ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがベルギーで今シーズン5勝目、藤波貴久が3位表彰台を獲得。
TrialGP18_r6_4970_ps.jpg

ボウは前日の公式テストで傷めた右膝のケガを克服し、20ポイントで1ラップ目でリードを広げた。ボウは、そのアドバンテージを第2パスでキープし優勝、タイトル争いのリードを23ポイントに伸ばした。

藤波貴久は、2つのパスで見事なパフォーマンスをして、3位表彰台を獲得した。
TrialGP18_r6_9270_ps.jpg


トニ・ボウ 1st

「昨日のケガの後で、特に今日はうれしい。膝に水が溜まって、いろいろあった夜を過ごしたけど、レース中は傷みに打ち勝つことができた。チーム感謝したい。特に同じような膝の痛みに苦しんでいたチームメイトの藤波に感謝したい。悪い時間を過ごし、ゾーンごとに限界までセーブしたけれど、最終的にはタイトル争いにとってすばらしい1位を獲得できた。」

 

藤波貴久 3rd

「日本GPの後、アンドラ、ポルトガルで酷いレースをして、自信を回復するのが難しかったけれど、フランスで良い感触を取り戻して、今日はついにまた表彰台を獲得できた。またチームメイトのトニが膝をケガしてもすばらしかったことも、とてもうれしい。今日はゾーン4で小さなクラッシュがあったけど、3位になれるように全力を尽くした。タイトル争いと向き合うには良いトラックになったけど、頑張り続けなければならない。」

2018年7月23日 10:44  | トライアル世界選手権2018
世界中
うんうんする
5


09Alemania18MgpREPSOL_JOC5708.jpg
レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プイグは、ドイツGPでのマルケスとペドロサのパフォーマンスを分析し、レース戦略について説明した。

モトGPは、9レースが終わりまだ10レースを残し、マルク・マルケスが総合順位でリードしてしばらく夏休みに入る。マルケスは先週の日曜日にザクセンリンクで今シーズン5勝目を挙げた。レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プイグが、選手権の現況について語った。

 

Q.「ドイツのレースではどんな戦略でしたか?」

Puig:「マルケスの戦略は良いスタートをして、何周かタイヤをセーブしがてら待つ。彼はレース後半にさらに強く、他のライダーを引き離すことができた。彼はとても駆け引きがうまくバイクに乗っている。それとは逆にペドロサにはタフな週末になった。でも彼の戦略は、レースの間も改善し続けることだった。」

 

Q「このレースでのポジティブな点とネガティブな点を教えてください」

Puig; 「ポジティブなのはマルクがここのコースで9連勝して、夏休み前に重要な25ポイントを獲得できたこと。彼は2位のライダーとの差を46ポイントに広げたこと。ネガティブな点はダニが苦しんでいること。」

 

Q「レース中、ピットウォールからの景色は?」

Puig:「簡単なレースではなかった。多くのライダーが序盤から前にいることは分かっていた。しかし、マルクは賢い。特別なペースを使う時を正確に分かっていた。」

 

Q「公式コメントの他に、内々の話があれば」

「私たちは通常、誰がマルクと一緒に表彰台に上がるかをレース後に決める。ドイツにいるからマルクはクルーの中でドイツ人メンバーは一人しかいないので、Gerold Bucherは地元レースで特別な瞬間を楽しんだ。」

2018年7月18日 15:54  | 2018 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


 トニ・ボウが第6戦フランスGPで優勝した。藤波貴久は5位。

TrialGP18_r5_6264_ps.jpg

トニ・ボウは2018年のトライアル世界選手権でシーズン4勝目を挙げ、13ポイントの差とした。ボウは初めのパスで13ポイント、セカンドパスで7ポイント、時間の影響で2ポイントを受け取った。藤波貴久は中盤まで3位、2ラップ目でパフォーマンスを改善できず、同じ量のポイントを受け取り、5位で終了した。

trialgp18_r5_6868_ps.jpg
 


トニ・ボウ

「タフなレースだった。多くのプレッシャーがあった。激しく戦ってセットアップにベストを尽くしたので、快適に感じるのが難しかった。高地でのレースだったので、特別難しかったけど、アンドラに住んでいてトレーニングをしているので、それなりになんとかやっていけた。これはタイトル争いにはとても重要な勝利だよ。」

 

藤波貴久

「1ラップ目はとてもうまくいったし、2ラップ目の最終ゾーンまで表彰台を獲得できるチャンスはあった。ここ何週間かチーム全体でとてもよく働いたおかげで、自分のライディングにはとても満足 できた。今はもっと快適に、もっと自信がついた。また争えるようになれたことをうれしく思う。」

2018年7月17日 02:38  | トライアル世界選手権2018
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスは残りのライダーを引き離し、2秒以上の差で勝つために瞬間を待っていた。ダニ・ペドロサは8位でフィニッシュ。

 09Alemania18MgpREPSOL_JOC7285.jpg

マルケスは、ドイツGPを終えて、総合順位で2位と46ポイント差に差を広げた。マルケスは、ザクセンリンクでは9ポールポジション、9勝。うちモトGPで6勝、モト2で2勝、125ccで1勝となっている。ダニ・ペドロサは10位からスタートし、8位でフィニッシュラインを越えた。
09Alemania18MgpREPSOL_ZZ_JOC8180.jpg


 

マルク・マルケス 1st 41’05.019

「ここで9勝できるなんて信じられなくて、もちろんうれしい。でも年を追う毎に、木曜日の初めから日曜日の優勝について尋ねられるので、プレッシャーも増える。今日は良い対応の仕方を経験できた。今日は違う状況を期待していたけど、スタートが完璧ではなく、序盤は簡単ではなかった。ロレンソに抜かれると思っていたらペトルッチに抜かれた。2つポジションを落として、それから彼らを抜くのは簡単ではなかった。それができてからは引き離すためにクレージーにならずにプッシュしたレースの最後までタイヤの消耗を管理できた。でもバレンティーノがとても速いペースで近づいてきているのをボードで見て、2~3周またプッシュし、タイヤを使い切なければならないと分かった。それでレースのファステストラップを出した。差をまた広げてタイヤも管理することができた。

それから、26番のキャップをつけたマーシャルがいた。今週末はダニが主役だと思ったので、ファンの前で祝いに行った。彼がいなくなるのは寂しい。僕らとホンダはとても良い仕事をしているし、シーズン後半もこのように続けて行く必要がある。」

 

ダニ・ペドロサ 8th +12.711

「ここではいつも速く走れているコースなので、残念だった。今週末はバイクのセットアップに苦しんだ。ここで改善して少しずつ良くなったけれど、本当の快適さにはほど遠かった。良くも悪くも同じペースでレース全体を走ったけど、速さが足りなかった。何もしようがないけど、セッティングとバイクの感触を改善し続けていくよ。」


2018年7月16日 22:15  | 2018 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのライダーは、ドイツで8年連続優勝を達成している。これはスポーツの世界では難しい金字塔である。マルク・マルケスは2週間前のアッセンで優勝し、最高の形でドイツGPに挑む。前年のチャンピオンであり、今シーズンのポイントリーダーであるマルケスは、ザクセンリンクで8連勝中。多くのアスリートがそれぞれの分野で遭遇することがない記録を打ち立てている。
MM93_Sachsenring_ENG.jpg

マルケスは2010年からライバルを圧倒している。125ccで1回、モト2で2回、2013年からはモトGPで優勝している。すべてのスポーツが2輪レースのようなシーズン後に次のシーズンが決まるカレンダーがあるわけではない。しかし、幾人かの伝説的人物は特定な場所をくつろげる場所になるようにしてきた。

そのようなスターには、テニスのマルチナ・ナブラチロワの1982年から1987年に6連勝したウィンブルドンや、ラファ・ナダルの2005年から2012年に8連勝したモンテカルロ・マスターズ1000がある。また公国ではアイルトン・セナがF1のモナコ・グランプリで5連勝を達成し、彼のレジェンドの一部を作った。

スポーツで難しいことはトップに到達することではなく、その位置にとどまることである。25歳でマルケスはすでに一流の中に身を置いている。そして今週末のドイツGPで、その記録を続けるチャンスがある。


2018年7月13日 13:28  | 2018 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る