ログイン
カーくるトップへ

インテグラーレじゃあないけど、デルタです。

新型デルタ(第3世代、844型)のブログでしたが・・手放してしまい、その後メインカーがパンダ(3代目)→DS5→アヴァンタイム→C4ピカソ(初代)と迷走?期間を経て、今はランチアテージスとフィアットバルケッタの2台体制になりました。タイトルはそのままですが・・







ニューデルタ、C4ピカソ、バルケッタネタ以外に、海外のクルマ、珍しい中古車、ミニカー(1/43)、シリーズネタ等でお送りしてます。
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by はるぱ
世界中
うんうんする
51


2年ちょっと所有したテージスを振り返ってみたいと思います。

とはいえ、1年近くの長期入院がありましたので、実際には乗れたのは1年ちょっとで6000キロ程度でした。

テージスは私にとって5台目のイタリア車、フランス車も5台乗ってますので、イタフラだと10台目だったのですが、いやあなかなか手強い車でした。 正直これまで過去にはイタフラでそれ程困ったことは無かったんですけどね。。

但し、維持はそれなりに手が掛かりますが、車としては過去のランチアのオマージュの元に、デザイナーが自由にデザインをしたと思われる凝った外装、木目やチタン等の専用パーツを多用した上品な内装、アルファ程は吠えないけど、良い音がするブッソV6、自然でなめらかなステアリングフィール、高速での乗り心地等、数々の美点もあるとても魅力的なクルマでした。

個人売買で購入したのですが、機関系で大きな部分で手を入れたのは、以下の通り。

  1. ATのバルブボディー交換
  2. タイベルウオポン等一式交換
  3. タペットカバーパッキン交換
  4. ガソリンホース交換
  5. エアコンホース交換
  6. ECU交換

1.2.は購入時に想定の上で購入しましたが、3〜6は想定外でしたね。 3はエンジンルームをよく見たら分かったかもです。

5.は購入したのが真冬でしたので、気がつかなかったかなぁ。

一番大変だったのが6で、エンジンを掛けるとECUエラーが出るというのが良く分からず。 ECUリビルトで解決せずECUを交換して一旦解決した矢先に今度はヒューズ飛びが発生、結局接点を全てクリーニングしてなんとか復活。

その他にも、右リア窓落ち→助手席窓落ち…等、パーツはカーともさんに教えて頂いたイタリアやオランダのショップから仕入れましたが、欠品になってるパーツもあったりと…といった感じでした。

まあ、総生産台数が16000台程度で、専用設計、専用パーツのオンパレードですので、仕方ないですね。

その他、まだまだ手を入れれなかった部分として、外装関係の小傷の修復や足回りのコトコト音(恐らくブッシュやアーム関係)等ありました。

というわけで、もし欲しいかたがおられたら個体の入念なチェックと、パーツの供給ルート、そして情熱はかなり必要なモデルかと。。

とはいえ、それだけの苦労をしても欲しいと思わせるだけのとても魅力的なモデルなんですけどね。。

しかし、ネオクラのイタリアン大型セダンは他にもテーマ、164、166、クアトロポルテ(ガンディーニの4代目が大好物)と魅力的なモデルが多いですよね。 多少火傷?してもまた将来買ってるかも…です(笑)

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=xnrczsNN2O8jgxconCAvLg%3d%3d
2022年5月9日 20:00  | テージス  | コメント(12)  | トラックバック(0)
Kaffyさんのコメント  May 9 .Monday  22:17:44 [EDIT]
世界中
確かにテージスはとっても悪〜い魅力がある車ですよね。私も未だに欲しいです。生産台数が16000台とは本当に凄いですね。蛇足ですが、トヨタのセラが総生産台数がそれぐらいです。
い~さんさんのコメント  May 10 .Tuesday  10:31:40 [EDIT]
世界中
こちらのテージス、はるぱさんが沢山を手を入れてかなり調子が良くなってますよね!

今はどちらを走られてるんでしょうか~^^?
ハクナマタタさんのコメント  May 10 .Tuesday  19:41:8 [EDIT]
世界中
やっぱり、テージスは唯一無二の存在ですね。
火傷は覚悟でも、所有する悦びの方が勝りそうです。

帰国したら、買戻しでしょうか?(謎)
はるぱさんのコメント  May 10 .Tuesday  22:52:37 [EDIT]
世界中
> Kaffyさん

そうなんですよ。 まさしく悪女…って感じのクルマでして…

セラもその位の台数なんですね。 アヴァンタイムの8千数百台と比べると倍… でも最近シャマルの記事を見てたら総生産台数369台!ってのに改めてびっくりしてたりします。

> いーさんさん

いえいえ、まだまだ道半ばで気になるところは色々とありましたが、引き継いで頂いた方がランチア含めたイタ車マニアの方ですので、嬉しく思ってます。

> ハクナマタタさん

そうなんですよ。 魅力的なのですが、財力が…(^^;

帰国したら、ビトウルボ… ゴニョゴニョ… 単なる妄想ですので、聴き流してください(笑)
ルカさんのコメント  May 10 .Tuesday  22:52:42 [EDIT]
世界中
これはちょっとしたバイヤーズガイドになりますね!おそらくテージスでは唯一のバイヤーズガイド?
いやホントにテージスは良いですねぇ(^^)
はるぱさんのコメント  May 10 .Tuesday  22:58:47 [EDIT]
世界中
> ルカさん

ちょこっとそのようは事も意識しながら書いてみましたが、2年だけですので内容は薄いです… 汗
といいつつ、結構色々ありましたが…

メーター周りとか、液晶のデジタルメーターが主流になって、あんなデザインのものは超高級車以外はもうなかなか出ないだろうなぁ…と。
yachiさんのコメント  May 11 .Wednesday  3:28:53 [EDIT]
世界中
ランチア好きなら絶対一度は手に入れたい車ですが私の知ってる方数名も新車で手に入れて未だに乗っておられる方は残念ながら居ません
ランチア自体がどの車種も手強い物ばかりなのでそれを承知で乗るしか無いのかも知れませんね!?
私は832、2代目イプシロン、3代目イプシロンとランチア3台目です
Mixさんのコメント  May 11 .Wednesday  18:53:44 [EDIT]
世界中
テージス沼に嵌らせてしまいましたね…(汗)

でもヘンタイにはそれだけ魅力的なイタ車です。
まぁ自分もその沼から10年以上抜け出せないですけど。やっぱりあの唯一無二のデザインは外せないですし、ブッソⅤ6より扱いが悪い直5ディーゼルは回すとなかなかトルクフルで低音のイイ音がするんですよね。

帰国しましら、懲りずにまた火傷しましょう!(爆)
くてのぽまさんのコメント  May 11 .Wednesday  20:20:47 [EDIT]
世界中
どんな人が運転しているんだろーといつも気になるテージス(と言っても駐車場で2度ほど、走行中は未見なんですが)、その妖しさ以上に手がかかるんですね…。
2000年代のクルマなのでランチアといえどもさすがに、と勝手に想像していましたがなかなかの沼だったとは。
ですが、確かに斜め後ろからのスタイリングにはその沼にはまるにたる理由がありますね。一度走行シーンを生で見たかったです。
はるぱさんのコメント  May 11 .Wednesday  23:54:44 [EDIT]
世界中
> yachiさん

仰る通り、確かに以前乗られたたけど、手放されたという話をよく聞きますね。 同様に、もう一度手に入れたり、もう一度欲しいという話も。。

でも、やはりリスクがあっても3台も乗り継がれる程の魅力があるんですよね…

> Mixさん

多少は覚悟してましたが、思ったより沼でしたね。 でも不動のままにならず、よかったです。

とはいえ、やはりなんとも魅力的なんですよねー
はい、また帰ったら自ら火傷をしにいくと思います(笑)

> くてのぽまさん

そうですよね。。 ドライバー怪しい人でないかと思われますよね。 私はごくフツーの単にランチアが好きなだけですが。

そうなんですよ。 私の中では2000年以降のイタフラってかなり信頼度が上がった印象なのですが、テージスに関しては当てはまらないようです。
長距離が得意なクルマなので、もっと色々と遠出したかったです。
iceさんのコメント  May 14 .Saturday  0:14:10 [EDIT]
世界中
どうして007にテージスが採用されたんですかね。
バルケッタ雑記もお待ちしてまーす。
はるぱさんのコメント  May 14 .Saturday  9:56:2 [EDIT]
世界中
> iceさん

それは、怪しい雰囲気じゃないですかねぇ。
冒頭のクアトロポルテもめちゃカッコよかったです。
そのうち、バルケッタ雑記も書いてみますねー




プロフィール
はるぱ
はるぱ
「はるぱ」です。(2012年ははるパパ)よろしくお願い致します。カバー写真はランチアデルタ(844)ですが、今はランチアテージスとフィアットバルケッタです。車歴は、シトロエンBX(16TRS)→ユーノ...
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2022年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
先負
13
仏滅
14
大安
15
赤口
16
先勝
17
友引
18
先負
19
仏滅
20
大安
21
赤口
22
先勝
23
友引
24
先負
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
大安
31
赤口
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
2022年05月 (3)
2022年04月 (4)
2022年03月 (4)
2022年02月 (7)
2022年01月 (6)
2021年12月 (10)
2021年11月 (7)
2021年10月 (7)
2021年09月 (7)
2021年08月 (7)
2021年07月 (9)
2021年06月 (6)
2021年05月 (8)
2021年04月 (6)
2021年03月 (7)
2021年02月 (9)
2021年01月 (6)
2020年12月 (7)
2020年11月 (8)
2020年10月 (5)
2020年09月 (8)
2020年08月 (12)
2020年07月 (5)
2020年06月 (7)
2020年05月 (7)
2020年04月 (5)
2020年03月 (4)
2020年02月 (3)
2020年01月 (6)
2019年12月 (6)
2019年11月 (4)
2019年10月 (6)
2019年09月 (6)
2019年08月 (5)
2019年07月 (4)
2019年06月 (7)
2019年05月 (9)
2019年04月 (4)
2019年03月 (4)
2019年02月 (3)
2019年01月 (7)
2018年12月 (5)
2018年11月 (3)
2018年10月 (4)
2018年09月 (5)
2018年08月 (6)
2018年07月 (4)
2018年06月 (6)
2018年05月 (4)
2018年04月 (4)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2018年01月 (6)
2017年12月 (4)
2017年11月 (6)
2017年10月 (4)
2017年09月 (4)
2017年08月 (6)
2017年07月 (4)
2017年06月 (6)
2017年05月 (7)
2017年04月 (5)
2017年03月 (5)
2017年02月 (3)
2017年01月 (5)
2016年12月 (6)
2016年11月 (4)
2016年10月 (6)
2016年09月 (6)
2016年08月 (5)
2016年07月 (5)
2016年06月 (3)
2016年05月 (4)
2016年04月 (5)
2016年03月 (6)
2016年02月 (8)
2016年01月 (6)
2015年12月 (6)
2015年11月 (6)
2015年10月 (4)
2015年09月 (7)
2015年08月 (5)
2015年07月 (8)
2015年06月 (8)
2015年05月 (7)
2015年04月 (9)
2015年03月 (6)
2015年02月 (7)
2015年01月 (9)
2014年12月 (7)
2014年11月 (9)
2014年10月 (9)
2014年09月 (7)
2014年08月 (10)
2014年07月 (7)
2014年06月 (8)
2014年05月 (6)
2014年04月 (9)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (5)
2013年12月 (10)
2013年11月 (8)
2013年10月 (4)
2013年09月 (10)
2013年08月 (6)
2013年07月 (7)
2013年06月 (6)
2013年05月 (7)
2013年04月 (5)
2013年03月 (8)
2013年02月 (4)
2013年01月 (7)
2012年12月 (6)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る