ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


今シーズン第18戦目は、マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで行われる。3週連続の3戦目になる。
04Jerez19MgpREPSOL_da_JR1740.jpg

 

1年前、マルク・マルケスはセパンで優勝、2010年と2014年にも優勝している。

レプソル・ホンダチームのライダーは、オーストラリアで、彼が2010年に125ccで記録した、彼の2番目に長い連勝に匹敵した。彼のベストな連勝は2014年シーズンで、開幕10連勝だった。

もしマルケスが7位以上、8ポイント以上獲得すると、2010年にホルヘ・ロレンソが達成したシーズン最多ポイント記録、383を超えることになる。

 

ロレンソは、ケガの影響で昨年のセパンでのレースに出場していないが、以前には6回連続で表彰台に上がり、2006年の250ccでは優勝している。


マルク・マルケス

「レプソル・ホンダチームとバイクがとてもうまくいっているので、オーストラリアではすばらしい優勝ができた。3連戦最後のレースに辿り着いたけれど、リラックスする時間はない。セパンはヤマハが速くなると思う。ドゥカティも速いだろう。でも目標はまた優勝をめざして戦うこと。週末の様子を見て、必要に応じて対応したい。」

 

ホルヘ・ロレンソ

「セパンは、過去に大きな成功を収めた場所ですばらしいところ。今年はトレーニングでケガをしてセパンでテストすることができなかったけれど、チームはテスト中だったので、すでにバイクで何をすべきかのアイデアを持っている。オーストラリアに比べて、マレーシアのサーキットは自分にもっと合っていると思うし、もてぎでの位置に戻れると思う。週末にどのように進化するかを見てみたい。」

2019年10月30日 14:09  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスは55勝し、ホンダのバイクで歴史上最も勝利を収めたライダーになった。
marquez_55_wins_eng.jpg

 

マルク・マルケスは、27日のフィリップアイランドでのオーストラリアGPで優勝し、バレンティーノ・ロッシ(89)、ジャコモ・アゴスティーニ(68)に率いる最高峰クラスの勝者ランキングでミック・ドゥーハンを上回った。2019年のモトGPチャンピオンの55回の優勝で、彼は歴史上最も多くの勝利を収めたドライバーになった。

2レース前のタイでタイトルを獲得した後、マルケスは全クラスで最も多くのタイトルを獲得したホンダのライダーとして、ジム・レッドマンに並んだ。彼は1990年代のドゥーハンの数を超えて、さらには練習走行のトップと、ファステストラップを最も獲得したライダーでもある。
 

まだ今シーズン2つのレースがあり、マレーシアとバレンシアでさらに多くのマイルストーンに到達する可能性がある。

2019年10月28日 20:20  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


マルク・マルケスが最終ラップでの勝利で5連勝。これによりチームタイトルも1ポイントリード
17Australia19MgpREPSOL_YY_JOO0869.jpg

 

マルク・マルケスは今朝のQ2で3位、フロントローからのスタートだったが、4周目には5位に順位を落とした。彼は徐々に順位を取り戻し、10周目からマーベリック・ビニャーレスのすぐ後ろについて後続を引き離し、最終ラップの初めにビニャーレスを抜いた。この優勝でマルケスは、今シーズン17戦で11勝、2位が5回になり、ホンダの歴史でミック・ドゥーハンを抜き、最高峰クラス最多勝になった。

ホルヘ・ロレンソは19位からのスタートで、16位でフィニッシュした。


マルク・マルケス 1st 40’43.729

「天候などから狂った週末だった。マーベリックは今日はとても速かったけれど、彼についていくことができて、勝利への準備を少しずつ始めた。ビニャーレスはかなりプッシュし始めたし、とても速かったけれど、4周ほどついていくことができて、優勝も可能だと思った。レプソル・ホンダチームは限られた時間の中で最後に素晴らしい仕事をした。リアタイヤにソフトを履いたのはギャンブルだった。最後は限界だったけれど勝つことができた。ホンダで55勝できたのは本当に特別なこと。ホンダ・ファミリーであることが信じられないように感じる。彼らとチームと一緒にこの瞬間を楽しむことに興奮している。」

 

ホルヘ・ロレンソ 16th +1’06.045

「ここに着く前にはここで苦しむだろうけれど、物事が変わり、速くなることができると予想していた。初めの練習走行から風と寒さに苦しんだ。アッセンのケガ以来の最悪の結果であり、残念ながらこれが現実。マレーシアでは通常のサーキットより良いだろうと思う。スタイルにより適応したサーキットで、もてぎのリズムに似たリズムに戻れると思う。」

2019年10月27日 21:36  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


マルク・マルケスとホルヘ・ロレンソは、気象条件により2日目の練習走行が中断された。

17Australia19MgpREPSOL_JOC2468.jpg

FP3は強風と所々雨の場所がある中行われた。マルク・マルケスは7周を周回して2位、ホルヘ・ロレンソはラップを完了しなかった。チームからのデータとミゲル・オリベイラの激しい転倒があり、風の影響による中断の後、FP4はマルケスが1位、ロレンソが12位で終了した。

 

条件によって、日曜日のウオームアップセッションの後にQ1とQ2が行われ、17戦目のスターティンググリッドが決定する。


マルク・マルケス 6th 1’29.421

「個人的な意見だけど、とても危険で、風があり、このサーキットでの速度を考えるとそのようにかなり感じる。一人で乗っていて、風を感じられたけど、ザルコやオリベイラを抜いた時、もっとそれを感じるように思った。安全上の理由からキャンセルすることになった。予選でそれほど危険を冒す必要なない。乗ることができるまさに限界だったし、明日もある。ウオームアップ、予選、レースで忙しい一日になるけど、世界の終わりではない。」

 

ホルヘ・ロレンソ 16th  1’30.706

「今日は風がとても強い状態で、すでにFP3で少し危険だと感じた。FP4ではさらに悪化し、オリベイラのクラッシュがあり、ライダーとして一緒になって、練習を中止するのが最善の決定であることに同意した。特に風が突風で、風の状態は危険で予測不可能だった。明日は忙しい日になり、朝は晴れて暖かくなり、必要なことを行えるようになることを期待している。」

2019年10月27日 10:10  | 2019 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのライダーは、1回目の練習走行は雨の中、2回目はドライ、3回目は2020年のタイヤを試した。

17Australia19Mgp_REPSOL_JR2091.jpg

マルク・マルケスは、ウェットのコースでのFP1で3位、乾いた路面での2回目は6位だった。

ホルヘ・ロレンソは、FP1で18位、FP2で16位だった。

 

例外的なケースとして、今日レプソル・ホンダチームのライダーは、3回のフリー走行を行ったが、これは明日のQ2セッションの予選にはカウントされなかった。その中で、マルケスはターン10で信じられないほどのセーブをして最速だった。ロレンソは18位だった。


マルク・マルケス

「今日の感触は悪くなかったので満足している。速いラップでは、良いラップタイムを得るベストな方法を見つけられなかったけれど、リズムはあった。正直ビニャーレスとヤマハはここで強いだろうと思っていたので、予想よりも速く走った。彼らからそれほど離れていない。仕事を続けて、悪い初日ではなかった。もちろん週末の残りの時間は、天候が複雑に見えるので、何が起こるか見なければならない。今日はセーブで別の記録を破った。弟はもてぎで素晴らしいセーブをしたので、それを試して並ばなければならなかったけれど、まだ彼が最高だと思う。ホルヘのところに来たFP2の終わりに、彼はゆっくり走っていたけれど、少し連絡を取ったけど、すでに何が起こったかを話した。」

 

ホルヘ・ロレンソ

「今日はウェットでスタートし、スタート時の感触はまあまあだった。昼からはミディアムタイヤを使用するとコーナーの進入で苦労したけれど、ソフトタイヤを使用してすぐに2秒半速く走ることができた。それがポジションを大きく改善するのに助けられた。残念ながら最後は後ろに3~4人のライダーがいたことを振り返らなかった。できるだけ内側に行こうとしたけれど、マルクとは近すぎた。」

2019年10月27日 09:28  | 2019 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る