サーキットのいくつかの部分はトリッキーだけど、全体的にはすばらしい。湿度と気温が高いことは、体力的に厳しくなるだろうけど、バイクに乗っている時はそんなことは忘れて乗ることに集中するよ。」

 

ダニ・ペドロサ

「ブリラムでレースをすることは始めてなので、週末に何が起こるかまったく分からない。もちろん2月に行ったテストは参考になる。そのテストはうまくいったので、同じ良い感覚であることを望んでいる。とても熱いので、バイクやタイヤや僕自身を試されることになるだろうけど、すでに何度かマレーシアで経験してきたことだよ。」


2018年10月3日 18:07  | 2018 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


14Aragon18MgpREPSOL_BB_JOC6318.jpg
レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスが今シーズン6勝目、総合ポイントでのリードを伸ばした。チームメイトのダニ・ペドロサは5位でレースを終えた。

 

マルケスとドビツィオーソが壮大な争いを繰り広げた。残り3周まで幾度となくオーバーテイクを繰り返し、最後にはマルケスがチャッカーフラッグを受けた。マルケスは総合順位で72ポイント差にした。ダニ・ペドロサは5位でフィニッシュし、チームタイトルのリードを強固にした。
14Aragon18MgpREPSOL_DB_VAC7150.jpg

 


マルク・マルケス 1st  41’55.949

「今朝はリスクを取れるアイデアで目が覚めた。週末を通して全体的にハードタイヤが良いと感じなかったので、ウオームアップ走行の後、チームにソフトタイヤを使いたいと言った。多くのミーティングとディスカッションをしたけど、最後にはレースに勝てた。ギャンブルだったけどチームを納得させることができた。結果的には正しい選択だった。良いスタートができたけど、コースの汚れているスポットにはまり、すぐにフロントグリップを失った。それでブレーキを離さなければならす、少しワイドに膨らんだ。ロレンソがクラッシュしたことを最後まで理解していなかった。レースはドビツィオーソとイアンノーネととてもタイトだった。限界の激しい争いだった。これがモトGP。ファンは見ていて楽しんでくれただろう。このアラゴンのコースは好きなコースの一つ。毎日イベントや人々やいろいろなことでプレッシャーもあったけど、週末を通してここで乗れることを楽しんだ。なんとか集中した。チームとよく働き、ドゥカティの勢いを止めた。選手権で勝ちたいし、完全に集中しなければならないのでこれまで以上に落ち着いて、レースの週末をうまくやっていくよ。」

 

ダニ・ペドロサ 5th +5.274

「今日は今までのレースより戦えたし、前のグループに近づけた。残念だけど、今日のレースはタイヤ選択が鍵だと思った。ライディングもペースも良かったけど、グリップが良くなかった。ハードリアタイヤが練習走行の時と同じようなグリップがなかった。今日のコースコンディションではソフトタイヤがもっと合っていたのかもしれない。ラップ毎にコンマ数秒づつロスして、ついていくことができなかった。表彰台を争えたかもしれないし、優勝できたかもしれない。少しずつ改善できているし、次のレースではもっと速く走れると思う。」


2018年9月24日 10:06  | 2018 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


14Aragon17MGP-Repsol-5966.jpg
レプソル・ホンダチームの二人は昨年1-2フィニッシュを飾ったアラゴンGPに挑む。

2010年から始まったアラゴンGPで、マルク・マルケスは4勝(2011年:モト2、2013、2016,

2017年:モトGP)をマークしている。ダニ・ペドロサは5回表彰台を獲得、2012年には優勝を飾っている。昨年はマルケスが優勝、ペドロサが2位で、レプソル・ホンダチームが1-2フィニッシュを飾っている。

マルケスはスペインでの4つのGPですべて表彰台を獲得した年が3回ある(2013、2016、2017年)。今年はスペインですでに行われた2つのレース(スペインGP、カタルニアGP)で表彰台を獲得している。

 14Aragon17MGP-Repsol-6289.jpg
 


マルク・マルケス

「アラゴンは、好きなサーキットの一つで、普段は気楽に感じるし、うまくバイクに乗れるコース。地元の観衆の前でレースができることを楽しみにしているし、今年はコーナーに自分の名前がついた初めての年なので特別だよ。去年はここでは同点で来たけど、今年はアドバンテージがある。これは終わったという意味ではなく、それどころかドゥカティはどのコースでも速くて安定しているようにみえるので、しっかり働かなければならない。彼らとできる限り争えるものが何かを探さなければならない。アラゴンでは序盤から戦闘的にいけるようにしたい。週末に向けて良いベースを探して、良く準備したい。」

 

ダニ・ペドロサ

「いつもファンクラブとホームの観客の前でレースをするアラゴンに行くのは楽しみ。好きなコースで、ここでは過去に良い結果だったし、また良い結果を出すには良い場所。待ちきれないし、スペインでのGPを楽しもうと思う。」


2018年9月20日 23:46  | 2018 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2018年10月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る