ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


 チャンピオン、マルケスがザクセンリンクで優勝。チームメイトのダニ・ペドロサが3位表彰台。
09Alemania17MgpREPSOL_JOC9154.jpg

・マルク・マルケスとダニ・ペドロサは、お互い5回の表彰台でシーズンの折り返し点を迎えた。彼らは今年最も頻繁に表彰台を獲得している。
・マルク・マルケスは、最高峰クラスで31勝目をあげ、エディ・ローソンに並んだ。
・ポールポジションからスタートし、マルケスは6周目にフォルダーに抜かれ、5周リードをゆずっただけだった。
09Alemania17MgpREPSOL_JOC7962.jpg


マルク・マルケス
1st 40:59.525
とてもとてもうれしい。
前からタイトル争いで重要な時で、ザクセンリンクは僕らにとって重要なサーキットだと分かっていた。必要であればリスクを冒してでも勝つようにする場所だった。それで25ポイントを獲得し、夏休み前に選手権をリードできたことはうれしい。この勝利をニッキーと彼の家族に捧げたい。彼とはすばらしい時を過ごした友達だから、事故の後、こうすることを自分で決めていた。
レースはとても厳しかった。スタート前からダニとバトルになるだろうと思っていたけれど、実際は他のとても速い相手もいた。ジョナス(フォルダー)を見て初めは驚いた。他のライダーとの間にいると思っていた。でも実際にそこにいたのは彼だった。選手権争いはとても接近していて、4人が10ポイント以内にいるし、ダニもそんなに離れていない。誰にもチャンスがある。同じ精神状態を保って、同じように積極的に頑張るよ。今は何日か休みがあるけど、次戦のブルーノの準備をしたいのでそんなに休めないよ。

ダニ・ペドロサ
3rd + 11.546 sec.
表彰台を獲得できて充分満足している。今週末はあらゆる状況でうまく扱えて、とてもよく頑張れた。レースでは序盤は本当に良い感触だったし、マルクにもついていけていた。その後、リアタイヤのグリップがなくなり始めたけど、レースは長いし、グリップがなくなるのはいつものことだから問題ないと考えた。でもジョナスに抜かれ、彼についていこうとしたけれど、できなかった。うまくコントロールしようとしたけれど、タイヤがかなりスピニングを起こしていると感じたので、表彰台を目標にした。もう少し強い走りを期待したけれど、選手権争いで良いポイントを獲得できて前向きな結果だった。ポジティブに感じているし、レース後半をより堅実にするテストを2日間行う。

2017年7月3日 11:09  | 2017 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2019年7月
1
先負
2
仏滅
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
先負
13
仏滅
14
大安
15
赤口
16
先勝
17
友引
18
先負
19
仏滅
20
大安
21
赤口
22
先勝
23
友引
24
先負
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
31
仏滅
アーカイブ
2019年07月 (10)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る