ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール

witten by エニカ
世界中
うんうんする
0


 41500258_2219258288305251_6384377475715039232_n.jpg


\「テスラカーシェアParty」を開催します/

今月のエントリーイベント(交流会)は、テスラモーターズ協力の拡大版!
テスラの所有&シェアを紹介するイベントを9月21日(金)@東京、10月5日(金)@名古屋で開催します!

・・・もっと見る


ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
0


 
1.jpg

2シーターのオープンカーでリアエンジンという特徴はスーパーカーそのもので、無理なく買える車としてはほとんどありません。

 

昔から車は好きだったものの、学生時代は維持が大変なのでヤマハのバイクTW225に乗っていた杉山さん。

 

多くの人がカスタムを楽しむ中で、「軽い方が楽しいし、ノーマルの持ち味を大事にしたい」というこだわりを持って乗り続けていたこともあり、MR-Sもハンドルを変えたぐらいであとはノーマル。

 

それでも「もし買い換えなきゃいけなくなったとしたら、次もMR-Sを買います!」というほど惚れ込んでいる杉山さんは、「ミッドシップに乗らずに一生を終える人もいるわけじゃないですか?それはあまりに勿体ないので、ぜひ一度体験して欲しいです!」とAnycaデビューのきっかけまで興奮気味に語ってくれました(笑)

 

20代女性2人組でのシェアもありましたが…デートにはおすすめしません!(笑)

2.jpg

8回シェアした中で、最も多いのは男性1人によるシェア。

 

幅広い年齢層の方がシェアされたそうで、「一度乗ってみたかった」・「(同じく2人乗り・オープン・リアエンジンの)S660と比較したい」など、やはり純粋に走りを味わいたい方のシェアが多い様子。

 

そんな中、一度だけ女性2人組でのシェアもあったそうで、杉山さんは「”かわいいオシャレなオープンカー”と勘違い…?」と心配されたそうですが、実際は大のクルマ好き女子がMR-Sを味わいたくてシェアされたそうです。

 

とはいえ、純正とはいえやや固めの足回り、乗り降りに少しコツがいる低いシートなどを考えると、デートにはオススメしないとこのです(笑)

 

ですが、2人乗りなのにドリンクホルダーが3つ付いていたり、2人分のボストンバッグぐらいなら充分に収納できるスペースはあるので、2人でちょっとした遠出をするぐらいならまったく問題ありません。

 

ちなみに、杉山さん自身はフェリーも使って北海道まで旅行されたそうです!

 

筑波山を走ってきたら…まさかの次期愛車候補に!

 

MR-Sは個人的に気になっている車だったので、少し遠出して筑波山まで行ってきました。

 

受渡場所が新小岩ですから、常磐道方面にはすぐに出られます。

この車をシェアされた方にはおすすめのコースです。

 

そして筑波山を走らせてみると…、想像以上に楽しい!

他にシェアされた方からも「良い意味で期待を裏切られました!」という感想があったそうですが、まさにその通り。

 

スピードを出さずに峠を楽しく走れる車の最高峰はロードスター…と思っていたので現に乗っているわけですが、かなり良い勝負だと感じました。

 

リアエンジン特有のフロントの軽さにより、コーナーでスッと鼻先が入り、そこからリアが振り出される形で追いかけてきます。この感覚を安全なスピードで味わえる車はそうそうありません。

 

ロードスターだとエンジンがある重いフロントを軸にして軽いリアが吸い込まれてくる感じ…文字で表現するのは非常に難しいのですが(汗)、少なくともロードスターとは違う感触ながらも、同じぐらいニヤニヤしてしまう気持ちよさです。

 

もしロードスターを降りることになったら、次はMR-Sを買おうか…と考え始めるほど好きになりました!

 

※スピードを出さなくても充分に走りを味わえますから、くれぐれも乱暴な運転はしないでください。

リアエンジンの車の挙動が乱れると、立て直すのはかなり難しいです。

 

世間の評判に惑わされず、ぜひ一度乗ってみて下さい!

3.jpg

世間ではスポーツカーとしては「不人気車」とされてしまっているMR-Sですが、スポーツカー好きならぜひ一度乗ってみて下さい。

 

MR-Sのようなレア車でも、気軽に乗って感触を味わえることはAnycaの大きなメリットです。

百聞は一見にしかず。乗ってみればきっとイメージが変わって欲しくなりますよ!

 

それでは、次回も素敵な車でお会いしましょう!

e39754b8-9039-3cd0-8c95-648e1b7b155f.jpg
 

MR-S

TOYOTA 2000

 Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「keita1112」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「keita1112」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

 

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ

YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。

https://www.youtube.com/c/55driveInfo

 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
0


 
①.jpg

「カーシェアDrive」第21回は、アバルト500C。

 

この車はイタリアのフィアット社が製造しているコンパクトカー、フィアット500のスポーツバージョンで、しかもオープンカー。

 

ヴィッツやマーチよりもコンパクトで、それでもしっかり4人乗り。

その個性的なデザインは、一目で「特別なクルマ」であることが伝わります。

 

コンパクトで扱いやすいのに、アクセルを踏み込めばクルマ好きも唸るホットな走り。

 

アバルト500Cは、小さいのにそんな欲張りな車です。

 

「運転にあんまり自信がなかったので、小さくてエンストしにくい車を選びました!」

 

オーナーのひろみさんは、たまに家の車を運転することはあったものの、それほど運転には自信がなかったそうです。

 

でも自分の車が欲しくなった時は「マニュアルのオープンカーが欲しい!」という気持ちが強く、輸入車がお好きということで探した時に出会ったのが、このアバルト500C。

 

とてもコンパクトなボディで運転しやすく、しかもスポーツモデルでパワーがあるのでエンストしにくいという理由でチョイスされたんだとか。

 

これはアバルトを買う理由としてはなかなか珍しい気がしますが(笑)、通常モデルにはない、「オープン+マニュアル」という組み合わせの特別仕様車「グリージョ・レコード」の中古車を発見して衝動買い。

 

普通の車のつもりで走って、「壁こすらないかな…?」と不安になって確認してみたら、全然余裕!というぐらいの小ささで、初心者でも安心だそうです。

 

「シェアしたとき、ウチの子が褒めてもらえるのが嬉しいんです」

②.jpg

ひろみさんは、家に別の車もあるのでアバルトで遠出をすることは少なく、近所のドライブやシェアが入った時のフリーデリバリー時に運転してコツコツ練習しているそう。

 

一方で、ドライバーとして利用した方は箱根や千葉などオーナーさん以上に遠出されることも多く、返却時に土産話を聞くのがいつも楽しみなんだそうです。時には1時間ぐらい話し込んでしまうこともあるんだとか!

 

スポーティな車でもあるのでシェアされる方はクルマ好きの方が中心で、アバルトならではの軽快な走りやオシャレなデザインについて語ってくれる方も多く、そんな話を聞く度に「ウチの子が褒めてもらえて嬉しいな~」と感じているんだそうです。

 

さすがアバルト!ちょっと狭い峠道もなんのその!

 

今回、僕がアバルトでのドライブ先として選んだのは、千葉県にある鹿野山。

 

山が少ない千葉県の中では比較的メジャーなワインディングを楽しめる道があり、近くにはマザー牧場があります。

 

このアバルトの受渡場所はお台場なので、道が空いていればアクアラインを渡って1時間ほどで行ける場所です。

 

鹿野山の道は峠というほど大それた道ではありませんが、ところどころ急なカーブもあり、時には路線バスともすれ違うこともある細い道。

 

本格的なスポーツカーのように地面に吸い付いて曲がるわけではなく、適度にロールさせながらヒョイヒョイ曲がっていく様子が楽しく、なんだかゲームのチョロQをやっているかのような感覚。

 

カーブの途中でバスとすれ違うシーンもありましたが、こちらが路肩に寄せていく間にスルッとすれ違いしていったので、どうやら運転席から見えるイメージよりも実際はさらにコンパクトだったみたいです。

 

クルマ好き女子からのシェアをお待ちしています!

③.jpg

オーナーのひろみさん自身がまだまだ初心者で、それでも気軽に運転できるアバルト500C。

 

かわいらしいデザイン、気持ちのいいオープンカーと、かなり女子力の高い車なんですが、女性からのシェアはなかなか無いんだとか。

 

マニュアルのスポーツモデルということで敬遠される方もいるのかもしれませんが、ひろみさんとしてはアバルトのような車の楽しさを女性にもぜひ味わってもらいたいそうです。

 

これほど扱いやすいスポーティな車、そしてオーナーさんも女性ということで、女性の方でも安心してシェアできるはず。ぜひ、マニュアル車やオープンカーに興味のある方は利用してみてください。

 

それでは、次回も素敵な車でお会いしましょう!

ee10ad6c-2a14-39ce-ac5f-e0e1a40351c5.jpg
 

500C

ABARTH 2013

 Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「 abarth 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「abarth」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

 

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ

YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。

https://www.youtube.com/c/55driveInfo

 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
1


  Anyca利用者のリアルな声を聞くことで、未来のAnyca利用者に有益な情報をお届けする連載「クルマ好き記者鈴木GO太郎の、賢者のカーシェア術」。

 

 これまで、本連載ではAnycaでシェアリクエストが多く集まるオーナーの声を紹介してきたが、今回は特別編。

 

 カーオーナーではなく、クルマをシェアするドライバー側に焦点を当てる。

 

 ドライバーとしてAnycaを徹底活用するコツとは?

 

 Anycaを「安くクルマが利用できるアプリ」と捉えるだけでは見えてこないAnycaの真の価値とは……?

 

 これまで光が当たらなかったAnycaのドライバーに話を伺う。

 

 すべて答えてくれたのはこの方。

1.JPG

 これまで32回Anycaでクルマをシェアしたことのあるドライバーの吉田さん(20代・東京都在住)。

 

 吉田さん、32回って、ちょっと乗りすぎでは……?

 

「Anycaを知って以来、クルマを利用する時はほぼAnycaを使ってます(笑)。私はシチュエーションによってAnycaで乗るクルマを使い分けてるんですよ。山に行くときはSUV、海にドライブに出かけるときは高級車、彼女とのデートの時はオープンカー……シーンに合わせてクルマを使い分けられるAnycaを利用してたら、32回なんてあっという間ですって!」

 

 これから始まる、長い、長い、なが〜い吉田さんの話を聞けば、Anycaを「安くクルマが利用できるアプリ」「憧れのあのクルマに乗れるアプリ」とだけ捉えるのがいかにもったいないかわかるはず。

 

 本記事を読み終えた時、オーナーのあなたも、Anycaデビューをしていないあなたも、きっとAnycaのドライバーになっているはず。Anycaを120%使いこなす吉田さんの賢者のカーシェア術・ドライバー編、必読です!

【Topics】

■”クルマを持っていないクルマ好き”を救ったAnyca

■吉田さん、なんでクルマを買わないの?

■Anycaにはいいクルマが揃いすぎている

■クルマを持ってないけど徹底解説。こんなクルマを買うべし

■”指名シェア”を狙うカーシェア戦略

■クルマが買いたくなったらAnycaのドライバーを一度経験せよ

■2倍楽しめる!吉田さんおすすめAnycaシェア術

■「3時間前にシェアリクエストしたこともあります」

■普段出会えない人と知り会えるのもAnycaのメリット

 

”クルマを持っていないクルマ好き”を救ったAnyca

  2016年9月からAnycaを利用し始めた吉田さん。現在、クルマを扱うwebメディアを運営する企業で働いているだけあり、クルマに関する新サービスは常にウォッチし続けているという。Anycaを知ったのも比較的早い時期なのはそのせいだろう。

 

「CtoCのカーシェアリングサービスの存在はもともと知っていました。ただ、私は利用したことがなかったんです。Anyca以外の個人間カーシェアリングは保険に自分で入らなければならないケースが多い。何かあったときのことを考えると、どうしても抵抗がありました」

 

 そんな状況の中、ドライバーが自動的に保険に加入できるAnycaの存在を知り、興味を持ったのだという。

 

 しかし、なんといっても吉田さんを引きつけたのは、車種のラインナップ。

 

「シトロエンから独立したDS、シボレーのカマロなど普通のレンタカーではまず乗れないクルマがあり、これはすごい!と思ってすぐに黒いカマロをシェアさせてもらいました!」

3.jpg

吉田さんの喜びがどれだけのものか、そしてAnycaがいかに革命的な存在だったかを説明するために、2016年当時のカーマニアたちのライフスタイルを少しだけ解説しよう。

 

 Anycaが誕生するまで、吉田さんのようにクルマを持っていないクルマ好きが高級車やレア車に乗る手段は大きく2つしかなかった。

 

 一つは、オーナーに乗せてもらうこと。

 

 だが、吉田さんのような20代の若者の周りに高級車を乗り回している友人は少ない。仮に乗せてもらえたとしても、保険に加入していない状態で愛車を積極的に乗せてくれるオーナーなど少ないことは想像に難くないだろう。

 

 もう一つは、高級車レンタカーを利用すること。一般的なレンタカーの相場より高いが、「憧れのあのクルマに乗りたい」というカーマニアたちが集まり、高級車レンタカーは一定の支持を集めている。

 

 現実的に考えれば、カーマニアたちはこちらを利用するのが圧倒的に多い。

 

 だが、問題なのはその料金。たとえば、BMW3シリーズは24時間27,000円。20代のサラリーマンが利用するのは少し抵抗があるだろう。

 

 だが、当時からクルマ好きだった吉田さんは高級車レンタカーを月に1〜2度利用していたという。

 

「それだけクルマが好きだったんですよね。彼女もクルマ好きだったので、一緒に割り勘で乗ってました(笑)。マセラッティギブリを40,000円で借りたこともあります。ざっとならして、ガソリン代や高速代も合わせたら、乗り物関連で月に5万円くらい払っていたかもしれません」

 

 ……というわけで、吉田さんにとってAnycaがいかに革命的な存在だったのかわかるだろう。前出のBMW3シリーズはもちろん、ポルシェやシボレー、レクサスなどの高級車を10,000円前後で乗れるサービスの登場は、吉田さんに大きな衝撃を与えたのだ。

9.jpg

吉田さん、なんでクルマを買わないの?

 

 ここまでで、彼がいかにクルマ好きなのかご理解いただけただろう。

 

 だとすれば、自然とこんな疑問が浮かび上がる。

 

 吉田さん、なんでクルマを買わないんですか?

 

「ついにきましたか、その質問……!(笑)。これは明確に答えがあります。決められないんですよ。クルマって、車種によって用途が全然違うじゃないですか。たとえばオープンカーがほしいとする。予算が100万円あれば、古いポルシェ・ボクスターも買えます。でも、2シーターなので、乗るのは自分一人と同乗者のみですよね」

 

 でしたら、バランスよく4人乗りのオープンカー、たとえばBMW3シリーズ・カブリオレを買うのはいかがでしょうか?

 

 こちらは100万円以上するかもしれませんが。

 

「そう……思いがちですよね?(笑) でも、そうすると車重が軽いからこそ楽しめたオープンカーの醍醐味であったはずのクイックなハンドリングがどうしても失われるんです。で、中途半端なオープンカーを買うくらいなら屋根付きの普通のセダンを買おうか、と思うわけですが、そしたら今度はオープンカーに急に乗りたくなった時にどうするんですか!」

 

 吉田さん曰く、「結局、真ん中を取ってあれもこれも……と考慮すると最良のクルマなど見当たらなくなる」という。

 

 た、たしかに……。

 

 クルマが好きすぎる吉田さんならではの悩みです。

 

「わかります? だから、考えれば考えるほど、私はクルマ好きだけどクルマを一台選ぶなんてできないんです!!(笑)」

6.JPG

Anycaにはいいクルマが揃いすぎている

 

 とはいえ、過去に本気で買いたいと思ったクルマはあったそう。

 

「ただ、コスト面でどうしても不安で……。おそらく、一括では買えないのでローンで買うことになります。たとえば、月4万円のローンを払って、駐車場、さらには保険代も払って合計月6万円だとしたら、年間100万円かかりますよね。そしたらAnycaで100回くらいカーシェアできますよね。1年に100回クルマ使いますか?って考えると使わないですよね。しかもいろんな車が乗れるのに…って考えると全然買えないんです!」

 

 Anycaを利用し、見続けてきた吉田さんだからこそ、自身がクルマを買った時の状況を冷静に分析する。

 

「やはり、Anycaで維持費を軽減しても、クルマの所有には一定のコストが掛かります。それに、Anycaにはいいクルマが揃いすぎている(笑)。私の自宅最寄り駅から3駅先にポルシェがあって、乗り換えする駅にアウディのA5があって、ちょっと大人数で出かける時に乗りたいミニバンが自宅徒歩圏内にある。これだけクルマが選べるのに自分で車を買う満足度が利便性を超越できるのかとても疑問です。」

 

 もう、悩みに悩んで日々を過ごされているんですね……。

 

クルマを持ってないけど徹底解説。こんなクルマを買うべし

 

 実は、吉田さんの話は、ここからが本番。

 

 本連載は、あくまでAnycaでカーシェアを始めようかと検討している人向けのコラム。吉田さんは「こんな人はクルマを買うべきと、自身の分析をもとにAnyca向きのクルマを解説してくれたのだ。

 

「重要なのは当然「いくらでシェアできるか」そして「いくらで売れるか」です。シェアリングに来るお客さんは多かれ少なかれ、売却先になる可能性もあるのです。この時にどれくらいお得に見えるかもキーなのです。」

 

「BMWの5シリーズやアウディのA7、メルセデスのSクラスなどの高級セダンは、買ったその瞬間から再販価値が大暴落するのであまりおすすめできません。Sクラスなどの大型高級セダンに至っては新車価格から300万円以上落ちることも珍しくありません。また3年に一回モデルチェンジしちゃうので、そのタイミングでも値落ちします。」

 

 だが、”古い輸入車”には狙い目のクルマがあるという。キーワードは、「価格が定まったクルマ」だ。

 

「”次のモデルがもう出ないクルマ”というのは売値も買値も固定し続ける傾向にあります。たとえばBMW3シリーズカブリオレ・クーペは次のモデルがもう出ません。現在は2シリーズと4シリーズに統合されました。なので、50万円で買ったBMW3シリーズカブリオレは、個人売買ならば50万円で売れる可能性が高いです。もう値段の幅が広がらないからです。

 

また次のモデルが出てしまうクルマでも、そのタームが長いクルマでかつ1~2モデル古いクルマは価格が安定していることがあります。これは初期型のカイエンなどが当てはまるでしょう。」

 

 また、Anyca内で人気車種の一つ、カクカクした古いJeepチェロキー(1990〜2001年)もそれに当てはまるという。

 

「この手の「諸事情で一定の需要がある・需要が高いわけではないけど一定の顧客が居続けるクルマ」については、モデルチェンジ関係なしにおすすめです。古いMINIやジムニー、Jeepチェロキーがこれにあたるでしょう。

 

見分け方は中古市場での売値と買値が10年ほど変わっていないクルマ。この傾向を見れば明らかですが、買った額とほぼ同じ額で売れる可能性が高いです。車検前に手放してしまえば、追加出費も抑えられて実質ほぼ0円で乗れる可能性すらあります。それに、この手のクルマはAnycaでのシェア料金の相場も決して安すぎないレベルでほぼ決まっています(6,000〜8,000円)。これはおそらくそこまでオーナーが多くないので、変動して安値競争に陥る可能性が低いからでしょう。」

 

Anyca向き、つまりシェアで維持費を軽減しやすいクルマは「ハッタリ」の効く車なのではないかと吉田さんは語る。では「ハッタリ」とは?

 

「コンパクトカーだって100万はくだりません。今や軽自動車だって、オプション付ければ200万の時代なのです。一方でBMW3シリーズカブリオレやジャガーのXJ(2001年周辺のモデル)、Jeepチェロキー、初期型カイエンなどはそれとほぼ同様の金額で買えます(むしろ少し安い)。

 

ここでイメージしてみてほしいんですが、新型のヴィッツが10,000円でシェアに出されていても予約されにくいですよね?でもカイエンならどうですか?ハードルは圧倒的に違うはずです。これが「ハッタリ」です。原価は同じハズなのに「車についているイメージ」が違う。

 

つまり効率的に維持費を軽減できるのです。またお得感が高いので個人間におけるユーザーの買い手もつきやすいはずです。これは即売というメンテナンスコストの削減につながるので、シェア用のクルマとし一つアドバンテージです。」

 

 

”指名シェア”を狙うカーシェア戦略

 

 吉田さん、では、どんなクルマを買えばよいのでしょうか?

 

 「シェアに対して不安な人も多いでしょうから、やはり”指名シェア”を狙うしかないですね」

 

 ”指名シェア”とは、Anycaのラインナップにはまだ存在していないクルマをシェアすることで、そのクルマに乗りたいニッチな人をターゲットにシェアする戦略のこと。以前取材したBMWZ4オーナーの佐野さんもこの戦略をおすすめしていた(http://news.anyca.net/article/2018/6/26/s16)。

 

 

「月に1回だけど、確実に毎月シェアリクエストが入るような車種を狙うんです。数は少ないけれど、そのクルマに乗りたいという人がコンスタントに居続けるクルマであれば、シェア料金も安くする必要もありませんし、何より車をそれなりに知っている人が利用しに来るので、事故リスクが低いです」

 

 吉田さん、そこまで分析できているならば、やっぱりクルマを買ったほうがいいと思います!

5.JPG

クルマが買いたくなったらAnycaのドライバーを一度経験せよ

 

 ここまで読み、Anycaオーナーになることを検討している人はぜひAnycaでドライバーになってみてほしいと吉田さんは熱弁する。

 

「少しでもクルマがほしくなったら絶対Anycaを使うべきです。私はAnycaを利用してクルマに乗っているとき、Anycaでオーナーになろうかなという気持ちと、ドライバーとして使い続けようかなと思う気持ちが常に共存してるんです。そんなアンビバレントな気持ちを抱え続けて、今はクルマを所有しないに至ります」

 

 欲しいクルマを試乗するつもりで乗り、愛車を欲しがるのもいい。逆にAnycaだけでクルマを楽しみたいと思うのもいい。いずれにせよ、迷ったらAnycaを使えというわけだ。

16.JPG

2倍楽しめる!吉田さんおすすめAnycaシェア術

 

 さて、すっかりオーナーさんインタビューのような流れになってしまったので、改めてドライバーの立場としてAnycaおすすめの利用の仕方を教えてください。

 

「私は用途によってシェアするクルマを変えているのですが、それは特殊なカーマニアの使い方でしょう。私のようなタイプでなくても、ぜひおすすめしたいのは”シェア時間の使い方”ですね」

 

 吉田さん曰く、日帰りでシェアしたい時は、早朝クルマを受け取りにいくのではなく、夜に受け取りにいくのがおすすめだという。

 

「朝受け渡しをして、夜返すのも、前日夜に受け取り翌日夜に返すのも、同じ24時間以内なのでシェア料金は変わらないですよね。だったら、日帰りドライブの予定でも、24時間まるまるシェアして楽しみ尽くしたほうが絶対いいですよ!朝寝坊のリスクもないですし(笑)」

 

 吉田さんのAnycaの使い方はこうだ。

 

 たとえば週末ドライブデートの予定が入っているとする。

 

 そんな時は、金曜日夜の仕事終わりにクルマを受け取り、そのまま夜の首都高に繰り出すのだ。

 

「クルマの乗り味を一人で思いっきり試せるじゃないですか。夜の空いている首都高で加速やコーナーリングをチェックする。一人でドライブするので同乗者に気を使わなくていいですし、夜景が綺麗なので最高のナイトドライブになります。すでに週末は始まっているんですよ!

 

それで翌日はドライブデート。Anycaでクルマを2倍楽しめるわけです」

 

 Anycaとクルマを愛する吉田さんならではの楽しみ方。これ、すぐに試したいです!

11.jpg
13.JPG

「3時間前にシェアリクエストしたこともあります」

 

 このように、24時間まるまるクルマを堪能し尽くす吉田さんだが、リクエスト時間についてもアドバイスをいただいた。

 

実はAnycaでは前日の予約リクエストがもっとも多い。

 

 吉田さんは「前日や当日の予約リクエストを送ってこそ、Anycaだ」という。

 

「最短だと、シェア3時間前にリクエストしたこともありますよ。それでもクルマに乗らせてもらえるんですよね(笑)」

 

 その日はもともと、メルセデスのSLをシェアしたかったが、シェアできないことが前日に急遽発覚。急いで乗れるクルマを探し、BMWのM3をシェアすることができた。

 

「そしたら、このクルマが運命的に最高のクルマでした。首都高を走ったら、アクセルを踏んだぶんだけ加速する。クリープ減少もないから、まさに人馬一体を味わえました。偶然のリクエストから、そこまで興味のなかったM3が大好きになりました

 

 元々シェアしようと思った”第一志望”に乗れなかったからこそ生まれたM3との出会い。当日思い切ってリクエストしたことで運命の一台に出会えたというわけだ。

14アイキャッチはこちらで.JPG

普段出会えない人と知り会えるのもAnycaのメリット

 

 最後に、吉田さんはAnycaを利用するうえでのもっとも大きなメリットを語ってくれた。

 

 「Anycaを何度も利用して感じましたが、個人間カーシェアというサービスを利用している時点でアーリーアダプターかつリテラシーの高いオーナーさんです。だから、おもしろい方が多いんですよ。それに、それなりに維持費のかかるクルマを所有している時点でお金に余裕のある方も多いんです。つまり、普通に日々生きていたら知り合えないような人とたくさん接することができるのがAnycaなんです」

 

 それは吉田さん自身の経験にも現れている。

 

 過去、Anycaのオーナー向けのイベントに足を運んだ際、経営者やなかなか出会えない特殊な仕事をしている人とたくさん知り合えた。そこで吉田さんはAnycaを利用するクルマ以外のメリットを感じたのだという。

7.jpg

 「高級車を何台も所有しているお金持ちの方ともたくさんお会いしましたが、みなさんとても個性的でした。Anycaは、そうした人が集まる上質なコミュニティと捉えることもできますよね。高級レンタカーでメルセデスEクラスをレンタルするのと、Anycaで顔の見えるオーナーさんから同じメルセデスEクラスをシェアするのでは得られる経験が違うわけです」

 

 事実、吉田さんもAnycaのオーナー向けイベントで知り合った方と自動車関係のお仕事を、一緒にすることになったそうだ。

 

「意外な出会いを楽しもうと思ってAnycaを利用するのもありかもしれません」

17.JPG

 以上、いつもの3倍以上のボリュームでお届けした賢者のカーシェア術・特別編。

 

 実は、ここで一つ報告が。

 

 このインタビュー、まだまだ続きます!

 

 次回は、32回シェア経験のある吉田さんだからこそ語れる、ぜひシェアしてほしいAnycaおすすめの車種を一挙ご紹介します!

 

【吉田さんが語る!Anycaをドライバーとして楽しみ尽くすコツ】

・クルマが買いたくなったらAnycaのドライバーを一度経験せよ!

・ランキング上位車種を買えばリクエスト殺到すると思うなかれ!

・前日夜にリクエストせよ。夜にクルマの乗り心地を首都高で味わえ!

・Anycaオーナーにはおもしろい人がたくさん。オーナーとの出会いを楽しめ!

 

<取材・文/鈴木GO太郎>

鈴木GO太郎…ライター・編集者。出版社勤務を経て、2015年フリーに。現在はビジネス誌やネットニュースの編集を行う。専門分野は、自動車、不動産、地理。特に自動車についてはAnycaのような「新しいカービジネス」が専門分野



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから






witten by エニカ
世界中
うんうんする
9


 Anycaはサービス開始当初からずっと会員の皆様のコミュニティに支えられ、ここまで成長を続けて来ることができました。今回、「日頃お世話になっている皆様に感謝を伝えたい!」そんな思いで、横浜DeNAベイスターズの開幕第三戦にご招待しました!

 

Anyca会員の中から抽選で選ばれた方に、始球式の投球と選手への花束贈呈を。コミュニティリーダーの皆様にはVIPルームから試合を観戦いただきました。

その様子をお届けします!

180401Y0050.JPG

2018年4月1日、快晴の天気に恵まれた横浜スタジアム。

ご来場いただいたAnyca会員の方々に親近感を持っていただけるよう、スタジアムの中にはAnycaのロゴが並びました。

2.jpg

Anyca会員による始球式

 

試合開始前の始球式。満員の観客の中に登場したのは、AnycaでカーシェアされているフェアレディZです。

 

多くの応募があった「始球式に参加できる権利」。この権利を勝ち取ったのは世田谷区桜新町で日産フェアレディZをシェアしている椎野さんです。

試合当日は「自分が当たったのが嘘みたい」と半信半疑。マイカーでグラウンドの中に入るなんて、こんな機会はなかなかありません。

 

椎野さんは、始球式の直前にバックスクリーン下、DREAM GATEでフェアレディZの助手席に待機し、門が開くのを緊張しながら待っていました。

観客の声援を浴びる中、門が開くとフェアレディZで球場内を走行し、2塁ベース付近で停車しました。そしてクルマから降りると、マウンドに向かいました。

 実際にAnycaに登録してシェアをしているフェアレディZと椎野さん

実際にAnycaに登録してシェアをしているフェアレディZと椎野さん

 投球前は緊張されていましたが、満員の観客がいる中で無事投球する事ができました。

投球前は緊張されていましたが、満員の観客がいる中で無事投球する事ができました。

会員から選手への花束贈呈

 花束贈呈する権利に当選したmiyaさんとharuwaさん

花束贈呈する権利に当選したmiyaさんとharuwaさん

横浜DeNAベイスターズの楠本泰史選手と東京ヤクルトスワローズの西浦直亨選手に花束を贈呈しました。有名選手に直接花束を渡すことができ、お二人とも感動していたようです。

ファンの方なら喉から手が出るほど欲しい、とても貴重な機会だったと思います。

 

スピードガンコンテストVIPルームにご招待

 

Anycaでは、コミュニティづくりに協力してくださるメンバーとして、Anyca公認アンバサダー、コミュニティリーダー、Anycaクラブリーダーがいます。

この方々に日頃の感謝を込めて、スピードガンコンテスト(マウンドから球を投げて速度を測定)とVIPルームにご招待しました!

 

Anyca公認アンバサダー:Anycaのサービスコンセプトを体現し、利用者のお手本となる方々です!

詳しくはこちら

コミュニティリーダー:Anyca運営スタッフと共に企画やイベントを作っている方々です。(3ヶ月~半年任期制)。

クラブリーダー:Anyca利用者同士の部活のリーダーの方です。現在、Anycaカート部が活動をしており、今後様々な部活を作る予定です

 スピードガンコンテストに参加したアンバサダーとコミュニティリーダーの方々

スピードガンコンテストに参加したアンバサダーとコミュニティリーダーの方々

横浜DeNAベイスターズのユニフォームで参加するなど、皆さんノリノリの様子で、1球、1球投げる度に歓声と笑いが巻き起こりました。

 VIPルームにて野球観戦する様子

VIPルームにて野球観戦する様子

スピードガンコンテストの後は、VIPルームでの野球観戦です。

この日は横浜DeNAベイスターズが試合に勝つと選手と一緒に写真撮影ができるとの事で、応援も白熱。VIPルームから熱い声援を送り、結果は3-1で横浜DeNAベイスターズが見事勝利しました!

試合終了後に、参加いただいたAnyca会員の方々と運営メンバーで集合写真を撮りました。

 Anycaのコミュニティリーダー、運営メンバーと京山選手(左)と倉本選手(右)

Anycaのコミュニティリーダー、運営メンバーと京山選手(左)と倉本選手(右)

Anycaはサービスが開始してから約2年10ヶ月が経ち、会員数も15万人となり、皆様に支えられながらここまで成長してきました。

今後もこのようなキャンペーンやイベントを増やし、Anycaファンの皆様に感謝の気持ちを伝えていきたいと考えています。

引き続きAnycaをよろしくお願い致します!



ただいま、Anyca×カーくる キャンペーン実施中!

無料アプリをダウンロードして、登録時に招待コード「carcle」を入れると
特典が受けられます!
2018年6月30日(土)までの期間限定!

▼Anycaアプリ無料ダウンロードはこちらから





ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る