ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール

witten by エニカ
世界中
うんうんする
1


 
1.jpg

「カーシェアDrive」第29回は、テスラ・モデルS(P85D)。

 

このコーナーで初登場、そして僕も初めて運転する100%電気自動車。

 

普通のクルマとしてなんの問題もなく使えて、本格スポーツカー顔負けの走行性能も持っていながら、ところどころで「なんだかスマホみたい!」と感じるような未来感は、さすがシリコンバレー生まれのベンチャー企業が作ったクルマ。

 

僕を含め、スポーツカー好きは「EV=エコカー」と思いがちですが、これを読めば気が変わること間違いなし!

 

35台を乗り継ぎ、ポルシェ911GT3RSからの乗り換えを決意!

 

オーナーの桑原さんはとにかくクルマと運転が大好きで、これまで乗り継いで来られた台数は実に35台!

 

最終的にはポルシェに行き着き、ボクスター→911→911GT3RSとステップアップして、ドライビングが上手くなりたい、究めたいという想いでサーキットを走り込んでこられたというほどの方。

 

が、そこまでやってきたところで「やり尽くした感」を感じられたそうで、これからもクルマを楽しみたいんだけど、GT3RSよりも楽しめるクルマとなると恐ろしく高価だし、でもスピードに取り憑かれているから遅いクルマには耐えられない…と迷走した末にたどり着いたのが、テスラ。

 

並のスーパーカーより速い0→100km/hが2.3秒という加速力、ビルシュタイン社製の足回り、ブレンボ社製のブレーキといった「スポーツカーのしきたり」もしっかり押さえていて、「これならいいかもしれない」と感じて試乗を予約。

 

当日の営業担当者が有名なポルシェ専門店出身の方で、試乗しながらいろいろな質問をぶつけても満足いく回答が得られたので、乗り換えを決意されたそうです。

 

ドライブの良さを思い出させてくれる、良きドライバーズカー

2.jpg

テスラ最大の特徴は言うまでもなくEVだということで、エンジンがない=エンジン音がしません。

 

というと、「迫力がなくて退屈では?」と思いがちで、桑原さんや僕も最初はそう思っていたのですが、意外とすぐに慣れます。そして、それがメリットであることに気付きます。

 

クルマという「自分だけの空間」でドライブすると、日頃のストレスから解放されたり、普段思い付かないようなクリエイティブな発想が浮かんだりして、リフレッシュできるものです。

 

その時、エンジン音や振動にジャマされることなく、ドライブに集中することができます。

 

高速道路の合流などで加速が必要な局面でも、ポルシェだとシフトダウンしてアクセルを踏み込み、「ブォン!ブォン!バァァーーン!」といった感じで、「おらおらー、ポルシェ来たぞー!」みたいな雰囲気になってしまいますが(笑)、テスラならアクセルを踏み込むだけで「ひゅぅぅ~ん」と静かなのに一気に加速しますから、落ち着いた空間を保ちながら、運転を続けることができます。

 

もちろん、静かですから音楽の細かい部分を楽しむことができたり、同乗者の話も聞き取りやすいです。

 

クルマを走らせるだけがドライバーの楽しみではありませんから、総合的にドライバーの満足度を上げてくれることが、テスラならではのドライビングプレジャーと言えるでしょう。

 

自動運転、iPadみたいなディスプレイ、ネット経由のアップデート…未来感抜群!

3.jpg

そして、テスラといえば自動運転レベル2を実現した、オートパイロット。

 

基本的には高速道路限定ではありますが、入り組んだ首都高ですら勝手に走ってくれることには感動すら覚えます。自車が分岐・合流するような場面では迷うことも多いので油断は禁物ですが、都市高速以外ではなんの問題もないでしょう。

 

走行中にメーターを見ると、自車が車線内のどのあたりを走り、周りにいるのが乗用車なのかトラックなのかを識別していることがわかります。

 

ウィンカーをあげれば車線変更も勝手にやってくれます。後続車も認識しているので、接近車両がいるときは車線変更はしません。

 

また、iPadを2台並べてもお釣りが来そうな大型ディスプレイには、ナビ画面と同時にリヤカメラの映像を表示させることもできますから、周囲の状況確認もバッチリです。

 

そして、常時ネット接続されているので地図データは最新、なんならブラウザで調べ物までできちゃいます(走行中はダメですよ!)。

 

さらに、ネット経由でアップデートして、クルマがマイナーチェンジします。

 

…これだけだと意味不明ですが、iPhoneのOSをアップデートする感覚でテスラのプログラムをアップデートすることができ、新機能が増えたり、性能アップしたり、エラーが修正されたりします。

 

将来的には、ECUの書き換えみたいなイメージで性能アップさせたり、いわゆる「ノーマル・コンフォート・スポーツ」みたいな走行モードのカスタマイズも自由にできる日が来るんじゃないか…と夢が広がりました。

 

「EVには興味ない」という人こそ、乗って欲しい

 

桑原さんも、ポルシェ仲間に「乗ってみなよ」と声をかけても「今日はいいや」と断られてしまうことを寂しく感じているそうですが、百聞は一見にしかず。

 

数少ない、テスラに乗ってくれた桑原さんのポルシェ仲間の1人も「うそ…マジ?これすごい。」と言葉を失っていたんだとか。

 

ポルシェ乗り達も唸る走行性能、ドライブの楽しさを再発見させてくれる静けさ、垣間見える未来のクルマの姿。クルマ好きなら一度は味わっておくべきです。好みに合っても合わなくても、クルマに対する考え方の視野が広がることは間違いありません。

 

いきなり購入するのはハードル高いですが、Anycaなら気軽にシェアして味わえますから、ぜひ乗ってみて下さい!

 

3c3ffa58-e400-3038-aa97-dc5ce372e556.jpg
 

MODEL S

TESLA 2015

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「Neal0419 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「Neal0419 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ

YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。

https://www.youtube.com/c/55driveInfo

 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
6


 
1.jpg

Anyca利用者のリアルな声を聞くことで、未来の利用者に有益な情報をお届けする連載「賢者のカーシェア術」。この度はAnyca大好き「R」吉田がお届けいたします。

 

       

 今回登場していただくのは、2015年式レクサスRC350(新車価格約700万!)を24時間8,980円でシェアしているHideakiさん(東京都在住・Anyca歴1年)。

 

すでに180回以上のシェアを記録しており、AnycaアプリTOPページ掲載の「人気のクルマRANKING上位に何度も登場している「Anyca上位ランカー」ともいうべきHideakiさん。

彼のレクサスRCはAnyca掲載1年で、月平均10万のシェア金額が振り込まれる。

 

そんな彼のシェアポリシーは「社会貢献」だ。

 

1:妻の免許はAT免許…マイカーはATしか許されない..けどMTのクルマが欲しい!

2.jpg

HideakiさんがAnycaを始めたのは1年前の2018年1月。

彼がAnycaを始めたのは、「MTのクルマが欲しい」というクルマ好きならではの欲求からだった。

 

「もともと我が家(ご実家)は根っからのクルマ好き一家で、私も例にもれずクルマ好きでした。しかし妻はAT限定免許だったので、当然マイカーはAT。MT車が欲しかったけど叶いませんでした。そこで出会ったのがAnycaでした。」

 

もともと持ってたRCの維持費をAnycaでまかなえれば、もう一台MTのクルマが買える…そんな夢がきっかけでAnycaを始めたHideakiさん。

彼にはもう一つの目的があった

 

Anycaを始めたきっかけは、「MT車を買いたかった」という夢から、Anycaの社会貢献ポリシーに賛同したという一面もあります。」

 

 

個人間カーシェアであるAnycaは、約3%程といわれているマイカーのアクティブ率向上など、様々な社会貢献効果がある。

Hideakiさんはそんな社会貢献効果に賛同したが、中でも「若者のクルマ離れに対する歯止めになる」という部分に熱いものを感じたという。

 

「楽しいクルマに乗れば、クルマの楽しさは必ずわかります。RCもそんな一台…だからこそみんなに乗ってほしいんです」

 

こんな良心的な熱い思いを語るHideakiさん。

次の章では彼の具体的なシェアライフについて紹介していく。

 

2:諸々合わせて10,000円という価格設定、若者が抵抗なく利用できるギリギリの価格設定。

3.jpg

「シェア料、保険料を入れて10,000円。これがみんなが抵抗なく利用できるギリギリの金額だと思ってます。」

 

そう語るHideakiさん。確かにその通りなのだが、筆者からすれば違う観点の考えもある。

新車価格約700万円、しかも年式も2015年と比較的新しいクルマだ。

実は筆者はレンタカーマニアでいろいろなクルマのレンタル価格を知っている。

他サービスで同型のRCをレンタルしようとすれば、約30,000円はかかる。

それを8,980円(シェア料金)でシェアに出すなんて…

 

「僕自身が好きなもののファンを増やしたいという思いもあります。だからこそこの金額設定なんです。」

 

気持ちはわかるのですが、良心的金額設定すぎる気が…

Hideakiさんの「若者のクルマ離れに一矢報いたい」という気持ちの本気度がうかがえる。

 

3.利用者 の4~5割はリピーター、シェア回数180回は伊達じゃない。「Anyca上位ランカー」のシェア術とは

4日.jpg

誰もが利用できる金額設定かつ魅力的なクルマだから人気だったのもうなずけるが、これだけのシェア回数そして、聞くところによると4~5割のリピーター率…料金だけでなく、リピーターの心をつかむ術も熟知してそうなので聞いてみた。

 

「特段特別なサービスはありませんが、評価項目である清潔さ、時間の正確さには並々ならぬこだわりがあります。」

 

聞いてみると、シェア回数180回にも関わらず、洗車はシェア毎に必ず行うらしい。また屋根付き駐車場にも入れて、前日雨が降っても汚れないようにしているとのこと。

 

また徹底した清掃は、人の心情を動かす効果もあるらしい。

やはりきれいなものはきれいなまま返さなければ…と思うところがあるらしく、雨が降った日にあるドライバーさんは新聞紙を敷いて乗っていたそうだ。

丁寧に使ってもらえるという副産物はシェアにとってとても大きい。

 

「このRCは月の平均受取金額約10万円ほどあります。車場代や保険料など含め月の維持費が約10万円なのでちょうど維持費とシェア受け取り金額が釣り合っている状態です。」

 

なるほど、お得な価格設定や徹底した清掃、時間厳守により、シェア回数をのばし維持費軽減につなげているらしい…すごい。

 

ちなみにこのクルマのユースは、その6割がデートユーズらしい。

さすがRC、現代のデートカーである。

 

 

4:シェアするほど維持費が軽減されるのでクルマの管理も細かくチェック。

 

5.jpg

このクルマならもっと価格を上げられるのでは?徹底した清掃も時間厳守も、結構大変でしょう。

そんな質問をする筆者にHideakiさんはこう答える

 

「このクルマでももうちょっと楽に維持費を軽減することもできます。でもやっぱり楽しいクルマでドライブして、クルマの良さを分かってもらいたし、みんなに乗ってもらいたいので、この価格設定は外せないんです。」

良心的すぎる…

 

4:シェアの楽しさは「自分がいいと思うもののファンを増やせること」

 

「カーシェアの楽しさは自分がいいと思うもの(クルマ)のファンを増やせること、このシェアがきっかけで、クルマを持とうとする人が増えればいいと思ってます。実際クルマを持とうとする人の相談に乗ることもあります。持った人とクルマ談義をするのも楽しいです。」

 

確かに筆者自身もクルマ好きで、クルマを広めようとはしているがなかなか広がらない…カーシェアの魅力・効果はこういうところにもあるらしい。

 

「ドライバーさんからお土産をもらうことも多いです。高級なシャンパンだったり…」

 

終始シェアライフについて楽しそうに話すHideakiさん。シェアにかかる工数も多そうだが、かなり楽しんでるみたいだ。また最初に語ったMT車の購入は実際に達成されたようで、BMWの3シリーズのMTを購入されたらしい。

 

こちらもまたシェアに出しているそうだ。

 

最後に未来の利用者に向けて一言お願いします!

 

「乗って楽しいクルマに乗るとクルマを乗る楽しみがわかる。RCはそんなクルマの一台だからだからぜひ乗ってほしい。」

 

極上のデートカーであるRC。デートのご予定の方、ドライブを楽しみたい方、ぜひこのお得な価格設定のRCに乗ってみてください!

6.jpg
a5606556-8a43-37d1-ae7a-18ddf6dd06f8.jpg
 

RC

LEXUS 2015

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「 Hideaki 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「Hideaki」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

【ライター吉田さんプロフィール】

若者の車離れのが叫ばれる今では珍しい車好きの若者。

免許を取ってそろそろ7年、今までに、Anycaやレンタカーなどで370種類ほどの車に乗るほど、とにかく乗り物を愛す。

「車はシェアやレンタルがいい、いろいろな車を味わえる。これが現代の車好きの在り方だ」と断言していたにもかかわらず、33回のシェアを経て、ついに車を購入。

愛車はジャガーxj。 普通自動車、牽引免許、船舶免許、二輪免許を所有。



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
3


 228.png

ついに共に歩んできた会員の皆様にお知らせです! 
これまでDeNAが運営してきた「Anyca(エニカ)」の事業を、DeNAとSOMPOホールディングスが新たに設立する合弁会社「DeNA SOMPO Mobility」に引き継ぐ事を発表致しました。

https://dena.com/jp/press/004449

・・・もっと見る


ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
2


 
1.jpg

「カーシェアDrive」第28回は、ホンダ・シビックタイプR(FK8)。

 

ホンダの看板モデルにして、今やサーキットを舞台にヨーロッパの高性能車としのぎを削るスポーツカーとなったシビックタイプR。

 

今回紹介するのは2017年に発表された最新モデルで、2018年6月に納車されたばかりのピカピカの1台です。

 

カーシェアすることを前提にしたから手が届いた、450万のスポーツカー

 

オーナーの本川さんにとって、このシビックタイプRは4台目の愛車。

 

これまでの車歴はドマーニ・オデッセイ・CR-Vということで、これまでで最も高価な1台。

 

ご親戚がホンダ勤務だったことから、なんとなく昔からホンダ好きで、学生時代にはちょうど頭文字Dや湾岸ミッドナイトが連載されている頃だったので、なんとなくスポーツカーには憧れていたんだとか。

 

そんな中、Anycaのシェアによって維持費軽減ができればシビックタイプRにも手が届くことに気付き、購入を決意。

 

契約から納車まで約半年かかることから、その間にオーナー説明会などに参加されて、納車直後にすぐAnycaに登録できるよう、準備万端にしておいたそうです。

 

半年でシェア25回。駐車場や保険料のみならず、購入時の負担まで軽減に成功!

2.jpg

さすが話題の最新スポーツカーだけあって、わずか半年でシェア25回。

 

シェア料金は15,000円/24時間(休日料金)で、契約されている駐車場も15,000円/月ということで、月に1回シェアが入ると駐車場代が浮く計算。月2回入ると保険料も浮くことになります。

実際にはそれ以上のペースでシェアが入っているので、月額の維持費が0円となる月もあるそうです。

 

シビックタイプRは試乗車が用意されているディーラーが少なく、県によっては試乗車ゼロということすらあり、

 

シェアの半数程度は購入検討のための試乗目的の方だったそうです。奥様に購入を反対されている方が、実際にドライブに連れだして説得するなんていう使い方も(笑)

 

本川さんは埼玉県の宮原(大宮の北)でシェアされていますが、遠く長野や山梨、さらには島根から出張に合わせてこられた方もいらっしゃったんだとか!

 

「皆さん自分よりお上手なので、あまり心配していません。」

 

決して安くはない、新車のスポーツカーを他人に運転させることは不安ではないのか、単刀直入に聞いてみると…。

 

「シェアされる方の方が、自分よりクルマに詳しいし運転もお上手なので、あまり心配していません。」とのことでした。

 

実は本川さんにとって、このクルマは教習所以来のマニュアル車。

 

アシスト機能も充実していて、マニュアル車といっても非常に運転しやすいのですが、それでも購入直後は何度もエンストさせてしまったんだとか。

 

それに比べて、ドライバーとして利用される方の多くはマニュアル車を所有されていたり、スポーツカーの運転に慣れている方がほとんどだったそうです。

 

そう考えると、マニュアル車が教習所以来の本川さんが無事に運転してきたクルマなので、慣れているドライバーさん達なら安心してシェアできるということでした。

 

そして、いつかはシェアすることを決めていたので、それなら新型車の話題性がある内に始めた方がシェア回数を増やせると思い、納車直後からシェアすることに決めたそうです。

 

憧れのクルマにあと一歩手が届かない時も…カーシェアすれば買えるかも!

3.jpg

「狙っている憧れの新型車、その気になれば買えそうだけど、果たして維持していけるかどうか…?」

 

こういうギリギリの判断、ありますよね。

 

こういった悩みも、本川さんのように話題性がある新型車をシェアすることで、毎月の維持費を軽減できるかもしれません。

 

憧れのクルマもカーシェアを利用することで維持費の負担を軽減する、という選択肢を持っておくとクルマ選びの幅が広がりますね!

 

それでは、また素敵な車でお会いしましょう!

b3642513-d7bb-3db3-9643-b11c965c41ae.jpg
 

CIVIC

HONDA 2017

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「 otefuki64 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「otefuki64」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ

YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。

https://www.youtube.com/c/55driveInfo

 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
0


 

 

最近では名探偵コナンに登場したことでも話題になり、20年以上前の車とは思えない人気と知名度を誇る車種です。

 

今回は、そんなRX-7を3年近くAnycaでシェアし続けているオーナーのtackさんにお話を伺いました。

 

Anycaのおかげで維持できる、RX-7+ファミリーカーの2台持ち

 

若い頃に先輩のお下がりで日産シルビア(S13 Q’s)をもらって以来、そこから同K’s→RX-7(FC3S)→別のRX-7(FD3S)と、国産スポーツカーを乗り継いできたtackさん。

 

しかし、お子さんの誕生やマイホームの購入などもあり、一度RX-7を手放し、ファミリーカーのみという時期もあったそうです。

 

…よく聞く話ですね(笑)

 

ですが3年半ほど前に、「またRX-7に乗りたい!」という気持ちが高まり、思い切って購入。

ほどなくしてAnycaのサービスが始まり、早速オーナー登録。

 

現在までのシェア回数は約70回。

平均月2回ペースでのシェア→毎月3万円弱のシェア収入が得られるので、これでRX-7の駐車場代と保険料がまかなえて、少し残った部分をメンテナンス費用として積み立てているんだそうです。

 

こうして、小さなお子さんもいらっしゃる中、RX-7とファミリーカーの2台持ちが実現しています。

 

愛車のリフレッシュや、トラブルを未然に防ぐための予防交換をする余裕もできた

 

最終型とはいえ、2002年式なので17年前の車。

ロータリーエンジンを積んだスポーツカーという特殊性から故障も起きますし、補修部品も値上がりを続け、入手困難になるものも多いです。

 

少しでも長く、愛車に良い状態で乗りたいという想いと、シェア中にトラブルが起きる可能性を少しでも下げるために、tackさんは徹底した予防交換(まだ壊れていなくても、寿命に近付いてきた部品を交換してトラブルを未然に防ぐこと)をされています。

 

予防交換は性能がアップしたり、見た目に変化が出るわけではないので、お金をかけるときはついつい変化が分かりやすいカスタマイズを優先しがちですが、これもメンテナンス費用の積み立てがあるからできること。

 

また、僕は2年前にも一度この車をシェアさせていただいたことがあるのですが、その時にはなかった最新型のカーナビと、MOMO社製ステアリングが装備されていました。

 

「自分だけが乗るなら、ちょっと古かったり壊れていてもいいですけど、他の人に乗ってもらう以上はしっかりした状態にしておきたいんです。」とのこと。

 

シェア収入によるメンテナンス費用の積み立てを使って、徹底したメンテナンスをしておくことで、結果として愛車を良い状態で長く乗り続けられる、というわけです。

 

カーシェアにまつわるトラブルを未然に防ぐ、3つの方法

2.jpg

RX-7のような貴重な車を他人に運転させることは、オーナーとしてはもちろん怖いこと。

tackさんも例外ではありません。

 

ですが、事前に丁寧な説明やチェックをしておけば、トラブルは未然に防ぐことができるんだとか。

実際、これまで約70回シェアしてきて、板金修理や内装のクリーニングが必要になるような大きなトラブルはゼロ。

 

▼紹介文で「厳しそうなオジサン」アピール(笑)

tackさんのクルマ紹介文は細かな説明がされていてかなり長いのですが、2行目に「読んでいない、読むのが面倒という方はご利用をご遠慮頂きます」という文言が登場します。

 

まずここで、説明すら読もうとしないような人をフィルタリング。

 

▼メッセージのやりとりで「大人としての会話」ができるかチェック

シェアリクエスト前に、問い合わせ機能を用いて利用者の運転歴などを確認する中で、「大人としての会話」ができるかをチェックされているそうです。

 

日本語で通常の受け答えができるのか、しっかり返信が返ってくるか、マナーを配慮しているか…など、別に何かを厳しく見るわけではありません。「当たり前のことが、当たり前にできない人はお断り」ということです。

 

▼受け渡し時、手作りマニュアルで注意事項をしっかり説明

これまでのシェア経験を活かし、ありがちなトラブルを防ぐための注意事項をまとめた手作りマニュアルを使って、受け渡し時にじっくり説明をされています。

            

たとえば、車を降りるときにドア下部を蹴ってしまい、内装にスリキズが付いてしまうパターン。

 

車高が低く、ドアの幅が広いスポーツカーは乗り降りの際に独特のコツが必要です。普段乗り慣れていないと、悪意はなくても内装を蹴ってしまうことがあります。

 

利用者もわざとやってるわけではないので、事前に説明をするようになってからは、キズが付くこともグッと減ったそうです。

 

愛車を最高の状態で維持するための、カーシェアリングという選択肢

3.jpg

 愛車を最高の状態で楽しむには、徹底的にメンテナンスして、自分だけが運転するのが一番。

 

それができればいいんですが、入念なメンテナンスをするためのお金は貯まらないものです。

 

そこで、シェア収入を使ってメンテナンスを充実させて、自分だけで乗っている時よりも愛車を良い状態に保つ。他人に運転させることのリスクは、丁寧な説明をすることでなるべく下げる。

 

カーシェアもこういう活用をすれば、愛車をより良い状態で、より長く乗り続けることにもつながります。

 

維持に苦労されているのなら、試しにAnycaに登録してみてはいかがですか?

 

それでは、また素敵な車でお会いしましょう!

1.jpg
 

RX-7

MAZDA 2002

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「 anycafriends  」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「anycafriends 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ

YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。

https://www.youtube.com/c/55driveInfo

 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから





ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る