ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


02Argentina19MgpREPSOL_JOC1062.jpg 02Argentina19MgpREPSOL_JOC1182.jpg

21人のライダーがわずか1秒以内差に接近した1日目、マルケスは8位、ロレンソは21位で終了した。

 

マルク・マルケスは、FP1でファステストを記録、FP2では8位になり、タイムは1:39.497でトップと0.316秒差。

ホルヘ・ロレンソは、FP1で14位、FP2では1.2秒タイムを改善した。タイムは1:40.159で21位。

上位21人が1秒以内差で、とても接近している。

 


マルク・マルケス 8th

「全体的にとても満足している。今朝は速かったし、良い方法でセッションを進められた。レース・ディスタンスでのベストなペースを掴むことに集中し必要なことをした。2018年と同じスタイルで働いた。やるべき仕事とペースに集中した。もちろんコースが変化し続けるにつれて、もっと改善したいと思う。日曜日に何が起きるかなど言うにはまだ早い。」

 

ホルヘ・ロレンソ 21st

「このコースは滑りやすく、過去に良くなかったコースなので、難しくなることは分かっているし、まだ失ったバイクでの距離を追いつこうとしているところ。順位はそれほど良くないけど、まだトップと1秒以内にいて、練習走行の間でかなり改善した。この調子で進み続け、集中力を失うことはない。時間の問題だ。」


2019年3月30日 09:59  | 未分類
世界中
うんうんする
0


02Argentina17MgpREPSOL_JO20601.jpg
サンティ・ヘルナンデスは、レプソル・ホンダチーム、マルク・マルケスのトラックエンジニアで、彼のGPでの経験はアレックス・クリビーレともコラボにまでさかのぼる。

 

マルケスがバイクを降り、レプソル・ホンダチームのコーナーに座ると、初めに話すのがサンティ・ヘルナンデスである。モト2での彼のトラックエンジニアは、サスペンション技術者としてアレックス・クリビーレと一緒にすでに最高峰クラスでのタイトルを獲得していた。カタールで素晴らしいスタートを切った後、ヘルナンデスは今年の開幕戦をレビューし、シリーズがどのように進化したかを説明する。

 

Q:「多くの方があなたがマルケスのトラックエンジニアであることを知っている。でも他の人たちはなたがサスペンション技術者として、アレックス・クリビーレと働いていたのを憶えているかもしれません。その頃のことで何か思い出すことはありますか?」

Santi:「とても良く憶えています。子供のころ、家にいつもバイクはあったし、レプソル・ホンダのようなチームで、私にとっていつもアイドルだったライダーと一緒に働く機会があることは、初めての感覚で、夢を見ているファンのようでとてもナーバスになっていた記憶があります。」

 

Q:「チームは25周年を祝っていますが、金字塔の一つが初めてスペイン人の500ccチャンピオンです。1999年クリビーレと仕事をしてどんな感じでしたか?」

Santi:「楽しい思い出がいっぱいあるけど、とてもポジティブなこととして憶えているのは、素晴らしいライダーで、そのうえ、素晴らしい人間であるアレックス・クリビーレと働いたということです。彼が私たちをいかにうまく扱ったか。彼がどのように働いたか、特に彼がみんなをグループの一員に感じさせる方法を憶えています。モトGPで他のライダーのために道を開いたチームの一員になれたことを、とても誇りに思っています。」

 

Q:「その時と比べて何かが足りないですか?働き方は変わりましたか?」

Santi:「はい、変わりました。すべてが進化しました。以前はライバルがいましたが、それほど関心がなくなりました。ライバルではなく、メカニックとチームとライダーの間で友情の団結がありました。今ではすべてがプロフェッショナルになり、雰囲気は同じはありません。以前はフレンドリーだったのですが、代わりに今では誰もが勝つための目標についてだけ考えています。」

 

Q:「どう変わったと思いますか?選手権そのものか、もしくは技術、バイクについて」

Santi:「良い意味で選手権と技術の両方はかなり変わったと思います。選手権は今うらやましいものを生み出しました。成長して二輪のレースが好きな人にとってプロフェッショナルになってきた。信じられないほどです。技術的なレベルでは大きく変わりました。22年前コントロールすることが考えられなかった多くのことがありました。特に安全面では選手権と技術の両方が良くなっています。」

 

Q:「あなたは2011年からマルク・マルケスと一緒にモト2で仕事を始めました。どのように彼は一番変わったと思いますか?彼はどこが改善されましたか?」

Santi:「マルクには私とペアになった最初の日から、バイクについてのコメントと自身の表現の仕方に驚かされました。彼はいつも同じことを言い、毎日驚かされます。何を改善する必要があるのかを彼に言うのは私ではありません。彼は常に学んで、ミスを持ち帰って学ぶ才能があるライダーです。彼が私から学ぶより、時々私が彼から多くのことを学びます。それも素晴らしいと思います。」

 2018_MGP_TEST_BURIRAM_2018-1776.jpg

Q:「サーキットを離れては週にどれぐらい話しますか?」

Santi:「普段は週に一回ぐらいです。でも、チームのWhatAppグループには、ほぼ毎日メッセージがあります。私たちが持っているコミュニケーションは良くてフレンドリーです。バイク以外のことについて話すのも良いことです。」

 

Q:「あなたが最後にレースのスタートを見てからどれぐらいになりますか?それは迷信ですか?それとも緊張ですか?」

Santi:「迷信です。アレックス・クリビーレと一緒に働き始めた1999年にさかのぼります。なぜかしなかったのか分かりませんが、私はスタートを見ていなくて、彼はレースに勝ちました。それでその時からスタートは見ません。」

 

Q:「カタールのレースの後、マルク・マルケスはホンダのエンジンが2位を獲らせてくれたと言いました。新しいバイクはどのように改良されましたか?」

Santi:「マルクが言ったように、新しいエンジンは私たちがより良いスピードと、より良い加速があるようにしました。それは私たちが近年最も苦しんでいたポイントでした。私たちは今ドゥカティに近づいていて、他のメーカーを追い抜いてきました。それは重要なことです。ストレートでタイムを稼ぐことができると、コースのリスキーな他の部分をそれほど犠牲にしなくても良いので、それは興味深いことです。誰もがスロットルを開く方法を知っていて、ブレーキを掛けるリスクがないので、それは自由な時間です。これがホンダが改善した大きな側面の一つです。時々眠らずに舞台裏で仕事をする多くの人がいて、この結果を得ることができたので、私たちはエンジニアがされた努力に対して祝福しなければならない。」

 

Q:「冬とセパンはマルクに難しい状況だった後、優勝から0.023秒差で終えることを期待していましたか?」

Santi:「マルクはすでに2011年に事故で違った時間を過ごしています。長い時間を過ごし、ケガから復帰できるか分かりませんでした。翌年カタールでの最初のレースで優勝し、みんなを驚かせました。私に最初のレースでどのくらいのレベルでパフォーマンスするのかと尋ねられた時、私はとても用心深かったです。でも内心、私は彼が優勝するために戦えることを疑いませんでした。マルクは彼がファイターであり、逆境に向き合っていることを私たちに見せていました。私はマルクが素晴らしいレースをすることを分かっていました。」

 

Q:「カタールではトップ5の差が0.6秒でした。今年の選手権は今までよりタフになると思いますか?」

Santi:「はい。どのレースもさらに難しくなります。毎年より多くの経験をつんだライダーだけではなく、辿り着いて早く学んでいる若い才能もいます。時々簡単そうに見えることもあるかもしれませんが、選手権で優勝することは、とても接近しているのでとても難しいです。重要なことは、急がずに一貫して自分の正しいカードでプレイする方法を知ることです。」

 

Q:「昨年、記録を破る多くのレースを見ました。あなたはどのように説明しますか?」

Santi:「選手権はセットアップをいかにするかです。タイヤは同じ、ほとんどのチームが同じサスペンション、ブレーキ、電気系統を持っています。レギュレーションがそうさせているのですが、マニュファクチャーの間での差はそれほど大きくはありません。それが前でライダーの広いグループを見るのを助けます。」

 

Q:「次戦はアルゼンチンGPです。ここではマルクはいつも速いです。テルマス・リオ・オンドのようなサーキットで速く走るキーは何ですか?」

Santi:「私たちにとっていつも良いサーキットですが、時々結果がそうでもない時もあります…。どのサーキットでも、仕事を続け、ミスをしないようにしなければなりません。マルクとチームの両方が全力を尽くす必要があります。ウオームアップの後に私たちはどれだけうまくいけるか評価します。理論的には勝つのに有利であるとは思わないレースがあります。ミスをしないで、それを受け入れることができなければなりません。前に言ったように、一貫していなければならず、どのレースでも最大限に活用しなければなりません。」


2019年3月28日 20:24  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


03Argentina14Mgp_JOC6271.jpg
レプソル・ホンダチームのライダーは、シーズンの初めの2レースの間の時間を利用して、マルク・マルケスはモトクロスで練習、ホルヘ・ロレンソはケガの回復に努めた。

マルク・マルケスは、アルゼンチンGPで2勝。彼は2014年モトGPが初めてアルゼンチンを訪れた時のウィナーで、2016年にもう一度優勝している。マルケスは、アルゼンチンでの5レースのうち、4回のポールポジションを獲得している。

ホルヘ・ロレンソのベスト・リザルトは、2014年、3位フィニッシュを獲得している。
02Argentina16MgpREPSOL_JOC7059.jpg


 

マルク・マルケス

「カタールで最後まで優勝に向けて戦った。ゴールはもちろんアルゼンチンでも同じようにすることで、できる限り多くのポイントを獲得すること。2レースの間の時間は良い時間になった。モトクロス・バイクでのトレーニングに戻れたし、このレースに向けて良い自信になる。」

ホルヘ・ロレンソ

「思うようなフィニッシュができなかったけど、カタールではホンダにかなりポテンシャルがあることを見た。アルゼンチンではバイクを改良し続けるチャンスがある。レースの間、完全に回復することに集中して、手首は良くなっていると感じるし、肋骨の痛みもレースの時より回復している。アルゼンチンでは過去得意なサーキットの一つではないけれど、ホンダが新しいチャンスをプレゼントしてくれる。」


2019年3月27日 01:53  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのマネージャー、アルベルト・プーチがマルク・マルケスが2位、ホルヘ・ロレンソがチームデビューを果たしたシーズン開幕戦を分析。

 

Q:「カタールGPでの戦略は何でしたか?」

Puig:「戦略はマルクは序盤から先頭集団にとどまることだった。マルクは良い感触に見えたし、優勝目指して争っていた。彼はそれに挑戦していて、それは将来的にとてもポジティブだった。ホルヘは土曜日に2回クラッシュした後もまだ少しダメージを受けていたので、彼の戦略は最大限のポイントを獲得することだった。」

 

Q:「ポジティブな点と、ネガティブな点は?」

Puig:「シーズンをポジティブなスタートができた。まず第一に私たちは今年のバイクを改良した。それは選手権の始まる前の最初のゴールだった。2位発進のマルクは、冬を違った形で過ごした後の素晴らしい結果だった。残念ながらホルヘは土曜日に大きなクラッシュをして、日曜日は多くのことに苦しんだ。彼も冬を手術をしてセパンでのテストをしないで冬の時間を過ごしたので、私たちは彼はすぐに回復することを願っている。」

 

Q:「レースの間、ピット内はどうでしたか?」

Puig:「今年の最初のレースは、いつもナーバスになっている。マルクとドビの間の終盤は、楽しい時間を過ごした。みんながこの新しい争いを楽しんだと思う。」

82f682ddcd077844a3835e9fe39b692b_XL.jpg
2019年3月14日 16:06  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのトニ・ボウは、先週の土曜日にXトライアルで13回目のタイトルを獲得した。

5レースで4回の優勝と1回の2位を獲得し、トニ・ボウは先週末また新たにXトライアルのタイトルを獲得した。2007年にレプソル・ホンダチームに加入して以来、ボウは12回のアウトドアもインドアも、どの大会もタイトルを獲得している。

 
X-Trial19_r5_8113_ps.jpg
 

Q:「25回のタイトルについてどう感じていますか?」

Bou:「25回のタイトルを獲得したことは信じられないし、ここまで来れるとは思ったこともなかった。とてもうれしいし、やってきたことを誇りに思う。ケガやラウンドの難しさ、競技のレベルの影響でとても厳しい年だったから。この結果を達成するのは簡単ではなかった。」

 

Q:「モトGPでレプソルとホンダが組んで25周年に、あなたが25回のタイトルを獲ったことの認識はありますか?」

Bou:「Yes。レプソルとホンダの25周年記念式典に出席できて、とても光栄だった。それはとても素晴らしい数なので、ラッキーなことにこの記念日が僕の25回のタイトルと一致したことをとても誇りに思う。」

 

Q:「いくつか均等なラウンドがありながらも、あなたは4勝と2位が1回の成績を収めました。今年のキーは何ですか?」

Bou:「僕は一貫性を考える。常に競争力があり、どの決勝にも出場した。1位の20ポイントと、2位の15ポイントの5ポイントの差は大きいよ。」

 

Q:「ケガの影響を心配してシーズンをスタートしましたか?」

Bou:「肉体上良くないときは、いつも複雑。したいようにプレシーズンを過ごせなかったし、バルセロナでは小さなケガをして、うまくフィットしなくて、失敗につながった。それが自信に少し影響を与え、厳しい年になった。でも結果として(ファイナルまで争ったけど)バルセロナのレースを除いて、とても良いものになった。」

 

Q:「バルセロナでは背中を打ち、マルセイユではクラッシュしました。今年の勝利はもっと価値が上がるでしょうか?」

Bou:「毎年難しくなってきている。ゾーンは特にファイナルは、より要求が厳しくなり、何度かクラッシュした。100%合っていないということは、そんなに機敏ではなかったということ、つまり失敗した時、ダメージを避けることは難しいということ。これは一つのサークルで、ケガをすると再発するのは簡単で、ゾーンを通過するのも難しい。100%でない時に勝つには、うまくリカバーし、その瞬間を楽しむことがとても重要。」

 

Q:「今回はライディングだけではなく、戦略も使用しました。」

Bou:「他に選択肢はなかった。この種のレギュレーションでは、時には戦略を使わなくてはならない。今回の場合、自身のために働いた。競技の中では多くのことが起こり得るので、運の問題もあるけど。」

 

Q:「ファースト・ステージ、セミ・ファイナル、ファイナルがある現在の競技構成についてどう思いますか?」

Bou:「ライダーにとって、それはいつも難しい。多くのステージがあって、ゼロにしようとしてるんだから。予選は対面であり、グループの全てのライダーとではない。それがより難しくしている。僕らは見せるにはより良い方法だと理解している。でも、それはファンに頼るもの。個人的にはショーはいろんな方法を考えてできるし、言うのは簡単だと思うけど、彼らに尋ねて、見解を評価して、スポーツとして良いかどうかを見てもらうべきだと思う。」

 

Q:「カタールGPは見ましたか? シーズン最初のモトGPについてどう思いますか?」

Bou:「もちろん見たよ。僕はモトGPのかなりのファンだし、特にレプソル・ホンダチームの大ファン。かなりレースを楽しんだよ。同じ秒数の中でみんなが乗れているように見えたし、かなり接近した年になるかなと思わせてくれた。」

 

Q:「カタールでもトライアルをやりたいですか?どこの国で競技をしたいですか?」

Bou:「とてもやりたいよ。モトGPがスタートする所だし、それは別の国であり、そこで競技をするのは素晴らしいこと。南アメリカ、ブラジル、アルゼンチンのような場所でまた乗りたい。そこはすでに乗ったことがあるけど、また行きたいと思う美しい国だよ。」

 

Q:「今シーズンのマルク・マルケスとホルヘ・ロレンソには何を期待しますか?」

Bou;「マルクには、何でもすべてを期待することができる。彼は信じられないライダーで、若いのにすでにレジェンド。ほとんどどのレースでも勝つチャンスがあるし、たくさんの楽しみを与えてくれる。ホルヘは、偉大なライダーで、ケガでプレシーズンを邪魔された後、ホンダにどうやって合わせてくるか見なくてはならないから、より未知のもの。いくつかのとてもすばらしい争いを見られると確信しているし、スーパーチームを形成するだろう。」

 

Q:「マルク・マルケス、レオ・メッシ、トニ・ボウ。三人がライバルたちとの違いを生む秘密は何だと思いますか?」

Bou:「メッシとマルクはどちらも一時的なものであり、僕は彼らと比較されることをうれしく思う。僕は子供の頃から持っていた才能と、している事への情熱は僕ら3人全員が共有する特徴。毎日良くなって、負けたくないという欲求が、それで何年もの間トップになっている。」


2019年3月14日 15:29  | トライアル2019
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る