ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
8


Moto GP - Commercialbank Grand Prix of Qatar ~ Losail Circuit

ダニ・ペドロサは素晴らしいレースをし、初戦で勝利に肉薄した。ケーシー・ストーナーはケガの問題があり、3位だった。


ナイトレースを失踪するペドロサ
2012年シーズン、トップカテゴリーのMOTO GPがカタールのコース照明の下で始まった。しかし、まったく正反対に幸運が起こり、ダニ・ペドロサケーシー・ストーナーの両者はローサイルで表彰台を獲得した。ペドロサは2位を獲得、何周か勝利を獲得するチャンスがあったが、1秒差の2位でレースを終えた。チームメイトのケーシー・ストーナーはレースのほとんどを支配したが、右前腕の故障によって動きが悪くなり、結局は3位に落ちた。

数ヶ月の準備期間と、ローサイル国際サーキットでの3日間のハードワークを経て、今年のMOTO GPが現地時間の午後10時についに始まった。レプソル・ホンダーチームは優勝候補で、ケーシー・ストーナーがグリッド2番目、3列目の右からでもすばらしいスタートができるダニ・ペドロサ。両者とも第一コーナーでヤマハのホルヘ・ロレンソとベン・スピーズを捕らえた。

ホンダの二台はロレンソが第二コーナーに入る前にインサイドをとった。ペドロサとストーナーは彼の後ろにつき、1ラップ終わり前にチームメイトの前で猛プッシュをかけた。彼はロレンソに次の周のストレートでも猛プッシュをしかけリードをとり、これでオーストラリアンがまたしても逃げ切れるものと思われた。ロレンソとペドロサはストーナーが差を広げようとしているように見えたので、彼の後ろにぴたりとついていた。
ストーナーが前半を支配

シリーズランク3位はワールドチャンピオンがペースを落としたのを確認し、残り5周で捕らえた。両レプソルライダーはタイヤを温存するようにしていたが、ペドロサが先にロレンソを抜き、チームメイトを捕らえようとしていた。

数コーナーの後、ロレンソが盛り返し、ひじょうにすんなりストーナーを抜くことができた。ペドロサは残り2周で彼の方法でナンバー1の男をすんなり抜いたが、ロレンソに追いつくには遅すぎた。彼は勝者のコンマ8秒後方でレースを終えた。

ペドロサとストーナーはそれぞれ2番手と3番手、レプソルライダーの表彰台で新たなシーズンが始まった。




ダニ・ペドロサ 2位

この結果をうれしく思う。なぜならこの週末の間の問題を解決することができたからだ。良いプレシーズンを過ごした後、全てがうまくいかなかった。インフルエンザと熱があった。金曜日にはクラッシュ、それから予選は完全な失敗だった。だからこの表彰台を得てここを去るのは良い気分だ、ただ今日のレースに勝てたと思ったのでちょっと残念だけど。
チームは素晴らしい仕事をしてくれて、ウオームアップ後まったく違うものになった。それでレースでのキーになる完璧なスタートができた。そしてケーシーとホルヘについていくことができた。残り4ラップの時にリードを奪おうとしたけど、ロレンソが今回は僕より賢くてよりよい策を選んだ。彼を抜いたがすぐに彼に抜き返され、ケーシーにも抜かれた。それでケーシーの後ろに1周いてホルヘと争うチャンスをなくした。とにかく、シーズンの良いスタートだったし、ヘレスでよりよい挑戦ができるだろう。

ケーシーストーナー 3位

この週末レースを自分たちが終わりたいような終わり方にはできなかった。フリー走行3と予選後、タフなレースになると思っていたが、最後には間違った方向に行ってしまった。マシンはよく動いていた。マシンとの相性も良く積極的にペースをリードできた。
しかし、本当にひどい腕の痛みに苦しんだ。3〜4周後感じ始めたけど、次第にもっと悪くなってきた。ホルヘとダニとの差を広げて、その差を最小限の努力で維持するようにしようとしたけど、レースが進むにつれ、より悪くなっていき、ついには筋肉がまったく動かなくなった。
ハンドルを正常に握ることができなくなり、本当に難しくなったので残念な結果だったけど、様々な技術面では確信を得た。


2012年4月9日 11:17  | 2012 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る