ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
2


HH_DSC00046.jpg
マルク・マルケスは今後数週間で回復期間を継続する。モトGPチャンピオンとHRCは、7月19日にスペインGPで起こった右腕の骨折の程度を調査し、様々な専門家と比較した結果、計画された
 
マルク・マルケスは、今後数週間で回復期間を継続する。
 
チャンピオン、マルク・マルケスとHRCの共通の目的は、腕が完全に回復した時にレースに復帰することで、RC213Vに戻るには2〜3ヶ月かかると推定されている。HRCはチャンピオンの復帰のために特定のGPを設定せず、回復具合について方向し続ける。

アルベルト・プーチ
「マルクの回復と期限について多くの話があったが、事故があった日から2回目の手術の後、唯一の目標は彼が100%回復すること。急ぎたくない。マルクが分かってるレベルになってレースできるようになってから次の目標について考える。」
2020年8月24日 11:14  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


06Styria20Mgp_REPSOL_A921952.jpg
アレックス・マルケスは16位、ステファン・ブラドルは18位で終了。
 
アレックスは17番グリッドから良いタイムをマークし、ラップ毎にタイムを改善してすぐにトップ15に入った。赤旗中断後、最高峰クラスのルーキーは、ペースを失い、最終的には16位でフィニッシュラインを越えた。アレックスは0.5秒足りずポイント圏外だった。
 
代役チームメイトのステファン・ブラドルは、レースの両方で安定したペースを保ち、改善することができた。レプソル・ホンダチームのドイツ人ライダーは、グリッドより前の18位でレースを終えた。
 
この結果、アレックス・マルケスは総合15位、ステファン・ブラドルは23位になった。

アレックス・マルケス
「結果は良くなかったが今日は多くを学ぶことができた。経験の多い多くのライダーに続いて、彼らから多くのことを学べた。マーベリックに元気になってほしい。大丈夫なようだけど、後ろにいて本当に恐ろしいクラッシュだった。このレースではポジティブさが多くあった。感覚は良かったし、今はリチャージすることが重要。」
 
ステファン・ブラドル
「半年乗らずに3レース連続で出場することはとても難しいことだけど、それを達成し、多くのことを学んだ。初めのレースではベストなスタートができず、オープニングコーナーで順位を落とした。セカンドレースではより良いスタートができたし、バイクの感覚もより良かった。ペースは悪くはなかったし、アレックスやカル(クラッチロー)にも接近した。我々は一歩を踏み出した。」
2020年8月24日 09:46  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


06Styria20Mgp_REPSOL_AX17702.jpg
コンディションはドライ、二人のレプソル・ホンダチームのライダーは、全体の仕事の予定を完了でき、明日のレースの準備が整った。アレックス・マルケスは、7位でQ1を終了、ベストタイムは1:24.370。レースは16番グリッドからスタートする。ステファン・ブラドルは、アレックスのすぐ後ろ7列目からスタートする。ブラドルは、20位で終了、ベストタイムは1:24.667。

アレックス・マルケス
「午前中に小さな転倒をした。ハイスピードだったけれど大したことはない。セカンドバイクで少し違ったセッティングを試す予定だったけれど、実際のフィーリングは期待したものとは違って、もう1台のバイクがダメージを負ったので、FP3でラップタイムを改善することができなかった。金曜日は1ラップのスピードが良くなったので残念。それからFP4ではバイクの感覚を取り戻すことに時間を費やした。Q1では少し改善したけれど、それでも同じスピードを出すことができなかった。ウォームアップを続けて作業し、この感覚を取り戻して、コーナーの侵入などのバイクの強い部分でプッシュするよ。」
 
ステファン・ブラドル
「先週末に比べてバイクを大幅に変更して、従わなければならない方向性を知りたいと思っていた。幸い、ペースはグリッドのポジションよりも良く見えているので、明日はいくつか回復したいと思っている。でも、やるべき多くのことを確実にやり、レースで最大限で仕事を続けることが重要。」
2020年8月23日 02:13  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


stylia73.jpgstylia6.jpg
レプソル・ホンダチームのライダー、アレックス・マルケスは初日の練習走行で15位、ステファン・ブラドルは21位だった。
 
先週の金曜日とは違い、スティリアGPの初日はドライコンディションで行われ、レプソル・ホンダチームの2人のライダーは中断することなく作業計画を立てることができた。
 
アレックス・マルケスはFP1からFP2に重要な進化を遂げた。最高峰クラスのルーキーは、午後に午前のタイムを改善し、トップと0.825秒差のベストタイム1'24.463を記録した。
ステファン・ブラドルは、着実に仕事を続け、1'24.914のベストタイムで終了した。

アレックス・マルケス
「今日は我々には重要な日だった。新しいセットアップを試し、これで1日を初めてとても良かった。ポジティブで何周かはスタイルを変えたけれど、午後には本当に良いステップになった。スプリットタイムはとてもいいけれど、ラップタイムを改善するのに少し頑張る必要がある。我々のペースは、特にユーズドタイヤの時が良い。今日の進め方には本当に満足しているし、明日はどの部分で頑張る必要があるか分かっているし、感覚はポジティブ。」
 
ステファン・ブラドル
「正直、今日はきつかった。多くのことで改善したけれど、順位は望んでいたものではないし、満足していない。これ以外にも多くのことを試す忙しいポジティブな日になって、明日へ一歩を踏み出すことを目指している。いくつかの異なる設定や部品を試したけれど、明日はそれらをすべて組み合わせてさらに何かを見つけることができると期待している。タイムはまたとても接近しているので、可能性がある。」

2020年8月22日 10:33  | 2020 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


stylia.jpg
今週末は先週オーストリアGPが行われたレッドブル・リンクでスティリアGPが行われる。
クラッシュによりレッドフラッグが出た日曜日のレースから、アレックス・マルケスは、4戦いずれもポイントを獲得して第5戦に挑む。不規則なシーズンに適応し学び続けるレプソル・ホンダチームのルーキーは、ポイントを獲得することと、トップとの差を縮めることを目標にする。
ケガで欠場のマルク・マルケスの代役としてステファン・ブラドルが引き続き出場する。ドイツ人のステファンは、今シーズン3回目の出場、RC213Vの開発を進めることを目標にしている。

アレックス・マルケス
「オーストリアのレースの間で、マウンテンバイクを楽しんだ2日間は良かった。初めのレースでレッドブルリンクのラインを早く学んだので、次のレースではいくつか改善できる。先週のレッドフラッグの前の感覚には本当に満足していたし、それをまたできると思う。可能性はそこにあると感じているので、いつものようにしっかり頑張る。」
 
ステファン・ブラドル
「3週間もの間、またレプソル・ホンダチームと仕事ができるのはうれしい。少しずつ改善があるたびに、同じサーキットで2回目のレースをするのがどのようなものか楽しみにしているし、自分にとって初めての経験。週末は天候とホンダが考える戦略によるので、今までの2レースは多くのことをすることができた。週末の進め方を見てみよう。」
2020年8月19日 10:36  | 2020 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る