ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


MotoGP - Comunitat Valenciana Grand Prix. Race

レプソル・ホンダチームのオーストラリア人がほんの0.015秒差で勝利。
アンドレア・ドビツィオーソが3位で共に表彰台、ダニ・ペドロサは5位でフィニッシュした。

18Valencia11_RMgp_0919.jpg


MOTO GPワールド・チャンピオンシップは、その始まりと同じくケーシー・ストーナーの優勝で幕を閉じた。レプソル・ホンダチームのオーストラリア人はバレンシアGPで価値ある勝利とともに素晴らしいシーズンを終えた。
表彰台の3番目にはこれによって最終的にも総合3位を確定した彼のチームメイト、アンドレア・ドビツィオーソが、さらにダニ・ペドロサは5位でフィニッシュラインを通過した。

彼の1年は初戦、カタール・グランプリでの優勝で始まった。そして今日、最終ラウンドで再び勝利した。2011年チャンピオンのケーシー・ストーナーは、2007年リカルド・トルモ・サーキットで達成した彼の年間個人記録と並ぶ、10勝目を挙げた。

ポールポジションからスタートし、ストーナーは序盤で若干のアドバンテージを作ることができた。
彼のペースは追うチームメイト、ダニ・ペドロサとアンドレア・ドビツィオーソにとって到達不能で、アドバンテージは10秒にまで増えた。

レース終盤、バレンシアのコースに雨が降り始め、その差は減少した。
オーストラリア人はラスト3周でベン・スピーズの強さを見た。ベンは4位から近づいてきてストーナーを抜き、最終盤をリードした。
ストーナーは彼の間近で、スピーズが逃げようとしているにもかかわらず適切な距離を保ち、フィニッシュライン上わずか0.015秒差でアメリカンを追い抜いた。

18Valencia11_RMgp_0005.jpg

彼のチームメイト、アンドレア・ドビツィオーソとダニ・ペドロサはレースでの最もスリリングな争いをしていた。2周目から常に両ライダーは互いに抜き合ったが、雨がレースの最後までバトルが続くことを妨げた。
イタリアンは2度目の連続表彰台獲得でポイントを加え、2011年ワールド・チャンピオンシップで総合3位を獲得した。

18Valencia11_RMgp_0387.jpg

この日の朝、レプソル・ホンダチームの三人のライダーたちは、ワールド・チャンピオンシップがマルコ・シモンセリへの追悼として催したパレードと爆竹のセレモニーに参加した。
レプソル・ライダーのマルク・マルケスもまた、バレンシアのトラックで全てのモーターサイクル・ファミリーがイタリアン・ライダーに捧げた追悼の機会を失いたくなかった。

バレンシアGPでレプソル・ホンダチームは、ケーシー・ストーナー、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソと共に、チャンピオンシップで3つのタイトル(ライダーズ、コンストラクターズ、チーム)を獲得した素晴らしいシーズンを終えた。
火曜日からバレンシアのトラックでケーシー・ストーナーとダニ・ペドロサは新しい1000cc RC213Vで2012年シーズンに向けた準備を始める。


ダニ・ペドロサ 5位

簡単なレースではなかった。
激しく攻めてベストを尽くしたけど、マシンのフィーリングがよくなかった。硬くなってうまく乗れなかった。特に終盤はコース上の水が多くなってオーストラリアのときのように苦しんだ。これが今後のライディングで改善すべきことだと思う。

アンドレアといいバトルをしたけど、終盤カル・クラッチローに順位を奪われて何もできなかった。
アンドレアと僕はフロントがソフトタイヤで、ハードタイヤだったベンやカルより少し余計に苦しんだのかもしれないけど、言い訳はしない。今は火曜日のテストと、来年のことを考えて前を向きたい。
タフな一年だったけど、これから2012年に向けて前向きに、気楽にいきたい。


アンドレア・ドビツィオーソ 3位

チャンピオンシップ3位になりうれしく思う。一年を通じた多くのハードワークから生まれた成果だと思う。
ここへ来るまで、ダニの前でレースを終えるチャンスはわずかしかなかった。彼はここではとても速いから。ダニはこの週末も僕より速かったので、彼を打ち負かすためによい戦略を考えなくてはならなかった。

フロントにソフトタイヤを履いていることから、30周の間ハードにプッシュできないことは分かっていた。彼の前にいる時は彼を止めようとしたけど、いつでも彼は僕を追い抜き、僕はすぐに抜き返そうとした。良いバトルだったし、残り7~8周で雨が降ってきたときはトリッキーなコンディションが得意なので勝つためによりハードに攻めたかったけど、チャンピオンシップ3位はとても重要なことだったのでリスクを避けることにした。
数年間共に戦ったチームに感謝したい。モトGPで今の所ベストリザルトとなるチャンピオンシップ3位でホンダでのキャリアを終えることにとても満足している。
ファイナルラップでマルコ・シモンセリのことを想った。そして、いつも苦戦するこのトラックで成功した。この困難なミッションでマルコがボクを助けてくれたんだと思う。さようなら、マルコ。


ケーシー・ストーナー 優勝

心臓がのどから出そうだった。いいレースをしていたけど、雨がひどく降り始めた。
その状況の中コースを最初に走らなければならず、
どれくらいプッシュするか難しく自信がなかったので、レースを確実に終えるためにスローダウンした。誰かに追い抜かれてもついていけると思った。
その後バックストレートにさしかかった時、軽いミスをした。ギアを1速の代わりにニュートラルに入れてしまい、ベンに抜かれてしまった。

彼についていこうとしたが、彼はとても乗れていた。速くスムーズで、このコンディションの中で僕よりずっと自信に満ちているように見えた。
ファイナルラップの前半では彼に差をつけられたが、後半は僕のほうが速いことは分かっていた。
シーズン中、リスクを取らずに戦ってきた。今がリスクを取る時で、それによって何ができるか見てみたいと思った。最終コーナーの脱出ラインはボクのほうが良いと分かっていたので、頭を下げてそのラインに向かって進んだ。

フィニッシュライン上で勝つことができて素晴らしい気持ちだ。過去にほんの数回やられたことはあったけど、自分がしたことはなかった。ごめんよ、ベン。彼はすばらしいレースをした。今年チームがしてくれた全てのハードワークに感謝している。


Results
1. Casey Stoner (Repsol Honda Team) 48:18.645
2. Ben Spies (Yamaha) +0.015
3. Andrea Dovizioso (Repsol Honda Team) +5.936
4. Cal Crutchlow (Yamaha) +8.718
5. Dani Pedrosa (Repsol Honda Team) +9.321

World Championship
1. Casey Stoner (Repsol Honda Team) 350 points
2. Jorge Lorenzo (Yamaha) 260 points
3. Andrea Dovizioso (Repsol Honda Team) 228 points
4. Dani Pedrosa (Repsol Honda Team) 219 points
5. Ben Spies (Yamaha) 176 points




2011年11月7日 23:00  | 2011 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る