ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
1


ダニ・ペドロサがミサノで3位。マルク・マルケスは2位走行中のレース中盤にクラッシュ、1ポイントを獲得した。

 13SanMarino14Mgp_JOC4999.jpg

サンマリノGPはレプソルホンダのライダーには運が混ざっていた。ダニ・ペドロサは激しい戦いの後、表彰台を獲得、マルク・マルケスはバレンティーノ・ロッシを追撃し、勝利に向けてプッシュしている時にクラッシュした。マルケスはレースでポイントを得るためにバイクに戻り、まだ総合順位でペドロサから74ポイントのリードをしている。

 

二列目からスタートしたマルケスとペドロサはさまざまなスタートだった。チャンピオンのマルケスは、ホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシの後ろ3番手、チームメイトのペドロサはオープニングラップの終わりには二つ順位を落として7番手だった。激しいオープニングラップ中で、ロッシとマルケスがロレンソを交わし、引き離した。ペドロサはポル・エスパルガロ、アンドレア・イアンノーネ、アンドレア・ドビツィオーソをパスし、4位に上がった。しかし、ペドロサは抜くのに手間取り何秒か後退していった。

 

前方ではロッシとマルケスが勝利に向けて争っているように見えたが、チャンピオンシップ・リーダーのマルケスは10周目にミスをして、地元のヒーローに勝利を差し出した。マルケスはスピードが遅い「ターン4」で転倒し、20番手でレースに戻った。彼は15位をつかみ、1ポイントを獲得した。ダニ・ペドロサは3位でフィニッシュ。最後にはドビツィオーソとの決闘から抜け出した。

 13SanMarino14Mgp_JOC5100.jpg

モトGPは2週間後、モーターランド・サーキットで行われるアラゴンGPで今シーズン3回目のスペインに戻る。


 

マルク・マルケス

15th, at 1:15.948 sec.

昨日バレンティーノとホルヘについていくことが出来るとは思えなかったから、今シーズン初めてのミスのせいでクラッシュしたけど、今日はついていくことができたので良かった。彼らは少し良いペースだったし、今日は彼らに少し近づく事ができた。バレンティーノと争うことが可能だと思った。でも、ミスのせいでできなかった。内側の縁石に乗って、フロントのグリップを失った。幸い、レースに復帰できて、良いペースで走れて、今後の役に立つ1ポイントを獲得できた。

 

ダニ・ペドロサ

3rd, at 4.276 sec.

今日のレースがとても難しかったし、1番きつかった。マルクはバレンティーノとホルヘについていこうとしたけど、最終的にはクラッシュしてしまった。彼らがここではとても強かった。このレースは僕らにはフロントとリアに多くの問題点があった。それでできることは少ししかなかった。オープニングラップから大幅にタイムロスしたし、それが全体のレースの影響した。ベストを尽くしたけど、まだドビツィオーソについていくのが厳しかった。彼はとても速いラップを刻んできた。最終的にはバレンティーノとホルヘと同じぐらいの速さで走っていた。今は今週のことをポジティブに考えなくてはいけない。僕が好きなコースの次戦のアラゴンでは、良い感触で良いレースをしたい。



2014年9月16日 21:52  | 2014 MotoGP情報
世界中
うんうんする
7


イギリスGPで選手権争いトップのマルケスが激しい戦いで勝利。今週末はどの練習走行でもトップの末、勝利を取り戻した。ペドロサは4位。表彰台に1000分の1秒足りなかった。

 02Austin14Mgp_JOC3965.jpg

マルク・マルケスとホルヘ・ロレンソは、昨年のイギリスGPを終わった所からまた始まり、レースでスリリングなバトルに没頭した。今回は勝ったのはチャンピオンのマルケスで、昨年のリベンジを果たした。マルケスは12レースで11勝目への道筋で、どの練習走行でもトップ、前日ポールポジションを獲得し、レース当日の朝のウオームアップではファステストラップを記録するという申し分のない週末を過ごした。別の戦いでは、3位をかけてダニ・ペドロサは表彰台まで0.175秒の4位で終えた。

 

スタート後、ポールシッターからリードを奪ったのはホルヘ・ロレンソだった。ロレンソとマルケスはロッシ、ペドロサ、ドビツィオーソの3位争いをしている第2集団から離れていった。残り7周、マルケスがリードしたが、2周後ミスをして2位に順位を落とした。残り3周でトップに返り咲き、チェッカーフラッグを受けるまで限界までプッシュした。マルケスとロレンソの後ろでは、ペドロサは最終ラップまで表彰台をかけた争いの中にいた。ドビツィオーソは抜いたがロッシの後ろ0.175秒で終えた。

 

この結果、マルケスは今シーズン獲得可能な300ポイントのうち、288ポイントを獲得。ペドロサは199ポイントで2位を堅守。3位のロッシとは10ポイント差。
02Austin14Mgp_JOC4481.jpg


 

マルク・マルケス

1st, 40:51.835

勝ててとてもうれしい。昨日の練習で起こったことを伝えて、少し違うレースになることを期待していたけど、今日は気温が高く、ホルヘとバレンティーノが前進したように思った。何よりホルヘだった。彼はすごいペースだったし、最後までまじめに戦ってきた。ブルーノで負けた後だったし、今日勝つことは重要だった。また、ホルヘが最終コーナーで僕を打ち負かした去年に決着をつける理由があったので、表彰台のトップに戻れたことはうれしい。

 

ダニ・ペドロサ

4th +8.694 sec.

今日のレースは簡単ではなかった。ひどいスタートをしてしまい、オープニングラップでトップグループから少し離されてしまった。けれども正直その後もトップと同じようなペースで走れなかった。でも、バレンティーノとアンドレアと争ったし、ついに最終ラップで順位を回復した。ベストな週末ではなかったけど、次のGPではまたトップに戻れるようにするよ。


2014年9月1日 15:12  | 2014 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る