ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
6


 マルク・マルケスとダニ・ペドロサは、日本に戻るHRCの技術者に価値のある情報を提供し、スペイン・ヘレスでの今年最後になる3日間のテストを終了した。
02JerezTestMgpP16REPSOL_JOC3131_2.jpg

両ライダーは2016年仕様のバイクとマニエッティ・マレリのソフトウェアのテストに大半を費やし、新しいソフトウェアで2015年と2016年のエンジンの最終比較を行った。マルクはこの最終日に2回クラッシュし、幸いケガは避けることができ、67周回でベストタイムは1:39.17。ペドロサは77周回でベストタイムは1:39.93
 

これは可能なベストな方法で2016年に向けて準備をするために重要なテストである。12月から1月にかけてテストは禁止されていて、次回ライダーは2月の始めにセパンでトラックに出る。
  02JerezTestMgpP16REPSOL_JOC3380_2.jpg


マルク・マルケス

今日は2回クラッシュした。一つ目はターン3で大きなハイサイド。安定したパワーでコーナーに進入したけど、リアが急に暴れた。ケガがなかったことはラッキーだった。2つ目は最高のフィードバックを得るために限界まで走ってエンジンを比較していた時に起こった。ミシュランタイヤのブレーキポイントが時々予知できない。とにかく、良い3日目を過ごしたし、HRCに今提供する多くの情報を得た。新しいものは古いものと比較してポテンシャルが少ししかない感触で望むレベルではない。セパンに向けていろいろ改善するために、ホンダが冬の間しっかり働いてくれるだろう。テストと今年、しっかり働いてくれたチームに感謝したい。今は休む時間だよ。

ダニ・ペドロサ

今日は気温が少し暖かくて、早く始めて遅くに終わったので、多くの周回を重ねた。僕らは方法が分からなくなっていたいくつかのことを、多く走ることで管理した。いくつか問題があるエンジンについてまだクリアになっていないし、それがエンジンか電子機器の問題なのかハッキリしていない。どちらにしても、この電気系に対して取り組んでベストな折衷案を探さなくてはならない。その時の多くの情報があるけど、どれがより良いフィットするのかハッキリしていない。より良い比較をする2回のロングランをしたけど、方向性を決定するために技術者ともっと話す必要がある。忙しい年だった。サポートしてくれたホンダのみんなに感謝したい。今は休息の時間だよ。


2015年11月29日 15:27  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
10


02JerezTestMgpP16REPSOL_JOC0966_2.jpg
レプソル・ホンダチームはヘレスでの実りの多い2日目を終了した。

5℃の低温がトラックでチームを迎えてくれたが、朝が進むにつれ18℃と暖かくなり、二日目もテストの間は乾燥した晴れたままだった。

マルケスはこの2日目を2016年のエンジンと電子機器に集中した。マニエッティ・マレリのソフトウェアの調整する間、ボックス内で長く待っていた。トータル58周を周回し、ベストタイムは1:39.57。

ペドロサは53ラップ周回し、ファステストタイムは1:40.102015年と2016年仕様のエンジンとソフトウェアの比較を続けた。

3日間のテストは明日終了する。
02JerezTestMgpP16REPSOL_JOC1101_2.jpg


マルク・マルケス

1:39.57, 58 laps, 257km

今日はマニエッティ・マレリのソフトウェアと主に新しいエンジンに集中した。2015年と2016年のエンジンでは、完全に違う性格なので、マッピングが異なる必要があることは明らかで、2016年バージョンのものでさらに動くことを選択した。たぶん明日は2015年エンジンで動くだろうけど、見なくてはならないと思う。ボックス内での時間が長くなるのを変えるためにも、新しい電子機器を変えて動くには多くの時間がかかるけど、このソフトウェアのベストの状態を得るにはまだ先の方になる。去年のエンジンはトップエンドでもっとアグレッシブだった。今は低回転でさらにパワーがあるけど、ベストなトルクの出し方が分かっていない。僕らはベストなバランスを探らなければならない。今日はタイヤを多く試さなかった。それでフロントタイヤをまだ理解しづらいけど、ミシュランがしっかり働いていることは分かった。

ダニ・ペドロサ

1:40.10, 53 laps, 234km

 

今日は特にエンジンに集中したプログラムを続けた。僕らはまだ明確な方向性がなく、しっかり働いて、ミスをしたくない状態。新しいエンジンに関して、まだ良くも悪くもないので、来年に向けて正しい選択をするために時間を費やす必要がある。バレンシアと比較して、新しい電子機器で確実にステップを登っているので、少し進んでいる。バレンシア(のテスト)ではあらゆる場所で苦戦した。ここではすべてがかなりスムーズだけど、もっと経験を得なくてはならない。ラップタイムは全体に良くないけど、昨日と似ている。それでそれがトラックかタイヤか明確でない。


2015年11月27日 11:41  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
5


121日のテスト禁止前、レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、3日間のテストの初日をヘレス・サーキットで行った。
02JerezTestMgpP16REPSOL_JOC1318_1.jpg

冷たい新鮮な朝が彼らを迎えたが、テスト終了まで乾燥し晴れた好天に恵まれた。マルク・マルケス、ダニ・ペドロサ両者が異なるエンジンを比較し、電子機器のセットアップに取り組んで、テスト初日を過ごした。

マルケスはトータル65周周回し、ベストタイム1:39.92で一日を終えた。

ペドロサはケガの影響で今シーズンのここでのレースを逃したが、56周を周回し、ベストタイムは1:40.12。彼は最終コーナーの最後の出口で小さなクラッシュをしたが、無傷で逃れた。
02JerezTestMgpP16REPSOL_JOC0811_1.jpg


マルク・マルケス

1:29.92, 65 laps, 287km

ミシュランタイヤでどこに限界があるかを理解する大きな任務を持って、僕らが照会したソフトウェアで始めたり、いろいろなことを試せるので、トラックに向かうことはいつでもとても面白い。僕らはいくつかのことを理解するために周回を重ね、バレンシアと同じように感じるエンジンを試したけど、修正するまで本当の性能を理解するのは難しいので、電子機器がより良く機能させるためにさらに周回を重ねる必要がある。進歩した電子機器はまだ確実なものではないけど、僕らが使っているホンダのソフトウェアのもとにある段階なのは間違いない。でも、特にエンジンブレーキとトラクション・コントロールに関しては、それは同じものではないことは分かっているのでその開発のために方法を探らなければならない。

ダニ・ペドロサ

1:40.12, 56 laps, 248km

ブレーキを強くかけて最終コーナーでフロントグリップを失った最後にクラッシュたけど、良い初日だった。2014年のレース以来ここでは走っていないので、今日は少しゆっくりにした。それでミシュランタイヤと、このトラックでのバイクへの対応に時間を取った。今シーズンのレースからのデータがないので、違うエンジンを比較するだけでなく、セットアップにも取り組んだ。今日はセットアップの一日として、できる限りの仕事はするようにした。明日はエンジン、タイヤ、電子機器の、より詳細なテストができるだろう。

 

 


2015年11月26日 11:58  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
4


 先日のバレンシアGP3位だったレプソル・ホンダチームのダニ・ペドロサが100表彰台フィニッシュを達成した。
100podiosDani.jpg

ペドロサは、序盤の腕のけがで難しいシーズンになったが、その後日本とマレーシアGPで優勝し、最高峰クラス100表彰台で締めくくった。この記録は過去にバレンティーノ・ロッシしか達成していない。

ペドロサはモトGPデビューのスペインGPで、ロリス・カピロッシの背後、2番手で表彰台を獲得。166レースで優勝が28回、2位が38回、3位が34回。複数優勝経験のある、ジアコーモ・アゴスティーニ(88回)、ミック・ドゥーハン(95回)、ホルヘ・ロレンソ(97回)をしのいでいる。

2015年11月16日 09:59  | 2015 MotoGP情報
世界中
うんうんする
1


 レプソル・ホンダチームのライダーは、最終コーナーまで優勝を争ったが、マルケスが2位、ペドロサが3位で終了した。ペドロサはこの表彰台でモトGPで100回目の表彰台を達成した。

 18Valencia15MgpREPSOL_7591.jpg

モトGPの今シーズン最後になるバレンシアGPは、最終コーナーまで優勝を争ったが、マルケスが2位、ペドロサが3位で終了した。ペドロサはこの表彰台でモトGPでの100回目の表彰台を達成した。

 

モトGPの今シーズン最後になるバレンシアGPは、マルク・マルケスとダニ・ペドロサがそれぞれ2位と3位で終える感動的なレースになった。レプソル・ホンダチームのライダーは最終コーナーまで優勝争いを演じ、選手権3位と4位でシーズン最後のレースを終えた。

 

シーズン最後のレースはチェッカーフラッグまで感動的ですばらしいレースだった。予選1列目を取り合ったホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサが始めから先頭を争い、残りの集団と距離を開け始めた。三人の距離はレース中ずっと1秒以内の僅差で、最終ラップまでレプソル・ホンダチームのライダーは勝利に向けて努力し続けた。残り2周でペドロサがマルケスを抜き、マルケスはすぐに順位を取り戻したが、レースに勝ったホルヘ・ロレンソには近づけなかった。

 

この結果、ペドロサはモトGPカテゴリーで100回目の表彰台を達成した。これはバレンティーノ・ロッシしか達成していない偉業である。
18Valencia15MgpREPSOL_JOC6640.jpg


 

マルク・マルケス

2nd - at 0.263 sec.

レースは難しいと分かった。いつものように集中していたし、始まりからホルヘが強く引っ張った。ついていくのに苦労した。その時ダニは2秒後方だった。ホルヘに追いついたので、勝てると思った。ダニが僕を抜いて膨らんだ時、あんなに速く追いつかれるとは思っていなかった。ダニが前に出た時に、それを利用して順位を回復したけど、ホルヘは0.5秒離れていて、最終ラップを100%で行ったけど彼を抜くのは 不可能だった。

 

ダニ・ペドロサ

3rd - at 0,654 sec.

最後までレースを楽しめて、とてもうれしい。少し離されて3位だった。ブレーキとコーナーで問題があって、もっと速く走る方法が見つからなかった。この週末は良いセッティングを見つけるのに少し苦労した。それで上位にいたけど、良い感覚はなかった。レースの間、それを解消しようとしたけど苦労した。最後は良い乗り方を見つけ、居場所を確保した。残り2周だと分かりアタックした。マルクにとってどうであれ、割り込んで前に出た。でも、3位であったことに加えて、シーズン最後にとった態度と仕事ぶりに満足している。僕らはとても強かった。この冬と来年もこのように続けたい。


2015年11月9日 17:22  | 2015 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年6月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る