ログイン
カーくるトップへ

インテグラーレじゃあないけど、デルタです。

新型デルタ(第3世代、844型)のブログでしたが・・手放してしまい、その後メインカーがパンダ(3代目)→DS5→アヴァンタイムとめまぐるしく変わり、今は先代C4ピカソとフィアットバルケッタの2台体制になりました。タイトルはそのままですが・・



ニューデルタ、C4ピカソ、バルケッタネタ以外に、海外のクルマ、珍しい中古車、ミニカー(1/43)、シリーズネタ等でお送りしてます。
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by はるぱ
世界中
うんうんする
9


ホンダヴェゼルがフルモデルチェンジしましたね。 

初代はモデル末期まで結構な人気車だったので、てっきりキープコンセプトでくるのか…と思ってたら、かなりガラッと変えてきてビックリ。 しかも、ホンダらしからぬデザイン。。 ネットでもマツダのCXシリーズに似てるとか、リアはハリアーだとか、色々盛り上がってますね。

それで、ベストカーWEBでヴェゼルの記事を見てたら、たまたま記事の途中に差し込まれた広告が出てきたのですが、それがコレ。。

なんと、ヤリスクロスの広告が。

しかも同じようなアングルで、同じ白黒のツートンカラーの外装色。

最初単体で見た時はヤリスクロスに似てるとは思わなかったのですが、Aピラーから後ろのデザインやツートンの塗り分け場所まで… 

尤も、発売時期を考えるとたまたまでしょうけど、後で発売したヴェゼルはちょっとかわいそうな感じですよね…

しかし、広告の出方があまりにも…だったので、ちょっとビックリしてしまいました…^^;

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=26j6xTkQqBlxwh7SoFInUg%3d%3d
2021年2月20日 20:51  | その他雑記  | コメント(9)  | トラックバック(0)
ルカさんのコメント  Feb 20 .Saturday  22:49:36 [EDIT]
世界中
本当ですね、偶然なのか、当てに来ているのか、コレはビックリしてしまいますねσ(^_^;)

確かにCピラーの所の塗り分けなんかもソックリです(^^)
でもって、マツダのCX系のデザインとも似てますねぇ。
ハクナマタタさんのコメント  Feb 21 .Sunday  3:10:21 [EDIT]
世界中
こうやって比較すると、なるほど似ていますね。AI広告は、気づかないことを教えてくれますね。

そういえば、ホンダの社長が交代することになりましたね。今度の社長は、現本田技術研究所(デザイン部門などの会社)社長なので、これからのホンダがどうなるのかちょっと気になっています。
ね500さんのコメント  Feb 21 .Sunday  4:42:1 [EDIT]
世界中
似てますねー
ヴェゼル買って、エンブレムをヴィッツ(笑)クロスに貼り替えましょう
tak@赤sma451さんのコメント  Feb 21 .Sunday  9:26:48 [EDIT]
世界中
お邪魔いたします。
動物の収斂進化と同じように、違うメーカーやサイズの車が
売れるSUVという目標に向かうとこうなると言う分かりやすい
例に感じますね。
逆にメーカーの個性が強烈なフェラーリやランボ、ポルシェにベントレー等は
その会社のらしさを全面に出さないと「手抜き」だとか
「魂がない」だとか言われちゃう難しい商売ですよね。
今回のFMCで一番驚いたのはグリルの本体同色化でした。
Kaffyさんのコメント  Feb 21 .Sunday  13:25:47 [EDIT]
世界中
私はこの発表を見た時に、やっぱり日本ってスクラップアンドビルドだなーって感じました。
RAV4もそうですが、名前だけで全然違うテイストになっちゃうのはどうかと私は思うんですよね。
その点、伝統を引継ぐ欧州車はすごいなーって思いますね。
しかし広告ってエグいですよね。特にネット広告は忖度とかないでしょうからね。
iceさんのコメント  Feb 21 .Sunday  21:28:26 [EDIT]
世界中
はるぱさんのネットは「たまたま記事の途中に差し込まれた広告」は
全部クルマが表示されると想像するので、たまたまでなく、必然ですよ(笑)
はるぱさんのコメント  Feb 21 .Sunday  22:37:5 [EDIT]
世界中
> ルカさん

偶然と思いたいですが、もし当てにきてたらこれはちょっと怖いですよねぇ。。 ライバル車の広告が表示されるようになってるのか。。

よく見ると、いろいろと違うのでしょうけど、Cピラーの塗分けはほんとそっくりで、もうちょっと何とかできなかったかなぁ・・とも思います。

> ハクナマタタさん

私もマツダやハリアーとかには似てるかな・・と思ってましたが、これは新たな発見でしたね。

ホンダの社長変わりましたよね! なるほど、また違う方向性が出てくるのですかね。 ホンダって、成功したモデルとかでも、急にガラッと変えてしまう事がありますよね。 私も個人的には新旧ヴェゼル同士では今回のほうが好きなのですが、あまりの変わりようにちょっと驚いた次第です。

> ね500さん

まあ、SUVとなると、どうしても似てきてしまうのかな・・と思います。
まだ、ハッチバックとかのほうがデザインの自由度があるんですかね。。

> tak@赤sma451さん

仰る通り、トレンドやマーケティングを掴もうとするほど、似てきてしまうのでしょうかね。。 あと、ちょっと気になるのは中国市場の声や好みをどの程度反映させてるかという点ですね。 

ラグジュアリーカーのメーカーは、確かにそうですよね。 一方で欧州のメーカーは昔のモデルのオマージュというか、そのあたりうまくデザインに繁栄をさせてると思います。

グリルの同色化は確かに思い切ったなぁとも思いましたが、同色ではないですが、プジョー3008/5008がマイチェンで似た手法で来たのでそれほど違和感を感じませんでしたね。

> Kaffyさん

仰る通りですよね。 特にホンダはインサイトとかもそうですが、こういうことが多い気がします。 ある意味、チャレンジングなのかもしれませんが。 

我々が欧州車に惹かれるのは、そういう部分もあるのかもしれませんね。。 (尤も、欧州車でも時折んっ?って思うモデルチェンジもありますが・・)

この広告は、さすがにちょっと驚いてしまいました。。

> iceさん

まあクルマのことをよく検索してるので、必然なのはわかるのですが、それでもこれだけタイミングよく並んで出てくるとちょっと驚いてしまいますね。。
Mixさんのコメント  Feb 22 .Monday  17:53:26 [EDIT]
世界中
最近はどのメーカーもツートンカラーが流行りのようですね(爆)
ツートン、Bカラーの奔りは「ランチア」が10年以上前から出して
いますよね。特にデルタは今のSUVと同じようなカラーリングですし
なんか出てくる時代が早かったのかなぁ。。
はるぱさんのコメント  Feb 22 .Monday  23:4:4 [EDIT]
世界中
> Mixさん

ホントそうですよねー 今は各メーカーツートンが大人気ですが、クラシックミニのルーフのツートンとかでない今のようなツートンってランチアが2nd イプシロンあたりで始めたと思ってます。 844デルタもCピラーの処理とか明らかにトレンドに影響を与えたかと。
ホント、時代が早すぎましたかねぇ…




プロフィール
はるぱ
はるぱ
「はるぱ」です。(2012年ははるパパ)よろしくお願い致します。カバー写真はランチアデルタ(844)ですが、今はランチアテージスとフィアットバルケッタです。車歴は、シトロエンBX(16TRS)→ユーノ...
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2021年4月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
先負
13
仏滅
14
大安
15
赤口
16
先勝
17
友引
18
先負
19
仏滅
20
大安
21
赤口
22
先勝
23
友引
24
先負
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
2021年04月 (4)
2021年03月 (7)
2021年02月 (9)
2021年01月 (7)
2020年12月 (7)
2020年11月 (8)
2020年10月 (5)
2020年09月 (8)
2020年08月 (12)
2020年07月 (5)
2020年06月 (7)
2020年05月 (7)
2020年04月 (5)
2020年03月 (4)
2020年02月 (3)
2020年01月 (6)
2019年12月 (6)
2019年11月 (4)
2019年10月 (6)
2019年09月 (6)
2019年08月 (5)
2019年07月 (4)
2019年06月 (7)
2019年05月 (9)
2019年04月 (4)
2019年03月 (4)
2019年02月 (3)
2019年01月 (7)
2018年12月 (5)
2018年11月 (3)
2018年10月 (4)
2018年09月 (5)
2018年08月 (6)
2018年07月 (4)
2018年06月 (6)
2018年05月 (4)
2018年04月 (4)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2018年01月 (6)
2017年12月 (4)
2017年11月 (6)
2017年10月 (4)
2017年09月 (4)
2017年08月 (6)
2017年07月 (4)
2017年06月 (6)
2017年05月 (7)
2017年04月 (5)
2017年03月 (5)
2017年02月 (3)
2017年01月 (5)
2016年12月 (6)
2016年11月 (4)
2016年10月 (6)
2016年09月 (6)
2016年08月 (5)
2016年07月 (5)
2016年06月 (3)
2016年05月 (4)
2016年04月 (5)
2016年03月 (6)
2016年02月 (8)
2016年01月 (6)
2015年12月 (6)
2015年11月 (6)
2015年10月 (4)
2015年09月 (7)
2015年08月 (5)
2015年07月 (8)
2015年06月 (8)
2015年05月 (7)
2015年04月 (9)
2015年03月 (6)
2015年02月 (7)
2015年01月 (9)
2014年12月 (7)
2014年11月 (9)
2014年10月 (9)
2014年09月 (7)
2014年08月 (10)
2014年07月 (7)
2014年06月 (8)
2014年05月 (6)
2014年04月 (9)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (5)
2013年12月 (10)
2013年11月 (8)
2013年10月 (4)
2013年09月 (10)
2013年08月 (6)
2013年07月 (7)
2013年06月 (6)
2013年05月 (7)
2013年04月 (5)
2013年03月 (8)
2013年02月 (4)
2013年01月 (7)
2012年12月 (6)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る