ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
5


レプソル・ホンダチームのダニ・ペドロサは2位という、まずまずの内容でイタリアGPを終えた。ケーシー・ストーナーはコースアウトした後、8位で戦いを終えた。
italia1.jpg
今回のイタリアでもレプソル・ホンダチームにとってデコボコした結果だった。ダニ・ペドロサはムジェロの2番手の表彰台に、ケーシー・ストーナーは中盤で脱落し、8番手辺りで戦うしかなかった。レプソル・ホンダチームのライダーはシーズンの中間点でペドロサがトップと19ポイント差の2位、ストーナーが同37ポイント差の3位。

スタート後、ダニ・ペドロサはポールポジションを活かしてトップに立ったが、わずかにコーナーでふくらみ、ホルヘ・ロレンソが長い第1コーナーの内側から彼を抜いた。ホームレースであるアンドレア・ドビツィオーソが1周目の終盤で戦いを挑み、ペドロサを抜き順位を上げた。ケーシー・ストーナーはひどいスタートに苦しみ、8番手に順位を下げた。ケーシー・ストーナーは2周目に2つ順位を回復し、ニッキー・ヘイデンも捕らえようとしていた。その頃ペドロサは5周目にドビツィオーソをパスし、2位になった。それによってロレンソはペドロサがかなりプッシュしているにもかかわらず、ラップ毎にコンマ数秒ずつ差を広げ、すでに差は1秒ほどになっていた。ストーナーは10周目過ぎぐらいから再びチャタリングに苦しみ、ブレーキの制動力を失うという問題があり、コースオフし、10番手に順位を下げた。
レースが進むにつれ、ストーナーはバウティスタとバルベラを捕らえパスした。彼は結局8位に落ち着くしかなかった。ペドロサはロレンソを追撃するようにしたが、リアタイヤに問題があった。彼はドビツィオーソの前、2位になった。

ロレンソが185ポイントでリード、ペドロサは166ポイント、ストーナーは148ポイント。
MOTO GPは2週間後ラグナセカで行われる。
italia2.jpg


ダニ・ペドロサ 2位
第1コーナーでブレーキが遅れてしまい、ちょっとミスをしたらホルヘがすでにそこにいた。2〜3コーナー後、ドビツィオーソに驚いた。彼は僕をパスした。彼は第1コーナーですごく速く、他の場所で彼を抜かなければならなかったので、それに何周かかかってしまった。これでホルヘは少しずつ差を広げていったけど、自分のリズムを戻そうと1分47秒台でラップを取り始めた。タイムをキープしていたけど、リアタイヤがかなりスピンし出し、チャタリングが発生してきたのでタイヤが持つか心配になった。それで少しペースを落とすことにした。ホルヘを捕らえるには1分47秒台のラップが必要だったから。
彼はとても速かったので、彼を祝福したい。結局2位というのは自分にとって全体的に良い結果だと思うし、チームと彼らの今週末の熱心な仕事ぶりに感謝したい。

ケーシー・ストーナー 8位
まったく思っていた結果にならなかった。僕らは表彰台を狙って、ダニのペースに付いていけるかもしれないと思っていた。ホルヘはこの週末ずっと素晴らしかったし、ミスがなかった。でも今日は3位になれたらいいとは思っていた。しかし良い仕事ができなかった。
ウオームアップの間、良い仕事ができなかった。おBくらは今日はバイクにまったく満足できなかったし、心地よさを感じなかった。
レースではミスをしてしまった。11コーナーの出口で少し振れてしまった。そして12コーナーにさしかかった所ではブレーキができなかった。できる限り強く(ブレーキを)握ったし、コースの縁の前に止まるのに十分なブレーキの制動力はあったと思ったけど、かなりはずんでグラベルに捕まり、時間を無駄にしてしまった。
アルバロとの件には申し訳なく思っている。僕は第2コーナーでパスしようとしたが、彼が前をふさぎ始めたのでどうすることもできなかった。
難しい週末が終わり残念に思っている。この失敗から何かを得ようとしたが残念ながらできなかった。

2012年7月18日 14:04  | 2012 MotoGP情報
世界中
うんうんする
5


レプソル・ホンダーチームのダニ・ペドロサが2012年シーズン初勝利。ケーシー・ストーナーはペドロサと勝利に向けて戦った結果、最終ラップでクラッシュ後リタイヤ。
german2.jpg
ダニ・ペドロサが今シーズン初勝利。対照的にチームメイトのストーナーは最終ラップでクラッシュ。ドイツGPではレプソル・ホンダチームにとって、良いことと悪いことが起こった週末だった。
両ライダーは序盤からファイナルラップまでリードし、ペドロサが最終ラップでファステストラップを記録したが、ストーナーは最後から二番目のコーナーでクラッシュした。
ザクセンリンクはペドロサにとってお気に入りのコースで、今回で6勝目、MOTO GPで3年連続の勝利となった。

チャンピオンのケーシー・ストーナーはポールからのスタート、ペドロサはフロントローの3番手。
両ライダーは良いスタートを切り、トップを取ったのはスペイン人のペドロサだった。ストーナーについて行き、連続した左コーナーの内側からパスした。レプソル・ホンダチームの二人は、期待通りに、他が付いてくるのが不可能なペースを記録し、差を広げていった。ストーナーはペドロサを引き離そうとしたが、スペイン人は彼について行き、19周目に攻撃を仕掛けた。ペドロサはストーナーのRC213Vが乱れたすぐ後に一瞬のスペースができ、ストレートエンドで抜いた。ストーナーはあきらめず、徐々にタイムを縮めていった。チームメイトの背後に位置し、チャンスを伺っていた。

残り10周、両ライダーはシリアスな戦いになる事が分かっていたようだった。残り2周、ペドロサがファステストをたたき出し、ストーナーにプレッシャーを与えた。最終ラップ、残り2つのコーナーを走行中、ストーナーが転倒し、ペドロサがチェッカーフラッグを受けた。彼はさらにファステスト・ラップを記録した。german1.jpg

総合順位で14ポイント差で2位のペドロサ、20ポイント差の3位ストーナーで、MOTO GPは7日後、ムジェロで次のレースが開催される。



ダニ・ペドロサ 優勝
勝てて本当にとてもうれしい。
ついに達成できた。自分だけでなく、あきらめなかったチームの為、2位や3位で勝利できない時でもいつも応援してくれている家族やファンの為にも良かった。今シーズンの表彰台はとても重要だけど、チームの為にも勝利が欲しかったし、いつもエンジョイできるこのサーキットで今日達成できた。本当にタフな日だった。
ケーシーも素晴らしいレースをしていたし、僕に最後までかなりプレッシャーをかけてきた。でも自分も良いペースだったし、最後まで勝利に向けて戦わなければならないと思った。
良い感触だったし、次のレースに向けてモチベーションが上がった。
また、選手権争いにとっても良い結果になったけど、リラックスはしていられない。今シーズンは勝つことが簡単ではないので、今日のようにプッシュしていかないといけない。

ケーシー・ストーナー リタイヤ
本当に残念だ。転倒したコーナーではないところで、勝つか負けるかの勝負をするつもりだった。バイクは良かったし、ダニよりコンマ数秒ほどラップタイムが良いと感じていたし、彼を抜く自信があった。ファイナルラップの第一コーナーでミスをして、自分が思う以上に少しプッシュしなくてはならなくなった。しかし自分の思う通りにダニに確実に近づけたし、早い機会にチャンスがなかったら最終コーナーで彼を抜くつもりだった。自信があったけどもう少し曲がろうとしたら、すぐにフロントがすべってしまった。ブレーキをゆるめていて、ハードブレーキはしていない。ブレーキをゆるめた直後にウエイトがフロントから無くなり転倒したのだと思う。起きあがって少しでもポイントを獲得しようとしたが許されず残念だった。バイクは完璧だったが、マーシャルが僕を押し出した。自分のミスでは初めてのクラッシュだったので本当にがっかりしているけど、良いペースで走れていた。
今シーズンこの勢いを続けていれば選手権争いで心配なことはない。

2012年7月12日 17:54  | 2012 MotoGP情報
世界中
うんうんする
5




ストーナーが勝利、2位はペドロサ。
この結果、選手権争いでオーストラリア人はロレンソに並んだ。
ペドロサはトップと19ポイント差になった。
hol2.jpg
MOTO GP選手権は、オランダでの週末に有終の美を飾った。
レプソル・ホンダチームのケーシー・ストーナーとダニ・ペドロサの1-2フィニッシュ、MOTO2ではマルク・マルケス、MOTO3ではマーベリック・ピニャーレスが、スペインのエネルギーカンパニーのために勝利した。
MOTO GPの結果はストーナーのライバルであるトップのホルヘ・ロレンソがアッセンで未完走となり、ポイントで並び、選手権の順位にスパイスを加えた。

1-2位からスタートしたケーシー・ストーナーとダニ・ペドロサはオープニング・コーナーでリードを保った。完璧なスタートをしてトップをとったのはまたしてもペドロサだった。ペドロサとストーナーがトップをキープしている間に、アルバロ・バウティスタが誤った判断でコーナーに進入し、ホルヘ・ロレンソを転倒させる事故もあり、さらに差を広げていった。

オープニングラップからレプソル・ホンダチームの2人は他との差を広げ始め、今シーズン初めての1-2フィニッシュに向けてギアをトップに入れた。勝利は2人のどちらというレースだったが、まだ決まったわけではなかった。ペドロサがリードし、レースのファステストラップを記録した。しかし、ワールド・チャンピオンが彼のチームメイトに貼り付いていた。残り10周のところで彼をパスし、今シーズン3勝目を獲得した。

ペドロサは小さなミスをしてストーナーをパスするチャンスを失った。二番手が彼の順位になっていき、総合順位で後退する結果になった。ストーナーとホルヘ・ロレンソが140ポイントでリード、ペドロサは19ポイント差の121ポイント。



ダニ・ペドロサ 2位
週末の間のラップタイムを見ると、ケーシーより良いリズムだと分かった。それで良いスタートをし、一周目から引き離そうとした。ケーシーはずっと僕の背後にとどまり、レースの後半に僕を抜くために前半は温存して走行していた。僕たちのペースはとても良かった。バイクはとてもよく動いてくれたけど、今回は戦略を間違えたかもしれない。レース終盤、疲れのせいで方向転換するときにバイクが重く感じて、残り2周で1分35秒から36秒台にダウンして後退してしまった。でもこれがレース。来週のドイツでは良い戦略をしたいと思う。

ケーシー・ストーナー 優勝
ポールポジションをとり、勝利できるとは本当に信じられない。決してあきらめなかったチーム全体に本当に感謝したい。
僕のプランはスタートダッシュでアドバンテージを得て、十分に差を広げて最後までそれをキープすることだった。自分たちのポジションがどちらであっても、リアタイヤを温存しなければならないことを知っていた。ソフトタイヤを選んだので、それを傷めてしまいレース終盤にはグリップが残っていないと言う大きな可能性があった。
ダニが良いペースで走っていて、他を引き離していたことが分かったので、ついていき、タイヤと自分のエネルギーをできるだけ温存しておこうと決めた。
残り9-10周目、タイヤのパフォーマンスが大きく落ちていないし、良い感じだったので、彼を抜き差を広げられるかどうか見ることにした。
タフなレースだった。昨日のクラッシュで負ったケガでアームパンプスがひどくなったけど、肉体的には良かったし、バイクも良く動いてくれた。
ホルヘには謝らなければならない。誰もこのような方法でライバルを越えるポイントを取りたいとは思っていない。でもこのようなレースがすべてを変えることができる。
hol1.jpg
2012年7月3日 11:28  | 2012 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る