ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


Diseño_RHT_ENG2_1.jpg
レプソル・ホンダチームは、最高峰クラスに参戦を続ける。4種のバイクとそれらの進化が15タイトルと180勝という成功した記録に登っている。
NSR、RC211VRC212V、RC213V… これらの文字は、二輪世界選手権の歴史のページに大きく書かれている。
1995年にレプソルとホンダがチームを組んでから、いつも最高峰クラスで勝利に向かってGPを争っている、最もパワフルなチームになった。この同盟は26年間になり、彼らのバイクは特徴的なオレンジのリムで常に認識され、トップレベルのレースで最も関係するイメージを形成している。
2つの大きな会社のコラボは、記憶に残る2ストローク500ccマシンのNSRから始まった。これらのマシンは、ミック・ドゥーハンとアレックス・クリビーレとともに、1995年から1999年の間、5連勝を達成するという一時代を作り上げた。
990ccエンジン、220馬力になったRC211VはモトGPというスタイルでデビューした。バレンティーノ・ロッシが2002年と2003年に最初の2つのタイトルを獲得し、責任を果たした。最後になった2006年にはニッキー・ヘイデンがタイトルを獲得した。800ccにレギュレーションが変わりデビューしたRC212Vでは、ケーシー・ストーナーとともに2011年にタイトルを獲得した。
現在の1000ccバイク、RC213Vはマルク・マルケスと、アレックス・マルケスが乗る。彼らがクラストップの座を続けてくれるだろう。マルクは現チャンピオンで、モトGPでここ7年で6回のタイトルを獲得している。彼のキャリアはすでにレジェンドになっている。

2020年4月30日 16:59  | 2020 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2021年12月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
大安
5
赤口
6
先勝
7
友引
8
先負
9
仏滅
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る