ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


MotoGP - Australian Grand Prix. Race

a3792001e78e0adee99896f49d22878a_XL.jpg
 
申し分ない勝利でオーストラリアンが再び、今度はレプソル・ホンダチームでモトGPのワールド・チャンピオンを獲得した。彼は3位のドビツィオーソと共に表彰台に立ち、ペドロサは4位だった。
ケーシー・ストーナーは、レプソル・ホンダチームでの最初の年に母国でのグランプリでシーズン9勝目を挙げ2度目のワールド・チャンピオンとなった。ウォームアップでホルヘ・ロレンソがクラッシュして欠場し、計算上、オーストラリアンは6位以内に入賞すれば最高峰カテゴリーのタイトル獲得が確実だった。しかし彼は、アンドレア・ドビツィオーソが3位、ダニ・ペドロサが4位でフィニッシュしたレースで圧倒的な勝利を納めた。

今シーズン15戦のうち8つのレースで優勝を果たし、2位を走行中ロッシにヒットされて表彰台を逃したへレス以外、すべてのレースで表彰台を獲得して母国オーストラリアに戻ってきたケーシー・ストーナーは、スタート時、タイトル獲得の意思を固めていた。あいにくの雨天にもかかわらず素早くマージンを築き、序盤から9勝目の獲得が濃厚となった。サーキットの一部で断続的な雨が降ったため、9周目に白旗がでてマシンの交換が可能となったなか、オーストラリアンはこのフィリップアイランドでの5連勝を達成した。

彼の後方でアンドレア・ドビツィオーソとダニ・ペドロサが表彰台獲得に向けてレース序盤から争った。イタリアンはバウティスタを抜くもヘイデンにパスされ、スタート時と同じポジションで、ペドロサは8位スタートから2つ順位を上げて同郷のバウティスタに続く6位で1周目を終えた。ペドロサは4周目にバウティスタを追い抜き、続く周回でヘイデンも同様にパスしようとした。アメリカンは抵抗したが次の周には追い抜くことができ、2位のシモンセリを捕まえようとしているドビツィオーソの背後につけた。

16Australia11_RMgp_XXX_0637.jpg

3人のライダーたちが接近する中、ペドロサはチームメイトを追い抜いたが、表彰台の3位を争うスリリングなファイトの末8周後にドビツィオーソが抜き返し、その間にシモンセリは再びいくらかのアドバンテージを築いた。フロントタイヤのグリップに問題を抱えていたペドロサは、2人のイタリアンライバルたちのペースについていくことができなかった。

ラスト3ラップに再び断続的な雨が降り始めたことでドビツィオーソは再び同郷のシモンセリに追いつき、コースコンディションを考えるとリスキーな方法で彼を追い抜いた。結局彼はそのポジションを最後まで守りきることができず、単独4位でチェッカーを受けたダニ・ペドロサの前方、3位でレースをフィニッシュした。

ストーナーのタイトル獲得は、レプソル・ホンダチームにとって1995年以来9度目。素晴らしい記録はオーストラリアンの名前を、ミック・ドゥーハン、アレックス・クリビーレ、バレンティーノ・ロッシ、そして同チームで前回2006年にタイトルを獲得したニッキー・ヘイデンら、歴代チャンピオンたちの中に加えた。このワールド・チャンピオン奪取でストーナーはペドロサと合わせて16戦中12勝を挙げ、過去数年にわたってHRCが待ち望んだタイトルを獲得してモトGP・800ccの時代を締めくくる。

16Australia11_TMgp_XXX_0386.jpg

 

ダニ・ペドロサ 4位
今日はとてもタフなレースだった。この週末を通してフィーリングが良くなく、スタートもやはり良くなかった。スタート時に風の影響があり、バランスを崩して左足を地面に着いたと同時にレッドシグナルが消えたので、スタートがうまくいかなかった。

序盤の数周は調子が出ず、その後少しだけポジションを回復してアンドレアを追い抜き彼と争ったけど、終盤フロントタイヤが消耗してしまっていた。引き離そうとするとフロントが逃げるので彼を抑えることができず、そして雨が降ってきた。

自分にとっては良い週末ではなかったけれどケーシーにはタイトル獲得おめでとうと言いたい。彼は今シーズン最も強く、常に表彰台に上っていてミスもなかった。だからタイトルにふさわしい。


アンドレア・ドビツィオーソ 3位
予想した通り難しいレースだった。このコースは天候が変わり易くとてもトリッキーだ。フィリップアイランドでダニを抑えて表彰台に戻れたことはとても良い結果で、ここに来る前の目標でもあった。

2位でフィニッシュ出来るとも思ったけど、ダニがボクを抜いたときシモンセリに離されてしまった。雨が降ってきたときにポジションを取り戻したけど、最終ラップでは最後いくつかのコーナーでハードにプッシュできるだけのグリップが残っていなかった。

いずれにしてもボクらはまだチャンピオンシップの3位争いをしているし、ダニは残り2つのレースで強さを発揮するだろう。でも、最後までベストを尽くす。ケーシーにとっては素晴らしいシーズンになった。現時点で彼は最速のライダーだから、タイトル獲得おめでとうと言いたい。


ケーシー・ストーナー 優勝
今日ほど最高の日はないよ! コンディションが厳しく、レースはとても難しかった。雨が降ることを予想していたので早めにリードを築いたけど、本当に降るかどうかは自信がなかった。

ほとんど雨の壁に突っ込んだみたいだった。コース上で前兆もなく、最終コーナーに入ったところで雨が突然、強く振ってきた。コントロールを失い、グラベルに突っ込みそうになった。何とかコントロールして後続とのギャップを保ち、幸運にも優勝することができたけど、本当に厳しかった。

ホルヘに今朝アクシデントがあったことは本当に残念だ。彼は素晴らしいライバルで、もし今日のレースに彼がいたら結果は違っていたかもしれない。早く回復してレースに戻ってきてほしい。

みんなに充分にお礼を言うことができないけど、チーム、レプソル、すべてのスポンサーとシーズンを通してとてもハードに働いてくれたみんな、ありがとう!!

 

Results
1. Casey Stoner (Repsol Honda Team) 42:02.425
2. Marco Simoncelli (Honda) +2.210
3. Andrea Dovizioso (Repsol Honda Team) +2.454
4. Dani Pedrosa (Repsol Honda Team) +13.160
5. Colin Edwards (Yamaha) +30.886

World Championship
1. Casey Stoner (Repsol Honda Team) 325 points
2. Jorge Lorenzo (Yamaha) 260 points
3. Andrea Dovizioso (Repsol Honda Team) 212 points
4. Dani Pedrosa (Repsol Honda Team) 208 points
5. Ben Spies (Yamaha) 156 points



2011年10月17日 22:00  | 2011 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


MotoGP - Grand Prix of Japan. Race
 
レプソルライダーが日本で、スペイン人の400勝目を達成。ストーナーはデリケートなシチュエーションを乗り越え、価値ある3位入賞。ドビツィオーソも、”ライドスルーペナルティ”を受けながらも5位獲得。

0V8Y3597.jpg

ダニ・ペドロサが最高峰クラスで、今季3勝目となる優勝でラップレコードと、スペインのモーターサイクリング史上における、400勝目を達成した。チームメイトのストーナー、ドビツィオーソがリードしていたにもかかわらず優勝争いから- ストーナーはブレーキの問題、ドビツィオーソはジャンプスタートによる”ライドスルーペナルティ”によって - 離脱した、混沌としたレースだった。それにもかかわらず、ストーナーは表彰台を獲得し、ドビツィオーソは5位に入賞した。

ダニ・ペドロサの日本との関わりは、疑いようもなく深い。彼は125ccと250cc両方で優勝しており、そしてその同じコースで昨年は負傷してモト・GP
タイトル争いから離脱した。今日、26のゼッケンをつけて初めて、4番手からの好スタート後最高峰クラスでの優勝を成し遂げた。スタート直後は、ケーシー・ストーナーに続いてアンドレア・ドビツィオーソの前方となる2位。オーストラリアンはすぐにリードを広げて2周目からペースアップし、またその周にドビツィオーソがペドロサを抜いた。

しかし4周目、シチュエーションは劇的に変化する。ケーシー・ストーナーはマシンのフロントに強い衝撃を受け、一時的にブレーキが利かない状態に陥った。そのため彼はコースアウトを喫する。ストーナーはコースに戻る間に7位まで順位を落とし、ドビツィオーソがレースをリードした。そのリードもたった1周のことで、次の周アンドレアはジャンプスタートにより”ライドスルーペナルティ”を受けなければならなかった。

その時点からペドロサには新たな、自身のサーキットにおける2004年以降初めてのホンダライダーの優勝に向けて、フリーのコースが開かれた。レプソル・ホンダチームのスペイン人はその後ホルヘ・ロレンソのプレッシャーを受けながらも11周目にファステストラップを記録し、最終的にはロレンソに7秒、ストーナーには18秒の差をつけて勝利をものにした。

0V8Y8232.jpg

チャンピオンシップリーダーのストーナーは4つ順位を上げて表彰台を獲得し、総合順位でのアドバンテージを40ポイントとする価値ある16ポイントを加えた。レプソルホンダのチームメイト、アンドレア・ドビツィオーソはペナルティの後10位でコースへ戻り、エドワーズ、青山、そしてエリアスを抜いてポジションを回復した。バウティスタのクラッシュにより最終的にはマルコ・シモンセリと4位争いをしたが、最終的には5位でレースを終えた。

ワールドチャンピオンシップ、次は2週間後オーストラリアのフィリップ・アイランドサーキットで行われる、ケーシー・ストーナーのホームレース。レプソルライダーは40ポイントのアドバンテージでタイトルを固める最初の機会だが、まだ75ポイントが残されている – タイトル確定のためには、ホルヘ・ロレンソよりも10ポイント多く獲得する必要がある。


ダニ・ペドロサ 優勝
この優勝は最高にうれしい。チームはとてもよくやってくれたしHRCにとってはレプソル・ホンダチームでのもてぎ初勝利、自分にとっても、125cc、250ccでしたようにここで勝つのは、モトGPでは初めてのことだ。

レース序盤は奇妙な展開だった。ストーナーとドビは最初の数周は本当に速くて離されてしまった。その後ケーシーに問題が起き、アンドレアはジャンプスタートのためにライドスルーを受けて、ボクはロレンソのすぐ近くでひとり先頭に立った。でも突き進んで、引き離すため全てのラップでプッシュした。

このコースでは良い結果、悪い結果やひどいケガなどが入り混じっていた中で、1年後にモトGPで優勝できたことはファンタスティックで本当にうれしい。


アンドレア・ドビツィオーソ 5位
信じられない。自分のキャリアの中でスタートを失敗したことはないし、それが今日、優勝争いができると感じていたこのレースで起きたなんて! マシンがなぜグリーンライトの少し前に動いたのか分からないけど、即座にそれを悟ってライドスルーを覚悟した。序盤はフィーリングが良くハードにプッシュした。なぜならソフトタイヤを選択したのはボクだけだったと知っていたし、思うにこれは今日正しい選択だった。そしてケーシーを捉えていた。

そのあとケーシーがコースアウトして、自分がレースをリードしていることに気付いた。でも残念ながらそれは長くは続かなかった。ライドスルーの後レースに戻りハードにプッシュしたけど、それはもう優勝争いをしている時とは違った。最後の5周はリアタイヤがすべりだしていて、コーナー中間で速く走れなくなっていた。その間にシモンセリが順位を回復して後ろに迫ってきて、ポジションを守るためにできるだけのことをしたけど守り切れなかった。とても残念だ。

とても頑張って、競争力があると感じていただけにチームに申し訳ない。チャンピオンシップのポイントについても残念だ。とにかく、もう一度速く走れることを見せられたし次のフィリップアイランドが楽しみだ。

15Japon11_Tmg_xxx_D635.jpg


ケーシー・ストーナー 3位
週末全体がとても順調で、スタートにしても素晴らしいスタートがきれた。序盤はすべてが順調で、小さなアドバンテージを築くことができた。アンドレアはソフトコンパウンドでとてもよく乗れていたが、レース終盤に向けては我々のタイヤのほうが良いとわかっていたので、その時点でのペースでは落ち着いていられた。

バックストレートを抜けてきたときマシンに揺れが起きて大きな段差にヒットし、フロントが下がったショックでほとんどハンドルが手から離れかけていたけど、持ちこたえることができてラッキーだった。ブレーキングしたけど反応がなく、何回かポンピングしなければならなかった。2回目にポンピングした時フロント側に弾き飛ばされたけど、マシンの上に留まる事が出来て幸運だった。

グラベルで壁にぶつかるのを防ぐことはできたけど、レースはほぼ終わってしまった。今日は勝てるマシンだっただけに残念だ。でも最後には、他の選手の不運やミスのおかげで表彰台に上ることができたから、感謝しなければね。

チャンピオンシップのリードは守りたいけどレースにも勝ちたいので、今日ここでの結果は残念だ。フィリップアイランドで何ができるかを楽しみにしている。



Results
1. Dani Pedrosa (Repsol Honda Team) 42:47.481
2. Jorge Lorenzo (Yamaha) +7.299
3. Casey Stoner (Repsol Honda Team) +18.380
4. Marco Simoncelli (Honda) +23.550
5. Andrea Dovizioso (Repsol Honda Team) +23.691


World Championship
1. Casey Stoner (Repsol Honda Team) 300 points
2. Jorge Lorenzo (Yamaha) 260 points
3. Andrea Dovizioso (Repsol Honda Team) 196 points
4. Dani Pedrosa (Repsol Honda Team) 195 points
5. Ben Spies (Yamaha) 156 points


15Japon11_Tm2_xxx_D898.jpg
2011年10月4日 01:17  | 2011 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


100Win2.jpg


1995年以来通算100勝、レプソル・ホンダチームは近年のモーターサイクル・ワールドチャンピオンシップで最も成功したチームとしての地位を強固にしている。

1995年3月26日、モーターサイクル・ワールドチャンピオンシップは、最高峰カテゴリーに新しいスポンサーを迎えてシーズンが始まった。
レプソルにより、魅力的なデザインにペイントされたホンダワークスのNSR500。

ミック・ドゥーハンは、最初のレースで2つの大きな多国籍企業のコラボレーションを最良の形でスタートさせ、モータースポーツ、特にモーターサイクル・ワールドチャンピオンシップの世界で最も揺るぎない、そして成功したパートナーによる初めの35勝の、最初の優勝を獲得した。

今日、その16年後にケーシー・ストーナーが、レプソル・ホンダチームにとってモーターサイクル・ワールドチャンピオンシップにおける100度目の優勝をアラゴン・グランプリで果たした。
この成功は、レプソルとホンダの長きにわたるパートナーシップが、モーターサイクルの歴史で最も重要で成功したチームの1つであることを確証した。

ea2d8573bc338b4b8580ffd31f8023a6_XL.jpg

オーストラリアンが、モーターサイクル・ワールドチャンピオンシップでホンダのオレンジとブルーのとても特徴的なカラーを守る一歩を踏み出した、ミック・ドゥーハン、バレンティーノ・ロッシやアレックス・クリヴィーレらの偉大なライダーによって獲得された優勝のリストに今回の勝利を加えた。

トップカテゴリーで8回のタイトル獲得を成す関係をスペインのエネルギー企業と日本のモーターサイクルブランドが築いて16年が経つが、このような国際的認知度の獲得も、ミック・ドゥーハンの最初の1勝から始まった。

偉大な功績を残したオーストラリアンは、その後さらに34勝を成し遂げ、ドゥーハンが引退した後を引き継いだのは、スペイン人のアレックス・クリヴィーレだった。"The Noi de Seva"は彼が1999年に500ccワールドチャンピオンになったときに、スペイン人で国際的ライダーのゴールデンページを書いた。

モトGPではバレンティーノ・ロッシが20勝と2度のワールドチャンピオンタイトル、さらにニッキー・ヘイデンが2006年に1回のワールドチャンピオンを獲得し、レプソル・ホンダチームの強さを再び見せた。

その年はまた、ダニ・ペドロサのデビューの年でもあった。彼は現在アンドレア・ドビツィオーソ、ケーシー・ストーナーとともに在籍し、最もパワフルなラインナップである今年のワールドチャンピオンシップの一員としてコンチネンタルサーカスの注目を集めている。

今回の勝利で、レプソル・ホンダチームは今シーズンすでに行われた14ラウンドのうち、10勝したことになる。このような勝利への軌跡は、スペインの企業と日本のメーカーによって90年代半ばに始められた。

これが、強く固い結びつきを持つレプソル・ホンダチームが、ワールドチャンピオンシップで100勝を超えるチームとなり得た歴史だ。


100win.jpg


2011年9月20日 23:00  | 2011 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る