ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
2


ダニ・ペドロサが地元ファンの前で素晴らしいレースをして表彰台を獲得。マルク・マルケスは2位走行中の2ラップ目にクラッシュ。
 14Aragon15MgpREPSOL_JOC1168.jpg
日曜日のアラゴンGPは、レプソル・ホンダチームに複雑な感情を残した。ダニ・ペドロサは熾烈な戦いでポイントリーダーのロッシを抑え、2位という満足な結果を楽しんだ。しかし、2周目、2位を走行中のマルケスは、このレースの勝者ロレンソについていこうとしてミス。今シーズン5回目のクラッシュを起こした。
 
マルケスは、オープニングコーナーでロレンソとイアンノーネの後ろ3番手だった。ペドロサは5位だった。第二セクターの前にマルケスとペドロサは二人ともポジションを上げたが、ロレンソのすぐ後ろについていくマルケスの仕事は2周目で終わった。ターン12でのブレーキングミスがアラゴンGPを終わらせた。
 
ロレンソは勝利に向かって一人で逃げ切り、レースの盛り上がりはペドロサとロッシの2位争いに注がれた。ペドロサは、ロッシをすぐ後ろに従えて最終ラップまで進み、レースを通して2位を守った。ロッシは何度かパスしようとしたが、しっかりとらえることができず、粘り強いペドロサが2位を死守した。
 
選手権は2週間後に始まる日本、オーストラリア、マレーシアを進むアジアでの3戦連続でのレースに向かっている。
14Aragon15MgpREPSOL_JOC1394.jpg

 
マルク・マルケス
僕らはとてもよく働いて、この週末はずっと良いペースだったのに、今日はチームとファンに謝るしかない。2周目、ターン12でブレーキング時に、ミスをしてフロントのグリップを失ってしまった。僕の責任で、謝るしかない。シーズンを通してうまくいかない時は、思い通りにならないもので、今シーズンは物事が難しいと思えている。まだ4戦あるし、トップを目指し、最後まで戦うよ。
 
ダニ・ペドロサ
2nd, at 2.683 sec.
バレンティーノと素晴らしいレースができて、本当にうれしい。難しかった。彼はいつもすぐ後ろについて、特に残り5周は僕をパスしようとしていた。でも、彼の前にいられるようにした。彼はこのようなレース展開でとても強くて、普段は誰でも打ち負かせるライダーだ。そして僕はこの点が弱点なんだ。でも、今日は彼を打ち負かすことができて、とてもうれしかった。それは、バトルの間、ポジションが何度も入れ替わって、僕に大きな刺激をくれたから。レプソル・ホンダチームのすべてに感謝したい。そして僕は次戦ではもっと強くなれるように頑張るよ。
2015年9月29日 11:43  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
1


レプソル・ホンダのマルク・マルケスが2度のバイク交換の末、サンマリノGPで勝利。ペドロサは9位で終えた。

 13SanMarino15MgpREPSOL_JOC3550.jpg

サンマリノGPはまったく予測できないモトGPレースになった。その中でマルク・マルケスがオースティン、ザクセンリンク、インディアナポリスに続く、今シーズン4勝目を達成した。マルケスは2回のバイク交換を要求された状況をうまく操った。ダニ・ペドロサは降雨とバイク交換に妨げられ、最後は9位だった。

 

イギリスで起こったように、レース直前に雨がミサノ・サーキットに降り始めた。それはとても不確定要素を含み、上位4位のロレンソ、マルケス、ロッシ、ペドロサ全員がスリックでスタートすることにした。しかし、何周かするとライダー達はバイクを交換するためにピットに入り、ウェット仕様でトラックに戻った。

完全ウェットのアスファルトで、上位は同じ、ロレンソ、ロッシ、マルケスが前に、ペドロサはバイク交換後順位を落とした。しかし、雨はやみ、アスファルトは急激に乾き、多くのライダーは再度バイク交換することにした。

マルケスは3人の中で一番早く交換し、決定的なアドバンテージを得た。ロッシとロレンソは2周ほどバイク交換を待った。それでロレンソがクラッシュ、ロッシは5位だった。ブラッドリー・スミスと、スコット・レディングがマルケスとともに表彰台に登った。

ペドロサは13位まで順位を落としたが、最終ラップで順位を上げ、9位でフィニッシュラインを越えた。

 13SanMarino15MgpREPSOL_JOC4898.jpg

この勝利でマルク・マルケスはモトGPクラスでフィリップ・アイランドと、もてぎだけ優勝していないことになる。選手権184ポイントで3位のままである。ダニ・ペドロサは109ポイントで7位。次戦は今シーズン3回目のスペインへ向かい、アラゴンGPが今年の14戦目として行われる。


 

マルク・マルケス

変なレースだったけど、終わった結果にうれしく思っているよ。レース中に起こったことすべてを説明することは難しいけど、ウェットからスリックに変える2回目のタイヤ交換が鍵だったと思う。そこで僕らが違いを作った。信じるか信じないか、全てを決めたのは僕ではなかった。チームがピットボードで状況を知らせてくれて、いつバイク交換をするのに入るのかを決めて、僕を助けてくれた。それで僕はチームで感謝している。タイトル獲得のチャンスが少なくなってもベストを尽くしてくれるホンダにも感謝している。今年最後の目標が残っている。もっと勝って、より良いものにしたい。

 

ダニ・ペドロサ

今日はとてもタフなレースで、良い結果を逃してしまった。チームは良くやってくれた。バイクの準備をして、戦術についてピットから知らせてくれた。でも、僕がミスしてしまった。何回かストレートでボードを見なかったので、バイクを交換するのにピットに入るというチームオーダーが分からなかった。今h亜ポジティブに2週間後の次のレースについて考えたい。



2015年9月14日 23:55  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
5


 2015年のチャンピオンをすでに獲得しているトニ・ボウは、ガリシアでのラウンドで2位。ハイメ・ブストと藤波貴久はそれぞれ6位と7位。

 TeamHRC15_RepsolHondaTeam_r9_Bou_9273_ps.jpg

2015トライアル選手権は、ガリシアのテオでスペインGPの2日目をもって終了した。ボウとラガの争いで、レプソル・ホンダチームのボウは、昨日獲得した2位を繰り返した。チームメイトは昨日の成績から前進し、ブストは6位、藤波は7位だった。

トニ・ボウと2位のアダム・ラガは最終戦の最後までとても接戦だった。1ラップ目、ボウがラガにいくつかアドバンテージを持っていたが、2ラップ目、激しい雨の中、ボウはラガが2ポイント受け取った間に多くのポイントを受け取った。最終ラップ、ライバルが9ポイントしか受け取らなかったのに、ボウは二つの新たなミスをして、14ポイントを受け取った。

 

ハイメ・ブストはインフルエンザにかかったにもかかわらず6位で終了し、今回再び彼の意気込みを見せた。この結果ブストは、アブソルート・クラスで最も良いルーキーとして、今シーズンのルーキーオブザイヤーで終了した。

 

ガリシアで終わった20年目の世界選手権を藤波貴久はトップ5の成績で終えた。スペインGPの2日目の間、日本人ライダーは、背中の痛みが良くなったと感じ、トライアルの3ラップ目の間、とても堅実で、総合7位を獲得した。

 TeamHRC15_RepsolHondaTeam_r9_Busto_9127_ps.jpg

次回レプソル・ホンダチームが集まるのは、9月27日にCandeledaで行われるスペイン選手権の5ラウンドになる。


 

トニ・ボウ

2nd - 14 points

すばらしい1年だった。9連勝したし、1年で13回も優勝した。勝てなかった時も2位。これはとても重要なことだし、とても満足している。優勝で終わりたかったし、それをかなり望んだ。それでも今年の成功を嬉しく思う。また、選手権を争ったアダムも祝ってあげたい。それからチームも祝ってあげたい。とても良く働いてくれた。彼らは素晴らしい努力をしたし、彼らと一緒に働けたことがとても嬉しい。

 

藤波貴久

7th - 50 points

今日は昨日ほど悪くはなかった。少し良くなったと感じたけど、まだいくつかミスをした。世界選手権を5位で終わることはとても嬉しいけど、可能にしてくれた医者とアシスタントには感謝しなければならない。今は来年の準備を彼らと共にし始めている。20年間トップ5で終われることはとても嬉しいけど、トップ3で終わりたかった。

 

ハイメ・ブスト

6th - 43 points

僕にとって簡単ではなかった。多くのゾーンで熱と頭痛とともに走らなければならなかった。でも、朝はほとんど良くなったと感じたし、良いラップを出して6位になることができた。選手権では6位で終わって、1年目でできると思わなかった。信頼してしっかり働いてくれたチームに感謝したい。良い結果でそれに応えたかった。



2015年9月14日 23:19  | 2015年トライアル世界選手権
世界中
うんうんする
1


チャンピオン、トニ・ボウは、ガリシアのテオでの初日を表彰台フィニッシュ。身体的問題がブストと藤波の結果に影響を与えた。

 TeamHRC15_RepsolHondaTeam_r9_Bou_0849_ps.jpg

トニ・ボウは9度目のタイトルを獲得した後、今シーズンの最後のラウンド、スペインGPの初日を終えた。1ラップ目と3ラップ目の12ゾーンあたりでミスをして、今日優勝したアダム・ラガを打ち負かすことはできなかった。ハイメ・ブストと藤波貴久はそれぞれ8位と10位で初日を終えた。両者とも身体的問題に苦しんだ。3回の12ゾーンを通して、ボウは1ラップ目で17ポイント、2ラップ目で1ポイント、3ラップ目では11ポイント受け取り、アダムを破ることができなかった。

 

ハイメ・ブストはパフォーマンスを邪魔する腹痛の問題で苦しみ、8位で終わった。藤波貴久にとっても、簡単な一日ではなかった。先週からの背中の問題が治らず、結果に影響が出て、10位で終えた。

 

明日のスペインGP二日目がトライアル選手権の最終戦になる。
TeamHRC15_RepsolHondaTeam_r9_Fujinami_8906_ps.jpg


 

トニ・ボウ

2nd - 29 points

難しい一日だった。ミスしてはいけないレースだったけど、1ラップ目で少し失敗した。たぶん必要なだけ集中していなかったからだろう。2ラップ目はうまくいったけど、3ラップ目で不必要なミスをしてしまった。アダムが今日の僕らを難しくさせたと認めなくてはならないし、勝てなくても2位はいつもポジティブだ。今は週末を楽しむことが必要。選手権の最後のレースだし、今年はとてもうまくいったんだから。明日は勝てるように頑張るよ。

 

藤波貴久

10th - 97 points

今週は先週から苦しんでいる背中の痛みを治療するために理学療法士と動いていて、トレーニングをしなかった。昨日と今朝のトレーニングではレースがうまくいく感じがした。でも、1ゾーンでダブル・ステップをして、身体的に弱いままだったところに影響を受けた。ゾーンを完了する十分な自信がなかったし、願っていた唯一のことが良い感触で今年を終えることができるように回復できることだった。

 

ハイメ・ブスト

8th - 89 points

全てを出し切りたかったけど、たぶん昨日食べたものの影響で体調を崩したんだと思う。今朝起きたら調子が悪く、やや見苦しい結果に終わった最終ラップまで治らなかった。残念だけど、素晴らしい結果でシーズンを終われると信じている。


2015年9月14日 16:04  | 2015年トライアル世界選手権
世界中
うんうんする
1


 トニ・ボウは失敗せずにアウトドアの選手権を得る最初の機会を取り、Xトライアルを加え9度目のタイトルを獲得した。

 TeamHRC15_RepsolHondaTeam_r8_Bou_0577_ps.jpg

レプソル・ホンダチームはトニ・ボウを、まだ今シーズン1GP、2レースがあるが、今回のポルトガル・フェレイラのパコスで9度目のチャンピオン獲得を早くも祝うことができた。これは彼が年間を通してアダム・ラガと激しく争ったタイトルで、激しく争ったことでさらに彼のレベルが上がった。ポルトガルではボウは2日とも驚くべきライディングでミスを避け、レースをコントロールして、僅かなポイントで表彰台の最も高い位置を獲得し勝利した。今回は1ラップ目で6ポイント、レースの残りはノー・ペナルティーで戦った。

 TeamHRC15_RepsolHondaTeam_r8_Fujinami_0502_ps.jpg

レプソル・ホンダチームの若きライダー、ハイメ・ブストは今回もまた素晴らしいパフォーマンスを見せ、昨日のポルトガルGPで獲得した4位を再び獲得した。ほんの1ポイント差で表彰台を逃した。バスク出身のライダーは、とても快調で始めの2ラップは表彰台に向けて戦ったが最終的には届かなかった。

 

藤波貴久は昨日と同じように痛みに打ち勝とうとしていたが、多くのゾーンで苦しんだ。このような状況のもと、日本人ライダーは目標を達成できず、9位で終えた。それでも選手権の総合暫定順位で5位を維持している。

 

今年の選手権最後のレースは来週、スペインGPとしてコルーニャ・テオのガリシアン・タウンで行われる。

トニ・ボウは明日飛行機でポルトから11:30にバルセロナ空港のターミナル1に到着する予定でバルセロナに戻る。


 

トニ・ボウ

1st - 6 points

9度目のタイトルはとてもうれしい。今日はより複雑に見えたけど、結局とても簡単だった。この簡単なトライアルでの勝利は精神的にとても重要だし、言ってるように、ライバルのレベルが僕のレベルを改善してくれている。両親に、ガールフレンドに、そしてこのタイトルを獲得するのにサポートしてくれたチーム全体に感謝したい。みんな、本当にありがとう!

 

藤波貴久

9th - 89 points

今日は昨日の結果を改善しようとしたけど、まだ背中にかなり苦しめられた。多くのゾーンで改善できずにフラストレーションがたまった。この結果は忘れてベストな方法で今年最後のGPになる今週末にはリカバーできるようにしたい。

 

ハイメ・ブスト

4th - 25 points

3位までもう少しで残念だったけど、ゾーン2でミスをして1ポイント差で表彰台を逃した。とても良い感じで、表彰台に上がったトニについていけていたので、残念だった。この週末ずっとバイクの上でとても快適だったので、ライディングと結果に反映されたんだと思う。まだ1ラウンド残っているし、最後には表彰台に上がりたい。


2015年9月7日 20:19  | 2015年トライアル世界選手権
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る