ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
21


 レプソル・ホンダチームのライダーは、マルケスが17ポイント差でタイトル争いをリードし、ペドロサは総合4位に順位を上げてスペインGPを締めくくった。
04Jerez16MgpREPSOL_JOC0481.jpg
モトGP4ラウンドは、マルク・マルケスが表彰台を獲得、ダニ・ペドロサは4位で、レプソル・ホンダチームのライダーにとって前向きな結果で終了した。両者とも総合順位で重要なポイントを獲得した。

スペインGPを終えて、マルケスは82ポイントでまだシリーズをリード、ペドロサは40ポイントで一つ順位を上げて4位。
04Jerez16MgpREPSOL_JOC1786.jpg


マルク・マルケス
正直今日のバレンティーノ(ロッシ)はオースティンでの僕のように別次元のレベルだったし、最も重要なことは今日はレースを3位で終わることを受け入れること。去年多くのことを学んだし、ミスはしたくなかった。スタートから集中して強く操り、ホルヘについていった。でも、昨日より11℃も高い路面温度に対応できなかった。何回かクラッシュしかけたので、最後はシーズン最後にとても有効になるだろう16ポイントを確保することをえらぶという、ファンの前で難しい決断をした。バイクの加速力はまだまだ我慢が必要で、勝利に向かって争う有利になる何かを探らなければいけない。

ダニ・ペドロサ
週末を通して、前の3人が僕らより速かったので、難しいレースになるだろうと思っていたし、できる限りの順位は獲得できた。スタートはうまくいったし、序盤はしっかり走れた。その後フロントとリアタイヤも厳しくなっていることが分かった。ポジションをキープすることに集中し、リアタイヤがこれ以上悪くならないように安全なペースで走った。アレックス・エスパルガロが追い上げてきてると分かったけど、彼をコントロール下におき、タイヤを温存して集中するしかなかった。終わりが近づき、彼に追い越されないように、再びペースを上げることにした。逃げきることができ、マルクに近づくこともできた。多分彼はスタートから激しく行ったので、最後には厳しかったのだろう。明日はテストでしっかり働き、バイクの感触を改善したい。
2016年4月25日 11:01  | 2016 MotoGP情報
世界中
うんうんする
5


トニ・ボウが今シーズン2勝目。藤波貴久は自身世界選手権300戦目のレースで表彰台。ハイメ・ブストは6位。
RepsolHondaTeam16_r2-d2_FUJI300_70629_©FIM_G2F Media.jpg
昨日の1日目2位を獲得し、トニ・ボウは日本GP2日目の今日は、表彰台の最も高い段を獲得した。昨日より快適に感じていたボウは、昨夜降った雨の影響でより簡単に変更になったゾーンの利によって、タイトル争いで2位と5ポイント差の74ポイントになる優勝を飾った。
藤波貴久は、2位争いをするすばらしいパフォーマンスで表彰台を再び獲得し、タイトル争い50ポイントで総合4位に順位を上げ、自身世界選手権300戦目を祝った。
ハイメ・ブストは6位で日本GPを終えた。

次戦は5月15日、グアダラハラでスペインGPが行われる。
RepsolHondaTeam16_r2-d2_FUJINAMI_05604_©FIM_G2F Media.jpg


トニ・ボウ
日本GPの進め方について、とても満足している。夜に雨が降り、いくつかのゾーンが少し簡単になった。僕も体力的に良くなってきた。レース2日目の間、身体的に良くなってきていると感じたし、肩の痛みはそれほどでもないと感じていたので、それを心に留めておく必要があると分かった。今月最後だし、今日の優勝はとても重要で、総合順位で5ポイントのリードになり、とてもうれしい。

藤波貴久
3位で300戦目を飾れてとてもうれしい。すばらしい!
今日の3位は昨日の3位とはまったく違う。最後までアダム・ラガと2位を争ったんだから。昨日は少し集中できていなかったかもしれないけれど、今日はまたとても強くなれたと感じた。レースの進め方にとても満足しているし、この表彰台で一人でここまで辿り着いたわけではないことを思い出したい。ファンやスポンサー、チームやホンダの皆さんに感謝しなければならない。この成功は僕にとってとても重要なことだから。

ハイメ・ブスト
昨日は今日は良くなるように寝たけど、まったく違う感触だった。今日はスタートは良かったけど、それから2つのゾーンで失敗し、僕にとって良いように進まなかった。トレーニングをもっとして、失敗を減らす必要がある。昨日から変わったことは、多分ゾーンが簡単になっていて、それがミスを取り返すことを許さなかった。しっかり練習して、次回は良い結果を出すよ!


2016年4月25日 09:51  | トライアル選手権2016
世界中
うんうんする
2


 もてぎでの日本GP1日目は、レプソル・ホンダチームのライダー、トニ・ボウと藤波貴久が2位と3位。ハイメ・ブストはまたも4位で表彰台ならず。
RepsolHondaTeam16_r2-d1_BOU_04895_©FIM.jpg
トライアル世界選手権3ラウンド・日本GP1日目がツインリンクもてぎで行われ、トニ・ボウが2位を獲得し、54ポイントでチャンピオン争いのリードを保った。チームメイトの藤波貴久がホームの大観衆の前で表彰台を獲得した。藤波貴久は3連続4位で素晴らしいスタートをしたハイメ・ブストの前、3位でフィニッシュした。

この結果、ボウはタイトル争いトップをキープ、ブストが4位、藤波が5位。翌日の日曜日に日本GP2日目が行われる。
RepsolHondaTeam16_r2-d1_FUJINAMI_30964_©sugitani.jpg


トニ・ボウ
前回のレースより体力的に感じが良かったけど、前回の自分のホームグランプリでした努力で回復に本当に多くの時間がかけたが、それでも100%ではなかった。今日のトライアルはかなり厳しくて、ゾーン1でトリプル・ステップですでにケガをしてしまった。汗をかき始め、肩の包帯がずれて、それを直せなかった。我慢して2位を獲得できて良かった。明日も戦意を保って、良い順位を獲得したい。

藤波貴久
スタートは良くなかったけど、終わり方が良かった。1ラップ目のゾーン3で落ちて、バイクを激しくヒットしてしまった。ハンドルバーとサスペンション・ロッドが曲がってしまったけど、交換する時間がなかったので、できるだけうまく続けた。2ラップ目にフロントパーツを変えることができて良くなり、ハイメが強かったけれど、落ち着いてフィニッシュできた。ここ日本で表彰台を獲得できてとてもうれしい。自分にとって重要なだけでなく、チームやホンダ、もてぎに見に来てくれたトライアルファンにも良かった。

ハイメ・ブスト
今日はうまく進めていけた。1ポイント差で表彰台を逃したことは残念だったけど、全体的に悪くなかった。今日はゾーン1がかなり滑りやすく、ラップ毎にコンディションが変わってきた。でも、かなりプッシュした場所や好きな場所もあった。明日は余裕をもって、改善できるようにしたい。

2016年4月24日 14:24  | トライアル選手権2016
世界中
うんうんする
3


 レプソル・ホンダチームのライダー、ダニ・ペドロサはヘレスでデビュー、9回の出場でずっと表彰台を獲得し、2勝を挙げている。
10GPJerezDani_ENG.jpg
2006年スペインGPでダニ・ペドロサは、モトGPにレプソル・ホンダチームより参戦、最高峰クラスの初戦で表彰台フィニッシュし、華々しいデビューを飾った。それ以来、ペドロサはモトGPで28勝(500ccクラスとモトGPを合わせ、歴代8位)と101表彰台(歴代2位)を挙げ、歴史上最も成功したライダーの一人になった。スペイン人のペドロサは2006年から2014年の間、9連続表彰台を獲得したヘレス・サーキットに特別な親近感を持ち続けている。
昨年はケガの影響でレースを欠場したが、前節オースティンでスポーツマンシップを発揮した後、表彰台に返り咲くためにアンダルシアのサーキットに帰ってくる。


2016年4月22日 15:10  | 2016 MotoGP情報
世界中
うんうんする
3


 レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがGP2日目に勝利し、肩を負傷しているにもかかわらずトップに立った。ハイメ・ブストはまたも表彰台に届かず4位、藤波貴久は続いて5位。
GPCatalunyaTrial16_Bou-podium_5752_ps.jpg

スペインGP2日目はベストなトニ・ボウを見ることができた。右肩のケガを抱えながら、ボウは前日届かなかった表彰台のトップを獲得。今シーズン初勝利を達成し、タイトル争いをリードすることになった。チームメイトのハイメ・ブストと藤波貴久は、両者とも表彰台圏外だったが、良いパフォーマンスを見せ、それぞれ4位と5位だった。

昨日より痛みが和らいだボウは、完璧な一日で、1ラップ目からリードし、わずか10ポイントで終了した。2位のアダム・ラガより14ポイント、3位のハメス・ダビルより29ポイントも少なかった。ハイメ・ブストは、今回も素晴らしいパフォーマンスだったが、表彰台まで6ポイント足りず、さらにチームメイトの藤波貴久とは2ポイント差だった。
GPCatalunyaTrial16_Busto_5438_ps.jpg

この結果、ボウが37ポイントでリーダーに、ブストが4位、藤波が7位。次戦は4月23/24日に日本で2ラウンドが行われる。


トニ・ボウ
眠れない夜を過ごしたし、複雑な週末だったけど、今日は昨日より苦痛を我慢することができたので、とてもうれしい。なぜだか分からないけど、今日はアダムとハイレベルな争いができた。4つのエリアで変更があり、特にゾーン6が良かった。そこで3回ともうまくいったけど、ラガはできなかった。ケガをしていても争えて、この結果にはとても満足している。10日前にはこのGPを終えてタイトル争いをリードしているなんて予想さえしなかったから。

藤波貴久
今日良かったことは、5位で終われたことぐらい。良いシェイプと技術面でも良かったので、問題は全てが頭の中にあったと思う。去年より良くなっているけど、いくつか難しいゾーンではうまくいって、簡単なゾーンで失敗している。今日は簡単に3位で終われることができたけど、終われなかった。日本GPまでの2週間、ベストな状態で母国GPに挑むために精神面を鍛えるよ。

ハイメ・ブスト
今日は昨日とはまったく逆で最悪だった。結果は同じだったけど、フィーリングが良くなかった。今日はひどいライディングでばかげたミスをしてしまった。あまり良くなかったけど、多くのポイントを取れた。今は日本GPに向けて準備する必要がある。今回より良い結果になることを望んでいるよ。


2016年4月12日 18:42  | 2016 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る