ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


ローサイル国際サーキットのライトの下、3日間のプレシーズン公式テストが終了し開幕を待つのみとなった。
AA_QatarTest20MgpREPSOL_AX10982.jpg

 

現地時間20時にチェッカーフラッグが振られ、レプソル・ホンダチームは2020年のプレシーズン公式プログラムは終了した。3日間で今年緒戦の可能な限りのベストポジションを出すために異なるオプションを数多く試した。

最終日はマルク・マルケスには忙しい1日になった。彼はテストプログラムを通して容赦なく仕事を続けた。初日から速さを素早く見つけ、8回のチャンピオンは最終日の走行でコンスタントに進歩を遂げた。夕方の終わりに向かって、マルクはラップタイムをプッシュすることに注力し、ベストタイムは1’54.149でテストを終了し、全体の最速ラップからわずか0.291秒、3位からコンマ1秒以下で締めた。

また、レプソル・ホンダチームで初めにコースに出たのは、ルーキーのアレックス・マルケスだった。前日までの2日間で行ったように、モト2チャンピオンは、昨日と比較してベストタイムを改善することができた。タイムアタックに集中することなく、アレックスはトータル152周を周回し、1’55.519のタイムをマークした。

2020年のモトGPシーズンの緒戦がかなり迫り、ライダーとチームに最終準備の時間が直面している。パドックは3月6日から8日にカタールに戻る。

 

マルク・マルケス

「最初の2日、必要な場所を改善する方法を理解するのに苦労したので、正直少し心配していた。でも、今日は大きなブレークスルーを達成し、今やるべきことを理解した。本当に一貫したことができて、長い走行の間のリズムに満足していた。ホンダ、エンジニア、メカニックに感謝したければならない。彼らはこのテストの多くの努力をしてくれて、結果が僕らに示された。レースのためにここに戻ってきた時に、従う方向が見つかった。」

 

アレックス・マルケス

「今日も体調が良くなり、最初の30周はかなり良かった。僕らは他のことに忙しくて、今日はタイムアタックをする機会が本当になかった。セパンでは強かったけれど、ここでの時間は望みとは近くはなかった。このテストのおかげで、チームは来週のGPにいくつかの解決策があると思うので、それに満足している。今は、緒戦に向けて最善の方法で準備するためにホームに帰る。」

2020年2月25日 10:19  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


X-Trial20_r5_PODIUM_4142_ps.jpg

レプソル・ホンダチームのトニ・ボウは無敵のまま、ビルバオでのXトライアルで5連勝

 

トニ・ボウは、ビルバオ・エキシビジョン・センターで、イベントが進むにつれ力を増し、最初のラウンドで8ポイントのペナルティーから始まった。

セミファイナルで、ボウはグループをリードするのに12ポイントで終了し、アダム・ラガとの決勝を迎えた。

ボウはファイナルの第2ゾーンからトップに立ち、9ポイントで今シーズン5勝目を達成した。

ビルバオでのこの勝利で、リードを25ポイント差に広げた。次戦3月21日のオーストリアのウイーン・ノイシュタットでタイトルを獲得するチャンスがある。
X-Trial20_r5_BOU_2807_ps.jpg

 

トニ・ボウ

「勝てて本当にうれしい。また初めからとても強いアダム・ラガとのタイトなトライアルだった。ファイナルはとても高いレベルで、セクションを広げなければならないので、最初からとても積極的だった。違いを作ることができていくつかのリスクをセクション5で負わなければならなかったけれど、最後のセクションで決着がついた。この優勝は選手権にとってとても重要。」


2020年2月17日 03:00  | トライアル世界選手権2020
世界中
うんうんする
0


マルクとアレックス・マルケスのテスト最終日は忙しい時間になった。
EE_SepangTest20MgpREPSOL_A923617.jpg

 

チャンピオン、マルク・マルケスは、肩に負担をかけずにトラックでの時間を最大限に活用し、マレーシアのテスト最終日に47周を周回した。この3日間でレプソル・ホンダチームのライダーは、2020年のバイクをテストしただけでなく、肩の状態を評価し、両面で改善と進歩を遂げた。今日も最後のカーブで転倒し、ケガを避けるためやや速く終了した。1’58.772のベストタイムで、マルクはトップのファビオ・クアルタラロに0.5秒以内につけた。

アレックス・マルケスには着実で一定の進歩を遂げた。彼は1日を通してベストタイムを更新した。前のベストを0.5秒以上短縮して、1’59.042でマレーシアでのテストを記録、ブラッド・バインダーを抜いて、ルーキーでトップにたった。このテストはアレックスと彼のレプソル・ホンダチームにとってとてもポジティブなテストであり、3日間の開始時に設定した全てを達成することができた。チームメイトの0.2秒以内、そしてテストの最速ライダーから0.693秒以内で1日を終えることは、今回のテストの充実度を示している。

レプソル・ホンダチームは、3日間のテストで、合計284ラップを走行、アレックスが153ラップを周回した。

チームとライダーは、短い休憩を楽しんだ後、2月22~24日にカタールでの最後の3日間のテストがあり、選手権を始めるために必要な準備を完了する。
FF_SepangTest20MgpREPSOL_G026313.jpg

 

マルク・マルケス

「朝は調子が良く、ベストを尽くしたので、良い感触で1日を終えた。カーブ15で転倒したけれど、それは体調のせい。限界がどこにあるかを知ることは良い事であり、転倒しない方がより良いけれど大丈夫。今日また47周を周回したけれど、今回はペースが異なって、いくつか試して、まだやるべきことがある。今日の走行は少し長くなったけれど、スピードはまあ良かった。」

 

アレックス・マルケス

「感覚そのものは日々改善されていて、より速くより快適になっている。これが最も重要。カタールGPに向けて、準備する残りのプレシーズン日はあと3日だけだけど、迫ってきている。知識はトラック毎に向上し、達成したすべてに満足している。カタールでのテストの目的は、自分に合ったバイクのテューニングと、コース上のさまざまな条件を理解すること。このテストで多くのことを試せて良かった。」



2020年2月10日 11:27  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


2日目は1日を通してドライコンディションの中、レプソル・ホンダチームの二人はそれぞれのプログラムをこなし、初日のタイムを更新した。

AA_2020_SepangTest_Marc-01158.jpg

レプソル・ホンダチームの計画に則り、マルク・マルケスはマレーシアでの走行を制限し、まだ治癒している右肩がカタールの開幕戦でできる限り最高の状態になるようにした。今日の47周回の10周目に1’59,097のベストタイムをマークしたマルクは、2020年シーズンに向けて様々なアイデアを試しながら体調を評価した。走行の終わりに向かって、チャンピオンはターン3でクラッシュしたが、ケガはなかった。

モトGPルーキー、アレックス・マルケスは、最初の走行で1’59.661を記録し、すぐに進歩を続けた。好天により、モト2チャンピオンは何周もラップしている間にRC213Vの性能と使用済みタイヤの挙動を理解することができた。お昼の休憩の後、アレックスはセッション終了まで1時間も経たないうちに仕事に戻り、2日目を終えてトータル66周を走行した。

明日がセパンでのテストの最終日になる。

 

マルク・マルケス

「肩が昨日よりも良い感触だったのでとても良かった。残念ながらクラッシュして、大きなクラッシュに見えたけど、ゆっくりしたクラッシュだったので大丈夫。体調に小さなミスも許されないので、100%集中する必要があることを示している。クラッシュの前に終わっていたので、僕らが必要なことをすることは止めなかった。今日の目標は45周だった。明日は、新しいタイヤと自身の変更を理解し続けるために、さらに周回を重ねる。」

 

アレックス・マルケス

「今日もまた本当に良かった。特にユーズドタイヤでしっかりテストできたことが良かった。タイヤを学んで、それに対応することが僕の主な目的。朝にタイムアタックをしたけれど、ベストな乗り方ではなかった。それで59秒6が出たことは良かった。今日最も重要なことは、長く走れて、良いペースでまだテストすべき体力面も見れた。全体に良い感じだし、したことと過程すべてに満足している。」


2020年2月9日 12:55  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


AD_SepangTest20MgpREPSOL_A923166.jpg
チャンピオン、マルク・マルケスが2020年初めてRC213Vでサーキットに戻ってきた。並んでルーキーでチームメイトのアレックス・マルケスが新しいモトGPシーズンのテストを開始した。

マレーシアのトラックがオープンするとすぐにレプソル・ホンダチームの2020年の仕事が始まった。残念ながら雨で昼食後は時間が制限された。8回のチャンピオンを誇るマルク・マルケスは、昼食前にストップする前にトータル37周を周回した。冬の間に右肩を手術し、250時間の理学療法を終了したマルクは、5.5kmのセパン・インターナショナル・サーキットでの周回量ではなく、質に注目している。1’59.676のベストラップをマークし、マルクは残り2日間を見越して、2位で初日を終えた。

セパン・サーキットですでに2日間走っていたモト2チャンピオンのアレックス・マルケスは、ホンダRC213Vに対する自身を得るために働き続けている。38周を周回し、1’59.918のタイムを記録し、アレックスとレプソル・ホンダチームは、これまでに達成された進捗に満足して1日を終えた。

両者は2日目には、より良い天候を望んでいる。

 

マルク・マルケス

「バイクに戻ることは本当に重要で、戻って来れてうれしいけれど、残念ながら期待したほど良くなかった。最初の走行は良いエネルギーで始まったけれど、1日が終われるには少し落ち着かなければならなかった。自分のリズムを見つけて、必要なものに取り組んだ。計画は同じで、今日は35周、明日は45周走って最終日を確認する。重要なことは、肩が安定していて、午後に痛みが悪化しなかったこと。少しずつ我慢強くならなければならない。」

 

アレックス・マルケス

「今日の進め方には満足している。シェークダウン・テストは、基本を得て、僕のようなルーキーがこのサーキットでモトGPバイクを理解するのに役立った。今日、まだ改善を続けていて。ユーズドタイヤでいくつかステップを踏んだ。コースはシェークダウンよりも良い状態で、コースに多くKのライダーがいたから、周りの人からより多くのことを学ぶことができた。まだやるべきことがたくさんあるけれど、チームはすばらしい。」


2020年2月8日 19:46  | 2020 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る