ログイン
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール

   2022年11月26日 17:55  |  アクセサリー

世界中
うんうんする
0


今回のブログは、「非常にレアなBMW」の情報をお届けいたします。


まず1つ目は...

「ラリー会場で見かけたBMW」です!

DSC07374-2.jpg

11/10(木)~13(日)に開催されたラリージャパンの会場(豊田スタジアムのサービスパーク)を訪れたところ...。



315408005_563169302477931_8114051492789659378_n.jpg

Service1 Manufacturer(ワークスチームの整備エリア)の片隅にひっそりと佇む、BMW(先代1シリーズの前期型)を発見しました!



315427494_563169292477932_803870319577575763_n.jpg

日本のナンバープレート(仮ナンバー)が装備されていますが、(恐らくEUの)横長プレートも装着した跡があるので、世界を巡っているようです。

泥除けも装備され、なぜかBMWマークは黒く塞がれています。




bmwrecce-2-800.jpg

このBMWは、Hyundaiチームがレッキ(ペースノート作成のための事前走行)に使用している車両のようです。

(弊社のお客様のS様にFaceBookにてご教示頂きました。ありがとうございます。)

1シリーズはHyundaiの2014年のWRC再参戦の当初から使われて続けており、当初はBMWマークも隠されていなかったようです。

諸事情からマークを隠すようになったのでしょうが、それでも使い続けたということはBMWの基本性能が優れているということの証であるように思えます。




Cap20221126_7-800.jpg Cap20221126-800.jpg

ちなみにGino WRC Invest(役目を終えたWRC関係の車両を販売するイタリアの会社)のサイトでは、取引事例として先代1シリーズのレッキカー(前期型後期型)が載っています。

いずれも120d xDrive(日本未導入の4WDモデル)で、キドニーグリルの中に補助灯が組み込まれていて精悍です。

これらがHyundaiのワークスチームが使用した車かどうかは記されていませんが、1シリーズはレッキカーとしてはメジャーな存在なのかもしれません。

「駆け抜ける歓びは、ラリー界にも存在する」ようです!



「レアなBMW」の話題の2つ目は・・・

nagasawa1.JPG nagasawa2.JPG

BMW AMBASSADOR GIRL 2022 を務められている長沢 美穂さんにショールームにお越し頂き、「BMW PUMA ハット」をお買い上げ頂きました!

今年5月に続いてのご来店、誠にありがとうございます)




nagasawa3.JPG nagasawa4.JPG

そして、先週のブログでもお伝えした「BMW×Steiff テディベアキーリング」もお買い求めいただきました!


BMWとSteiffは、モータースポーツでのスポンサー活動も含んだ深い結びつきがあるのですが...。
長沢さんのテディベア・コレクションには、なんと手作りの歴代のレーシングウェアを着せられているのです!
クマ愛とBMW愛に満ちた、素晴らしい作品です!


「BMW×Steiff テディベアキーリング」は、国内1000個限定(既にメーカー在庫はありません)で、弊社の在庫も残り少ないレアなBMWアイテムですので、ぜひお早めにお問い合わせください!





そしてさらに、「極めつけにレアなBMW」が本国発表になりました!
 
 
032_oCSL-800.jpg

BMW Mの50周年を祝う最終兵器とも言える、NEW 3.0CSLです!

「世界50台限定」という、BMWの市販車として最もレアなモデルでもあります。

レーシングカー譲りのテクノロジーを盛り込み、560PS・550NmというBMW M史上最もパワフルな直列6気筒エンジンを6MTで操る、後輪駆動の2シーターです!



2023-bmw-3.0-csl-real-life (2)-800.jpg

ミュンヘンの発表会場では、そのスタイリングと名前の元となった初代3.0CSLと並んでお披露目されました。

167台が販売された初代3.0CSLは、BMW MOTORSPORT社(現BMW M)が送り出した初めてのモデルでもあります。

その半世紀ぶりのモデルチェンジとも言えるNEW 3.0CSLは、未来に向けたBMW Mの新たな1ページです!



30CSL750-2-800.jpg

その価格は正式発表されていませんが、75万ユーロ(約1.1億円)という噂です!!

BMW史上最もレアな車は、最も高価な車でもあるようです。

世界50台限定のうち、何台が日本に輸入されるのでしょうか...?

その希少性に加えてその価格からも、公道を走る姿を見かけることはまず無いと推測しますが、一度で良いので見てみたいです..。


以上、非常にレアなBMWのお話でした!  G.Sekido








   2022年11月18日 15:00  |  アクセサリー

世界中
うんうんする
0


DSC_0337-4.jpg

こんにちは。今週のブログ担当はGotoです。
 
新車ショールームのショップシステム(アクセサリー類の展示用の棚)が最新バージョンに変わりましたので、ご紹介致します。


 
DSC_0332-2.jpg 

DSC_0331-2.jpg 
 
以前のガラスを主体とした棚からガラリと変わり、プレミアム感がアップしました。



 
DSC_0330-2.jpg
 
DSC_0328-2.jpg

その変更に伴い、展示商品も増えております。

BMW Golfsport Collection や、BMW SPORTS COLLECTION も並んでいます。




DSC_0326-2.jpg DSC_0333-3.jpg

BMW LIFESTYLE COLLECTION のキーホルダー各種や、カーケア用品も並んでいます。





DSC_0335-4.jpg

そしてこの度、新しく「BMW×Steiff テディベアキーリング」が発売されました。
 
《 Steiff(シュタイフ)社(1880年創業)は世界で初めてテディベアを製作したドイツのぬいぐるみメーカーです。

ぬいぐるみの耳に付いているボタン(ボタン・イン・イヤー)やタグは、シュタイフ創業以来の伝統を守り続けるためにつけられた「世界で一番古いトレードマーク」であり、最高級の品質の証として今も続くシュタイフ社の商標です。》 

 
頭や手足を好きなポーズに動かすこともできます。

価格は、13,530円(税込)です。
 
国内1000個限定の販売で、既にメーカー在庫はありませんが、弊社には6個ございます!
 
ぜひお早めに、お問い合わせ下さい。
 
 

db86263d1f504715afa0b412c247c870-2.jpeg

ショールームには、クリスマスツリーも登場しました。

今週末は、ぜひご家族やご自身へのプレゼントをお探しにご来店ください。

スタッフ一同、お待ちしております。








   2022年11月12日 14:40  |  認定中古車

世界中
うんうんする
0


IMG-8764-2.jpg

今週のブログ担当は、Matsudaです。
 
このところの自動車販売業界は、半導体不足等の理由によって新車の供給に遅れや制限が出てきています。

メーカーによっては新車を注文するにあたって抽選に当たる必要があったり、ご要望のグレードの車が買えなかったりもします。

その影響から中古車に関する需要が増え、結果的に中古車も在庫不足になっています。
 


Cap20221112_1-2-800.jpg
 
ですが、弊社は即納できる新車もございますし、入荷予定・取り寄せ可能な車両も多数ございます!



IMG-8765-2.jpg

中古車も、豊富に在庫がございます!

元は試乗車だった車両もあり、高年式・低走行でお勧めです。
 


Cap20221112_9-2-800.jpg
 
しかも弊社の認定中古車は、車両本体価格に、納車前整備費用や保証費用が含まれております。

(中古車店によっては、それらを車両本体価格とは別に請求される場合があります)

必要な金額が明確でございますし、長く安心してお乗りいただけます。



Cap20221112_13 (2)-800.jpg

BMW Premium Selectionには、豊富な保証プログラムが用意されています。

基本的に1年間の走行距離無制限保証が付帯しており、最長で4年間の保証をご用意しております。

保証対象箇所に不具合が生じた場合、無償修理をご提供いたします。

BMW認定中古車ならではの充実の保証で、安心してカーライフをお楽しみいただけます。



 
Cap20221112_14 (2)-800.jpg 
ご購入後のメインテナンスパッケージも充実しております。

BMW サービス・インクルーシブには、最長で初度登録より9年間まで・走行距離で18万Kmまでの延長パッケージがございます。
(認定中古車に関しても、初度登録からの同様の期間でご加入いただけます)

さらに、走行距離に応じて複数のメニューをご用意しております。
詳しくは、弊社のセールススタッフまでお問い合わせ下さい。
 
 
 
Cap20221112_11-2-800.jpg

弊社の認定中古車のラインナップは、【 Goo-net 在庫情報 
】および【 カーセンサー 在庫情報 】にて、
内外装写真を含む詳細をご覧頂けます。




bps20221112.jpg

諸般の事情により上記サイト等に掲載できない「最新モデルの低走行車」もあり、現在40台程の在庫がございます。

ぜひ店頭にて豊富な在庫車ラインナップをご覧ください。

  
 
特別企画と致しまして、11月12日(土)・13日(日)にご来店頂き「ブログを見たよ」というお客様を対象に、お客様のお車のホイール無料洗車サービスを承ります。
(お時間は1時間ほど頂戴いただけると幸いです)
  
 
IMG-8762-2.jpg

ホイール無料洗車サービスは、一宮市大和町苅安賀火口上71番地 にございます 
BMW Premium selection一宮にて実施致します。
(誠に恐縮ながら、国道22号・名岐バイパス沿いの新車ショールームはサービスの対象外でございます)

是非、皆様お気軽に遊びに来てください。

ご来店をお待ちしております。







   2022年11月4日 17:50  |  時事

世界中
うんうんする
0


meta-facebook.jpg
(上図は欧州議会のロゴマークです)


先月(2022年10月)末に、「35年までにエンジン車の新車販売禁止へ、EU3機関が合意」というニュースが報じられました。

その概要は、

・EU理事会と欧州議会、欧州委員会は10月27日、ガソリンエンジンなど内燃機関の新車販売を2035年までに事実上禁止する法案の内容で合意した

・2026年の時点で欧州委がゼロエミッション化に向けた進捗状況を評価して、必要に応じてプラグインハイブリッド車や、合成燃料を含む代替燃料(カーボンニュートラル燃料)の扱いについて見直しを行う

というものです..!!



53_governance-800.jpg

ちなみに27か国・総人口約5億人からなるEUは、このような統治体系を取っています。

2035年エンジン車禁止の基本方針は、まず27名からなる「欧州委員会」にて昨年7月に打ち出されました。

ですが昨年11月に行われたCOP26(気候変動対策を協議する国連の会議)の結果(※)を見ても、ドイツはその方針に賛同していなかったと推測されます。


※ COP26における「全世界で2040年までに(主要市場では2035年までに)、販売される新車を全て電気自動車など『排出ゼロ車』にすることを目指すとの宣言」に、イギリスやスウェーデンを含む24か国が署名したものの、日本・アメリカ・ドイツ・中国・韓国などの主要な自動車生産国は署名しなかったと報じられました。




欧州議会.jpg

その後の今年6月8日の欧州議会本会議では、賛成339・反対249・棄権24と、約55%の支持でその法案が採決されました。

さらに「2026年に、欧州委員会がプラグインハイブリッド技術や合成燃料を含む代替燃料技術の発展などを考慮し、必要な見直しを行うこと」をEU理事会は確認しました。


そして先月末になり、冒頭のようなニュースが報じられました。

まだ法制化はされていないものの、立法機関であるEU理事会が合意したということは、それに向けて動くことはほぼ確実なようにも思えます。

※ ただし「合成燃料などカーボンニュートラル燃料のみを使用する車両の2035年以降の販売について、欧州委員会が新たな提案を行う」という文章が法律の前文に盛り込まれるという見込みのようですが、詳細は明らかになっていません。


尚、欧州自動車工業会(ACEA)やドイツ産業界は、このエンジン車禁止法案に対して強い疑問や懸念を表明しています。


わずか27名の欧州委員会が打ち出した急進的で短絡的とも思える方針は、結果的に欧州全体の方向性へと拡大され、EU27か国の5億人の暮らしや産業にきわめて大きな影響を及ぼそうとしています。


ウクライナ侵攻に伴うロシア制裁の影響で欧州では電力需給が逼迫し電気料金が高騰していますが、その情勢に逆行しているようにも思えます。




CALEV.jpg

EUと同じようなエンジン車の販売禁止方針は、最近になってカリフォルニア州ニューヨーク州でも表明されています。

ですがそのカリフォルニア州では、熱波による電力逼迫の懸念から住民に対してEVの充電を控える要請が出されたりもしています。

同州では「寿命を迎えた太陽光パネルがほとんどリサイクルできず埋立廃棄され、鉛・カドミウムなどの有害重金属で地下水を汚染する可能性がある」という説も見かけます。

そもそも、エンジン車をEVに置き換えてもCO2削減効果はごく限定的である(廃車までの総走行距離が短いとかえってCO2を増やしてしまう)という試算もあります。


「エンジン車とはすなわち悪であり、早急に販売禁止にするべきである」とでもいうような単純な理屈が成り立つ状況ではないことは明らかだと思います。




reutersBMW-800.jpg

欧州自動車工業会(ACEA)の会長でもあるBMWのオリバー・ツィプセCEOは、エンジン車の存続に関する力強いメッセージを度々発しています。

10月19日には米国でのインタビューにおいて、「BMWはあえてエンジン車生産終了の日程は設けておりません。当社としては野心的な自動車規制は支持しているものの、政治主導でエンジン車が無理やり禁止される流れには賛成しかねます。」と明言しました。

(車の排出量実質ゼロ化に向けた義務規制がある国などでは)「われわれは対応の準備がある。十分な量のEVを用意できる」とも述べ、国や地域のニーズに応じた商品展開を続ける意思も示しました。



311596158_543710357757159_7408682187778586753_n-2-800.jpg

BMWが、株価や投資筋にウケが良い「極端なEV化目標」を掲げない理由の一つに、株式の約半分を「クヴァント家」という一族が長きにわたって保有していることもあると思います。
 
BMW Foundation Herbert Quandtヘルベルト・クヴァント氏の名前を冠したBMW財団)は「気候危機は、リーダーが直面する主な課題の一つであるだけでなく、それ自体が時代遅れのリーダーシップの産物である。」という強烈なメッセージを発しています。




Cap20221104_2-2-800.jpg

そして独自の取り組みによって責任あるリーダーシップを促進し、世界中のリーダーに平和で公正で真に持続可能な未来に向けて活動するよう促しています。

さらに国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)にも参加するとのことで、うわべだけでない確固たる意志を持って行動し、環境問題に向き合う姿勢を明らかにしています。

安定大株主であるクヴァント家のサポートもあって、今後もBMWは着実に真摯に駆け抜けてくれると思います。




xxautobahn-jumboj2.jpg
(ミュンヘンへと続くアウトバーンの写真です)

国家間を陸続きで移動できる欧州は、自動車の利便性や合理性が人々の生活や経済に極めて密接に繋がっています。

ルールが現実に即していないなら、それを正すのも政治の役割であり、政治の原動力でもあると思います。

人々の声と優れたリーダーが、明日へと続く道を切り拓いてくれると信じます!  G.Sekido








   2022年10月28日 17:55  |  アクセサリー

世界中
うんうんする
0


DSC_0136-3.jpg

今週はM.Gotoがお届けします
 
ショールームに、BMW LIFESTYLEのニューアイテムが入荷致しました。

 
 
DSC_0142-5.jpg

まずご紹介するのは、///M ロゴの入ったM ポロシャツ(メンズ & レディース)です。
 
まだ日中は20℃を超える日があります。
 
日焼け止めの長袖インナーシャツの上に重ね着するのもお勧めです。
 
「身につける歓び」が感じられますよ。
 
 
Cap20221028_2-2.jpg 

///Mロゴの色が異なるので、さりげないペアルックにもなります。

価格は、メンズ・レディース共に 11,990円(消費税込)です。




Cap20221028-2.jpg

M Tシャツ
(メンズ)も入荷しました。

グラデーションやフェイク・ポケットが個性を主張します。

レッドは6,930円・ブラックは6,380円(共に消費税込)です。




DSC_0144-2.jpg

ドッグ・カラー(首輪)とドッグ・リードも入荷しました。
 
BMWマークも付いていて、「愛犬と駆け抜ける歓び」を味わえます!


 
Cap20221028_5.jpeg

価格は、カラーが5,566円、リードが7,414円(共に消費税込)です。

散歩もより楽しくなると思います。
 


 
Cap20221028_6-800.jpg

なお、BMW LIFESTYLE COLLECTION は、Web上でPDFカタログをご覧頂くこともできます。

店頭にない商品は取り寄せもできますので、お気軽にお申し付けください。



 
DSC_0140-3.jpg 

LCI(マイナーチェンジ)によってより魅力を増したNEW3シリーズも、ぜひご覧ください。

320d xDrive Touring M Sportの、試乗車と展示車がございます。

ぜひショールームにて、「新しい駆け抜ける歓び」を発見してください!




+ プロフィール +
Sun Motoren BMW
Sun Motoren BMW
Sun Motoren カーくるビジネスブログアカウントです。
+ アーカイブ +
2022年11月 (4)
2022年10月 (4)
2022年09月 (5)
2022年08月 (3)
2022年07月 (5)
2022年06月 (4)
2022年05月 (4)
2022年04月 (5)
2022年03月 (4)
2022年02月 (4)
2022年01月 (4)
2021年12月 (4)
2021年11月 (4)
2021年10月 (5)
2021年09月 (4)
2021年08月 (3)
2021年07月 (5)
2021年06月 (4)
2021年05月 (4)
2021年04月 (5)
2021年03月 (4)
2021年02月 (4)
2021年01月 (4)
2020年12月 (5)
2020年11月 (4)
2020年10月 (5)
2020年09月 (4)
2020年08月 (3)
2020年07月 (5)
2020年06月 (4)
2020年05月 (4)
2020年04月 (5)
2020年03月 (2)
2020年02月 (5)
2020年01月 (3)
2019年12月 (4)
2019年11月 (5)
2019年10月 (4)
2019年09月 (4)
2019年08月 (5)
2019年07月 (4)
2019年06月 (4)
2019年05月 (5)
2019年04月 (4)
2019年03月 (5)
2019年02月 (4)
2019年01月 (3)
2018年12月 (4)
2018年11月 (5)
2018年10月 (4)
2018年09月 (5)
2018年08月 (4)
2018年07月 (4)
2018年06月 (4)
2018年05月 (4)
2018年04月 (4)
2018年03月 (5)
2018年02月 (4)
2018年01月 (4)
2017年12月 (5)
2017年11月 (4)
2017年10月 (4)
2017年09月 (5)
2017年08月 (4)
2017年07月 (4)
2017年06月 (5)
2017年05月 (3)
2017年04月 (4)
2017年03月 (5)
2017年02月 (4)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (4)
2016年09月 (5)
2016年08月 (4)
2016年07月 (5)
2016年06月 (5)
2016年05月 (4)
2016年04月 (5)
2016年03月 (4)
2016年02月 (4)
2016年01月 (4)
2015年12月 (4)
2015年11月 (4)
2015年10月 (5)
2015年09月 (4)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (4)
2015年05月 (4)
2015年04月 (4)
2015年03月 (4)
2015年02月 (5)
2015年01月 (4)
2014年12月 (5)
2014年11月 (4)
2014年10月 (5)
2014年09月 (5)
2014年08月 (4)
2014年07月 (4)
2014年06月 (4)
2014年05月 (4)
2014年04月 (4)
2014年03月 (4)
2014年02月 (5)
2014年01月 (3)
2013年12月 (4)
2013年11月 (5)
2013年10月 (4)
2013年09月 (4)
2013年08月 (4)
2013年07月 (5)
2013年06月 (5)
2013年05月 (3)
2013年04月 (4)
2013年03月 (5)
2013年02月 (4)
2013年01月 (5)
2012年12月 (5)
2012年11月 (4)
2012年10月 (4)
2012年09月 (5)
2012年08月 (3)
2012年07月 (4)
2012年06月 (6)
2012年05月 (4)
2012年04月 (6)
2012年03月 (5)
2012年02月 (4)
2012年01月 (4)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (5)
2011年09月 (4)
2011年08月 (3)
2011年07月 (5)
2011年06月 (4)
2011年05月 (4)
2011年04月 (6)
2011年03月 (9)
2011年02月 (4)
2011年01月 (5)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (6)
2010年09月 (5)
2010年08月 (4)
2010年07月 (6)
2010年06月 (8)
2010年05月 (6)
2010年04月 (6)
2010年03月 (4)
2010年02月 (4)
2010年01月 (5)
2009年12月 (5)
2009年11月 (4)
2009年10月 (5)
2009年09月 (5)
2009年08月 (4)
2009年07月 (3)
2009年06月 (4)
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
2022年11月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する