ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


10Austria16MgpREPSOL_JOC5441.jpg
オーストリアにモトGPが復帰したのは2016年。ライダーは、アベレージスピードが時速180kmを超える中ででレースを行います。このコースは標高677mで、最も高度が高いサーキットでもあります。
 
レッドブルリンクは、人口約5,000人のスピルバーグにあるサーキットです。この地域での初めての国際レースは1957年に今のサーキットから5km離れたゼルトヴェック軍事基地で行われました。1969年に全長5.911mで建設されたコースの名前はオーストリアのサーキットという意味のOsterreichringでした。
電話プロバイダーのA1が、改修工事の大部分を行い、1996年にA1リンクと改名し、1996年と1997年に世界選手権が行われました。依頼を受けたのはドイツ人Herman Tilkeで、アラゴンGPが行われるモーターランド・アラゴン、マレーシアのセパンなどの改修、カタルニア・サーキットのメインスタンドも担当しています。2年間で開催された6つのレースはホンダのライダーが優勝しました。1996年の500ccは、レプソル・ホンダチーム2年目のアレックス・クリビーレがファイナルラップでミック・ドゥーハンを交わし優勝しました。レッドブルが2010年にコースを取得し、安全性を高める重要な変更を加えました。これにより、2014年にはF1,2016年にはモトGPが復帰することになりました。
 
レッドブルリンクはGPで最も高い標高にあります。海抜677mで、2位は381mのモーターランド・アラゴンです。コース内の高低差は65mもあります。GPコースで最もコーナーが少なく、全部で10個しかありません。アベレージスピードは183.2kmで、最も高く、ブリラム(タイ)が2番目、フィリップ・アイランド(オーストラリア)が3番目ですが、それぞれ177.9km/h、176.5km/hで、圧倒的に速いコースです。しかし、短いストレートのおかげで、コースの最高速度はGPコースで最低の316.7kmです。(アッセン(オランダ)、ミサノ(サンマリノ)、ヘレス(スペイン)ではより短いストレートです)
選手権に復帰したシーズンに、年間最優秀グランプリを受賞し、2016年には216,000の観衆を迎えました。公認ジャーナリスト用の朝食、昼食、夕食を提供する唯一のプレスルームがあります。このサーキットは、年中無休で、冬はクロスカントリー・スキーや、アイススケート、スノーモービルなどのスノーレースが行われます。サーキット内にはいくつものコースがあり、トライアル、オフロードカー、カート場などがあります。さらにドライビングスクールもあります。
 
初めてのオーストリアGPは、1971年にザルツブルク・サーキットで行われ、合計22のクラスが開催されました。このイベントで、ジアコーモ・アゴスチーナが500ccクラスで2位に1ラップ差で優勝し、さらに同じ日に350ccでも優勝しました。最後のザルツブルクでのGPは1994年、500ccクラスではミック・ドゥーハンが、アベレージスピード194kmで優勝しました。安全性を理由に、危険すぎてGPの開催を続けることはできないと考えられていました。Franco Unciniが1977年にオーストリアGP350ccクラスで事故に遭い、初めて臨床モバイルのサービスを使用し、迅速な介入により救命されました。
アメリカの監督兼プロデューサーのスティーブン・スピルバーグは、17世紀にオーストリアの町に住んでいたハンガリー人の子孫に性を負っています。
2020年8月17日 19:01  | 2020 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る