ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
1



チャンピオンのマルケスがカタールでロッシとのバトルを制し勝利、ホンダに最高峰クラスでの250勝目を与えた。チームメイトのダニ・ペドロサは表彰台の3番目を獲得した。

01qatar14Mgp_JOC4319.jpg 

モトGP2014年シーズンが始まり、最高峰クラスで250勝目をとるためのホンダの舵取りで、チャンピオンはファンをまた熱狂させた。6週間前にケガをして、プレシーズンの3分の2を戦えなかったマルケスだが、バレンティーノ・ロッシ(2位)やチームメイトのダニ・ペドロサ(3位)に強く攻め込まれても、最初の美しいレースで勝利を達成することの妨げにはならなかった。

 

レースはホルヘ・ロレンソがスタートで好発進し、第一コーナーでリードをとったことから始まった。しかし、スタートが良かったステファン・ブラドルがターン9でしたのと同じように、ホルヘも1周目最後のターン15で転倒。これでマルケスが接近戦でロッシとペドロサ、アルバロ・バウティスタを従え、トップに立った。レースはファイナルラップになり、21歳のマルケスと、ベテランのロッシがシーズン1勝目をかけて争い、マルケスがトップになった。3位争いは、ペドロサが表彰台の最後の位置を獲得するのに、バウティスタによって受けられた事故を利用した。

 01qatar14Mgp_JOC4889.jpg

この勝利に続き、マルケスは昨年モトGPクラスで初めの勝利を得たオースティンに3週間以内に移動する予定である。


 

マルク・マルケス

1st - 42:40.561

今日はとても満足です。25ポイントは重要だけど、プレシーズンの大部分を失った、自分で引き起こしたケガから戻ってこれたことも重要だった。この週末は、前に凄いペースで多くのライダーがいたし、どのようにレースが進みそうか見ていた。このレースでの勝利は大きい。バレンティーノとのバトルはレースの一番の見所だった。しかも勝ったし。本当に楽しめたよ。

 

ダニ・ペドロサ

3rd at 3.370 sec.

3位はポジティブな結果だよ。この週末、僕のスタイルに合わない難しいサーキットで表彰台で終われた。それで、良いスタートが切れたよ。接近戦だったけど、レースが進むにつれ、多くの事故があったし、表彰台で終われたことは重要だ。それでこれから改善し続けて、次戦勝てるように戦うよ。



2014年3月25日 16:52  | 2014 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


モトGPチャンピオンがもうすぐ開幕のシーズンを分析するが、彼は腓骨骨折からの回復中である。カタールでの2014年最初のレースを待っているマルケスにとってもカウントダウンが始まっている。モトGPチャンピオンは最近のマレーシアとオーストラリアのテストを腓骨骨折のため参加せず、シーズン開幕に100%ではないが、参戦する自信を持っている。レプソル・ホンダのライダーは、どのようにモトGP2年目のシーズンを取り組むか、タイトルを守る難しい挑戦と向き合っている。

 mar1.jpg

Q:どのチームもライバルもファンも知りたい質問だけど、「彼はケガの後どうしてるの?回復してるの?」

Mar:良くなってきているよ。骨は治ってきている。それが重要なこと。それにいつでもミル医師の検査を受けていて、彼はコンディションは改善されていると言っているよ。だんだんと練習もできるようになっているし、それにカタールでどのように戦うかも分かっている。100%治るのが無理なのは分かっているけど、できる限りの準備はするよ。

 

Q:ここ2ヶ月トラックに出ていませんが、どのようにシーズンの準備を見ていますか?

Mar:いつものプレシーズン後より充分な準備をしてカタールに行く方が良いのは明らかだけど、状況がこれだよ。最後にバイクに乗ってから1ヶ月半ぐらいになるので、特に初めの練習で我慢しなければならないだろうね。事実として、初めのセパンのテストはとても良い状態だったので、課された多くのことを試すことができた。でも、プレシーズンからのto doリスト上、まだすることがあるのは明白だし、初めの2~3レースは少しずつやっていかないといけないだろうね。カタールで優先されることは落ち着いていくことだよ。

 

Q:2月初め、あなたはホンダに乗っていましたが、去年のマシンとの違いはありましたか?

Mar:いいえ、2014年のバイクは去年のととても似ているよ。新しいレギュレーション、特に燃料消費の点では、バイクを調整していかなくてはならないのは明白だよ。シャーシとスイングアームは違っているけど、バイクはとても共通点があるように動くよ。重要なことは僕らが進化していること。それらの変更点と僕らがいいと思っている去年のベースがあるけど、今は僕らが異なるサーキットで見極める必要がある。

 

Q:3人のスペイン人ライダー、若返ったロッシ、オープンクラスの間での新しいバトルがある今シーズンをどのように見ていますか?

Mar:2014年の選手権は難しいだろう。家でプレシーズンをよく見ていてそう思ったよ。多くのライダーが良いタイムを出していた。特に予選でソフトリアタイヤのおかげでよく前の方に出てこられるから、オープンクラスのバイク・パフォーマンスがどうだかみることに興味があったよ。戦闘力が高いだろう。僕らにとっての主なライバルは事実上、ロレンソ、ペドロサなのは明らかだけど、ロッシが去年にはなかったすごいペースで、すばらしいプレシーズンを過ごした。僕らはドゥカティとポル・エスパルガロのデビューと、オープンクラスのアレックス・エスパルガロによって役割が何か分かるだろう。ファンにとっては面白いシーズンになると思うよ。

 

Q:タイトルを獲得して、今年はあなたはタイトルを守る本命です。プレッシャーを感じますか?

Mar:プレッシャーはチャンピオンになること、タイトルを守ること。ファーストセッションから僕らは世界から見られているから注意深くしなければならない。最初のレースはプレシーズンの失敗の言い訳ができるので、どのように進めるか見なければならない。重要なことはポイントをゲットし、それからオースティンで普通の週末を過ごすことだよ。よりしっかり準備をしてカタールに行きたいけど、特に初めの練習走行では我慢が必要。僕らはオープニングレースでよりしっかり働かないといけないだろう。

 

Q:あなたは以前チャンピオンを守る立場ではありませんでした。タイトルを守ることは大きな目標ですか?

Mar:前は一つのクラスでいつも勝って次のクラスに上がったので、タイトルを守るという経験は面白い。今年はたとえ同じクラスにとどまっても、新しいチャレンジだよ。この経験を以前にしたことがないし、すばらしいことだと思う。93が僕に幸運を引き連れてくれたので最近ナンバー1で走っていないし、変えたくない。でも、僕は気にしない今のチャンピオンだし、タイトルを守るように頑張るよ。

 

Q:あなたにとってカタールGPはどんな思い出が浮かびますか?

Mar:カタールには良い思い出があるよ。特に去年のモトGPでの最初のレース。週末を通して、練習走行もレースでも、とてもナーバスだった。落ち着かなかった。タイトルがかかったバレンシアよりももっと落ち着かなかった。これでも、いい思い出として浮かんでくるよ。初めて表彰台を獲得し、良いレースだった。ダニの背後でバイクに乗り、バレンティーノとファイナルラップで争った。決して忘れることがない週末だったよ。

 

Q:モト3の質問をします。ケガの後、あなたの弟はどうですか?それから今シーズンどんなチャンスがあると見ていますか?

Mar:今年アレックスはKTMからホンダに変わって、新しいバイクを開発する挑戦をしている。昨シーズン、彼は僕を驚かせた。僕は彼がポテンシャルを持っていると知っていたけど、レースにも勝った。みんなびっくりしたよ。この冬彼は、肩の回復計画に基づいてしっかり働いているし、肩はゆっくりと回復している。彼はあまり時間はないし、このことがテストで彼を少し弱くしたけど、今は去年より強くなっていると思う。

 

Q:モト2チャンピオンからモトGPのチャンピオンになり、バレンシアでタイトルを決めてから、あなたの人生はどのように良く変わりましたか?

Mar:モトGPのタイトルを決めた後、自分のプロフィールの重大な増加に気付いたことは真実だよ。そして、トラックだけでなくなった。必然的にモト2からモトGPに進むとシーズン全体を通して目立つ変化があるけど、特にタイトルを獲得して何でも大きく変わった。人々がもっと認識してくれて、ファンによって評価されたと感じているし、これはとても重要なこと。彼らの好意を感じることは、自分自身にもっと自信を感じさせるし、自分自身が受け入れられていることが分かる。これはライダーにとって夢だよ。時々普通になって街で気付かれたくないということは良く分かるけど、人々がサーキットの中でも外でもあなたを止めて写真を求められたら、それは幸せを感じますよ。

 

Q:最後にレプソル・ホンダチームの20周年になりますが、今シーズンのトップ3の予言をしてください。

Mar:モトGPの僕の予想は、悪く聞こえるかもしれないけど、レプソル・ホンダの20周年記念を競って、僕が1位、ダニが2位、ロレンソが3位。


2014年3月18日 13:14  | 2014 MotoGP情報
世界中
うんうんする
1


レプソル・ホンダチームのダニ・ペドロサが最近のプレシーズンと新シーズンについて分析している。 2014年プレシーズンを終えて、ダニ・ペドロサは自身とチームが挑戦する準備ができていると感じている。カタールでのレースまで2週間を切り、レプソル・ホンダチームのライダーはセパンとフィリップアイランドでのテストで、すばらしいスタートを切り、とてもポジティブだった。
ped1.jpg
Q:マレーシアとオーストラリアのテストを終えて、あなたの2014年プレシーズンをふり返って、いかがでしたか?
Ped:充分に前向きな結果だった。僕らは2つの違うサーキットで多く周回したし、実のあるテストで多くのタイヤを使った。全体として、ひじょうに進行が進んだ。それでもまだ改良する部分がある。どれだけ時間が必要か見てみないと。

Q:初めのレースではホンダにはどんな課題がありますか?
Ped:普通にバイクを改良しようとすること。ステップアップさせることができる二つの最も重要な状況は、シャシーと電気系統。僕は特に序盤のレースでは、まだ前進できると思っている。

Q:今シーズン2014年のホンダは新しいバイクと言えますか?それとも、去年のものをベースにしたアップグレードものですか?
Ped:このバイクは去年のバイクの多くの特徴を維持している。言うまでもなく、部分的にレギュレーションは調整を要求しているわけだから、バイクは変化している。これにも関わらず、重要なことはそれを改善するためにバイクを開発することだよ。

Q:一年前より戦闘力が上がったバイクになったと思いますか?その強みはどこですか?
Ped:バイクが戦闘力があるかどうかを答えるのは難しい。これからレースを見てみないことにはね。タイヤも変わったんだ。でも、最終的にあなたはあなたの相手と比較するし、トップに重点を置くのは単にバイクではないし、それはライダーでもない。だから僕らは初戦でお互いの強みを見せなきゃいけない。

Q:タンク容量が1リットル小さくなったということはバイクの動きに変化がありましたか?去年と同じパワーをキープするため燃料性能を増強するような協力をレプソルとしたのでしょうか?
Ped:事実そうだろうね。レプソルとホンダの間に密接な関係があって幸運だよ。エンジンと燃料の相乗効果は、より効果的だし、新しい燃料タンクのレギュレーションに素早く対応できるからいいよね。このコンビネーションが再び勝利のものか見てみよう。今シーズン、ローサイル・サーキットのレッドシグナルが消えるまで何も分からない。誰がどこにいるのかさっぱり分からない。

Q:初戦まで2週間を切りました。カタールGPに向けてどのように感じていますか?今のあなたのパフォーマンス、健康状態、経験を基に2014シーズンにどのように向かっていきますか?
Ped:正直、強い熱意と熱望だけど、全チームがこの冬を通して良く働いていたし、僕らはできる限りのことをしなければならない。僕らは成功するための強い願望を持ってスタートする必要がある。

Q:昨年、あなたとホルヘ・ロレンソがレースをしなかったアッセンを除いて、勝利は選手権トップ3が獲得しています。今年は事態が動くと思いますか?
Ped:まだ早すぎてそんな予言はできないよ。GPシーズンが始まるまでどのようにGPが進むかという考えなど思いつかない。

Q:より多くのライダーが勝利を選んだら、より多くのレースでの堅実さより重要になるでしょうか?
Ped:言うまでもなく、いつだって勝利はより多くのポイント、より多くの勝つ時間、より多くの精神的に堅実な結果を与えてくれる。僕らは一つのトレーニングをしているだけではない。いろいろだ。ある日はフィットネストレーニングで本当に忙しい。ホリデーは11月と12月の間でとり、1月から毎日トレーニングで忙しい。スポンサー・イベントの特別な日は除いてね。

Q:プレシーズンの終わりにファクトリー2カテゴリーという彼らの決定した、今シーズンのドゥカティをどのように見ていますか?
Ped:今年はドゥカティには変化があると思う。たぶんファクトリー2カテゴリーに入ったのは、彼らにオーダーをより高くすることになるだろう。しかし、事実は、この時期にするということ全てが分からない。ローサイル・サーキットのレッドシグナルが消えるまで誰がどこにいるのかさっぱり分からない。
2014年3月18日 11:21  | 2014 MotoGP情報
世界中
うんうんする
3


2014年度のレン耐スケジュールです。 2014sche_rentai&tgpv.jpg
2014年3月13日 12:04  | レン耐・キッズバイク
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る