ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
8


ツインリンクもてぎは栃木県に位置し、ホンダによって1997年に建設された。ホンダはインディカーやナスカーのようなアメリカンレースの開催を望み、それらのレースを行うことができるオーバルコースを建設することを決めた。2.4kmのオーバルコースで1998年から2011年の間インディカーのレースが行われた。

15Japon16MgpREPSOL_FK7542.jpg
2017年はツインリンクもてぎで19回目のGPになる。コースは4,801mの全長と14のコーナーからなる(右回りが8、左回りが6)。もてぎでは1999年に初めて日本GPが開催された。東雅雄が125cc、中野真矢が250cc、ケニー・ロバーツJrが500ccの初めての優勝を飾った。2000年から2003年の間は「パシフィックGP」として行われた。日本GPは鈴鹿サーキットで行われた。2004年より先はもてぎで日本GPが行われている。サーキット内には「ホンダ・コレクションホール」があり、日本の歴史上貴重な車やバイクが展示されている。

もてぎは最もブレーキングを要求されるコースであり、ラップ毎に33%、レースが終わると13分のブレーキング時間を要することになる。ブレーキシステムは通常320mmのディスクを使用するが、340mmのディスクを使用する。このルールが適用される唯一のコースである。

またツインリンクもてぎは、1速ギアを最も使用するコースで、ラップ毎に3回使用する。さらにギアチェンジも最も多いコースである(30回)。

この時期の雨の可能性はないとは言えない。2007年と2015年のレースはウェットコンディションで行われ、2013年金曜日のフリー走行と土曜日の第一走行は霧でキャンセルになった。

 

ダニ・ペドロサがもてぎで最も成功しているライダーで通算5勝(モトGPで3勝、250ccで1勝、125ccで1勝)、ホルヘ・ロレンソとロリス・カピロッシが続いて3勝を挙げている。マルク・マルケスとダニ・ペドロサの二人だけは、もてぎで各クラスにて優勝している。

歴史上日本GPは鈴鹿で行われてきたが、1967年、1968年は富士スピードウェイで行われた。

ホンダは8勝で、もてぎで最も優勝しているコンストラクターになり、続いてヤマハとドゥカティがそれぞれ3勝している。

もてぎは何度かチャンピオンが決定するシーンがあった。最近では去年のマルク・マルケスで、優勝して年間チャンピオンを達成した。それ以前には2007年のケーシー・ストーナー、2008年のバレンティーノ・ロッシ、2014年のマルク・マルケスがもてぎでチャンピオンを決めた。

2006年以来日本人ライダーの勝利はない。最後は2006年に青山博一が250ccで優勝している。最高峰クラスでは2004年の玉田誠が最後になる。

 

サーキットが建設される前は森に囲まれた場所だった。デザイナーはツインリンクの近くの那珂川の水路と植物を守りながら、可能な限り環境を損なわないようにした。わずか14,000人の住民の村に位置しているが、ツインリンクもてぎは10万人収容できる。ツインリンクもてぎがある関東地方は7都県で構成されているが、4,200万人が住み、これは日本の人口の3分の1。スペインの人口の90%にあたる。

2017年10月12日 15:36  | 2017 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2021年4月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
先負
13
仏滅
14
大安
15
赤口
16
先勝
17
友引
18
先負
19
仏滅
20
大安
21
赤口
22
先勝
23
友引
24
先負
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る