ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


Official press release
2010/03/18

ロサイルでのテスト初日にアンドレア・ドビツィオーツォは6番手、ダニ・ペドロサは10位

4月11日に行われるシーズン最初のグランプリのホストサーキットで、レプソル・ホンダチームは残り2日間の2010年プレシーズンテスト初日を終えた。カタールグランプリはカレンダー上唯一夜間に行われ、また海に面するカタール砂漠の中央に位置するためサーキットは非常に湿度が高く、難しいレースである。このことは、夜の進行と共にアスファルトのグリップを著しく減少させる。

Moto GPのテストは現地時間の午後6時に始まり、17人のMoto GPライダーたちがコースへ走り出した。依然として空は少し明るく、晴天後のカタールのコースは29℃と好条件の中、レプソル・ホンダチームの2人のライダーは、ピットレーンのシグナルがグリーンになった数分後にコースへ出た。2人のレプソルライダーと彼らのテクニカルチームにとって休む間もなく、夕食を取ることもできないほど忙しい6時間となった。深夜、午後6時よりも7度低い気温22℃、湿度90%の中、2010年最終テストの初日は終了した。

アンドレア・ドビツィオーツォはカタールのコースを計65周走破し、52周目にベストタイムを記録した。イタリア人レプソル・ホンダチームライダーと彼のチームは、2010年型ホンダRC212Vをファインチューンするために異なるソリューションを用いることにこの午後と夜の時間を費やした。アンドレアは再びニューマシンのハンドリングが改善され、ハイペースで周回を重ねられることを確認した。

1-mgp_180310_tqat_012.jpg

セパンテストと比較して多くの新しいパーツをマシンに組み込んだダニ・ペドロサは、ロサイルのコースを60周回し、最後から2周目にベストタイムを記録した。ペドロサはセッション終了時も前向きだった。スペイン人レプソル・ホンダチームライダーは、バレンティーノ・ロッシが記録したベストタイムから遅れること1秒610でフィニッシュしたが、日本からもたらされた改良により、テストを通して進歩・向上できることを認めた。

テストはロサイルサーキットで明日同時刻から継続され、深夜にMoto GPライダーたちの2010年プレシーズンは終了する。


コメント

ダニ・ペドロサ >>

“今日は、前回マレーシアのテストから前進があった。これは好ましいことだ。明日は更なるステップを経てトップに近づけると思うし、そのために懸命に準備している。

懸案事項は依然としてリアサスペンションをうまく機能させることと、マシンのフィーリングが加速とコーナー進入時にとてもナーバスなことだ。これらが今夜検討し、明日焦点を当てる事柄だ。明日もう一度テストセッションがあるので、最大限活用したい。”

アンドレア・ドビツィオーツォ >>

“今夜は堅実にラップができたので、我々のターゲットが1分56秒台前半のタイムで周回するとすれば明日に向け良いベースとなり非常に満足だ。今日は少しライディングポジションを変更し、フィーリングは良かった。異なるセッティングを可能とする、別のスウィングアームもテストした。

午後10時以降、コースへ出るたびにグリップが変わったが、セッション前半は好調にラップでき、セパンテストと比べて満足度は高い。今日はポテンシャル全てを出し切ることは出来なかったが、明日はさらに良くなると思う。”


オフィシャルリザルト
1. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ) 1:55.402
2. ケーシー・ストーナー (ドゥカティ) 1:55.717
3. ベン・スピース (ヤマハ) 1:55.954
4. コーリン・エドワーズ (ヤマハ) 1:56.540
5. ランディ・ド・プニエ (ホンダ) 1:56.588
6. アンドレア・ドビツィオーツォ (レプソル・ホンダチーム) 1:56.811
10. ダニ・ペドロサ (レプソル・ホンダチーム) 1:57.047


2-mgp_180310_tqat_016.jpg
2010年3月19日 20:00  | 2010 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


Official press release 
26/02/2010 

アンドレア・ドビツィオーツォはタイムシート7番手、ダニ・ペドロサは8位

2010年チャンピオンシップのスタートが近付いている。マレーシアでのテスト2日目を終え、4月11日にシーズンが開幕するまでのテスト日は、3月18-19日の残りわずか2日となった。今日のテストは、レプソル・ホンダチーム、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーツォ両ライダーのピットに良好な感触を残したが、依然として多くの課題が残っていることも認識された。

mgp_260210_testsep_008.jpg

初日に比べて上昇した気温により、ライダーの作業がより難しいものになった。時間はあまり残っていなかったが路面は前日よりも滑りやすく、過度なリスクを取るのには適さないコースコンディションだった。

アンドレア・ドビツィオーツォはマレーシアのサーキットを46周走行し、13周目に記録したベストタイムがこの日7番手だった。イタリア人レプソルライダーは、午後にはレースのシュミレーションを行い、計15週を連続して2分2秒台で周回した。このテストでは、タイヤの摩耗や燃料減少時などの貴重なデータを取ることができた。

ガレージの反対側では、スペイン人ライダーのダニ・ペドロサが前日のタイムを0.5秒以上も短縮しながら満足していなかった。ペドロサはこのテスト2日間、マシンの上で心地よさを感じることができず、彼のベストタイムがバレンティーノ・ロッシによって記録された2日目の最高タイムに1秒以上も及ばなかったことがそれを証明している。新しいオーリンズのサスペンションとマシンに順応することは容易ではなく、加速時のマシンの過度な振動と唐突な挙動が、彼がベストタイムを記録することを阻んだ。

二人のレプソル・ホンダチームライダーたちは、2010年最初のグランプリが始まる前、3月にカタールで行う最終テストを前に、数日間の休息を取るため帰路についた。


コメント

ダニ・ペドロサ >> 2:01.478 57周、316km

“ペースを上げるためにたくさん仕事をしたし、多くのことを試した。エンジンのフィーリングについては良い進展があったが、それ以外では結果を得ることが出来なかった。昨日からの問題もまだいくつか残っている。

カタールまでにしなければならないことがたくさんある。チームは懸命に努力しているし、もっと良くなる自信はある。もちろん8番目のタイムは望んだものではないので、カタールでもっと前進しなければならない。”


アンドレア・ドビツィオーツォ >> 2:01.439 46周、255km

“2月にここに来た前回のテストと比べて、今回のテストでは大きな前進があったと思う。着実にラップできたことに満足だし、これがレースでは重要なことだ。レースのシュミレーションを試み、レースタイヤでのペースは良好だった。

今日はタイムシート7位という結果に満足できないが、これはラップタイム改善のためにソフトタイヤを最もよい状態で使えなかったことが原因だ。レースのために良いグリッドを確保することは重要なので、その点について分析しなければならない。バレンティーノやストーナーに追いつくためにすべきことはまだたくさんあるが、全体としては自信を持っている。”

mgp_260210_testsep_015.jpg


オフィシャルリザルト
1. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ) 2:00.271
2. ケーシー・ストーナー (ドゥカティ) 2:00.512
3. ニッキー・ヘイデン (ドゥカティ) 2:00.703
4. コーリン・エドワーズ (ヤマハ) 2:00.988
5. ベン・スピース (ヤマハ) 2:01.014
7. アンドレア・ドビツィオーツォ (レプソル・ホンダチーム) 2:01.439
8. ダニ・ペドロサ (レプソル・ホンダチーム) 2:01.478

2010年2月27日 20:00  | 2010 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


Official press release 
2010/2/25
 
アンドレア・ドビツィオーツォが3番時計、ペドロサは転倒にもかかわらず7位で終了

Moto GPの活動が今日、数週間前と同じマレーシアのセパンサーキットで始まり、長いウィンターブレーク後の2010年プレシーズンテストが再開された。

mgp_250210_sepang_005.jpg

レプソル・ホンダライダー、ダニ・ペドロサとアンドレア・ドビツィオーツォは朝10時頃コースへ出、昼食時の小休止を挟んで午後5時までの間、たくさんのホンダクルーと共に精力的にテストを行った。

スペイン人のレプソル・ホンダチームライダー、ダニ・ペドロサは午後1時40分ごろ左9コーナーでフロントタイヤのグリップを失いマシンから投げ出されたが、大事には至らなかった。彼は一旦ピットへ戻り、クルーと少し話した後スタッフがマシンをチェックする間小休止して昼食を取ることに決めた。

その間ガレージの反対側でアンドレア・ドビツィオーツォは静かな日を送っていた。イタリア人ライダーは、前回のテスト後にHRCに要請した改善点が全般に渡って改良されていることをテクニカルチームと確認しながら、徐々にペースを上げていった。52周を走行し、36周目に今日このマレーシアのサーキットで最も速かったバレンティーノ・ロッシに遅れることわずか0.536秒、この日三番目のタイム2.01'631を記録した。イタリア人ライダーは、マシンの進んでいる開発の方向性とHRCの多大な尽力に非常に満足していた。

午後3時30分、ダニ・ペドロサはマシンの修復を終えてコースへと戻った。無事に午後のセッションを終え、スペイン人ライダーはマシンのパフォーマンスに完全には満足できなかった。ダニは、全般の戦闘力を上げるためにまだ多くの作業が必要だと語った。ペドロサはマレーシアのサーキットを47周走り、ベストタイム2.02'036を記録した。ロッシから0.968秒遅れのこのタイムは、タイムシートの7番目になるのには十分なタイムだった。

明日金曜日、Moto GPライダーたちはセパンでの最終二日目のテストを終え、来月4月11日にドーハ郊外のカタール・ロサイルサーキット行われる、2010年チャンピオンシップ開幕前最後のテストを続け
る。


コメント


ダニ・ペドロサ >> 2.02’036 47周、261km

“今日はかなりの変更を加え多くの作業をしたがマシンは安定せず、解決策が見つからなかった。明日
はコーナーでの速度を高め、よりよいセッティングを見つけ出すことに専念する。

ヘアピンでブレーキングが遅れ、コースアウトするのを防ごうと思ったが、フロントタイヤが切りこんで転倒してしまった。シーズンが始まるまでに多くの時間は残されておらずテストの時間は重要なので、明日は有意義な日にしたい。”

mgp_250210_sepang_007.jpg


アンドレア・ドビツィオーツォ >> 2.01’631 52周、288km

“今日のテスト初日には満足している。タイムは3番目だったが、重要なことは着実にペースを上げられたことだ。全てのセッションでクイックリーに進めることができた。

もちろんトップタイムとの差を縮めなければならずまだやるべきことはたくさんあるが、自信があるし、ホンダが行ってくれた開発の成果に満足している。今日はライディングポジションの変更をして良好な結果だったし、新しい電子制御のセッティングを試した。明日はレースでのペースを確認するため
により多くの周回を重ねたい。”


オフィシャルリザルト
1.バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ) 2:01.068
2.ケーシー・ストーナー (ドゥカティ) 2:01.219
3.アンドレア・ドビツィオーツォ (レプソル・ホンダチーム) 2:01.631
4.ロリス・カピロッシ (スズキ) 2:01.687
5.ベン・スピース (ヤマハ) 2:01.843
7.ダニ・ペドロサ (レプソル・ホンダチーム) 2:02.036

2010年2月26日 20:00  | 2010 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


Official Press Release 
2010/2/5
ダニ・ペドロサとアンドレア・ドビツィオーツォ、前日のタイムを更新

セパン国際サーキットで、1日の初めと終わりの雨にもかかわらずレプソル・ホンダチームは価値あるタイムを得ることができ、2010年最初のテスト2日間を終えた。ダニ・ペドロサはオーリンズサスペンションの2010年型ホンダRC212Vに適応し始め、前日よりも1秒以上タイムを縮めて全体の4位でテストを終えた。スペイン人ライダーはまた、午前中の雨を利用してウェットコンディションで初めて新しいマシンと向上した電子システムの感触をつかんだ。

mgp_050210_tsep_017.jpg

彼のレプソル・ホンダチームメイト、アンドレア・ドビツィオーツォもまたコースが乾いてペースを上げる前にペドロサに合流し、タイムを縮めた。イタリア人ライダーは、彼のクルーと共に今年のファクトリーマシンのために準備されたテストを続け、前日より0.4秒タイムを削った。

2010年最初のレースは、4月11日(日)、カタール・ロサイルサーキットで照明の元行われる。その前に、レプソル・ホンダチームは2月25-26の更に2日間セパンで、そして3月18日にカタールで最終テストを行う。


コメント

ダニ・ペドロサ >> 2:01.822 50周

"今日はより多くのテストを行い、著しい進歩があったと言える。これは追うべき正しい方向を見つけ出すという点でとても重要だ。主にリアサスペンションの調整に集中し、次回またここで行うテストで有効となる、多くのデータを収集した。またスウィングアームについてもテストをし、終盤で改善が感じられたので、その点もとてもうれしい。

昨日はマシンに乗るのが久しぶりなためリズムを取り戻すのに時間がかかったが、今日はずっと良かった - まだ100%ではないが。少し時間をおいてまたここでテスト出来るのは良いことだ。自分もチームもここで見つけた問題点を分析し、それに集中したほうが良いと考えたので、新しいパーツは頼まなかった。満足して家に帰るよ。"


アンドレア・ドビツィオーツォ >> 2:02.272 52周

"良いフィーリングでセパンを離れ、次回のテストにも自信がある。なぜなら進まなければならない方向が明確になったから。今日サスペンションの調整をしいくつかのセットアップを試したが良い結果だった。電子システム改良 - パッケージは全ての点で改良されていた - のおかげでハッピーだ。しかしまだやらなければならないことはある。

具体的には、バランスについても進歩が必要だ。ここセパンでの次回テストで、この点についての調整ができると思う。今日はずっとハードタイヤで走行し、ラップタイムの追及はしなかった。次回のセパンテストが本来のペースをより示すものとなるだろう。"

mgp_050210_tsep_009.jpg


オフィシャルリザルト
1. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ) 2:00.925
2. ケーシー・ストーナー (ドゥカティ) 2:00.925
3. ホルヘ・ロレンソ (ヤマハ) 2:01.680
4. ダニ・ペドロサ (レプソル・ホンダチーム) 2:01.822
5. ベン・スピース (ヤマハ) 2:02.266
6. アンドレア・ドビツィオーツォ (レプソル・ホンダチーム) 2:02.272

2010年2月6日 20:00  | 2010 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


Official Press Release 
2010/2/4
ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーツォ、2010年最初のテスト

レプソル・ホンダチームはマレーシアのセパン国際サーキットでMotoGPのウィンターブレークを終え、2010年最初の公式テストを開始した。
昨年と同じライダーたち、スペイン人のダニ・ペドロサとイタリアン・ライダー、アンドレア・ドビツィオーツォを擁し、ホンダファクトリーは来るシーズンに向けた準備のため再びガレージのシャッターを上げた。

冬の間もHRCのエンジニアとテストライダーたちはRC212Vの開発を続けたが、ペドロサとドビツィオーツォが800cc V4のホンダのホイールを回すのは、昨年の11月11日以降初めてのことだった。そのため二人のライダーは2ヶ月の休止期間後に乗るMotoGPマシンに慣れることに時間を費やし、冬の間HRCによって改良されたマシンのシェークダウンを行った。

mgp_04022010_tsep_105.jpg

ドビツィオーツォは51周を走り、彼のRC212V試走によるパフォーマンスに満足し、マシンの見せたポテンシャルに勇気づけられた。その日ラップタイムは重要でなく、23才のライダーはベストタイム2'02.630の6位でフィニッシュした。2009シーズンの最終レースで優勝したペドロサは堅実にテストをスタートし、2010年型RC212Vで51周を走行した。再びお気に入りのナンバー26をマシンの前方に付け、24才のペドロサは昨年12月に受けた左手首からボルトを取り除く小手術後の影響を感じることなく、タイムシート8番目の2'02.866で1日を終えた。

レプソル・ホンダライダーたちは、2月末の次回テストの前に、明日も2日間のテストを仕上げるためサーキットに戻ってくる。


コメント

ダニ・ペドロサ >> 1:31.944 51周

"普通のテスト初日だった。最後にマシンに乗ってから時間がたっており、もう一度スピードに慣れ、リズムを取り戻すのに時間がかかったが、自然なことだ。オーリンズの採用は昨シーズンと比べて大きな変更であり、ラップタイムやパフォーマンスを求めず1日の多くをサスペンションの調整に費やした。

12月にボルトを取り除いた左手首のフィーリングは良好だ。今日は慎重にテストを行い、明日から更に改善出来る多くの点がある。"


アンドレア・ドビツィオーツォ >> 1:32.825 51周

"これはとても重要なテストで、長いウィンターブレイクの後にマシンに戻ってこれてうれしい。良好な初日であり、ホンダが持ちこんでくれたアップデートされたマシンを得てハッピーだ。準備が完了するまでにたくさんの作業と多くのテストすべきことがあり、今日のラップタイムは我々のポテンシャルを表わすものではない。

ホンダが電子機器に行った改良は大きな効果があり、シャーシのフィーリングも良かった。レースを通
して維持できるペース向上に集中しており、明日も続けるつもりだ。まだテストすべきことがたくさんあるが、我々が正しい方向に向かっていることを確認するために今日のテストは重要だった。"

mgp_050210_tsep_003.jpg
2010年2月5日 20:00  | 2010 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る