ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


Copy of RD3_Andalucia_Puig_2020-06272.jpg
アルベルト・プーチが第2戦を積極的に評価、アンダルシアGPではマルク・マルケスが最終的にキャンセル、アレックス・マルケスがレースで8位になった。
 
2020年シーズンの第2ラウンドは、アレックス・マルケスが8位でレースを終え、8ポイントを獲得し終了した。レプソル・ホンダチームのルーキーは、総合でも8位になり、目標を達成し続けている。マルク・マルケスは、アンダルシアGPを欠場したが、2週間後の次戦ブルーノでのチェコGPで復帰を目指す。
 
Q;「アンダルシアGPでの戦略は?」
Puig;「戦略は我々が期待していたものはなかった。マルク・マルケスはケガをしていて、メディカルチェック後、バイクに乗ることに挑戦したがっていたけれど、残念ながら腕にかなりの傷みがあり、止めるのがベストであると一緒に決めた。我々はすでにリスクを避けることに同意していた。彼は体が発する意見に従って、ホンダの視点から、決してライダーにレースを押しつけたり、不快に感じることをすることはない。彼がヘレスに戻って挑戦してくれたことにとても感謝する。我々は彼にチャンスを与え、関係者全員にとって最高のことをした。我々のルーキー、アレックス・マルケスは、本当に良い仕事をした。目標はレースを終え、トップとの差を縮めることだった。先週この差は27秒だったが、今週はわずか19秒で、8秒近く短縮したことになり、特に今回の条件を考慮すると、とても大きなこと。彼は良いペースだったけれど、まだ新しいタイヤでのバイクの状態を理解する必要がある。我々のレースと技術的な観点から、彼は全てのレースを早いペースで学び理解しているので、我々はうれしい。クラッシュしないことは、彼がより多くのステップを踏み、バイクに乗るたびに速くなるのに役立っている。」
 
Q;「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig;「ネガティブな点はマルクのケガ。本当に残念。でも人生においては前向きに考える必要がある。さらに悪化する可能性がある。ポジティブな点は、モトGPで何が起ころうとマルクについて。我々はすれを克服するために勇気を出さなければならず、彼の精神は最大限に挑戦すること。これはあなたが持っていようがなかろうが、人生で学ぶことができないもの。我々はそのことがいつもある事を知っていて、それが彼のために働くモチベーションになる。」
 
Q;「レース中のピートウォールからの眺めは?」
Puig;「今回はレースにマルクがいない違いがあった。彼はほとんどいつも先頭を走っていて、プレミアクラスに参加して以来、レースに敗れたのは初めてのことだった。我々はそれを受け入れ、この先のために克服しようとする必要がある。これが我々がすること。マルクはすでに回復を進めていて、次戦ブルーノと次の2つのレースに行く準備ができている。落ちたときは再び立ち上がらなければならない。」
2020年7月28日 11:15  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


ZZ_03Jerez20Mgp_REPSOL_A922892.jpg
レプソル・ホンダチームのアレックス・マルケスは、ヘレスで良い周回を重ね、トップ10でフィニッシュ・ラインを通過。
 
アレックス・マルケスは、モトGPの2戦目ですばらしいパフォーマンスを発揮した。レプソル・ホンダチームのライダーは、最後のグリッドからスタートしたが、良いスタートをしてラップ毎にポジションを上げた。ルーキーは気温が高い状況にもかかわらず、安定したリズムを維持し、8位でフィニッシュした。ヘレスでのこの結果により、アレックスは新たに8ポイント獲得し、総合で8位につけた。

 
アレックス・マルケス
「今日はモトGP2戦目だったけれど、本当に良かった。目標は先週末から一歩前進することだった。同じサーキットで2回連続した予定により、さまざまな側面を試す機会が与えられ、それを利用した。今回のレースでは前回より9秒速かったので、特に今日のコンディションを考えると、これは大きな改善。進歩を続け、今は良いベースがある。次戦は好きなコースの一つであるブルーノ。目標はさらに改善すること。良いスタートになったが、まだ改善する点が残っている。」
2020年7月27日 09:43  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


03Jerez20Mgp_REPSOL_AX74562.jpg
レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスは、土曜日の両練習走行に参加してから、今レースを続けるのを断念。アレックス・マルケスはQ1での転倒で21番手からレースをスタート。
 
マルク・マルケスは日曜日のヘレスでの2戦目に出場しない。チャンピオンは2度のフリー走行を走行した後、チームと共に決定した。マルクは、アンダルシアGPに出場するためにヘレスに戻る前には、バルセロナで火曜日に右腕の骨折の手術をした。
アレックス・マルケスは、午前中ずっと前進を続け、FP3を16位、FP4を13位でフィニッシュし、両セッションでトップと1秒以内の差だった。Q1では、ルーキーはタイムを改善しようとしていたターン5で転倒。1;38.648のタイムで明日のレースは21番手から出走する。

 
アルベルト・プーチ (レプソル・ホンダチーム・マネジャー)
「今朝の目的は、梅雨との最初の感触を見ることだった。そして、我々はマルクがまだ速く走れるかもしれないと判断した。午後にはより長く走る予定だった。午前中の暑さや疲労でより多くの問題が発生し、それでレース出場は困難であると判断した。明らかに我々は多くのリスクを負わない方が良いことを理解した。金曜日をキャンセルして、マルクが今日どのように感じるかで計画に従った。これで状況を分析し、明日のレースに参加しないことを決定した。つねにライダーの体調をチェックしながら計画通りに進めている。マルクは自分の体に耳を傾け、どのように反応したかを確認しようとした。彼ができないと分かった時、どのように反応したかを確認しようとした。マルクはとても強い。彼はトライしたし、我々は彼にそれをする機会を与えたかった。我々は常に正しい決断をしたと思う。チャンピオンは自分に選択肢があるか、わずかなチャンスがあると考えた場合、家に残ることができない。今彼の腕は腫れているけれど回復する。先に多くのレースがあり、最良の状態で次戦ブルーノに戻り、選手権を争えること。
 
マルク・マルケス
「今週はたいへんな週だったし、次のレースに出場できると確実に言えない先週の日曜日から多くのことが起こった。でも何か情熱があり、何かを達成するために全てを捧げるときは、少なくても努力して、心が落ち着くようにしなければならない。手術後、肘の可動性と十分な強さがあることを感じた。何回か腕立て伏せをすることができた。もちろん傷みはあったけれど、対応できた。ホンダとすべてのオプションについて話した。そして土曜日に少なくても何ができるかみるためにトライすることに同意した。医師や体に耳を傾けてきて、今朝は感触が良く、進捗に満足している。しかし、タイムアタックを行うときに、一貫性が低く、やや攻撃的である必要があるのに、腕に力が入らなかった。それが炎症なのか熱なのか分からないけれど、体に耳を傾けなければならないことは分かっていた。レプソル・ホンダチームとHRCと常に話し合って、自身の決定をいつも尊重してくれたことに感謝している。医師、理学療法士、それからトライに協力してくれた周りの皆さんに感謝したい。残念ながら明日は走れないけれど、ブルーノで戻って選手権を戦うために全力を尽くす。」
 
アレックス・マルケス
「とてもポジティブなFP4で、ユーズドタイヤにとても満足していた。でもその後の新しいタイヤでもっと苦労した。予選中に多くのミスをしたけれど、最初のグリップを実際に作ることができない。モトGPの予選はとても重要なので、確実に取り組む必要があること。それでもレースのペースは良くなり、満足している。小さな転倒もあった。最初に傷みはあったけれど、問題ない。明日は問題なく計画を進められる。」
2020年7月26日 11:57  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


Copy of RD3_Andalucia_Alex_2020-03551.jpg
レプソル・ホンダチームのアレックス・マルケスは15位。マルク・マルケスは、土曜日のコンディション次第でテストをする予定。 アレックス・マルケスは、最初のフリー走行で1:37.957、トップと0.894秒差でトップ15に入った。 路面温度と気温が高かったFP2では、ほとんどのライダーが記録を更新できなかった。 チャンピオン、マルク・マルケスも、火曜日に手術をしたが、アンダルシアのコースにいて、今日は休んだが、明日の土曜日には、バイクでコースに戻る予定である。

マルク・マルケス NC 「バルセロナで手術をして、昨日サーキットに着いて、午後にメディカルテストをパスした。つまり、バイクに乗れると言うことで、ホンダと話し合い、土曜日に乗り始めることを決めた。よく眠れた。痛みは確かに感じるけれど、理学療法のセッションを行ってきた。チームで唯一目標にしたのは、明日のFP3で感覚を見ること。腕の状態がどのようであるかをみてから、その後の目標を決める。大変な1日だけれど、サポートしてくれるHRC、レプソル・ホンダチーム、すべてのスポンサー、そして僕と同じようにスポーツを愛するファンのおかげで楽に感じるよ。」
アレックス・マルケス 15th 1:37.957 「今週末、どれだけ改善できるかを見るのは興味深い。すでにこの週末は、特に暑い午後の状況で一歩を踏み出すことができた。暑い中でのセットアップが助けになったので、明日は次のステップに進めることを100%確信している。明日は僕らには重要な1日。Q2に進むには1:37秒を切る必要があり、目標はできる限りQ2に迫ること。これを実現するために、1ラップのペースで動いている。」


2020年7月26日 11:56  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


チャンピオン、マルク・マルケスは、骨折を金属板で固定したが、橈骨神経には影響を受けていない。チームメイトのアレックス・マルケスは、週末のアンダルシアGPに出場する予定。
 
02Jerez20Mgp_REPSOL_A927226.jpg
日曜日の激しいクラッシュにより、マルク・マルケスは、右上腕骨の骨折と診断され、月曜日にバルセロナのデクセウス病院に行った。ハビエル・ミル医師と彼のチームはバレラ医師の協力を受け、チタン板を右上腕骨に開放整復、内部固定をした。橈骨神経には触れておらず、それに介在する必要はなかった。
マルクは手術の成功からの回復して、最大48時間入院する。目標は2020年の選手権への早期復帰であり、予定日が近々明らかになる。
 
アレックス・マルケスは、最高峰クラスとホンダRC213Vへの適応するのに働き続けている。第1ラウンドと同じ目標で、先週の日曜日に初ポイントを獲得した同じコースでの第2ラウンド、アンダルシアGPに向き合っている。

 
アルベルト・プーチ(レプソル・ホンダチーム マネージャー)
「世界選手権で争う誰もが、ケガをして手術室に行かなければならない可能性がある。残念ながらそれが私たちの番であり、手術を受けなければならなかったのはマルクだった。マルクが回復するまで少し時間がかかるけれど、すべてがうまくいったことに安心している。ミル医師とそのチームは、秋から全ての状況を把握し、成功した手術を行っている。手術がうまくいったことを知り、レプソル・ホンダチームには多くの刺激が生まれているが、今はどのようにマルクが回復し、いつ戻ることができるかを理解することで、我慢する必要がある。今週末はアレックスに集中し、アレックスが次の一歩を踏み出すのに協力する。彼は若く、新しいカテゴリーで、毎週改善と成長を続けている。レースの前線とのギャップを詰められるようにしたい。」
 
アレックス・マルケス
「初めに、マルク、カル(クラッチロー)、アレックス・リンスの早期回復を再度祈りたい。ライダーとしての僕側から見ると、自分の仕事があるので、この状況はあまり変わらない。目標を達成し、そのために常に最大限の努力をする。同じサーキットで走ることは興味深い。ほとんどのライダーはすでに良いベースを持っているので、タイムはとても速くなるだろうけど、先週末、初めてのGPで多くを学び、また同じコースで直接注げるので自信がある。」
2020年7月22日 10:03  | 2020 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る