ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
2


 2回目の公式テストは、24歳の誕生日を迎えたマルク・マルケスとチームメイトのダニ・ペドロサにとって、ひじょうに実りの多いテストになった。両ライダーは、一日を通してひじょうに速いペースを保ち、それぞれ2位と3位でテストを終了した。
02AustraliaTestMgpPr17_REPSOL_AX08488.jpg
好天の中、レプソル・ホンダチームのライダーは、時間をむだにせず、予定していた15分でスタート方法を練習するために9:45にコースに出た。その後、RC213Vのセットアップと、エンジン・マッピングに精力的に動き、さらにミシュランがテストに持ち込んだ新しいタイヤのスペックを確認した。
02AustraliaTestMgpPr17_REPSOL_AX07192.jpg

マルク・マルケス 2nd - 1:28.843 - 96 laps - 427km
午前中にベストラップを更新したけれど、特に午後からは多くの内容を改善できたので今日の進め方に満足している。全体的にとてもポジティブな3日目だったし、良い仕事をしたと思う。もちろん、このサーキットでは特別であることを忘れてはいないし、カタールで僕らの本来の状態が分かるだろう。
今日はチームから虫眼鏡という面白いプレゼントがあった。彼らは僕らの持っている問題を探すのにデータをチェックし、自分自身でそれを探せと僕に言っていることを強調しているのだと分かっている。HRCのたいへんな苦労には感謝しているし、徐々に良くなってきている。クルーチーフのサンティ・ヘルナンデスは良くなることを願っている。彼はいくつかメディカルチェックがあり、フィリップ・アイランドには来れなかった。僕らはみんな彼がいなくて寂しい思いをしているし、次のテストではまた彼に会えることを楽しみにしている。

ダニ・ペドロサ 3rd - 1:29.033 - 65 laps - 289km
特にお気に入りのコースの一つではないことを考慮に入れても、全体的にとてもポジティブなテストだった。本当に良く乗れていたし、日々改善できたと思う。昨日は体調が良くなかったけど、今日は少しずつ良くなってきて、コースで良い仕事ができた。チームがよく頑張ってくれた。僕らはまた電気系統とバイクのセットアップに集中した。時間がなくて唯一できなかったのがロングランだった。ミシュランもタイヤの面でいくつか前進させてくれた。まだいくつもすることがあるけど、全てにおいて正しい方向に向かっていると言える。

2017年2月20日 13:30  | 2016 MotoGP情報
世界中
うんうんする
8


 2月10日は、レプソルとホンダによる世界選手権で最も成功したチームの歴史が始まった日である。
22RepsolHonda_ENG.jpg
レプソル・ホンダチーム結成以来、15人のライダー、365レース、151勝、12回のチャンピオン、392表彰台、170ファステストラップ、159ポールポジションを獲得しているが、さらにその数を更新している。
それはライダー、バイク、エンジニア、メカニックの才能と労力との契約であり、ライダーがミック・ドゥーハン、アレックス・クリビーレ、伊藤真一、岡田忠之、青木拓磨、セテ・ジベルノー、宇川徹、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデン、アレックス・バロス、マックス・ビアッジ、アンドレア・ドビツィオーソ、ケーシー・ストーナー、ダニ・ペドロサ、マルク・マルケスの誰であろうと、バイクもNSR500、RC211V、RC212V、RC213Vであろうと同じである。
技術の進化と、ファンに喜びを与えることは同じことで、ミック・ドゥーハンの4度のチャンピオン獲得、アレックス・クリビーレは1999年、スペイン人初の500ccタイトルを獲得、マルク・マルケスは史上最年少でチャンピオンを獲得、ダニ・ペドロサは少なくても一年に一回は優勝し11シーズンを過ごしている。
チームは1995年2月10日「これはパフォーマンスの強化が基のプロジェクトです」とのプレスリリースを発表。その時以来5大陸の多くのサーキットで起こったことは果てしない。


2017年2月17日 15:26  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
3


マルク・マルケスとダニ・ペドロサが2月3日、インドネシアのジャカルタでレプソル・ホンダチームの2017年レース体制を発表した。

レプソル・ホンダチームのライダー達は、ステージ上でHRCゼネラルマネージャーの桑田哲宏氏とチーム代表リビオ・スッポ氏と共に、2017年の選手権でレースを戦うRC213Vの公式発表に加わった。
ハッシュタグ#MadAboutRepsolHondaTeamからの応募に勝ち残った4人のひじょうに幸運なインドネシアのファンは、近くでRC213Vに見とれ、マルクとダニがヨーロッパへ戻るために空港に向かう前にあいさつをかわす特別な機会を持った。レプソル・ホンダチームの発表会は今回で3年連続インドネシアのアストラホンダで行われた。マルケスとペドロサの今後の行動は、2月15日〜17日、フィリップアイランドで行われる2回目の公式テストから再開する。

マルク・マルケス
何度かここに来ていて、みんながいかにモトGPを愛しているか分かる。相変わらず彼らは僕に前回よりさらに多い歓迎を感じさせる。すばらしい!
昨日工場を見学したことも興味深かったし、楽しかった。僕はバイクが好きだし、どのようにバイクが生まれるのか見れて、携わるみんなにも会えることがとても楽しかった。信じられないくらい協力的で、情熱的だ。彼らのためにもベストを尽くすよ。十分なウインターテストを始めて、今は仕事し続けて、トップでまた争えるよう準備し、さらに前進しなくてはならない。

ダニ・ペドロサ
今日の2017シーズンの公式チーム発表は、何度もすでにしたことがあっても、いつも興奮する瞬間。良い感じで本当に新しいレースシーズンが始まることを楽しみにしている。また、チーム発表会のためにここに来れたことは本当にうれしい。去年の10月はケガでここでのイベントに参加できなかったけど、今回インドネシアの多くの人がサポートしてくれていることを見せてくれた。昨日のアストラホンダ工場も素晴らしかった。2,000人以上の応援と歓迎があった。
2017年2月4日 10:16  | 未分類
世界中
うんうんする
2


 00_TEST_MAL_2017_REPSOL-8285.jpg
太陽が照りつけたセパンでのテスト最終日は、レプソル・ホンダチームのライダーたちは、10時にコースに入り、時間をむだにしなかった。テストは主にRC213Vの最新エンジンの特性、シャシー、ミシュランタイヤに集中し、マルク・マルケスとダニ・ペドロサはそれらのセットアップとペースを改善した。マルク・マルケスはどのライダーよりも多い85周を周回、18周目にトップと0.138秒差の1:59.506を記録した。ダニ・ペドロサは67周を周回し、64ラップ目にチームメイトのマルケスと0.1秒以内の1:59.578、全体4位のタイムを記録した。
レプソル・ホンダチームのライダーは、2月3日にインドネシアのジャカルタで行われるチーム発表会のため、すぐにジャカルタに向かう。


マルク・マルケス
2nd, 1:59.506 - 85 laps - 471km
今日はリズムが特に重要なことだけど、今日の順位には満足している。多くの周回を重ね、可能な限り多くのことをするのが狙いで、本当に良い仕事ができた。スケジュールの多くのことを完了した。まだ快適ではないいくつかの箇所で多くの改良が必要だけど、それでも3日間少しずつ良くなった。今日はバイクのセットアップもしたけど、電気系に多くの時間をかけた。ラスト1時間で11ラップのミニ・ロングランをした。ちょっとしたタイムアタックに満足したけど、ペース通りに働くことがより重要だ。全体的に3日間の過ごし方にとても満足している。

ダニ・ペドロサ
4th - 1:59.578 - 67 laps - 371km
今日は良い天気になり良かった。一日をフルに使って、多くのラップを重ね、多くの仕事ができた。3日目の最終日は明らかにとても暑い日だったし、今年初めてのテストで、すでに疲れを感じていた。とにかく、多くの面で前進できたので、十分ポジティブだったと言わざるを得ない。序盤はドタバタしたけど、日が進むにつれ多くのことを修正し迅速に動けた。まだ100%ではないけれど、初日より速くなったし、それはみんなにこの冬初めてのテストでのポジティブな写真を提供することになる。
2017年2月3日 02:14  | 2017 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る