ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


トニ・ボウが連勝し、75勝目が選手権のリードを広げる。

 

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウはアメリカで土曜日から表彰台を繰り返し、選手権で連勝した。ロードアイランドのステッピング・ストーン・ランチで、2位のアダム・ラガのポイントの半分近くで勝利する申し分のないレースになった。この勝利でボウはキャリア75勝目、総合271ポイントになり、残り2戦で2位と34ポイント以上の差を付けている。

ボウは2回目の1ラップ目後にはレースを確実なものにした。そこでステッピング・ストーン・ランチの複雑なゾーンを効果的なライディングをしてライバルとの差を広げることができた。レプソル・ホンダチームのボウは26ポイント受け取り、対するラガは50ポイント、ファハルドは55ポイント。これで彼は表彰台へ導かれた。

 USA.jpg

アメリカGPの日曜日は他のレプソル・ホンダチームのライダーにとって、より良いものになった。

藤波貴久は4位とかなり接近した5位でフィニッシュ。最終ラップでゾーンの一つでミスをして4位獲得を失敗した。

ハイメ・ブストは初参加のアメリカGPで6位だった。バスク出身の若いブストは、昨日土曜日に影響を及ぼされた胃腸の問題に打ち勝ち、いくつかミスをしたにもかかわらず、最終ラップでは最も良い4位で締めた。

このラウンドの後、藤波は総合5位、ブストは6位をキープしている。

 

次戦はポルトガル、フェレイラのバコスで9月5日、6日に行われる。最後から2番目のレースでトニ・ボウは9回目のタイトルを確実なものにすることができるだろうか。


 

トニ・ボウ

1st, 26 points

今週はとてもうまくいった。トライアルはなかなか難しかったけど、バイクの上でとても心地よく感じていた。とてもうれしかった。この2勝は、ライバルとの差を広げることができたし、ポルトガルでのプレッシャーを少なくしてくれるので、自信を与えてくれる。勝ちたかったし、結果は完璧だった。ゾーンではとても心地よく感じたし、プレシーズンの間ノンストップのトレーニングをしたおかげで、ここで冬の間練習したことが使えることができた。

 

藤波貴久

5th, 81 points

採点がとても厳しかった。アシスタントが石に息を吹きかけたことでさえ失敗となった。でも、いくつかのミスを認めなければならない。ラップ毎に10ポイント少なく受け取ったかもしれない。4位からそれほど離れていない5位で終わった結果は悪くないけど、表彰台を狙っていた。良く言えば、昨日の結果を改善できた。悪く言えば、多くのミスをした。

 

ハイメ・ブスト

6th, 83 points

昨日よりかなり良く感じた。昨日はバイクに乗ることがとても難しかった。この結果に満足しているし、最終ラップもとてもうまくいった。ゾーンは土曜日とそれほど変わっていなかったけど、うまく乗れなかった。最終ラップはとてもうまくいったけど、まだもっと改善していく必要がある。


2015年7月28日 15:54  | 2015年トライアル世界選手権
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのトニ・ボウが、アダム・ラガの受け取ったポイントの半分近くでレースを終え、アメリカGPの初日を制した。藤波貴久は6位、ハイメ・ブストは9位で終えた。

 RepsolHondaTeam15_r7__9990_ÂFIM-G2F Media.jpg

トニ・ボウがトライアル選手権の第7戦で表彰台のトップに戻った。2位となった3レースを終えた後、現チャンピオンで選手権リーダーのボウは、フランスで始まりアンドラまで続いた流れを変える、非常に重要な勝利を達成した。アメリがGPではベストなトニ・ボウを見た。異なるトライアルで圧倒的な勝利を達成した。

 

ロードアイランドでは行われたアメリカGPは、競技場所は前日に降った雨の後で非常に要求されるものが多かった。このようなコンディションと元々難易度が高いゾーンの下、トニ・ボウはモンテッサ・コタ4RTを見事に操り、初日の圧倒的な勝利を達成した。1ラップ目の終わりには、メインライバルであるアダム・ラガが21ポイントを受け取ったのに対し、ボウはわずか9ポイントしか受け取らず、独走を始めた3ラップ目にはレースを確実なものにした。

レースを終えて、ピエラ出身のボウはトータル37ポイントで、ラガは2位で69ポイントだった。

 

この結果、トニ・ボウは総合順位をラガより31ポイント広げた。

 

藤波貴久は良い日にならず6位で終えた。レプソル・ホンダチームの日本人ライダーは、順位的に後ろに残されることになるいくつかのミスをした。アメリカのデビューで、ハイメ・ブストは腸の問題に苦しみ、今日は満足のいくレースにならなかった。

 

明日はロードアイランドのステッピング・ストーン牧場で、アメリカGPの2日目が行われる。ライダー達は12ゾーンを3回通しで乗らなければならない。
RepsolHondaTeam15_r7__0025_ÂFIM-G2F Media.jpg


 

トニ・ボウ

1ST, 37 points

今日は上手くいったので良かった。ゾーンは複雑で、ライバルたちは1ラップ目で失敗し始めたので、差を付けることができた。いくつかミスをしたにもかかわらず、上手く乗れたのでとても満足している。とても心地よく感じているし、3戦勝利がないレースの後に表彰台のトップに戻れてうれしい。昨日の雨がレースを複雑にしたのかもしれないけど、完璧なトライアルだった。

 

藤波貴久

6th, 100 points

酷い日だった。昨日ゾーンを見たときは好きなゾーンだと思った。そして今日は観客の人が励ましてくれるようですべてが良い日だったが、そのように行かなかった。1ラップ目ではあまり時間がなかった。ゾーンを見ることができなかったし、集中力を失った。多くのミスをしてしまった。明日はこれらから学んで改善していくよ。

 

ハイメ・ブスト

9th, 114 points

今日は何か食べたものの影響でとても気分が良くなかった。それを感じていて、心地よく乗ることができなかった。2ラップ目は良くなかったし、最終ラップでも良くならなかった。明日はこの結果をもっと良い物に変えることができるように頑張るよ。


2015年7月27日 16:58  | 2015年トライアル世界選手権
世界中
うんうんする
1


 ドイツGPでレプソル・ホンダチームはマルク・マルケスの今シーズン2勝目、2位にダニ・ペドロサが入り表彰台にのぼった。

 09Alemania15MgpREPSOL_JO50743.jpg

マルク・マルケスとダニ・ペドロサが、第9戦ドイツGPで、予選の順位を維持しそれぞれ1位と2位を獲得した。1年ぶりにレプソル・ホンダチームのライダー2人は、マルケスがスタートから飛び出し、ドイツGPの表彰台の上位を支配した。ペドロサは中盤までホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシと争っていたが、ついに2位にあがり、チェッカーフラッグまで順位を維持した。

 

スタートすると、マルケスとペドロサの両者は良いスタートを切ったが、ホルヘ・ロレンソに驚かされた。ロレンソが第一コーナーでリードした。5周後、マルケスは再びロレンソをパスした。そのコーナーはロッシがペドロサを4位に落とした前のコーナーだった。ロッシは8周目に2位に上がっていた。またペドロサも3周後にロレンソをパスした。ペドロサはついに13周目、本来の動きで2位に上がり、ペースを上げ、ロッシにチャンスを与えなかった。

 

この結果、マルケスは選手権4位で中間点に辿り着いた。マルケスは114ポイントでトップのロッシと65ポイント離れている。ペドロサは67ポイントで7位。今週、レプソル・ホンダチームは3日目のテストをするためにミサノに戻る。そこでさらに良い形で後半戦に向かうことができるようになるだろう。
09Alemania15MgpREPSOL_JOC4168.jpg


 

マルク・マルケス

1st - 41:04.087

この優勝はとてもうれしい。ここ2~3レースは優勝を求めて激しく駆け回ってきた。前回のアッセンでは最後にはトンネルの終わりで光が見え始めた。とても厳しかったバルセロナの後、バイクの設定を変えたことで良くなったと感じていた。このサーキットに乗り込んで確証したけど、このサーキットはいつも僕とホンダにとって相性が良いので注意したい。ロレンソの背後にいる時にいろんな角度から見て、ある部分彼らは僕らより強かったので、改良を維持しなければならない。来週のミサノのテストで改良し続けるよ。

 

ダニ・ペドロサ

2nd at 2.226 sec.

自分が力強く乗れて、どのようにレースが終わったかにとても満足している。バレンティーノからかなりプレッシャーを受けていたし、この前の争いからだけど、彼を打ち負かすのはとても難しい。すべてを出し、彼の前でフィニッシュすることができた。最後まで良く乗れたし、最後まで良いペースで走れたのは今シーズン初めてだよ。

ここでは他のサーキットより、バイクのハンディキャップが少ないのは事実だろうが、来週のテストでしっかり頑張らなくてはいけない。ホルヘとバレンティーノが、ここ何年かより今日は近づいてきていたから。

今シーズンの後半戦に向けて、より競争力のあるように何か見つけてみるよ。



2015年7月13日 17:00  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
1


 レプソル・ホンダチームのトニ・ボウは世界選手権6ラウンドで2位になり、選手権争いのリードを保っている。藤波は5位、ブストは肉体的問題があり6位で終えた。

 RepsolHondaTeam15_r6_Bou_5086_ps.jpg

アンドラGPの2日目がSant Julia de Loriaで行われ、アダム・ラガが優勝、トニ・ボウが2位で、昨日と同じ結果で終了した。この結果、レプソル・ホンダチームのトニ・ボウは今シーズン残り3ラウンドで、アダム・ラガと28ポイント差で選手権の暫定順位のリードを保っている。

 

チームメイトの日本人ライダー、藤波貴久は2ラップ目に3回連続してミスをして、表彰台圏内での争いはできなかったが、昨日の結果を改善した。5位でアンドラのトライアルを終了した。これにより選手権の順位は5位をキープしている。

 

若いレプソル・ホンダチームのライダー、ハイメ・ブストはアンドラのトライアル・ゾーンでかなり苦しんだ。オフィシャルの医師によって処置された急な腰痛で、ブストは6位になったこの二日目を快適に乗ることができなかった。

 

レプソル・ホンダチームが次に集まるのは、スペインでのトライアル4回目のラウンドになる来週末で同じ場所になる。選手権は次戦アメリカで7月25日と26日に7つめのGPがある。
RepsolHondaTeam15_r6_Bou_4570_ps.jpg


 

トニ・ボウ

2nd, 22 points

この日は2ゾーン5番の序盤から複雑だった。いくつかのポイントではより接近するけど、追いつくことはなかった。それができなくて、3位になったかもしれないので、ベストは2位でポイントを稼ぐことだった。アダムがここではとても強かったし、次戦も彼に勝つことは難しいと分かっていた。今までに集めた勝利と築いた差がとても重要になる。今は次戦に集中する必要がある。

 

藤波貴久

5th, 57 points

0か5のどちらかのステップが上げられなかったいくつかのゾーンでいくつかのトラブルが発生した。それにより多くのポイントを受け取ってしまった。できるだけしっかり戦ったけど、2ラップ目に3回連続ミスをして、表彰台での争いはできなくなった。昨日は第二集団の最後だったし、今日は第二集団のトップになった。今は次戦の事を考える必要がある。高度は高くないので、そんなにトラブルにはならないことを願いたい。

 

ハイメ・ブスト

6th, 61 points

今日はかなり苦しかった。ちょうどスタートした時、腰辺りに傷みを感じ始め、レースを終わることができないかもしれないと思った。幸い、オフィシャルの理学療法士がいて、アドバイスをくれて、続ける事ができた。結果を見たくないし、できる限り早くレースを終えようとしていた。最終的に6位になり、そんなに悪くないけど、とてもダメな時間だった。


2015年7月6日 00:00  | 2015年トライアル世界選手権
世界中
うんうんする
1


 最終ラップ中の2つのミスがあり、トニ・ボウは2位のままだった。ハイメ・ブストは6位、藤波貴久は8位でレースを終えた。

 RepsolHondaTeam15_r6_Bou_4344_ps.jpg

アンドラGP初日はとても僅差で勝敗が決まった。トニ・ボウはライダーのパフォーマンスが非常に接近していることで、緊迫したラウンドでリードした後、最終ラップで2つのミスをして、今回4ポイント差でアダム・ラガに優勝を奪われた。トニ・ボウは総合ポイントでは31ポイント差で、2位のアダム・ラガをリードしている。

 

若いハイメ・ブストは、2ラップ目を15ポイントという素晴らしいパフォーマンスを見せたが、1ラップ目と3ラップ目を通してそれほど良くなかったので、表彰台からは遠のいた。

 RepsolHondaTeam15_r6_Busto_4744_ps.jpg

チームメイトの藤波貴久はトライアルの最も高度の高いゾーンで思うようにいかず、いくつか続けてステップし、前回のレースでしたようなライディングができなかった。5位争いを演じて、最後は8位で終了した。
 


 

トニ・ボウ

2nd, 20 points

するべきミスより多くミスをしたことは明らかだ。1ラップ目は上手くいったけど、2ラップ目、3ラップ目では2つのミスをした。ライダーのみんなはマーシャルがすべきルールを適用しなかったので、少し怒っていた。ゾーンのいくつかは簡単すぎた。僕らはそんなのが好きではない。2位はまったくネガティブな結果ではない。選手権争いにとって価値あるポイントを獲得できたから。

 

藤波貴久

8th, 65 points

高度が高いアンドラのトライアルは僕らにとって難しい。ゾーンはラップ毎に変わっていて、工程は複雑だった。今シーズン最悪の結果だし、前回(3位)のラウンドの良い傾向の後、これほど下位に落ちるとは思わなかった。明日は多くのポイントを集めないように、順位を回復できるようにステップをパスしたい。膝は完璧な状態だよ。

 

ハイメ・ブスト

6th, 62 points

6位は悪い結果ではないけど、もう少し上に行きたかった。簡単なゾーンでいくつかミスをしたし、少し難しいゾーンで改善した。たぶん高度と暑さが影響したと思う。いくつかのゾーンでの結果に満足していない。明日は改善しようと思う。



2015年7月5日 00:00  | 2015年トライアル世界選手権
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る