ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
5


レプソルホンダチームのマルク・マルケスはアルゼンチンのレースで、1周目からバレンティーノ・ロッシと接触する残り2周までレースをリードした。青山博一も最終周にクラッシュ。

 03Argentina15MgpREPSOL_JOC0585.jpg

レプソルホンダチームはアルゼンチンGPで不運を経験した。両ライダーともに後半でレースをリタイヤした。マルク・マルケスは残り1周半でクラッシュ、バレンティーノ・ロッシと勝利をかけて戦っている時だった。マルケスは前半戦を支配していたが後半リードを失い、残り2周でロッシと接触・転倒することになった。チームメイトの青山博一は11位だったが最終コーナーで他のライダーと接触して、報われなかったが非常に素晴らしい走りをした。

 

マルケスはポールポジションからスタートし、2位以下と4秒の差を確立しようとしていた。しかし、レース後半、ペースを維持できず、固めのコンパウンドタイヤで走っていたロッシに残り3周で捕まった。1周後ロッシの動きをかわしていたが、マルケスが2回目の攻撃でポジションを奪おうとした時に接触した。その衝撃でマルケスは転倒し、レースを早く終了した。

 

後方では、青山博一が22位から素晴らしい追い上げをした。15番グリッドからスタートし、スタートで7つポジションを落とした。しかし、残り2周で11位に順位を取り戻した。最終コーナーで他のライダーと接触し、マルケスと同じくレースを終えることができなかった。

 

次戦は2週間後、2015年最初のヨーロッパでのイベント、スペインGPがヘレスで行われる。
03Argentina15MgpREPSOL_JOC0823.jpg


 

マルク・マルケス

Not classified

 

良いレースをしていたのに、恥ずかしいことをしてしまった。固めのコンパウンドで勝負したくないと思ったので、タイヤ選択がバレンティーノと違って興味深かった。この戦術は僕らにはうまくいった。残り2周については残念だったけど。バレンティーノが僕に詰めてきたと分かった時、タイヤを少し温存することにした。タイヤがまだ持ちこたえていることをチェックし、最後の周回は1’39後半に戻し、最後まで戦えるだろうと思った。バレンティーノが僕を捕らえ、何周か争い、不運なことに接触し、クラッシュした。いつも言っているけど、彼は僕にとってアイドルであり、お手本なので、いつも彼から学んでいる。今はヘレスのことを考えて、ポイントを回復しなければならない。

 

青山 博一

Not classified

 

スタート手順がとても速く、防御が少し遅れてしまったので、良いスタートができなかった。それですぐに始動できなかった。いくつか順位を失って、僕の前に多くのライダーがいたので、しっかい争わなければならなかったし、最終周には22位から11位にあがった。最終ラップの最終コーナーで不運なことに、ペトルッチが僕がパスしようとして接触し、前方をふさがれ、クラッシュした。このようなレースの終わり方で残念だ。マルクの接触も含め、レプソルホンダチームとして良い週末ではなかったし、チームにとても申し訳なかった。オフィシャルはペトルッチに減点というペナルティーを科したということは、接触を認定してくれたということで良かったけど、それはそれで僕らの結果には影響しない。



2015年4月20日 17:18  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
7


レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスはアメリカズGP3回目の優勝を果たし、今シーズン初勝利。

チームメイトの青山博一は11位でレースを終えた。

 02Austin15MgpREPSOL_JOC7816.jpg

マルク・マルケスは日曜日にテキサスにあるアメリカズ・サーキットで3連勝を飾った。このサーキットは2年前マルケスが最高峰クラスで20勝の最初の勝利を達成した場所で、彼のお気に入りのサーキットの一つでもある。2015年、マルケスはレース序盤からライバルにほとんどチャンスを与えなかった。

 

スタート時にドゥカティのアンドレア・ドビツィオーソが主導権を握ったが、何周か後にはマルケスが前に出た。数周後にはマルケスは今シーズン初勝利に充分な差を確立していた。チェッカー時には2秒以上リードしての単独走行だった。この優勝でマルケスは、トップのバレンティーノ・ロッシと5ポイント差の36ポイントで総合順位3位になった。

 

チームメイトの青山博一は、週末を通して明らかに成長した。18位スタートから最後は11位でレースを終えた。彼はレース中ドゥカティのエクトル・バルベラと激しい攻防を繰り広げた。

 

激しい週末の後、選手権は来週のアルゼンチンGPに向けて南へ移動する。
02Austin15MgpREPSOL_JOC7346.jpg


 

マルク・マルケス

1st - 43:47.150

この優勝はとてもうれしい。

昨日の予選の後、ポジティブに見ていたけど、唯一心配だったのは天気についてだった。結局、思っていた以上に変な天気になった。ドライレースをすることになり、集中してスタートした。今日のレースを勝ちに行くことが重要だと分かっていたから。でも、1周目のトラックが昨晩の雨が降る前の、好ましい状態ではないと分かっていた。グリップが少なく、快適に乗るのが難しかった。序盤は状況をよく理解しようと冷静さを保ち、練習走行と同じ感覚を探し始め、少しペースを上げようと決めた。それで差を広げることができた。

 

青山 博一

11th - at 47.199 sec,

エキサイティングなレースだった。天気が不安定で簡単な週末ではなかったし、レースが初めての100%ドライコンディションだった。ベストを尽くしたし、バイクは良く動いてくれたし、ダニのチームは本当によく僕を助けてくれた。最高の順位を目指して最終ラップはプッシュした。今週末は多くのことを学べた。今はこの経験を基に次週のアルゼンチンでは改善していくよ。


2015年4月13日 16:10  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
4


・マルク・マルケスはアメリカズ・サーキットでのファステスト・レースラップとポールレコード(2:02.773)、サーキットレコード(2:03.575)、トップスピード(341.6km/h)というすべての記録を保持している。

・マルク・マルケスはオースティンでのモトGPで初優勝した。

・レプソルのモト3の3選手は誰も今までこのサーキットを走った経験がない。

 02Austin14Mgp_TIN8755.jpg

レプソル・ホンダのライダーはオースティンを2回訪れていて、どちらもポールから勝利している。2013年の勝利は彼のモトGPでの初勝利になった。青山博一はモトGPにダニ・ペドロサの代わりに出場する。そして、クアルタラロ、ナバーロ、エレーラとともに、オースティンは初めての走行になる。

 

レプソル・ホンダチームは過去2回のアメリカズGPでは素晴らしい成績を残している。このサーキットを2回訪れ、マルク・マルケスとダニ・ペドロサはどちらの年も予選もレースもそれぞれ1位・2位で終えている。2013年は、現在2回のチャンピオンを獲得しているマルケスにとって初めての勝利だった。今回から彼のチームメイトはダニ・ペドロサが右腕の手術から復帰するまで青山博一になる。

 

モト3は、ファビオ・クアルタラロ、ホルヘ・ナバーロ、マリア・エレーラが初めてアメリカズ・サーキットを走行する。3人のレプソル・ライダーはカタールで素晴らしいパフォーマンスを見せてオースティンに乗り込む。クアルタラロとナバーロは表彰台争いをしてフィニッシュ、エレーラは32位から22位に順位を上げた。


 

マルク・マルケス

オースティンに行き、カタールの出来事を忘れ去るのを楽しみにしている。アメリカズ・サーキットは、好きなサーキットの一つで、僕は2013年にモトGPクラスで初めて勝った良い思い出があるし、去年も勝っている。僕らはFP1からしっかり頑張って、その勢いでこの週末全体を維持して、平常心でレースに挑みたい。ダニには本当に気の毒に思う。僕もチーム全体も彼に早く戻ってきて欲しいと思っているよ。チームに来る博一を歓迎するし、僕らには彼にできる限りのことをするつもりだ。

 

青山 博一

ダニの状況はとても気の毒に思う。僕はモトGPマシンに乗るためには何が必要か分かってるし、彼は問題を抱えながらカタールで6位でフィニッシュしたことは素晴らしい仕事をしたと思う。オースティンでダニに変わって僕を起用するHRCに感謝したい。僕はベストを尽くすし、レプソル・ホンダチームでの経験を楽しめることを望んでいる。オースティンのコースは非常に厳しく、テクニカルだ。どのセッションでもバイクを知ることとチームと連絡を取ることが重要だけど、ここにいること、モトGPライダーとしてアメリカでレースができることを楽しみにしている。ダニには早く回復して、すぐレースに復帰できることを祈っているよ。


2015年4月9日 13:25  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
5


ペドロサが腕上がりを解消する再手術をすることを決意

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、2015年初戦で苦しめられ続けた腕上がりを解消するために、不運にも再手術を必要がある。ライダーの間で共通する問題は、ひどい痛みを引き起こす前腕への圧迫の高まりで、筋肉が過度に大きくなり、バイクに乗ることを非常に難しくさせる。

01Qatar15MgpREPSOL_JOC5125.jpg

ダニは解決策を探すのに冬の間とても熱心に挑戦した。2014年シーズンの間ずっとトップレベルのパフォーマンスをするためもがき、昨年ヘレスGPの後で手術までもしたが、成功しなかった。この間、医者はいかなる再手術にも反対とのアドバイスだった。冬のテストの間ずっと、問題は解消されたように見えたが、不運にも実戦状態でのストレスのもと、再び問題が起こった。

先週末のカタールでの2015年初戦、6位で終わった後、ダニは月曜日にスペインに戻り、バルセロナとマドリッドの専門医に会った。彼らの推薦することは、できるかぎりすぐにマドリッドのアンヘル・ビジャモール医師が行う手術を受けることだった。手術に細心の注意を払うことで、より良い回復が保証され、将来再び問題が発生するリスクを最小限に抑える。

 

手術は4月3日金曜日に行われ、4~6週間で回復する見込みであるが、これによりダニは確実にオースティンとアルゼンチンGPを欠場することになる。レースへの復帰は医師が手術の成功を確認できるまで承認されないだろう。

 

彼の代わりはHRCテストライダーの青山博一になる。


 

ダニ・ペドロサ

言うまでもなく、みんなと分かち合いたいニュースではない。でも、僕が信頼する何人かの医師や医療の専門家と話して、彼らは僕にとってこれが唯一の選択だとすべて一致した。金曜日に手術を受けて、傷をふさぐのに素晴らしい技術を使い、僕が抱える問題が続くことを防ごうとしてくれる。全ての僕をサポートしてくれるファンに感謝したい。特に問題を理解してくれているホンダ、レプソル、レッドブルや僕らのスポンサーに感謝したい。




 

 

レプソルホンダのダニ・ペドロサは、iQtra Medicina Avanzadaの整形外科医長、アンヘル・ビジャモール医師のもと、マドリッドで手術を行った。

手術はダニの腕上がりの問題を解消するねらいで、成功を確信するビジャモール医師が行い、2時間を超えるものだった。今回の手術で、ビジャモール医師はダニにとって問題であった、筋肉周りの筋膜層を完全に取り払った。

 

目的の手術の進展を確認した後、数時間で病院から退院することになる。ペドロサは検診とこれから始まる理学療法のため、ビジャモール医師のもとを定期的に訪れることになる。4~6週間の回復期間が予想されるが、レース復帰はビジャモール医師が手術の成功を確認できるまで承認はないだろう。


 

アンヘル・ビジャモール医師

手術は困難で、顕微解剖技術と顕微鏡レンズを積極的に使って行いました。局部麻酔をして2時間かかりました。私たちは筋膜を診ましたが、それは異常発達していて、開いて除去する必要があると判断しました。筋膜は切り裂かれた状態で、腕から引き離しました。弾力性を欠いた筋膜が筋肉を充血させ、酸素の欠乏から痛みを伴う状態を筋区画内に引き起こしている結果、筋肉の膨れる量を増やしています。その結果バイクに乗っている間の運動後、前腕の激痛になるのです。手術の成功を診るのにダニを今後数週間チェックする予定です。


2015年4月7日 18:10  | 2015 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る