ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


ペドロサはテクニカルトラブルで最後方からのスタートとなり、1周目に後ろから衝突された。レイは自身のモトGPデビューを8位で終えた。
Misano1.jpg
今回のサンマリノGPはペドロサにとって良い日にはならなかった。スターティング・グリッドでの複雑な手順によるミスがあり、さらに1周目にヘクトール・バルベラに接触され、ペドロサのレースは早々にして終わった。よってレースの勝者ホルヘ・ロレンソとしては事実上の競争がない結果になり、38ポイント差で選手権争いをリードすることになった。
欠場しているケーシー・ストーナーの代理出場のジョナサン・レイは世界選手権デビューを中身のあるトップ10内フィニッシュで達成した。この日はレース直前でペドロサにとって最悪の日になった。
ドゥカティのカレル・アブラハムのトラブルの影響でスタートが延期になった後、ペドロサは一旦タイヤウォーマーを外したフロントホイールにトラブルが発生した。最終的にはメカニックがフロントホイールのロックを解除することができたが、スタート前の処置に許された時間を上回り、グリッドの最後尾スタートを強いられた。

スタートし、ペドロサは堅実なスタートをした。彼は初めの数メートルで順位を上げたが、混雑を避けようと慎重に走った。彼の顔をそんなに多く見れなかった。8コーナー、10位を走っていた時、彼はヘクトール・バルベラに追い出された。バルベラがペドロサのリアホイールに接触し、ペドロサをレースから放りだした。リタイヤにもかかわらず、ペドロサはレースの勝者ホルヘ・ロレンソと38ポイント差でタイトル争いを続けている。表彰台は2位にバレンティーノ・ロッシ、3位にアルバロ・バウティスタがそれぞれ上がった。
レプソル・ホンダチームのもう一方のガレージ、ジョナサン・レイが自身のモトGP初レースで8位に入賞した。彼はレースの大部分を孤独に走っていた。トリッキーな天候のせいで、代役のライダーにとって難しい週末になった。レイはモトGPデビューレースでシングルフィニッシュを達成した。

選手権は2週間後のアラゴンに向かう。ここではペドロサが最近実のあるテストを行った。2012シーズンは残り5レースあり、125ポイントをつかむことができ、まだ戦いは完全に決まってはいない。


ダニ・ペドロサ リタイヤ
同時にいろんなことが起こった。進行がまったく明確でなかったので、リスタートから始まった。1分か3分か。ウォーマーを取るのか取らないのか、誰も分からなかった。僕らは周回についても26か27か違った情報が入ってきた。それから突然レーススタートまで1分と知らされた。ボードでのサインはまったくなかった。メカニックは準備に追われていた。フロントホイールのウォーマーを外そうとしたけど、1分前の通告が出て、もうバイクに触れることができなくなり、後方に追いやられた。集中を続けるように、1周目にミスをしないように、鮮やかなオーバーテイクをしようとした。そして6コーナーで8位か9位だった時、バルベラが後方からぶつけてきた。そしてそれで終わり。
今さら言うのは簡単だけど、グリッドの最後尾からのスタートでも、レースに勝つチャンスがあったと思うから、とてもがっかりしている。僕にとって選手権争いは明らかにさらに困難になったけど、同じように戦っていこうと思う。できる限りすべてやってきた。バイクはよく動いているし、僕もうまく乗っている。まだ終わっていない。5戦残っているので、ベストを尽くすよ。

ジョナサン・レイ 8位
タフなレースだった。僕はリズムをつかみ、それを維持出来るようにしたかった。まだ限界近くがどこかも分からないし、幾つかの場面では分からなかったし、いくつかミスをしてふくらんでしまった。それは信用の問題で、まだマシンに慣れていない。
レースを通して上達したことにとても満足している。どのようにタイヤが摩耗するのか、どのように燃料を使うのか、どのようにバイクを扱うのかなど、レースの距離でテストではつかめない多くのことを学んだ。
序盤はニッキー・ヘイデンが差を広げていったが、最後には近づいた。でも抜くことはできなかった。8位だったことは良かったけど、前との差は少しフラストレーションがたまる。全体的には本当によかったし、アラゴンでの次のチャレンジを楽しみにしている。
すばらしい仕事をしてくれてサポートしてくれたレプソル・ホンダチームのみんなと母国のファンのみんなに感謝したい。


2012年9月25日 01:24  | 2012 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


8月31日、オーストラリアでレプソル・ホンダのケーシー・ストーナーが12日前のインディアナポリスGPの予選でのクラッシュでダメージを負った足首の手術を行った。

処置はシドニーの北海岸の個人病院でドクター・ラムのチームによって行われた。医師は手術の進捗具合に満足している。そして、今はどれくらい足首が回復しているか見るのに、最初の回復期間を待たなければいけないとしている。

合併症はないし、またケーシー・ストーナーが入院する必要がないということで、彼は家へ戻った。そしてレプソル・ホンダチームは彼の回復情報を共有することに努めている。
2012年9月7日 01:09  | 2012 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る