ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


AD_SepangTest20MgpREPSOL_A923166.jpg
チャンピオン、マルク・マルケスが2020年初めてRC213Vでサーキットに戻ってきた。並んでルーキーでチームメイトのアレックス・マルケスが新しいモトGPシーズンのテストを開始した。

マレーシアのトラックがオープンするとすぐにレプソル・ホンダチームの2020年の仕事が始まった。残念ながら雨で昼食後は時間が制限された。8回のチャンピオンを誇るマルク・マルケスは、昼食前にストップする前にトータル37周を周回した。冬の間に右肩を手術し、250時間の理学療法を終了したマルクは、5.5kmのセパン・インターナショナル・サーキットでの周回量ではなく、質に注目している。1’59.676のベストラップをマークし、マルクは残り2日間を見越して、2位で初日を終えた。

セパン・サーキットですでに2日間走っていたモト2チャンピオンのアレックス・マルケスは、ホンダRC213Vに対する自身を得るために働き続けている。38周を周回し、1’59.918のタイムを記録し、アレックスとレプソル・ホンダチームは、これまでに達成された進捗に満足して1日を終えた。

両者は2日目には、より良い天候を望んでいる。

 

マルク・マルケス

「バイクに戻ることは本当に重要で、戻って来れてうれしいけれど、残念ながら期待したほど良くなかった。最初の走行は良いエネルギーで始まったけれど、1日が終われるには少し落ち着かなければならなかった。自分のリズムを見つけて、必要なものに取り組んだ。計画は同じで、今日は35周、明日は45周走って最終日を確認する。重要なことは、肩が安定していて、午後に痛みが悪化しなかったこと。少しずつ我慢強くならなければならない。」

 

アレックス・マルケス

「今日の進め方には満足している。シェークダウン・テストは、基本を得て、僕のようなルーキーがこのサーキットでモトGPバイクを理解するのに役立った。今日、まだ改善を続けていて。ユーズドタイヤでいくつかステップを踏んだ。コースはシェークダウンよりも良い状態で、コースに多くKのライダーがいたから、周りの人からより多くのことを学ぶことができた。まだやるべきことがたくさんあるけれど、チームはすばらしい。」


2020年2月8日 19:46  | 2020 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2020年8月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
アーカイブ
2020年08月 (6)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る