ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


Copy of RD3_Andalucia_Puig_2020-06272.jpg
アルベルト・プーチが第2戦を積極的に評価、アンダルシアGPではマルク・マルケスが最終的にキャンセル、アレックス・マルケスがレースで8位になった。
 
2020年シーズンの第2ラウンドは、アレックス・マルケスが8位でレースを終え、8ポイントを獲得し終了した。レプソル・ホンダチームのルーキーは、総合でも8位になり、目標を達成し続けている。マルク・マルケスは、アンダルシアGPを欠場したが、2週間後の次戦ブルーノでのチェコGPで復帰を目指す。
 
Q;「アンダルシアGPでの戦略は?」
Puig;「戦略は我々が期待していたものはなかった。マルク・マルケスはケガをしていて、メディカルチェック後、バイクに乗ることに挑戦したがっていたけれど、残念ながら腕にかなりの傷みがあり、止めるのがベストであると一緒に決めた。我々はすでにリスクを避けることに同意していた。彼は体が発する意見に従って、ホンダの視点から、決してライダーにレースを押しつけたり、不快に感じることをすることはない。彼がヘレスに戻って挑戦してくれたことにとても感謝する。我々は彼にチャンスを与え、関係者全員にとって最高のことをした。我々のルーキー、アレックス・マルケスは、本当に良い仕事をした。目標はレースを終え、トップとの差を縮めることだった。先週この差は27秒だったが、今週はわずか19秒で、8秒近く短縮したことになり、特に今回の条件を考慮すると、とても大きなこと。彼は良いペースだったけれど、まだ新しいタイヤでのバイクの状態を理解する必要がある。我々のレースと技術的な観点から、彼は全てのレースを早いペースで学び理解しているので、我々はうれしい。クラッシュしないことは、彼がより多くのステップを踏み、バイクに乗るたびに速くなるのに役立っている。」
 
Q;「ポジティブな点とネガティブな点は?」
Puig;「ネガティブな点はマルクのケガ。本当に残念。でも人生においては前向きに考える必要がある。さらに悪化する可能性がある。ポジティブな点は、モトGPで何が起ころうとマルクについて。我々はすれを克服するために勇気を出さなければならず、彼の精神は最大限に挑戦すること。これはあなたが持っていようがなかろうが、人生で学ぶことができないもの。我々はそのことがいつもある事を知っていて、それが彼のために働くモチベーションになる。」
 
Q;「レース中のピートウォールからの眺めは?」
Puig;「今回はレースにマルクがいない違いがあった。彼はほとんどいつも先頭を走っていて、プレミアクラスに参加して以来、レースに敗れたのは初めてのことだった。我々はそれを受け入れ、この先のために克服しようとする必要がある。これが我々がすること。マルクはすでに回復を進めていて、次戦ブルーノと次の2つのレースに行く準備ができている。落ちたときは再び立ち上がらなければならない。」
2020年7月28日 11:15  | 2020 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2021年12月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
大安
5
赤口
6
先勝
7
友引
8
先負
9
仏滅
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る