ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


MotoGP. Japanese Grand Prix. Motegi Circuit. Race
Official press release 
2010/10/4
 
レプソルライダー、ホンダのサーキットでシーズン5回目の表彰台

mgp_031010_jap_109.jpg

アンドレア・ドビツィオーツォは、ホンダ所有のサーキット・もてぎで行われた日本グランプリで、2位に入賞し5回目の表彰台に立った。この結果によりレプソルライダーはチャンピオンシップ4位に浮上、またレプソルが1995年にホンダのファクトリーチームに合流してから通算250度目の表彰台獲得となった。

イタリア人レプソル・ホンダチームライダーは、もてぎのスターティンググリッドで初めてのポールポジションから好スタートを切ったが、ケーシー・ストーナーに追い越されてしまった。二人のライダーはライバルたちに差をつけ、ドビツィオーツォはストーナーとの差をコンマ5秒に保っていたが、オーストラリア人ライダーにプレッシャーを与えることができなかった。

リアタイヤのスライドでマシンから投げ出されそうになったとき、彼はイギリスグランプリと同じ2位を受け入れることを決めた。この結果はレプソル・ホンダチームの16年間の戦いにおける、250度目の表彰台獲得という節目でもあった。

mgp_031010_jap_115.jpg

アンドレア・ドビツィオーツォが日本のもてぎサーキットで2位に入賞したとき、チームメイトのダニ・ペドロサはバルセロナの病院で前日に受けた、負傷した鎖骨の治療からの回復に努めていた。2時間の手術を経てドクターは結果に満足していた。レプソル・ホンダチームのライダーは間もなくリハビリを始める。


アンドレア・ドビツィオーツォ >> 2位

“レース全体を通して100%プッシュした。ケーシーはタイヤが温まっていないときからとても速く、厳しい戦いになりそうだと感じた。彼がどうやったか知らないけど、驚くような速さだった。周回中、彼のほうが速いポイントが2、3箇所あったが、彼も限界にいると思ったのでプッシュを続けた。最後の数周はタイヤが消耗していたのでペースを保つのが難しく、ハイサイドを起こしそうになった。その瞬間、優勝は難しいと感じた。

優勝したくて今日はそれができると思っていたので残念だが、表彰台に戻ってこれてハッピーだ。チームにも感謝している。今このポジションにいられるのも、彼らのハードワークのおかげだから。HRCにもありがとうを言いたい。ホンダのホームレースでよい結果が出せて本当にうれしい。”


オフィシャルリザルト
1. ケーシー・ストーナー (ドゥカティ)  43:12.266
2. アンドレア・ドビツィオーツォ (レプソル・ホンダチーム) + 3.868
3. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ) + 5.707
4. ホルヘ・ロレンソ (ヤマハ) + 6.221
5. コーリン・エドワース (ヤマハ) + 27.092

ワールドチャンピオンシップ
1. ホルヘ・ロレンソ (ヤマハ) 297 ポイント
2. ダニ・ペドロサ (レプソル・ホンダチーム) 228 ポイント
3. ケーシー・ストーナー (ドゥカティ)  180 ポイント
4. アンドレア・ドビツィオーツォ (レプソル・ホンダチーム) 159 ポイント
5. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ)  156 ポイント


2010年10月5日 18:00  | 2010 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


Aragon Grand Prix
2010/9/19
ペドロサ、2位入賞でポイント差を縮小

スペイン人のレプソル・ホンダライダーはシーズン後半、強力なパフォーマンスを発揮。チェコでの2位獲得とインディアナポリス、サンマリノでの連勝に続き、アラゴンのコースでも3連勝を目指して戦い、結果価値ある20ポイントを獲得する2位に入賞した。

mgp_190910_ara_p_0000.jpg

先のレースで起きた、スタート直後のストレートエンドでのアクシデントを受け、モトGPライダーたちはモーターランドアラゴンの第一コーナーに注意深くアプローチした。3番グリッドからスタートしたダニ・ペドロサは、同じ順位のままこのコーナーに到達した。しかし加速時に、彼のホンダRC212Vのリアホイールは激しくスライドし、レプソルライダーを振り落としそうになった。このハプニングによりペドロサは、ニッキー・ヘイデンとベン・スピースが彼を追い抜くのを止めることができなかった。1周目は、終盤にスピースを抜き返して4位で周回を終えた。

彼の後ろで3列目、8位スタートだったチームメイトのアンドレア・ドビツィオーツォは1つ順位を上げて7位で1周目を終えた。シモンチェリの後方につけ、同郷のライダーを5周目で抜き去ったが、トップグループとはすでに差が開いてしまっていた。ロッシを振り切ろうとしながらスピースとの差をラップごとに詰めていき、レース終盤では彼を抜き去ろうとしたが、アメリカ人ライダーは彼のポジションを守るため激しく戦った。

前線では、ペドロサが2周目にヘイデンをパスし、3周目にはロレンソを抜いて順調に後続との差を広げようとするオーストラリア人のストーナーを追撃する態勢に入った。ペドロサが2位に浮上した時すでにストーナーは2秒半の差をつけて先行しており、スペイン人ライダーがコンマ8秒まで差を詰めてもなお、ペースを落とすことはしなかった。最終的に、レースの3/4の間プレッシャーをかけ続けた後にフロントタイヤから継続的な警告を感じ、レプソル・ホンダチームライダーは2位でフィニッシュして20ポイントを獲得することを決めた。この結果によりペドロサは、ポイントリーダーのロレンソとの差を7ポイント縮めて56ポイントとした。

ダニ・ペドロサが2位でフィニッシュし、レプソル・ホンダチームはスピースと5位争いをしているアンドレア・ドビツィオーツォへと目を向けた。アンドレアは最終ラップ、スピースを追い抜くために出来ることすべてに挑戦した。12コーナーで彼のRC212Vはリアホイールのグリップを失い、ドビツィオーツォは転倒してしまった。良いレースをしていた彼にとって、無情の結末となった。

mgp_180910_ara_d_203.jpg

アラゴングランプリが終わり、ワールドチャンピオンシップは日本、マレーシアそしてオーストラリアなどの、伝統のアジア・オセアニアツアーへと向かう。


ダニ・ペドロサ >> 2位

"スペインのファンの前で勝ちたかったが、2位という結果には満足している。第一コーナーでのスライドでいくつか順位を落とし、ケーシーの後ろに付くまでに数周を要した。そのために彼との差が開いてしまい、この時点で同じくらいのペースだったので、差を詰めて彼をつかまえるために相当ハードにプッシュしなければならなかった。しかしその後リアホイールがスライドし始めて彼に付いて行くのが難しくなったため、今日は2位で終えることにしようと思った。我々のマシンはここでは、他よりもタイヤの消耗に苦しんだが2位という順位は悪くない。ロレンソをつかまえることは難しいかもしれないが、チャンピオンシップはまだ続いている。本当にハードワークしてくれたチームに感謝している。ここ最近全てのレースで速かったので、この勢いを維持したい。もてぎでのホンダのホームレースが楽しみだ。"

アンドレア・ドビツィオーツォ >> リタイア

"レース中の順位は悪くなく、スピースとのバトルはエキサイティングだったのに、こんな結果に終わって本当に残念だ。クラッシュは、第12コーナーと13コーナーの間に起きた。スピースは深く侵入したので、インから彼を抜こうとした。そのため切り返しの時スピードが速く、ハイサイドを起こしてしまった。目標としているチャンピオンシップ3位を失ってしまい、今日ゼロポイントだったことでさらに難しくなった。序盤でいくつかミスをして、トップグループと差が付いてしまったが、レース中盤でのペースはとても速かった。スピースとのバトルの間、お互い何度も抜きあって楽しかったが、クラッシュが台無しにしてしまった。しかし十分に戦えるペースを立証できたので、もてぎでのファイトにまた戻ってくる。"


2010年9月19日 22:00  | 2010 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る