ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


 レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがXトライアルの3ラウンド目で3勝目をあげた。ブストは5位の藤波の前、4位に入った。
xrial-marseille-2017-bou-toni2.jpg
ボウは予選で3位だったが、ライバルが5ポイントだったファイナルラップの第2障害でゼロを記録し、最後までそのアドバンテージを保った。
Xトライアル3戦を終えて、トニ・ボウは7連勝で3勝目をあげて60ポイントとし、2位のアダム・ラガとは15ポイントリードしている。
ハイメ・ブストは、予選で4位に入り、ファイナルに進出した。そこでも再び4位に入り、自己ベストの成績だった。
藤波貴久は予選5位で、ファイナル進出を逃した。
xrial-marseille-2017-bou-toni3.jpg


トニ・ボウ
少し苦戦した。予選を3位で終了し、ファイナルで最後のトラックになるには、レースに勝たなければならなかった。集中し、第2ゾーンでライバルを超えるアドバンテージを達成して、決定的になった。ミスをする余裕はなかったし、トライアルを終える前に勝つことができてラッキーだった。最後の失敗はほんのわずかなことだった。僕らはそんなに多くのゾーンで失敗しない。今はニースのみを残し、11度目のタイトルを獲得するのに集中する必要がある。

藤波貴久
このレースではもっと良い結果を期待していた。ゾーンはとても難しかったし、ミスは許されなかった。ハイメはよくできていたし、それが僕にはプレッシャーだった。彼のスコアをもっと良くしたかったし、ファイナルに行きたかったけど、ゼロを目指そうとして完全に失敗した。Jeroniと同点だったけど、スプリントゾーンで5位を決めて、彼に勝った。今はトニとハイメの素晴らしい仕事を祝福したい。

ハイメ・ブスト
正直に言ってうれしい。今日は今までのインドアよりうまくいったし、ファイナルでは間違ったギアを使うという小さなミスをしたことが残念だったけど、この結果は良かった。もっとチャンスがあればもっと多くのインドアに参加したい。それで次のインドアに進出できるように今年を良いシーズンにしたい。

2017年3月27日 15:36  | トライアル2017
世界中
うんうんする
2


 レプソル・ホンダチームのライダーは、雨の影響で45分遅れ、周回を2周減らしての開幕戦で表彰台ならず。
01Qatar17MgpREPSOL_JO24024.jpg
・スタート後、マルク・マルケスは予選順位の3位をキープ。ダニ・ペドロサは6位に浮上した。

・マルケスは12周目までトップ3に残っていたが、同州で2つ順位を落とし、4位に順位を落とした。

・ダニ・ペドロサは4周目に順位を8位まで落としたが、1年前の順位、5位でレースを終えた。
01Qatar17MgpREPSOLFRKL1528.jpg


マルク・マルケス
4th + 6.745 sec.
このサーキットでは少し苦しむことを覚悟していたけど、どこででも勝利や表彰台に向けて争えるように前向きな態度をキープしていた。週末を通して良い仕事をしたし、レースに向けてすべてがクリアになっていた。僕らの予定ではハードのフロントタイヤを使う予定だったけど、雨による混乱した状況と繰り返される遅れからかなり迷った。最終的にフロントタイヤはミディアムに決めて、クラッシュのリスクを減らしたけど、これはこの週末の大きなミスになってしまった。全体のタイムに苦しみ、ハードブレーキングができなかったし、その後何周かはタイヤが完全に終わっていた。いくつか小さな問題があったけど、バイクの感覚は良かった。でもタイヤ選択で良いブレーキングができなかった。ブレーキングが僕らの長所。このレースはここで終わりで、次のアルゼンチンのレースに挑みたい。

ダニ・ペドロサ
5th + 7.128 sec.
雨でスタートが遅れ、序盤から変なレースだった。この状況で集中するのが難しかった。レースで自分自身のベストを尽くしたけど、フロントタイヤにかなり苦しめられた。僕には柔らかすぎるものになった。フロントタイヤの影響でプッシュできなかった。ホンダ車みんなが同じ問題だった。最後までタイヤを持たせるのは厳しかった。そのうえ、プッシュできなかった。とにかく、まだ最初のレース。すぐに次のレースに集中しなければならない。この問題を解決しアルゼンチンでは良いレースにしたい。

2017年3月27日 13:07  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
3


 レプソル・ホンダチームのライダーは、シーズン初戦の初めのフリー走行を2位と3位で終えた。
01Qatar17MgpREPSOL_JO21565.jpg
・チャンピオン、マルケスと、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)だけが、1分55秒を切った。
・レプソル・ホンダチームのライダーは両者ともトップスピードが337.7km/hだった。
・ダニ・ペドロサが初戦の最初のフリー走行をトップ3で終了したのは3回目。2011年(2位)、2015年(2位)に続くものになった。
01Qatar17MgpREPSOL_JO20902.jpg


マルク・マルケス
2nd - 1:54.912
初日は十分ポジティブな結果だった。2週間前のテストではあまり良くない状態で終了したけど、今日はバイクの感触が良かった。テストの時と違うセットアップで始めたのが、良い結果につながった。特に電気系統でいくつかまだやることがあったけど、ほとんど良いと言っていい。マーベリックは本当に速いけど、それは予想できた。それに対して僕らはガレージでベストなセットアップを探すのに懸命にやっていたよ。

ダニ・ペドロサ
3rd - 1:55.210
今日は良かった。コースのコンディションやグリップはベストではなかったけど、予報で言うように明日は天気が悪くなるといけないので、ハードにプッシュしようとした。みんなは雨を期待しているので、順位を上げていくことが重要だった。全体的に良かったし、多くの良い情報を集められた。どのようにことが進むかを見て、ベストを尽くすよ。


2017年3月24日 18:24  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
2


 チャンピオン、マルク・マルケスとチームメイト、ダニ・ペドロサはレプソル・ホンダチームのガレージを分け合い5年目になる。
マルケスは、カタールGPでは2012年にモト2で、2014年にモトGPクラスで優勝している。125cc、250cc、モトGPのいずれもシーズン初戦を表彰台フィニッシュした時は年間チャンピオンを獲得している。
ダニ・ペドロサは、15年連続で少なくても年間1勝を達成している。これは他にはバレンティーノ・ロッシが達成しているだけである。
REPSOL_STUDIO-015982.jpg

2017年3月22日 16:08  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


 ダニ・ペドロサは速かったライダーの一人だったプレシーズンを終え、2017年の選手権のスタートに向かっている。
_ALR7402.jpg
最後の公式テストでは3位、ダニ・ペドロサは良い感触と前向きに進歩してプレシーズンを閉めた。彼はモトGP11シーズンで少なくても年間1勝は達成しているが、3月26日に再び始まる選手権のハイライトの一つになる。

Q「2017年をどのように迎えますか?」
ペドロサ:「その言葉には興奮する。情熱とベストを尽くしたいという願いを持って迎えるよ。」

Q「バイクの状態はどうですか?」
ペドロサ:「バイクはいつも進化している。バイクとライダーの間でバランスを取っていて、両者の関係を良くしていくことが僕らがやっていること。」

Q「2015年と比べて、シングルECU(電子制御ユニット)は何がポイントですか?」
ペドロサ:「多くの要素によるよ。バイクによって違うし、ライダーによっても違う。」

Q「どのように新しいミシュランタイヤに順応していますか?」
ペドロサ:「いつもミシュランとは良い関係を築いている。慣れるまでの初めの問題で、徐々に改善している。」

Q「それらのことがシーズンの鍵を握りそうですか?」
ペドロサ:「間違いなく今のところ、ライダーでの小さな違いであり、全てが鍵になる。」

Q「タイトルに向けての中心人物をどのように見ますか?」
ペドロサ:「普段から候補者を見ているけれど、ビニャーレスがライバルになった時に、彼がどれだけプレッシャーに対応できるかは未知数。驚きの勝利と、勝つことを義務づけられているのでは違う。」

Q「ここ4年間、マルク・マルケスと同じチームですが、何を彼から学びますか?」
ペドロサ:「すごく観察しているけど、ずっと笑っているよ。」

Q「このプレシーズンではコースでロレンソやビニャーレスと一緒でしたか?」
ペドロサ:「彼らとはまだ一緒ではなかった。自分の仕事に集中していたから。でも、彼らのタイムから彼らが速いことが分かるよ。」

2017年3月18日 09:46  | 2017 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る